• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

【別海の尾岱沼温泉】日帰り入浴と野付湾の景色が楽しめるシーサイドホテル

2017/6/4

尾岱沼温泉

尾岱沼温泉は、野付半島の反対側に位置する別海町の温泉地。野付国道(国道244号)から少し入った太平洋に面した海抜約6mの高台にシーサイドホテルが建ちます。尾岱沼の中心とは約2kmしか離れておらず、そこには観光船乗り場・飲食店・土産店・居酒屋・スナック・コンビニなどがあります。中標津も比較的近く、中標津空港からのアクセスが良いです。

▼ナラワラ
野付半島 別海
▼打瀬船
野付半島

附近の観光地として有名なのは、なんと言っても野付半島。トドワラやナラワラで知られています。夏と秋に行われる打瀬舟を用いた北海シマエビ漁も季節の風物詩になっていて、6月下旬には尾岱沼えびまつりが開催されます。また、別海と言えば海産物や牛乳が特産で、ジャンボホタテバーガーや別海ジャンボホッキステーキ丼などのご当地料理があります。私ははまなすでジャンボホタテバーガーを食べましたが、美味しかったですよ。

▼北海シマエビ(出典:Wikipedia
尾岱沼温泉

尾岱沼えびまつりの雰囲気を動画で確認できます。

▼尾岱沼えびまつりの様子

野付半島

野付半島は海老のような形をした半島。地面は砂で出来ていて、長さ26Kmの砂嘴は日本最大です。2005年にラムサール条約の登録湿地に認定されました。フラワーロードと呼ばれる道路を挟んで両側に花と海があるという珍しい光景が楽しめます。特に野付半島の代名詞であるトドワラが有名です。残念ながらトドワラはほとんで無くなってしまいましたが、ナラワラはまだ健在で、野付半島らしい景色も広がります。別海町尾岱沼と野付半島を結ぶ観光船も出ており、野付半島と尾岱沼を海からも眺めることもできます。記事はこちら

▼野付半島
別海の野付半島

はまなすのジャンボホタテバーガー

別海のご当地料理ジャンボホタテバーガーを食べるべく伺ったのがはまなす。地元の人気レストランのようで、昼食時にのみ営業しています。特に量が多いことで知られた存在で、チキンカツが人気のようです。記事はこちら

▼ジャンボホタテバーガーの出来上がり!
ジャンボホタテバーガー -別海のはまなす-

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのはシーサイドホテルです。宿泊のみできるのは温泉民宿 トドワラ荘です。

尾岱沼温泉 シーサイドホテル

尾岱沼温泉 シーサイドホテルは1991年に開業した小規模温泉ホテル。露天風呂の景色が素晴らしいことで知られています。館内の廊下には野鳥や風景の写真が飾られ、写真家に人気の宿です。尾岱沼では冬に四角い太陽が撮影できるとか。その効果もあるのでしょうね。日帰り入浴料は500円。宿泊も可能です。地元産の北海シマエビなどを使った料理の評判が高いです。

▼廊下には野鳥の写真が飾られている
別海の尾岱沼温泉
▼浴場入口
別海の尾岱沼温泉

浴場には露天風呂が1つと内湯が1つ。タイル張りの浴室はこじんまりとしていますが、窓から太陽の光が差し込むので、気持ちの良い空間です。タイル張りの内湯は8人くらいが入浴できそうな大きさで、源泉掛流の温泉を使用しています。湯量が豊富で、浴槽から溢れ出たお湯がどんどん掛け流されていきます。

▼内湯
別海の尾岱沼温泉
▼内湯からの眺め
別海の尾岱沼温泉
▼内湯からの眺め
別海の尾岱沼温泉

露天風呂は岩風呂になっていて、4人くらいが入浴できそうな大きさで、源泉掛流の温泉を使用しています。こちらも湯量が豊富で、どんどん浴槽から溢れていきます。その様子を見ているだけでも、贅沢な気分に浸れますね。屋根が無いので、開放感が抜群。この日は曇っていたのですが、野付半島が見えました。思わず仁王立ちになって、景色を眺めてしまいます。晴れていれば、景色がとても良さそうです。早朝には朝日、夜は星空が綺麗らしいですよ。

広告

▼露天風呂
別海の尾岱沼温泉
▼淡い褐色
別海の尾岱沼温泉
▼温泉湧出口
別海の尾岱沼温泉
▼お湯がどんどん溢れていく
別海の尾岱沼温泉
▼温泉成分が析出
別海の尾岱沼温泉
▼野付半島が見える
別海の尾岱沼温泉

お湯はナトリウム-塩化物泉で、淡い褐色、透明、塩味、無臭です。温泉成分の総計は11.37g/kg。メタケイ酸176.8mg/kgと美肌の湯と言われる200mg/kgに迫っているので、美肌にもよさそう。浴場にはシャンプーとボディソープが備え付けられています。脱衣所にはトイレが無いので、事前に老廊下にあるトイレで用を足すと良いでしょう。

▼脱衣所
別海の尾岱沼温泉
▼ロビー
別海の尾岱沼温泉

私が入浴した尾岱沼温泉の雰囲気を確認できます。

▼尾岱沼温泉の様子

泉質 ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性高張性高温泉)
源泉の泉温 55.0℃
ph 7.9
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、疲労回復、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)、内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小学生:200円。
営業時間 13:00~20:00
休日 不定休
駐車場 50台有
電話番号 0153-86-2316
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 448 596 305*55

宿泊施設リスト

尾岱沼温泉附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

民宿海の宿みさき(Minshuku Umi-no-Yado Misaki)
Booking
じゃらん
楽天
温泉民宿 トドワラ荘(Onsen Minshuku Todowara-so)
Booking
じゃらん
楽天
尾岱沼温泉 シーサイドホテル(Otaito Onsen Seaside Hotel)
Booking

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください