• 食物
  • Meal
  • NorthernArea

希少な羊肉プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-

2016/7/5

島っ子食堂はフェリーターミナルに隣接した食堂。6月中旬~9月くらいまで営業し、焼尻名物の高級サフォーク肉「プレ・サレ焼尻」が食べられる食堂として知られています。プレ・サレ焼尻は希少なお肉で、北海道ではフレンチレストラン ミクニサッポロ、レストラン モリエール、北海道ビール園で食べることができ、東京ではギンザ トトキ、レストラン カンテサンスで食べることができます。焼尻で食べられるのは島っ子食堂が唯一なのではないでしょうか。主にミシュランに評価される有名フランス料理レストランで使われている食材なんですよね。すごいことです。

▼食堂の外観
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼食堂
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-

せっかく焼尻に来たからには、名産の羊肉を食べてみたいと思うもの。その他のお客さんも同じ考えの人が多かったですね。一人前2500円。なかなかの値段ですが、希少性と話題性から食べる価値はあると思います。プレ・サレ焼尻を食べる場合は、七輪で焼いて食べるので、外で食べなければなりません。まずはご主人がバーナーで炭火に着火するという豪快な作業で始まります。外は日よけのブルーシートで覆われているので、写真の色合いがおかしいのは、そのせいです。

▼バーナーで火をつける
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-

サフォークバーベキューセットは定食で、羊肉と野菜、ごはんがセットです。塩コショウで味付けして食べます。肉本来の味を味わって欲しいので、タレではないのでしょう。確かに、プレ・サレ焼尻を焼いて食べると柔らかいお肉で、肉汁が口の中でじゅわ~と広がりました。美味しい!今回はイカが大漁だったそうで、子持ちイカもつけてもらいました。こちらも美味です。

▼羊肉、野菜、ごはんがセット
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼プレ・サレ焼尻
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼ピーマン
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼肉汁が滴る
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼上から
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼美味しい肉
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼イカのホイル焼き
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼たまごがビッシリ
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-

焼尻には野良猫が多いのか、あちこちから集まってきます。食べ物をねだっているのかもしれません。そう言えば、空からはカラスが食べ物を狙ってくるので、注意が必要です。

▼野良猫
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-

私が食べたプレサレ焼尻とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼プレサレ焼尻の様子

駐車場 無し
営業時間 09:00~17:00頃
休日 10月~6月中旬
電話番号 01648-2-3176
ホームページ 無し
マップコード 929 381 775*17

焼尻のページはこちら

焼尻

Comment

Comment