• 自然
  • FamousSpots
  • NorthernArea

【大雪山の旭岳】日本一早いと言われる紅葉と温泉が楽しめる神々の庭

2014/10/1

旭岳

旭岳は旭川市の南東方面にある東川町の標高2,291mの活火山。大雪山国立公園の表大雪エリアに位置し、大雪山連峰の中で最も高い山であり、北海道の山の中でも最高峰を誇ります。大雪山はアイヌの人々からはカムイミンタラと呼ばれてきました。神々の遊ぶ庭を意味すると言われ、その雄大な景色を見ると神たちの遊び場と例えられるのも納得できることでしょう。しかし、本来の意味はヒグマの生息地を意味するそうで、地元の人からはヒグマの巣と呼ばれるほど熊が多い場所です。旭岳の中腹にある旭岳温泉は層雲峡温泉とともに大雪国立公園の観光拠点で、年間30万人の観光客が訪れる人気の観光スポットです。大雪山系の登山口として登山客にも人気で、登山基地としても使われています。

▼旭岳ロープウェイ
旭岳温泉 旭岳ロープウェイ

▼大雪山周辺の様子

旭岳には紅葉の名所として知られる旭平と裾合平があり、その他にも駒止の滝・ガマ岩・大雪旭岳源水もあります。春には水芭蕉、夏には新緑・登山・キャンプ、秋には紅葉とハイキング、冬にはスキー・スノーシュー・クロスカントリースキーなど、季節ごとにも楽しむことが可能です。旭岳ビジターセンターではクロスカントリースキー・スノーシュー・長靴をレンタルしています。

▼駒止の滝
東川の旭岳温泉
▼紅葉
東川の旭岳の紅葉
▼大雪旭岳源水
東川の旭岳の紅葉

駐車場は、ロープウェイとホテルベアモンテの間と旭岳青少年野営場に無料公共駐車場があります。紅葉の時期はすぐに満車になるので、早いもの勝ちです。また、旭川と旭岳を結ぶいで湯号が運行しています。残念ながら、札幌や千歳空港と旭岳温泉を結ぶ直通バスはありません。

大雪山国立公園

大雪山国立公園は北海道の中心部に位置する日本最大の国立公園。面積は226,764haです。1934年に国立公園に指定されました。阿寒摩周国立公園と共に北海道最古の国立公園です。大雪山という名前の山は無く、北海道の最高峰の旭岳・黒岳・愛別岳・トムラウシ山と言った標高2000m級の山々がある一帯の総称で、これらは北海道の屋根と言われています。活火山・大規模な柱状節理・樹海・永久凍土など北海道の中でもなかなかお目にかかれない大自然の宝庫です。250種の高山植物が見られる他、ヒグマ・シマフクロウ・オショロコマ・ギンザンマシコなどの生き物も棲息しています。そうそう、正しい表記は「だいせつざん」ですが、地元の人は「たいせつざん」と呼ぶことが多いです。記事はこちら

▼旭岳
東川の旭岳の紅葉

旭岳の観光地リスト

旭岳温泉・旭岳・裾合平・旭平・天女ヶ原湿原・駒止の滝・大雪旭岳源水があります。私が訪れたことがあるのは以下です。

▼大雪旭岳源水
東川の旭岳の紅葉

旭岳・裾合平・天女ヶ原に向かう3つの登山コースがあります。天女ヶ原はロープウェイの入口から姿見駅を結ぶ登山コースでもあり、距離は3.4km。1時間30分~2時間くらいで登ることができそうです。旭岳と裾合平はグルっと周遊が可能。旭岳を最初に登山する場合は半時計回りで、最初に裾合平に向かう場合は時計回りに登山することになります。裾合平はチングルマの花畑が有名で、7月中旬~下旬が見頃。チングルマの紅葉もスゴいらしく、9月中旬~下旬にかけて見頃を迎えます。1周約12kmで、7時間近くかかるそう。食料・水・熊鈴・携帯トイレ・レインコートを持参した方が良いでしょう。紅葉時期はとてもスゴい景色が楽しめるそうです。私もチャレンジしてみたいな。

▼旭岳登山の様子

▼裾合平の様子

旭岳温泉

旭岳温泉は旭川市の南東部に位置する東川町の人気温泉地。標高1100mの高所にあり、大雪山系への登山口の拠点や旭岳ロープウェイの観光拠点として、約1キロに渡って9つの宿泊施設があります。その他に旭岳ビジターセンター・スキー場・ロープウェー・駒止の滝・旭岳青少年野営場があります。残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。温泉地の周りには、ハイキングコースやクロスカントリーコースも設置されていて、バードウォッチングもできるそうです。大雪山国立公園の中にある旭岳は紅葉の名所として知られ、日本一早い紅葉が見られると評判で、秋には多くの観光客が訪れます。紅葉以外にも、季節毎に色々楽しめ、春と冬にはクロスカントリー・スキー・スノーシュー、夏には登山とトレッキングが楽しめます。旭岳ビジターセンターでは、スノーシューのレンタルもできますよ。記事はこちら
旭岳温泉ガイドマップ

▼ロッジ・ヌタプカウシペ
ロッジ・ヌタプカウシペ

旭平の散策コース巡り

旭平の散策コースは旭岳の中腹に設置された散策路。雄大な旭岳を見上げ、忠別湖を見下ろしながら、野花や紅葉が楽しめるコースとして人気があります。1周約1.7kmで、所要時間は1時間ほど。6~10月にかけて、散策が楽しめます。それ以外の季節は雪に覆われているようです。運が良ければ、ナキウサギやシマリスに出会うこともできるとか。
旭平散策路マップ

▼旭岳
東川の旭岳の紅葉
▼忠別湖
東川の旭岳の紅葉

入場無料ですが、ロープウェイを使う場合はロープウェイの料金がかかります。片道 大人:1,800円、子供:900円。往復 大人:2,900円、子供:1,450円です。ロープウェイ以外に登山も可能。ロープウェイの入口から姿見駅を結ぶ登山コースで、距離は3.4km。1時間30分~2時間くらいで登ることができそうです。旭岳ロープウェイ駐車場は11~5月までは無料ですが、6~10月は駐車料金が500円かかります。スグ横には無料の公共駐車場がありますが、紅葉の季節にはスグ満車になることもしばしばです。

▼山麓駅のロープウェイ乗り場
東川の旭岳の紅葉
▼ロープウェイからの眺め
東川の旭岳の紅葉
▼紅葉が見える
東川の旭岳の紅葉

本格的な登山ではなく、観光気分で旭岳を楽しみたい場合に丁度良い旭平。旭岳と言えば旭平の散策コースを指す場合も多いです。旭岳ロープウェイに乗ると約10分で、標高1,100mの「山麓」駅から標高1,600mの「姿見」駅へ移動することが可能。「姿見」駅にはトイレと売店があり、「山麓」駅にはトイレ・売店・食堂があります。冬には旭岳の中腹はスキー場に変身します。

▼スキー場の様子

▼姿見駅でレクチャーがある
東川の旭岳の紅葉
▼姿見駅
東川の旭岳の紅葉
▼売店
東川の旭岳の紅葉
▼カレーBOUを食べる
東川の旭岳の紅葉
▼姿見駅から見下ろす
東川の旭岳の紅葉
▼姿見駅から旭岳を見る
東川の旭岳の紅葉

旭平には散策路に沿って、第一展望台・第二展望台・第三展望台・第四展望台・第五展望台・姿見展望台・満月沼・摺鉢池・鏡池・姿見の池・噴気口・旭岳石室・愛の鐘があります。旭岳は日本本土で一番北にある北海道の最高峰なので、日本一早い紅葉が見られる場所としても有名です。その様子を旭平でも楽しむことができます。また、旭平を代表するキバナシャクナゲ・チングルマ・ウラジロナナカマドなどの植物が自生し、開花や紅葉の様子も人気です。

▼第一展望台
東川の旭岳の紅葉
▼コケモモとガンコウラン
東川の旭岳の紅葉
▼第一展望台
東川の旭岳の紅葉
▼第一展望台からの眺め
東川の旭岳の紅葉
▼第一展望台からの眺め
東川の旭岳の紅葉
▼シラタマノキ
東川の旭岳の紅葉
▼夫婦池
東川の旭岳の紅葉
▼第二展望台
東川の旭岳の紅葉
▼第二展望台からの眺め
東川の旭岳の紅葉
▼第三展望台
東川の旭岳の紅葉
▼満月沼
東川の旭岳の紅葉
▼姿見の池に続く道
東川の旭岳の紅葉
▼夫婦池。左が摺鉢池、右が鏡池
東川の旭岳の紅葉
▼鏡池
東川の旭岳の紅葉
▼摺鉢池
東川の旭岳の紅葉
▼摺鉢池の水面に旭岳が写る
東川の旭岳の紅葉
▼第四展望台
東川の旭岳の紅葉
▼鏡池
東川の旭岳の紅葉
▼紅葉と雲海
東川の旭岳の紅葉
▼荒々しい景色
東川の旭岳の紅葉

旭平のハイライトは噴気口と姿見の池。もうもうと水蒸気をあげる様子に大地のエネルギーを感じます。そして、姿見の池に映し出される旭岳もいいですね。愛の鐘と旭岳岩室がある姿見展望台は一番広い展望台で、観光客も多いです。ここが散策の折り返し地点になります。そうそう、散策路は木道と石礫で出来ていて、段差もあるので、動きやすい靴を履いた方が良いでしょう。そして、温かい格好も準備した方が良いかもしれません。

広告

▼姿見の池
東川の旭岳の紅葉
▼噴気口
東川の旭岳の紅葉
▼蒸気がスゴイ
東川の旭岳の紅葉
▼姿見展望台
東川の旭岳の紅葉
▼姿見展望台
東川の旭岳の紅葉
▼姿見展望台からの眺め
東川の旭岳の紅葉
▼旭岳と姿見池
東川の旭岳の紅葉
▼第五展望台
東川の旭岳の紅葉
▼第五展望台からの眺め
東川の旭岳の紅葉
▼ワタスゲ畑が広がっている
東川の旭岳の紅葉
▼ワタスゲ
東川の旭岳の紅葉
▼雲海
東川の旭岳の紅葉
▼旭岳石室と紅葉
東川の旭岳の紅葉
▼もみじと雲海
東川の旭岳の紅葉
▼紅葉
東川の旭岳の紅葉
▼道は悪い
東川の旭岳の紅葉
▼紅葉
東川の旭岳の紅葉

旭岳の雰囲気を動画で確認できます。

▼旭岳の様子

入場料 無料
駐車場 有料駐車場 500円。無料駐車場80台有
営業時間 09:00~17:00 ※時期により異なります
休日 不定休
電話番号 0166-68-9111
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 796 861 007*30

アクティビティリスト

いくつかのアクティビティ会社で旭岳ガイドツアー・バックカントリーガイド・スノーシューツアーなどを実施しています。どのようなガイドなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。

旭岳ガイドツアー

NPO法人大雪山自然学校(Daisetsuzan Nature School)
ASOVIEW
そとあそび
大雪山倶楽部(Daisetsuzan Club)
ASOVIEW
じゃらん
そとあそび
ネイチャーズ(Natures)
ASOVIEW
じゃらん
そとあそび
マウンテンフロー(Mountain Flow)
ASOVIEW
じゃらん
そとあそび
ホテルベアモンテ(Hotel Bearmonte)
ASOVIEW
そとあそび

バックカントリーガイド

フィールド(Field)
ASOVIEW
じゃらん
そとあそび
ととり(Totori)
ASOVIEW
じゃらん
そとあそび

スノーシュー

ネイチャーズ(Natures)
ASOVIEW
じゃらん
そとあそび

宿泊施設リスト

旭岳の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

旭岳温泉 ホテルベアモンテ(Asahidake Onsen Hotel Bear Monte)
アートビレッジ 杜季(Art Village Toki)
Booking
楽天
大雪山山荘(Daisetsuzan-Sanso) 電話:0166-97-2326
大雪山白樺荘 ユースホステル(Daisetsuzan Shirakabaso Youth Hostel)
Booking
じゃらん
楽天
ロッジ・ヌタプカウシペ(Lodge Nutapukaushipe) 電話:0166-97-2150
湯元 湧駒荘(Yumoto Yukomanso)
ラビスタ大雪山(La Vista Daisetsuzan)
グランドホテル大雪(Grand Hotel Daisetsu)
旭岳万世閣 ホテルディアバレー(Asahidake Manseikaku Hotel Deer Valley)
Booking.com
Booking.com

大雪山国立公園のページはこちら

大雪山国立公園

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください