• 地域
  • FamousSpots
  • CentralArea

【余市のニッカウヰスキー余市蒸溜所】試飲と見学ができる「マッサン」の舞台

2016/6/14

ニッカウヰスキー余市蒸溜所

ニッカウヰスキー余市蒸溜所は小樽市の西方面に位置する余市町のウィスキー工場。ニッカウヰスキーはアサヒビールの子会社で、竹鶴政孝氏により1934年に操業しました。2014年にNHKの朝ドラで放送された「マッサン」は竹鶴政孝氏をモデルにしていたので、工場は撮影舞台として使用されています。亀山政春を演じる玉山鉄二氏と亀山エリーを演じるシャーロット・ケイト・フォックス氏の好演が話題になり、一気に人気観光地の仲間入りを果たしました。100万人近い観光客が訪れます。現在も稼働中のウイスキー工場ですが、一般人でも見学が可能。蒸溜所ガイドツアーも開催されていて、希望すれば無料で参加できます。見学時間は09:00~17:00。入場無料。駐車場料金も無料です。

▼ニッカウヰスキー余市蒸溜所
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

敷地面積は132,000m2で、敷地内には余市蒸溜所正門・見学者待合室・ウィスキー博物館・蒸留棟・乾燥棟・粉砕糖化棟・発酵棟・混和棟・リタハウス・一号貯蔵庫・旧事務所・旧竹鶴亭・ニッカ会館・レストラン樽・ディスティラリーショップノースランドがあります。かなり広いです。見学方法は2つ。ガイド付きの見学とフリーの見学です。ガイド付きの見学は毎時00分と30分に開催します。所要時間は90分。参加者は見学者待合室で待っていてください。フリーの見学はガイドマップを見ながら自由に散策します。存分に楽しんでください。

▼見学コース
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

ニッカウヰスキー余市蒸溜所は余市駅の眼の前にあり、町の中心に位置しています。周辺には飲食店・居酒屋・コンビニ・余市宇宙記念館が建ち、便利な立地です。余市の美味しいお店としては、柿崎商店・ニッカ会館レストラン 樽・南保留太郎商店・ラーメン じょぐら・ファミリーすしガーデンハウスが特に人気があります。私は柿崎商店・南保留太郎商店・じょぐらと上記以外に海ぞくで食べたことがありますが、美味しかったですよ。また、札幌と余市の間には高速よいち号が運行しています。

柿崎商店

柿崎商店は小樽市の北西に位置する余市町の海鮮問屋。1930年から海産物を扱ってきているので、北海道の中でも名前の知られた人気店です。1階で海産物やフルーツの販売を行い、2階が食堂になっています。2階の食堂は昼時になると行列が出来ます。そして、1階にあるお店も海産物が新鮮で都心部より安く買えることから、買い物客で大変混みあっていました。記事はこちら

▼ホッケ定食
ホッケ定食 -余市の柿崎商店-

じょぐらの余市前浜えびラーメン

じょぐらは積丹半島の付け根にある余市の人気ラーメン店。ミシュランガイド北海道2012特別版にも掲載されたお店です。2000年頃に創業しました。余市駅から徒歩約5分ほど。じょぐらとは北海道弁で倉庫という意味だそうです。私は初めて聞く言葉なので、浜言葉なのかもしれません。こちらのお店で最も人気があるのが、3月~10月の期間限定で食べられる余市前浜えびラーメン。ご主人は元えび漁師で、積丹前浜で捕れたエビを焼いて盛り付けています。値段は880円です。記事はこちら

▼余市前浜えびラーメン
余市前浜えびラーメン -余市のじょぐら-

海ぞくのイカスミスープカレー

海ぞくは余市黒川町にある人気スープカレー店。2013年に開業しました。黒川町は余市の飲み屋街で、店舗は飲み屋さんに囲まれています。店内は居酒屋さんのような雰囲気で、カウンター席と小上がりのテーブル席が一つ。それほど広くはありません。ただ、骨董品があちこちにあって面白い雰囲気を醸しだしています。私が伺ったのは平日の13時30分頃。お客さんはいませんでしたが、すぐ後に地元の方が来店されて独自の食べ方をされていました。地元の方に愛されている雰囲気があります。記事はこちら

▼イカスミスープカレー
スープカレー -余市の海ぞく-

南保留太郎商店の燻製

南保留太郎商店は小樽市の西方面に位置する余市町の燻製専門店。1950年に創業しました。余市漁港のすぐ近くにあります。甘エビ、ヘラ蟹(ヒラツメガニ)、鮭などの燻製が有名です。店内はこじんまりとしていますが、清潔感にあふれています。各商品を試食することもでき、購入の際の判断材料として助かりますね。記事はこちら

▼ヘラガニの燻製
ヘラガニの燻製 余市の南保留太郎商店

工場見学

駐車場周辺にはニッカ会館・ノースランド・竹鶴政孝記念庭園があります。ニッカ会館内にはレストラン 樽と無料試飲会場があり、食事と試飲を楽しむことが可能。レストラン 樽も人気があり、ウイスキー・ワインラムしゃぶ定食というここならではのものが食べられます。無料試飲会場ではウイスキー・アップルジュース・烏龍茶が提供され、おつまみも販売されていました。

▼ニッカ会館
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼ニッカ会館内の無料試飲会場
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼無料試飲会場の様子
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼ウイスキー
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

ただし、運転者はもちろん飲酒できません。だからは私はりんごのほっぺというアップルジュースを飲みました。これが美味しいんです。濃厚なんですよね。炭酸で割っても美味しかったですよ。ちなみに、ニッカは元々大日本果汁株式会社というリンゴジュースに由来する社名です。

▼りんごのほっぺ
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼りんごの濃さがうまい!
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

ノースランドは売店で、ウイスキー各種やお菓子・海産物加工品などのお土産なんかが売られています。最近のウイスキー人気で、品切れのものもあり、購入困難な銘柄もあるようです。

▼売店があるノースランド
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼竹鶴政孝記念庭園
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

見学者は見学コースに沿ってのみ、見学することができます。それ以外は立ち入り禁止。工場内は緑も多く、赤い屋根と石造りの建物がマッチして、とても良い雰囲気です。そこにいるだけでも気持ち良いです。見学できる建物は、ウィスキー博物館・一号貯蔵庫・旧竹鶴亭・旧事務所・醗酵棟・混和棟・蒸留棟・乾燥塔・見学者待合室です。

▼見学コース
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

ウイスキー博物館には、ウイスキー館とニッカ館があります。ウイスキー館では、ウイスキーの歴史や製造工程を展示。バーがあって、有料で試飲も可能です。立ち飲みですね。ニッカウイスキーのアイコンとも言えるローリー卿についても解説があります。この方はキング・オブ・ブレンダーズとも呼ばれ、この画はウイスキーの香りを確認している仕事の画なんだそう。てっきり、ウィスキーを飲んでいるお酒好きのおじさんなんだと思っていました。誤解していてスイマセン。。。ニッカ館では竹鶴政孝氏とリタ夫人についての品々が展示され、映像でも紹介されています。

▼ウィスキー博物館
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼W・P・ローリーとポットスチル
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼樽が列ぶ
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼ウイスキー倶楽部。有料試飲が可能
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼ウイスキー
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼映像が流れる
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

一号貯蔵庫は貯蔵の様子を見学できます。映像でも説明していました。現在26棟の貯蔵庫で、ウイスキーが熟成中。一号貯蔵庫以外の貯蔵庫には立ち入り禁止です。

▼一号貯蔵庫
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼樽が列ぶ
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼映像で解説
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼貯蔵庫が列ぶ
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

緑色の屋根が特徴的な旧竹鶴邸。和洋折衷の造りで、竹鶴政孝氏とリタ夫人が住んでいた家です。元々は工場内にありませんでしたが、2002年に移築されました。玄関ホールと庭園のみ見学することができます。庭園には20種類以上の木々や花々を植栽しているので、5月~7月にかけて花々が見頃を迎えるそうです。

▼旧竹鶴亭
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼旧竹鶴亭の模型
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼旧竹鶴亭の様子
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼展示物
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼竹鶴政孝像
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼塔とニッカの旗
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼見学コース
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼樽とソリのオブジェ
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼休憩所
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

リタハウスは元々研究室で、一時期は喫茶店だったそうですが、現在は公開していません。

▼リタハウス
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼見学コース
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼見学コース
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

混和棟では樽の作り方について紹介しています。ウイスキーの熟成に樽は欠かせない存在ですからね。

▼混和棟
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼樽の作り方を説明している
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼樽をつくる道具
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

屋根が緑色の旧事務所には応接室があります。ただし、ガラス越しでしか見ることはできません。

▼旧事務所
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼応接室
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

醗酵棟には醗酵槽(発酵タンク)があり、ウイスキーの元になる液体が醗酵されています。そのもろみが蒸溜工場のポットスチルに送られるのだとか。ガラス越しに発酵タンクを見ることができます。

▼醗酵棟
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼醗酵棟の入口
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼醗酵棟
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼醗酵棟の様子
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

乾燥棟はウィスキーに香りづけする場所。一部分のみ入ることができます。石狩で穫れるピート(草炭)で大麦をいぶしながら乾燥させるとか。そのピートは手にとって、触わることが可能です。

▼乾燥棟(キルン塔)の様子
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼ピート
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

余市駅から来る観光客は正門から入場します。佇まいがかっこ良く、西洋の城壁塔のようです。

▼正門
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

蒸留棟にはポットスチルが並び、石炭でもろみを加熱し、蒸発させています。石炭で蒸留するのは世界でもこの工場だけだそうです。貴重ですね。ポットスチルには注連縄が取り付けられていて、良いウイスキーができるように願が掛けられているそうです。マッサンの生家から伝わる作法なんだそう。

▼蒸留棟
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼ポットスチルが列ぶ
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼ポットスチル
ニッカウヰスキー余市蒸溜所
▼石炭をくべる
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

ニッカウヰスキー余市蒸溜所の雰囲気を動画で確認できます。

▼ニッカウヰスキー余市蒸溜所の様子

入場料 無料
駐車場 無料駐車場40台有
営業時間 09:00~17:00
休日 年末年始
電話番号 0135-23-3131
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 164 665 162*31

宿泊施設リスト

ニッカウヰスキー余市蒸溜所附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

ホテル 水明閣(Hotel Suimeikaku)
Booking
じゃらん
あゆ見荘(Ayumiso)
HP
じゃらん
楽天
ホテルサンアート(Hotel Sun Art) 電話:0135-22-6070
エーヴランドホテル(A-Brand Hotel)
Booking
プチホテルノースショア(Pettie Hotel North Shore)
Booking
じゃらん
楽天
かくと徳島屋旅館(Kakuto Tokushimaya Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
民宿豊浜(Minshuku Toyohama)
Booking
じゃらん
楽天
ホテルEMER140(Hotel EMER140)
Booking
じゃらん
楽天
ゲストハウス余市(Guest House Yoichi)
入舟の家(Irifune House)
HP
じゃらん
楽天
農家民宿 まるまったファーム 21(Marumatta Farm 21 )
じゃらん
楽天

Comment

Comment