• 地域
  • TouristSpots
  • EasternArea

【厚岸の子野日公園】桜と牡蠣の名所

2019/8/26

子野日公園

子野日公園は釧路市の東部方面に位置する厚岸町にある公園。桜の名所として知られています。厚岸町長だった子野日弘毅氏の庭園「翆湖園」が1962年に町に譲渡されて、公園として整備しました。120,000m2の敷地にエゾヤマザクラやチシマザクラなど約10種1,200本の桜が植えられています。見頃は5月上旬〜下旬。敷地内には健康の森・桜見本園・トイレ・駐車場があります。入場無料。駐車場も無料です。

▼子野日公園
厚岸の子野日公園の桜
▼子野日公園
厚岸の子野日公園の桜
▼駐車場とトイレ
厚岸の子野日公園の桜
▼子野日公園
厚岸の子野日公園の桜

あっけし桜・牡蠣まつりが5月中旬の9日間、あっけし牡蠣まつりが10月初旬の10日間にわたり開催されます。また、厚岸と言えば、牡蠣が有名です。町内のあちこちで、牡蠣に関連した美味しいものが食べられます。美味しいお店としては、森高牧場、厚岸駅前氏家待合所、エスカル、炭焼炙屋、厚岸藪蕎麦などが特に人気があります。残念ながら温泉は湧出していないようです。公園の近くにはセイコーマートと厚岸海産があり、厚岸海産も牡蠣が美味しいと評判です。

▼プリップリッの牡蠣
厚岸の子野日公園の桜
▼屋台
厚岸の子野日公園の桜

北海道の桜

北海道の桜の見頃はゴールデンウィークから始まります。函館を始めとした道南では4月下旬から桜が咲き、道北や道東では6月上旬に咲く場所もあるそうです。本州では3月中旬から咲き始めることを考えると、かなり遅い時期まで桜が楽しめますよ。本州で桜を見忘れたら、ぜひ北海道で桜を堪能してください。記事はこちら

▼芝桜と桜
米里 北海道の桜

子野日公園の様子

子野日公園は山の上と山の下の2箇所に大きく分かれます。山の下には赤い橋・牡蠣塚・焼かき&バーベキューハウス・イベントステージ・遊具・トイレなどがあり、公園の中心地です。山の上には健康の森・桜見本園・展望台・築山・普賢象があります。私が訪れたのは5月中旬。ちょうどあっけし桜・牡蠣まつりが開催されていました。桜もまさにベストタイミングで、満開です。敷地が結構広いので、見て回るには1時間くらいかかりそう。

▼エゾヤマザクラ
厚岸の子野日公園の桜
▼あっけし桜・牡蠣まつり開催中
厚岸の子野日公園の桜

近くに高い建物や山が無いので、空が広く感じられる公園です。敷地のあちこちで桜が咲いています。焼き牡蠣やバーベキューの名所でもあり、訪れる人は自前で食材や飲み物を持ち込む人も多いそう。食材は公園内でも調達できる模様です。

▼公園の様子
厚岸の子野日公園の桜
▼焼かき&バーベキューハウス
厚岸の子野日公園の桜
▼公園にはあちこちで桜が咲く
厚岸の子野日公園の桜
▼トイレ。使えないかも
厚岸の子野日公園の桜
▼桜が満開
厚岸の子野日公園の桜
▼かき塚
厚岸の子野日公園の桜
▼かき塚から見た様子
厚岸の子野日公園の桜

公園で一番目立つのが赤い橋。なんのための橋なのかはわかりませんが、印象的な太鼓橋です。橋の上に登ることもできます。橋の上からは公園を一望できますが、厚岸湖はあまり見えませんでした。

▼赤い橋
厚岸の子野日公園の桜
▼赤い橋に登ることも可能
厚岸の子野日公園の桜
▼赤い橋から公園を眺める人々
厚岸の子野日公園の桜
▼赤い橋からの眺め
厚岸の子野日公園の桜
▼赤い橋からの眺め
厚岸の子野日公園の桜
▼公園の様子
厚岸の子野日公園の桜
▼イベントステージ
厚岸の子野日公園の桜
▼いい感じの桜
厚岸の子野日公園の桜
▼遊具
厚岸の子野日公園の桜

桜見本園へは東西2箇所に遊歩道があり、山頂へ通じています。山の上は桜林になっていて、植樹も行われているようです。遊歩道に沿ってベンチがあったり、桜が植えられていたりします。

▼桜見本園への入口
厚岸の子野日公園の桜
▼健康の森の中腹からの眺め
厚岸の子野日公園の桜
▼山頂への道
厚岸の子野日公園の桜
▼エゾヤマザクラが植えられている
厚岸の子野日公園の桜
▼桜が満開
厚岸の子野日公園の桜
▼道路に沿って歩く
厚岸の子野日公園の桜
▼8mくらいはあるエゾヤマザクラ
厚岸の子野日公園の桜

山頂には桜見本園・展望台・築山・ベンチがあります。2階建ての木造展望台からは周囲の桜を上から目線で眺めることが可能。ただ、厚岸湖など遠くにある景色は眺めづらいかもしれません。

広告

▼頂上が見えた
厚岸の子野日公園の桜
▼頂上には展望台がある
厚岸の子野日公園の桜
▼展望台の様子
厚岸の子野日公園の桜
▼展望台からの眺め
厚岸の子野日公園の桜
▼展望台からの眺め
厚岸の子野日公園の桜
▼頂上にあるベンチ
厚岸の子野日公園の桜

道東には厚岸にしかないと言われる普賢象。普賢菩薩の乗った象の鼻に花が似ているので、そう名付けられたとか。北海道ではあまり聞かない桜の品種で、私は松前公園で見たことがあるくらいです。貴重なせいか、カバーに覆われています。全体像は残念ながら見えません。

▼八重桜普賢象
厚岸の子野日公園の桜
▼普賢象が覆われている
厚岸の子野日公園の桜

展望台の横にある築山はそれほど高くはありませんが、危なくない程よい高さ。登っていると展望台と同じくらいの高さでしょうか。見晴らしは良くありませんが、少年心をくすぐる場所です。

▼築山
厚岸の子野日公園の桜
▼築山からの眺め
厚岸の子野日公園の桜
▼築山からの眺め
厚岸の子野日公園の桜
▼築山からの眺め
厚岸の子野日公園の桜
▼公園に降りる遊歩道
厚岸の子野日公園の桜
▼遊歩道から厚岸湖が見える
厚岸の子野日公園の桜
入場料 無料
駐車場 無料駐車場72台
営業期間 24時間
休日 無休
電話番号 0153-52-3131
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 637 103 235*08

イベントリスト

春にはあっけし桜・牡蠣まつり、秋にはあっけし牡蠣まつりが開催されます。私が訪れたのは以下です。

▼あっけし牡蠣まつりの様子

あっけし桜・牡蠣まつり

あっけし桜・牡蠣まつりが開催される間、10軒近い屋台が軒を並べます。厚岸特産の牡蠣やアサリなどを販売している他、チョコバナナなどお祭りに欠かせない屋台なども出店しています。祭り期間中の日曜日にはライブやつかみどりなど各種イベントも実施。25,000人近いお客さんが訪れるそうです。私が訪れたのは平日の早朝だったので、人はあまり多くありませんでしたが、週末はスゴイ人出だとか。

▼屋台が並ぶ
厚岸の子野日公園の桜
▼牡蠣小屋
厚岸の子野日公園の桜
▼焼き牡蠣を売っている
厚岸の子野日公園の桜
▼焼きホタテ
厚岸の子野日公園の桜

せっかくなので、厚岸特産の牡蠣は食べたいところ。そこで、私は牡蠣小屋で、焼き牡蠣を注文しました。2個で500円です。牡蠣意外にもツブやホタテも売っています。私の牡蠣は目の前で焼いてくれたので、3~5分くらい待ちましたが、焼き立ての新鮮な牡蠣を頂けるのは嬉しい限りです。

▼私の牡蠣を焼いている
厚岸の子野日公園の桜
▼焼きツブ
厚岸の子野日公園の桜

店内でも食べることができますが、天気も良いので芝生の上で食べることにしました。プリップリッの牡蠣はとても美味しそうで、匂いも食欲をそそります。ジューシーな牡蠣の身で、とてもウマい!牡蠣は海のミルクと呼ばれ、栄養も豊富。身体に良い上に美味しいんですから、言うことありませんね。

▼焼き牡蠣
厚岸の子野日公園の桜
▼大きな身
厚岸の子野日公園の桜

▼あっけし桜・牡蠣まつりの様子

宿泊施設リスト

厚岸の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

ホテル 五味(Hotel Gomi)
丸ス 鈴木旅館(Suzuki Ryokan)
Booking
遠藤旅館(Endo Ryokan)
Booking
じゃらん
民宿あっけし(Minshuku Akkeshi)
HP
Booking
じゃらん
楽天
民宿喜多岬(Minshuku Kitamisaki)
Booking
じゃらん
楽天

北海道の桜についてのページはこちら

北海道の桜

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください