• 2016/7/5
  • foods
  • Meal
  • NorthernArea

【焼尻島の島っ子食堂】希少な羊肉プレ・サレ焼尻

島っ子食堂

島っ子食堂は北海道北部に位置する焼尻島の食堂。焼尻フェリーターミナルのすぐ隣です。焼尻名物の高級サフォーク肉「プレ・サレ焼尻」が食べられる食堂として知られています。プレ・サレ焼尻は希少なお肉で、出荷頭数が少ないそう。焼尻で食べられるのは島っ子食堂が唯一なのではないでしょうか。市場でもあまり流通せず、北海道ではフレンチレストラン ミクニサッポロ、レストラン モリエール、北海道ビール園で、東京ではギンザ トトキとレストラン カンテサンスで食べることができるとか。主にミシュランに評価される有名フランス料理レストランで使われている食材です。営業期間は6月中旬~9月くらいまで。営業期間が短いので要注意です。

▼食堂の外観
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-

外観や内装は島の食堂といった雰囲気。それほど大きい訳ではありません。店内はカウンター席のみ。玄関前にテーブル席があります。ラーメンやウニ丼なども提供し、その場合は店内で食べるようです。プレ・サレ焼尻を提供する場合には店外で提供しているのでしょう。ところで、毎年8月上旬の1日だけ焼尻めん羊まつりが開催され、プレ・サレ焼尻や新鮮な海鮮を食べることができます。

▼食堂
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-

▼焼尻めん羊まつりの様子

めん羊牧場

めん羊牧場は焼尻島の中央部にある牧場。萌州ファームが運営し、約80haの牧草地で500頭近いサフォーク種の羊が育てられています。これらは国内でも有数の有名羊肉「プレ・サレ焼尻」として知られ、評判が高いです。オンコ海道の両脇には牧草地がひろがり、その景色はスコットランドの雰囲気があるとか。確かに外国の雰囲気も感じますが、北海道らしい景色でもあります。ちなみに、牧草地には立ち入ることができません。オンコ海道に沿って景色を楽しむだけにしましょう。Read More

▼めん羊牧場
焼尻島にあるめん羊牧場

島内を巡る手段として、観光ハイヤーかレンタル自転車が考えられます。私はレンタル自転車で周遊しましたが、約2時間ほどかかりました。徒歩でも約4時間で周遊することが可能です。フェリーの乗り遅れには気をつけてくださいね。

島内交通手段リスト

焼尻島の交通手段は以下を参考にしてください。

焼尻観光ハイヤー(Yagishiri Sightseeing Hire) ガイド付き観光バスのようなイメージ
ASOVIEW
じゃらん
布目旅館観光ハイヤー(Nunome Ryokan Sightseeing Hire) ガイド付き観光バスのようなイメージ
ASOVIEW
じゃらん
レンタサイクル梅原(Rental Bicycle Umehara) 焼尻フェリーターミナル近くに店舗あり。自転車をレンタル。
ASOVIEW
じゃらん

暑寒別天売焼尻国定公園

暑寒別天売焼尻国定公園は北海道の北部に位置する、日本海に沿って定められた南北に長い国定公園。石狩市・新十津川町・雨竜町・北竜町・増毛町・羽幌町にまたがり、総面積は43,559haです。57箇所ある国定公園(国立公園を含まず)の中で8番目の大きさを誇ります。1990年に国定公園に指定されました。2つの離島と暑寒別山系と海岸から成り立ち、海・山・海鳥・木々・花・湿地など自然が見どころです。暑寒別天売焼尻国定公園は天売島、焼尻島、暑寒別エリア、厚田・浜益エリアの4つの地区に分かれ、主に天売島、焼尻島、暑寒別エリアの3つの地区に見どころを抱えます。Read More

▼天売島と焼尻島
暑寒別天売焼尻国定公園

プレ・サレ焼尻

せっかく焼尻に来たからには、名産の羊肉を食べてみたいと思うもの。その他のお客さんも同じ考えの人が多かったですね。一人前2500円。なかなかの値段ですが、希少性と話題性から食べる価値はあると思います。※プレ・サレ焼尻の入荷が無い日もあるので、ご注意を。プレ・サレ焼尻を食べる場合は、七輪で焼いて食べるので、外で食べなければなりません。まずはご主人がバーナーで炭火に着火するという豪快な作業で始まります。外は日よけのブルーシートで覆われているので、写真の色合いがおかしいのは、そのせいです。

広告

▼バーナーで火をつける
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-

サフォークバーベキューセットは定食で、羊肉と野菜、ごはんがセットでついてきます。味付けは塩コショウ。肉本来の旨さを味わって欲しいので、タレではないのでしょう。確かに、プレ・サレ焼尻を焼いて食べると柔らかいお肉で、肉汁が口の中でじゅわ~と広がりました。うまい!今回はイカが大漁だったそうで、子持ちイカもつけてもらいました。こちらも美味です。ごちそうさまでした!

▼羊肉、野菜、ごはんがセット
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼プレ・サレ焼尻
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼ピーマン
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼肉汁が滴る
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼上から
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼美味しい肉
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼イカのホイル焼き
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-
▼たまごがビッシリ
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-

焼尻には野良猫が多いのか、あちこちから集まってきます。食べ物をねだっているのかもしれません。そう言えば、空からはカラスが食べ物を狙ってくるので、注意が必要です。

▼野良猫
プレ・サレ焼尻 -焼尻島の島っ子食堂-

私が食べたプレサレ焼尻とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼プレサレ焼尻の様子

駐車場 無し
営業時間 11:00~17:00頃
休日 10月~6月中旬
電話番号 01648-2-3176
ホームページ 無し
マップコード 929 381 775*17

アクティビティ

焼尻島でいくつかのアクティビティが体験できます。どのようなアクティビティなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。

ガイドウォーク

ゲストハウス やすんでけ(Guest House Yasundeke)
ASOVIEW
じゃらん

シーカヤック

布目旅館(Nunome Ryokan)
ASOVIEW
じゃらん

宿泊施設リスト

焼尻の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

布目旅館(Nunome Ryokan)
HP
Booking
旅館 磯乃屋(Ryokan Isonoya)
Booking
小田民宿(Oda Minshuku) 電話:01648-2-3637
ゲストハウス やすんでけ(Guest House Yasundeke)
白浜野営場(Shirahama Campsite)
Booking
じゃらん
楽天

焼尻のページはこちら

焼尻

ところで、クラブツーリズムでは、日帰りのバスツアーから連泊のツアー旅行など様々なタイプのツアー旅行を用意しています。バスツアーなどは自分で運転しなくてもよいので、昼間からお酒を楽しむことも可能です。旅行先に選定されている観光地は利尻礼文・知床などの国立公園や富良野・美瑛など人気の観光地からハイキングや果物狩りなど季節や希望に応じて様々。ガイドさんの説明もあるので、より旅行の満足度が上がるかもしれません。自分で旅行をプランするよりも、気軽に旅を楽しみたいなら、ツアー旅行も検討する価値がありますよ。また、北海道に住んでいる方ならどうみん割も活用できるようです。興味がある方はどのようなツアーが用意されているか覗いてみてください。

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください