• 2015/10/29
  • onsen
  • TouristSpots
  • CentralArea

【登別カルルス温泉】日帰りで世界的に有名な温泉地カルルスバーグに似た温泉が楽しめる温泉地

登別カルルス温泉

登別カルルス温泉は登別市の海抜350mの奥地にある温泉地。支笏洞爺国立公園の中にあり、北海道で一番有名な温泉である登別温泉からも近いです。登別川沿いに鈴木旅館・オロフレ荘・森の湯山静館があり、小高い山の上にホテル岩井が建ちます。近くにはオロフレ峠・サンバイラスキー場・カルルスサンスポーツランド・橘湖・渓楓園があります。残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。カルルス温泉と言えば、バスクリンの入浴剤が有名で、登別温泉のように白濁を思い浮かべますが、実は無色透明なお湯なんですよ。

▼登別川
登別 カルルス温泉

オロフレ峠展望台

オロフレ峠は登別市と壮瞥町にまたがる標高約1230mのオロフレ山にある峠。カーブが激しい北海道道2号沿いにあり、オロフレ峠にはオロフレ駐車公園・オロフレ峠展望台・トイレが建ちます。オロフレ峠展望台は太平洋と山々の景色が美しいことで有名です。オロフレ山の登山口になっていて、多くの登山者が訪れます。北海道道2号は11月下旬~4月下旬まで夜間(17:00~09:00)通行止めになります。また、北海道道2号沿いにある黄渓駐車場からの眺めも心地よいですよ。そうそう、北海道道2号はカーブが連続する道路なので、冬の運転は気をつけてください。Read More

▼景色が気持ちいい
登別のオロフレ峠展望台

登別カルルス温泉は、1886年に日野愛憲氏によって発見されました。その後、彼の養子である日野久橘氏が飲泉をしてみたら、持病の胃カタル(胃炎)が快復し、1899年に温泉宿の寿館を開業したのが温泉地の基礎となっています。お湯がチェコスロバキアのカルルスバード(カルロヴィ・ヴァリ)温泉に似て飲泉に適した温泉だったため、そう名付けられました。1957年には厳しい審査を突破し、国民保険温泉地として環境大臣から指定され、北海道に15箇所ある国民保険温泉地の一つです。夏は新緑、秋は紅葉、冬はスキーやスノーボードが楽しめます。

▼カルルス温泉入口
カルルス温泉

あと、新千歳空港と登別温泉の間には、高速登別温泉エアポート号が走り、札幌と登別温泉の間には高速おんせん号が走っているので、直通で向かうことができ、便利です。

交通手段リスト

登別と札幌や新千歳空港の間を高速バスが運行しています。交通手段は以下を参考にしてください。レンタカー会社比較サイトという便利なサイトもあり、旅ぷらざレンタカー予約じゃらんレンタカー楽天トラベル(レンタカー)で、比較してみるのもよいでしょう。

道南バス(Donan Bus) 新千歳空港から登別温泉
じゃらん
楽天
道南バス(Donan Bus) 登別温泉から新千歳空港
じゃらん
楽天
道南バス(Donan Bus) 札幌から登別温泉
じゃらん
楽天
道南バス(Donan Bus) 登別温泉から札幌
じゃらん
楽天
駅レンタカー(Station Rent-a-car) 登別駅に店舗あり。
ニコニコレンタカー(Nico Nico Rent-a-car) 登別駅近くに店舗あり。

支笏洞爺国立公園

支笏洞爺国立公園は北海道の南西部に位置し、日本で2番目と3番目に大きなカルデラ湖である支笏湖と洞爺湖を擁する国立公園。公園内には有珠山・樽前山・昭和新山など個性的な山も多く、北海道三大温泉地のうち登別温泉と定山渓温泉を含む北海道を代表する観光地です。新千歳空港や札幌からアクセスしやすいので、たくさんの観光客が訪れます。羊蹄山エリア・洞爺湖エリア・登別エリア・支笏湖エリア・定山渓エリアの5つのエリアに大きく分けられ、面積はなんと合算で99,473ha。かなり広大ですね。支笏洞爺なんだから、洞爺湖エリア・登別エリア・支笏湖エリアだけでも十分なのではと思ったのですが、羊蹄山と定山渓が加わっている理由は見つけられませんでした。Read More

▼洞爺湖
洞爺湖

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは鈴木旅館・オロフレ荘・森の湯山静館・ホテル岩井です。

▼登別川の渓谷
カルルス温泉

鈴木旅館

鈴木旅館は登別川沿いにある中規模老舗温泉旅館です。1899年に開業しました。カルルス温泉で一番最初に創業した寿館が前身です。建物は歴史ある旅館らしく古風なつくり。ですが、清潔感があります。湯治で利用される方も多いとか。日帰り入浴料は500円。宿泊も可能です。

▼建物の外観
登別 カルルス温泉 鈴木旅館
▼ラウンジ
登別 カルルス温泉 鈴木旅館
▼廊下。写真で歴史を紹介している
登別 カルルス温泉 鈴木旅館
▼浴場入口
登別 カルルス温泉 鈴木旅館

2階にある浴場は有生温泉という名前で、内湯が3つ福の湯、玉の湯、泉の湯があります。浴場はガラス窓が多いので明るい感じですが、湯気がもうもうとしています。源泉かけ流しの温泉で、しっとりした感触で気持ち良いです。面白いのがこちら独特のリラックス方法。木枕と木床があり、横たわりながら身体にお湯を掛けるというものです。サウナのように温泉を満喫できるので、長い時間をかける湯治に最適なんだとか。

▼浴場の様子
登別 カルルス温泉 鈴木旅館
▼木床が特徴的
登別 カルルス温泉 鈴木旅館
▼シャワー
登別 カルルス温泉 鈴木旅館

玉の湯は入り口近くにあり、4人くらいが入浴できそうな大きさです。42℃くらいで、源泉に加水して水温を調整しています。

▼玉の湯
登別 カルルス温泉 鈴木旅館
▼温泉湧出口
登別 カルルス温泉 鈴木旅館

泉の湯は玉の湯と隣接していて、6人くらいが入浴できそうな大きさです。40℃くらいで、源泉に加水して水温を調整しています。温泉湧出口にプラスチックカップが備え付けられているので、飲んでみるとほとんど味は無いです。残念ながら効能はありません。

▼泉の湯
登別 カルルス温泉 鈴木旅館
▼温泉湧出口
登別 カルルス温泉 鈴木旅館
▼泉の湯からの眺め
登別 カルルス温泉 鈴木旅館

福の湯は一番奥にあり、7人くらいが入浴できそうな大きさです。38℃くらいで、源泉に加水して水温を調整しています。

広告

▼福の湯
登別 カルルス温泉 鈴木旅館

お湯は単純温泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は0.669g/kg。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはドライヤーが設置してあります。トイレは設置されてないので、廊下にあるトイレで事前に用を足した方が良いでしょう。

▼脱衣所
登別 カルルス温泉 鈴木旅館
▼休憩部屋
登別 カルルス温泉 鈴木旅館

私が入浴した鈴木旅館の雰囲気を動画で確認できます。

▼鈴木旅館の様子

泉質 単純温泉(中性低張性高温泉)
泉温 46℃
ph 7.4
適応症 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫、運動麻痺、筋肉のこわばり、冷え症、末梢循環障害、胃腸機能の低下、軽症高血圧、糖尿病、軽い高コレストロール血症、軽い喘息、睡眠障害、うつ状態、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 特に無し
飲用による禁忌症 特に無し
設備 内湯(3)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小人:250円。
営業時間 13:00~20:00
休日 無休
駐車場 30台有
電話番号 0143-84-2285
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら
マップコード 603 343 880*51

ホテル岩井

ホテル岩井は小高い丘の上に建つ老舗中規模温泉ホテル。1908年に創業しました。千歳館が前身です。サンバイラスキー場からも近いです。日帰り入浴料は500円。宿泊も可能です。浴場には露天風呂が1つと内湯が2つ。浴槽は源泉掛け流しの温泉を使用しています。冬の間は露天風呂が閉鎖されます。

▼建物の外観
登別 カルルス温泉 ホテル岩井

お湯は単純温泉で、無色、透明、無味、無臭。飲泉は出来るとも、飲泉出来ないとも言われています。どっちなんだろう。温泉成分の総計は、0.697g/kg。シャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはドライヤーが設置されています。コインランドリーもあります。

泉質 単純温泉(中性低張性高温泉)
泉温 47.1℃
ph 7.2
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 特に無し
飲用による禁忌症 特に無し
設備 露天風呂(1)、内湯(2)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小人:300円。
営業時間 11:30~18:00
休日 無休
駐車場 30台有
電話番号 0143-84-2281
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 603 343 815*21

湯元オロフレ荘

湯元オロフレ荘は登別川沿いにある小規模老舗温泉旅館。1959年に開業し、2007年にリニューアルしました。自家源泉を所有し、登別カルルス温泉の中で一番広い浴場を持ちます。日帰り入浴料は500円。宿泊も可能で、料理が美味しいと評判です。

▼建物の外観
登別 カルルス温泉 湯元オロフレ荘

地下一階に大浴場があり、男性浴場には露天風呂が1つと内湯が5つ。女性浴場には露天風呂が1つと内湯が4つあります。浴場は窓が多く、太陽の光が降り注ぎ、温かい雰囲気。内湯は泉温が異なります。露天風呂は目隠しの壁に囲まれているので、開放感には乏しいかもしれません。それぞれの浴槽は源泉掛け流しの温泉が使われてます。

▼男性露天風呂(出典:湯元オロフレ荘 HP
オロフレ荘
▼男性大浴場(出典:湯元オロフレ荘 HP
オロフレ荘

お湯は単純温泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は0.806g/kg。シャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所には無料のドライヤーとトイレが設置してあります。無料の休憩室も使えます。

▼休息室(出典:湯元オロフレ荘 HP
オロフレ荘

私が入浴した湯元オロフレ荘の雰囲気を動画で確認できます。

▼湯元オロフレ荘の様子

泉質 単純温泉(中性低張性高温泉)
泉温 54.9℃
ph 7.2
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 特に無し
飲用による禁忌症 特に無し
設備 露天風呂(1)、内湯(4 or 5)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小学生:200円。幼児:無料
営業時間 12:00~20:00
休日 無休
駐車場 26台有
電話番号 0143-84-2861
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 603 343 821*85

森の湯山静館

森の湯山静館は渓風園の向かいに建つ小規模温泉旅館。1975年に創業しました。2003年に建物をリニューアルしています。日帰り入浴料は600円。宿泊も可能で、鶏肉団子鍋が美味しいと評判です。

▼建物の外観
登別 カルルス温泉 森の湯山静館

こじんまりとした浴場には露天風呂が1つと内湯が2つ。加水された温泉を使用した内湯と源泉そのままの内湯です。露天風呂は岩風呂になっていて、混じりっけなしの源泉が使用されています。屋根が無いので、開放感も抜群。

▼露天風呂(出典:森の湯山静館 HP
山静館
▼内湯(出典:森の湯山静館 HP
山静館

お湯は単純温泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は0.846g/kg。飲泉も可能で、慢性胃腸病、便秘、慢性の肝臓疾患、痛風、糖尿病に効果があるそうです。シャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーがあります。

泉質 単純温泉(中性低張性高温泉)
泉温 53.5℃
ph 7.0
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、間接のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 特になし
飲用による禁忌症 特になし
設備 露天風呂(1)、内湯(2)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:600円。小人:300円。幼児:無料
営業時間 13:00~20:00
休日 無休
駐車場 18台有
電話番号 0143-84-2856
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら
マップコード 603 373 039*65

アクティビティ

登別温泉街には体験アクティビティを提供している登別ゲートウェイセンターがあり、地獄谷ウォーキング・ナイトアドベンチャー・スノーシューなどのアクティビティを提供しています。どのようなアクティビティなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。

地獄谷ガイドトレッキング

登別ゲートウェイセンター(Noboribetsu Gateway Center)

ナイトアドベンチャー

登別ゲートウェイセンター(Noboribetsu Gateway Center)

鮭の遡上ツアー

登別ゲートウェイセンター(Noboribetsu Gateway Center)
じゃらん

スノーシュートレッキング

登別ゲートウェイセンター(Noboribetsu Gateway Center)
じゃらん

宿泊施設一覧

登別カルルス温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

鈴木旅館(Suzuki Ryokan)
Booking
楽天
ホテル岩井(Hotel Iwai)
湯元オロフレ荘(Yumoto Orofure-so)
Booking
森の湯山静館(Mori-no-Yu Sanseikan)
楽天
Booking.com

支笏洞爺国立公園についてのページはこちら

支笏洞爺国立公園

ところで、クラブツーリズムでは、日帰りのバスツアーから連泊のツアー旅行など様々なタイプのツアー旅行を用意しています。バスツアーなどは自分で運転しなくてもよいので、昼間からお酒を楽しむことも可能です。旅行先に選定されている観光地は利尻礼文・知床などの国立公園や富良野・美瑛など人気の観光地からハイキングや果物狩りなど季節や希望に応じて様々。ガイドさんの説明もあるので、より旅行の満足度が上がるかもしれません。自分で旅行をプランするよりも、気軽に旅を楽しみたいなら、ツアー旅行も検討する価値がありますよ。また、北海道に住んでいる方ならどうみん割も活用できるようです。興味がある方はどのようなツアーが用意されているか覗いてみてください。

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください