• 食物
  • Meal
  • EasternArea

【帯広のジンギスカン白樺本店】秘伝のタレと柔らかい羊肉がなんとも美味

2015/4/26

ジンギスカン白樺

ジンギスカン白樺は帯広市清川町に本店がある人気ジンギスカン店。現在は佐久間 俊男氏が社長を務め、1957年に創業しました。本店は帯広の市街地からは結構遠く、富良野に支店があります。どちらも行列ができることで知られ、多くのお客さんが白樺のジンギスカンを求めてやってきます。木をふんだんに使った建物も新しく、快適に過ごせると思いますよ。

▼建物の外観
ジンギスカン -帯広の白樺-

私が訪れたのは本店です。営業開始は11時。平日の開店直後に伺うと、先客は1組だけ。行列することなく入店できました。休日は行列必至だそうです。店内は木の温かみがある内装で、全てテーブル席。清潔感があります。靴を脱いで座るテーブル席と靴を履いたまま座れるテーブル席があるので、家族連れでも食事が楽しめるでしょう。そうそう、ネット上でジンギスカン白樺のジンギスカンを取り寄せることが可能なので、気になる方はご賞味あれ。

▼店内の様子
ジンギスカン -帯広の白樺-

高速バスリスト

帯広と札幌・旭川の間を運行する高速バスは以下を参考にしてください。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から帯広行き
中央バス(Chuo Bus) 帯広から札幌行き
拓殖バス(Takushoku Bus) 旭川から帯広
拓殖バス(Takushoku Bus) 帯広から旭川

帯広

帯広市は約17万人が住む北海道で6番目に大きな商業都市。北海道東部エリアの拠点の一つで、十勝地方の中心地として栄えています。十勝全域の農業産品の集積地としても有名で、じゃがいも・ビート・小麦・長芋などが名産として知られています。夏は30度近くまで気温が上がり、冬は気温がマイナス20度近くまで低下。寒暖差が大きいのも特徴で、北海道の中で雪は少ない方です。そのため、冬はスケートが盛ん。オリンピックで金メダルを獲得した清水宏保選手を筆頭に、競技人口が多いです。記事はこちら

広告

▼ホテルボストン
帯広温泉 ホテルボストン

北海道のジンギスカン

ジンギスカンとは羊肉と野菜を焼いて食べる料理。北海道民のソウルフードと呼ばれ、北海道を代表する郷土料理として有名です。北海道以外にも岩手や長野の一部地域でも郷土料理として親しまれています。北海道が特にジンギスカンと関わりが深いのは、明治時代に国策として羊毛を生産することを発表し、滝川・月寒・茨城の友部・愛媛の北条・熊本の5箇所に種羊場が設置されたことと関係があります。当時は肉食の習慣が乏しく、特に羊肉は独特の臭みがあるので、人々の口にあいませんでした。しかし、羊毛だけじゃなく肉も無駄なく活かすために生まれた料理の一つがジンギスカンだったそうです。確かに、牛肉や豚肉と異なり、羊肉は独特のクセがあるので、好き嫌いが分かれる食べ物ですが、逆にそのクセが近代の北海道民を虜にしてきたと言えるかもしれません。記事はこちら

▼ジンギスカン
札幌

ジンギスカン

私は靴を脱いで、テーブル席に座りました。メニューを見て、ジンギスカンとラムジンギスカンを1人前づつオーダー。値段は500円と650円です。肉は2種類のジンギスカンのみを提供するスタイルで、潔いですね。それほど、肉の質とタレに自信があるのでしょう。他にはライスやキムチがあります。

▼ジンギスカンとラムジンギスカンを上から
ジンギスカン -帯広の白樺-

テーブルの上にあるジンギスカン鍋は月寒式。タレでジンギスカンを煮る滝川式ではなく、生ジンギスカン式で提供しています。約3分ほどで、ジンギスカンが木皿で提供されました。肉以外に玉ねぎがサービスでついています。秘伝のタレに漬けこまれた羊肉は一口大にカットされ、食べやすいのが特徴。それでは、焼きましょう。

▼ジンギスカンを焼く
ジンギスカン -帯広の白樺-

焼くこと5分。肉がいい感じになってきました。さっそく、タレにつけて一口食べることに。柔らかくて、うま~い!そして、注目すべきはタレ。りんごと玉ねぎから作られたタレは甘口で、ニンニクが効いて美味しんですよね。これは食が進みます。焼き肉もそうですが、タレが美味しいお店はだいたい評判が高い気がします。

▼柔らかいお肉
ジンギスカン -帯広の白樺-
▼焼けてきた
ジンギスカン -帯広の白樺-
▼玉ねぎ
ジンギスカン -帯広の白樺-
▼タレをつける
ジンギスカン -帯広の白樺-
▼タレの味が美味
ジンギスカン -帯広の白樺-
▼白樺の銘が入ったジンギスカン鍋
ジンギスカン -帯広の白樺-

私が食べたジンギスカンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼ジンギスカンの様子

駐車場 15台有
営業時間 11:00~14:00
休日 月曜日
電話番号 0155-60-2058
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 592 595 136*62

帯広についてのページはこちら

帯広

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください