• 温泉
  • TouristSpots
  • NorthernArea

【名寄温泉】日帰り温泉が楽しめるなよろ温泉サンピラー

2014/6/8

名寄温泉

名寄温泉は旭川市と稚内市の中間にある名寄市の温泉地。北海道道939号の終点附近に一軒宿のなよろ温泉サンピラーが建ちます。ピヤシリスキー場とピヤシリジャンプ台が近くにあり、スキーのロッジと隣接しています。ピヤシリスキー場はサンピラー・ダイヤモンドダスト・樹氷といった自然現象がみられる冬に見せ場が多い場所です。九度山とピヤシリ山への登山口もあります。名寄の中心から約10km近く離れた山奥にあるので、飲食店・コンビニなどは近くにはありません。

▼ジャンプ台
なよろ温泉 サンピラー ジャンプ台

名寄と言えばヒマワリが有名で、市内各地でひまわり畑を目にすることができます。特にMOA名寄農場更生会場・MOA名寄農場東雲会場・サンピラーパーク会場が知られています。サンピラーパーク周辺にはなよろ健康の森パークゴルフ場・サンピラーパーク日進・なよろ市立天文台 きたすばるもあり、レジャーに溢れた場所です。そうそう、冬には名寄雪質日本一フェスティバルも開催されます。また、名寄の美味しいお店としては、ブラジルと三星食堂が特に人気があります。私はこれら以外にも、東洋軒とたまさぶろうで食べましたが、どれも美味しかったですよ。

▼なよろ健康の森パークゴルフ場
名寄温泉
▼サンピラーパーク日進
名寄温泉
▼なよろ市立天文台 きたすばる
名寄温泉

また、なよろ温泉サンピラーへの直通バスはありませんが、名寄と札幌の間には高速なよろ号が運行しています。

高速バスリスト

名寄と札幌の間を運行する高速バスは以下を参考にしてください。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から名寄行き
中央バス(Chuo Bus) 名寄から札幌行き

名寄ひまわり畑

名寄市は旭川市の北東方面に位置し、市内各地にある総面積50haの畑に春りん蔵・夏りん蔵・コバルトなど総本数600万本のひまわりが植えられています。見頃は7月下旬~8月中旬です。1897年に智恵文地区でひまわりの栽培を開始したのが名寄のひまわり畑の始まり。現在では名寄のあちこちでひまわりの畑が見られます。そのうち、観光用に開放している畑が、MOA名寄農場更生会場とMOA名寄農場東雲会場、そしてサンピラーパーク会場の3つのメイン会場です。西田敏行氏が主演した2011年公開の映画「星守る犬」のロケ地にも使用され、現在は人気の観光地になっています。記事はこちら

▼青空へ続く道
名寄のひまわり畑

ブラジル

ブラジルは名寄市にある喫茶店。昔から名寄では一目置かれているスイーツ店でもあります。ケーキの他にもパンや食事を頂くことも可能です。名寄プリンが美味しいという話を聞き、伺いました。記事はこちら

▼ブラジルのプリン
ブラジル スイーツ なよろプリン

三星食堂

我が家で普通に食べられていたジンギスカンが実は煮込みジンギスカンだと知りました。親子3代が名寄で過ごしたので、昔から家のジンギスカンと言えばこれ。ラム肉は焼くものではなく、煮るものだと思っていました。お外で食べる時だけオシャレに焼くものだと思っていたんですね。しかし、実はこれが各家庭に伝わる煮込みジンギスカンだったのです。記事はこちら

▼三星食堂のジンギスカン定食を上から
煮込みジンギスカン -名寄の三星食堂-

名寄

名寄市は人口約3万人が住む北海道で24番目に大きな商業都市。稚内市と旭川市の中間に位置し、北海道北部エリアの拠点の一つです。アイヌ語で川のそばの国を意味し、市街地は名寄川と天塩川に挟まれています。2006年に合併した風連はもち米で知られ、作付面積は日本一を誇るとか。名寄は盆地のため、夏には30度近くまで気温が上がり、冬は気温がマイナス30度近くまで下がります。寒暖差、60度という厳しい自然環境が特徴です。そのため、サンピラーやダイヤモンドダストといった自然現象が楽しめます。すぐ隣にはマイナス41.5度という日本一寒い温度を記録した美深町があり、北海道の中でも極寒地域の一つです。記事はこちら

▼名寄公園
名寄

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのはなよろ温泉サンピラーです。

▼ロッジ
なよろ温泉 サンピラー ロッジ

なよろ温泉サンピラー

なよろ温泉サンピラーは1973年に開業した小規模老舗温泉宿。1997年に建物がリニューアルされました。日帰り入浴料は400円。建物内にはレストラン「あかげら」と売店があり、日帰り入浴者も利用できます。ランチと入浴のセットも1000円で提供中。宿泊することも可能です。

▼建物の外観
名寄温泉

浴場には内湯が2つ、水風呂が1つとサウナが1つづつ。浴室はそれほど大きくはありませんが、窓から太陽の光が降り注ぎ気持ちの良い空間です。窓際に設置された大きな内湯は10人くらいが入浴できそうな大きさで、沸かし湯を使用しています。小さい内湯は約4人くらいが入浴できそうな大きさで、加熱した冷鉱泉を使用しています。

広告

▼浴室の様子(出典:なよろ温泉サンピラー HP
名寄温泉
▼温泉の内湯
なよろ温泉 サンピラー 温泉
▼沸かし湯の内湯
なよろ温泉 サンピラー 内湯

お湯はカルシウム・ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩泉で、淡黄色、透明、硫黄味、無臭。温泉成分の総計は1.997g/kgです。飲泉設備が休憩室にあります。飲泉できるのは嬉しいですね。ちょっとたまごっぽい味がします。慢性消化器病、慢性胆のう炎、胆石症、慢性便秘、肥満病、糖尿病、肝臓病、痛風に効果が期待できるそうです。シャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーも設置してあります。

▼飲泉設備
なよろ温泉 サンピラー 内湯

名寄温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼名寄温泉の様子

泉質 カルシウム・ナトリウム−炭酸水素塩・硫酸塩冷鉱泉(中性低張性冷鉱泉)
源泉の泉温 14℃
ph 6.7
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、健康増進、慢性皮膚病、やけど、きりきず、動脈硬化症
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性胆のう炎、胆石症、慢性便秘、肥満病、糖尿病、肝臓病、痛風
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、下痢の時、その他一般にむくみのあるもの
設備 内湯(3)、サウナ(1)。男女別の入浴
日帰り入浴料金 大人:400円。子供:200円
営業時間 10:00~22:00 ※第3月曜日 17:00~22:00
休日 不定休
駐車場 800台有
電話番号 01654-2-2131
ホームページ ホテルのホームページはこちら
マップコード 832 212 817*02

宿泊施設リスト

名寄温泉周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

なよろ温泉サンピラー(Nayoro Onsen Sun Pillar)
Booking
じゃらん
楽天
なよろサンピラーユースホステル(Nayoro Sun Pillar Youth Hostel)
Booking
ゲストハウス日進(Guest House Nisshin)
じゃらん
ホテルカイコーアネックス名寄(Hotel Kaiko Annex Nayoro)
グランドホテル藤花(Grand Hotel Fujika)
Booking
B&B ホテル バードイン(B&B Hotel Bird Inn)
ホテル海晃 本館(Hotel Kaiko Honkan)
Booking
ビジネスホテル サンフラワー(Business Hotel Sunflower)
HP
Booking

名寄についてのページはこちら

名寄

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください