• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • CentralArea

[廃業]日本三大秘湯 -蘭越のニセコ薬師温泉-

2014/7/10

薬師温泉旅館

現在閉館中。以下、営業していた時の話です。

ニセコ薬師温泉は札幌市の西南に位置する蘭越町の温泉宿。日本三大秘湯の一つです。建物が崩壊しているので、廃業しているのかと思いましたが、実は営業中でした。宿泊も可能です。母屋に券売機があるので、入浴チケットを購入します。値段は300円です。

▼建物外観
ニセコ薬師温泉
▼建物内観
ニセコ薬師温泉

旅館内には混浴風呂と男女別の内湯が1つづつあります。そのどちらもお湯が底から湧き出るので、温泉が空気に触れず、酸化しないんですね。源泉掛け流しの最たるものかもしれません。そのため銘泉と呼ばれているそうです。ただし、底が深い。1m近い深さにビックリしました。マジ焦ります。さらに底には岩が敷き詰められていました。こういうのも珍しいと思います。

▼男女別内湯
ニセコ薬師温泉

混浴風呂のお湯はナトリウム-塩化物泉で、黄土色、濁り、弱塩味、弱金気臭。男女別の内湯はナトリウム-塩化物泉で、無色、透明、弱塩味、弱金気臭です。

▼混浴内湯
ニセコ薬師温泉

店主の方に露天風呂を案内してもらうと、ここは100円別途必要とのこと。湯の花ではない藻っぽいものも自然のままに浮かんでいます。7年くらい掃除してないとのことなので、あるがままなのでしょう。結局、入浴を断念しました。驚くことばかりで、心臓の弱い方やキレイ好きな方にはここの温泉は不向きなんだと思います。でも、根っからのアドベンチャーが好きな方には楽しめる温泉ではないでしょうか。

▼混浴露天風呂への道
ニセコ薬師温泉
▼混浴露天風呂。ブヨが多い
ニセコ薬師温泉

私の入浴した薬師温泉旅館の雰囲気を動画で確認できます。

▼薬師温泉の様子

泉質 ナトリウム-塩化物泉(弱酸性低張性温泉)
泉温 39℃
ph 5.6
適応症 神経痛、創傷、痛風、慢性皮膚病
禁忌症 悪性腫瘍、重い心臓病、肺結核
飲用による適応症 胃酸減少症、貧血症
飲用による禁忌症 胃酸過多症、腎臓病、胃潰瘍
設備 混浴露天風呂(1)、混浴内湯(1)、内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 300円
営業時間 06:00~20:00
休日 不定休
マップコード 398 281 592*51

ニセコについてのページはこちら

ニセコ

Comment

Comment