• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

【弟子屈の仁伏温泉】日帰りで屈斜路湖と玉砂利が楽しめる温泉地

2014/7/4

仁伏温泉

仁伏温泉は釧路市の北部方面に位置する弟子屈町の温泉地。阿寒摩周国立公園にある屈斜路湖東部の湖畔に温泉が湧出しています。屈斜路湖畔で湧き出す温泉地の一つです。屈斜路湖畔に仁伏保養所と屈斜路湖ホテルがあり、北海道道52号沿屈斜路湖荘があります。川湯温泉から4kmほど離れた場所に位置し、残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。

▼冬のオオハクチョウ
弟子屈のコタン温泉 屈斜路湖

仁伏温泉は1898年に浅野清次氏が温泉を開いたのが始まりと言われています。泉質は単純泉。屈斜路湖湖畔で湧出する一般的な泉質で、まろやかで柔らかいと評判です。尖った個性的な泉質を有する川湯温泉と少ししか離れていないのに、これだけ違うのも面白いですね。周辺には川湯温泉・砂湯温泉・和琴温泉・三香温泉・池の湯・コタン温泉があり、年中野湯が楽しめる他、春は桜、夏は新緑・カヌー、秋は紅葉が楽しめ、冬は白鳥を観察できます。

屈斜路湖

屈斜路湖は阿寒湖の北東部に位置する弟子屈町にある日本最大のカルデラ湖。約4万年前の大噴火により、現在の形になりました。それ以前は円形の今よりももっと大きな湖だったそうです。インドネシアのトバ湖に次いで、世界でも2番目に大きいカルデラ湖でもあります。阿寒摩周国立公園内に位置し、湖の周囲長は57km。最大水深は117m。湖には日本最大の淡水湖島の中島が浮いていますが、上陸は禁止されています。屈斜路湖の周囲には、藻琴山・和琴半島・美幌峠展望台・津別峠展望台・藻琴山展望駐車公園・ハイランド小清水725・和琴温泉・三香温泉・コタン温泉・池ノ湯温泉・砂湯・仁伏温泉・和琴湖畔キャンプ場・和琴キャンプ場・砂湯キャンプ場・ハイランド小清水キャンプ場などがあります。記事はこちら

▼和琴半島
屈斜路湖

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは屈斜路湖ホテルと屈斜路湖荘です。ワッカヌプリは宿泊のみできます。

【休業】仁伏保養所

仁伏保養所は屈斜路湖畔に建つ老舗小規模温泉旅館。1930年に創業しました。内装はなかなかの渋さ。玉砂利を敷き詰めたお風呂で有名です。日帰り入浴料は500円。宿泊も可能です。残念ながら2015年に休業しました。

▼建物の外観
弟子屈の仁伏温泉 仁伏保養所

浴場には内湯が1つ。タイル張りの浴室はこじんまりとしていますが、窓越しに屈斜路湖を眺めることが可能です。学校の洗い場的な雰囲気があります。大きな衝立が目に入りますが、以前は混浴だったとか。イチイの木で造られた内湯は10人くらいが入浴できそうな大きさで、100%天然源泉掛流の温泉が使われています。

▼内湯
弟子屈の仁伏温泉 仁伏保養所

浴槽の底に敷き詰められた玉砂利があまりに美しく、自分が観賞用の鯉になった気分でした。贅沢に掛け流されるお湯を見ていると気分もいいですね。そして、その玉砂利は歩くと足裏を刺激します。身体が悪い人はかなり痛いんじゃないでしょうか。私はメチャクチャ痛かったです。

▼水槽のよう
弟子屈の仁伏温泉 仁伏保養所
▼イチイの木
弟子屈の仁伏温泉 仁伏保養所
▼窓越しに屈斜路湖を眺めることができる
弟子屈の仁伏温泉 仁伏保養所

お湯は単純泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は0.747g/kg。保健所の許可を得ていないので、飲泉できませんが、飲めるレベルの新鮮さです。浴場内にはシャンプーとボディソープがが備え付けられています。脱衣所には無料のドライヤーが設置してあります。しかし、脱衣所にトイレが無いので、事前に廊下にあるトイレで用を足した方が良いでしょう。

▼金属だけ温泉成分が析出
弟子屈の仁伏温泉 仁伏保養所

私が入浴した仁伏保養所の雰囲気を動画で確認できます。

▼仁伏保養所の様子

泉質 単純泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 43.4℃
ph 7.4
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾病、慢性消化器病、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 不可
設備 内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。子供:300円。
営業時間 08:00~20:00
休日 無休
駐車場 10台有
電話番号 0154-83-3058
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 731 828 128*86

屈斜路湖荘

屈斜路湖荘は北海道道52号沿いにある小規模温泉旅館。バイクを停めるガレージがあり、ライダーが重宝しているそうです。日帰り入浴料は500円。宿泊も可能です。

▼建物の外観
弟子屈の仁伏温泉 屈斜路湖荘

浴場には露天風呂が1つと内湯が1つづつ。タイル張りの浴室はこじんまりとした感じです。内湯からとめどなく100%天然源泉掛流の温泉が溢れていきます。こじんまりとした露天風呂は目隠しに覆われているので、あまり景色は楽しめないかもしれません。

▼内湯(出典:屈斜路湖荘 HP
仁伏温泉

お湯は単純泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は0.958g/kg。シャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所には無料のドライヤーが設置されています。

広告

泉質 単純泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 47.4℃
ph 7.4
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾病、慢性消化器病、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 不可
設備 露天風呂(1)、内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小人:250円。
営業時間 12:00~19:00
休日 無休
駐車場 20台有
電話番号 0154-83-2545
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 731 798 846*75

屈斜路湖ホテル

屈斜路湖ホテルは屈斜路湖畔に建つ小規模温泉旅館。日帰入浴料は500円。宿泊も可能です。

▼建物の外観
弟子屈の仁伏温泉 屈斜路湖ホテル

浴場が2つあり、それぞれに内湯が1つと露天風呂が1つあります。移動する際は、服を着なければなりません。タイル張りの浴室はこじんまりとした感じで、窓越しに屈斜路湖を眺めることが可能。内湯には仁伏温泉名物の玉砂利を敷き詰めてあります。露天風呂は丸太で目隠しされていますが、屈斜路が望めます。もちろん、玉砂利を敷き詰めてありますよ。どちらの浴槽も100%天然源泉掛流の温泉が使われています。

▼露天風呂(出典:屈斜路湖ホテル HP
仁伏温泉

お湯は単純泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は、0.812g/kg。シャンプーとボディソープは備え付けられています。

泉質 単純泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 45℃
ph 7.4
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾病、慢性消化器病、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲泉不明
設備 露天風呂(1)、内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。子供:250円。
営業時間 11:00~21:00
休日 無休
駐車場 40台有
電話番号 0154-83-2415
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 731 828 129*04

アクティビティリスト

ホーストレッキング・屈斜路湖と釧路川源流カヌーなどいくつかのアクティビティ会社で開催中。また、和琴レストハウスでは、釣り船を貸し出していて、フィッシングも楽しめます。どのようなアクティビティなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。

カヌー

▼カヌーの様子

ツーリズムてしかが(Tourism Teshikaga)
ASOVIEW
そとあそび
ノースイーストカヌーセンター(North East Canoe Center)
ASOVIEW
ナヌーク(Nanook)
ASOVIEW
屈斜路湖ecoツアーズ(Lake Kussharo Eco Tours)
ASOVIEW
そとあそび
そもくや(SOMOKUYA)
そとあそび

ホーストレッキング

▼ホーストレッキングの様子

メジェールファーム(Megere Farm)
ASOVIEW

宿泊施設リスト

仁伏温泉周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

屈斜路湖荘(Kussharoko-so)
屈斜路湖ホテル(Kussharoko Hotel)
ワッカヌプリ(Wakkanupuri)
楽天
Booking.com

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください