• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【札幌の成吉思汗だるま本店】行列が絶えないジンギスカン

2015/6/10

だるま

成吉思汗だるまは札幌市中央区すすきのにある人気ジンギスカン店。現在は金官 澄子氏が女将を務め、1954年に創業しました。北海道内でも屈指の人気を誇るジンギスカン店で、すすきのに本店と4つの支店があり、特に本店は行列ができることで知られています。柔らかいラム肉と昭和時代を感じさせるお店の雰囲気が好評です。ただし、2018年に本店はリニューアルされました。また、現在店内は撮影禁止になったとか。以下はそれ以前の内容です。

▼本店店舗の外観
ジンギスカン -札幌のだるま-

私が訪れたのは本店です。営業開始は17時。それまでに15名が並びました。平日なのにこれほどまで人気があるとは思いませんでした。店内はこじんまりとしていて、O字型のテーブルが店の真ん中に置かれています。座席は全てカウンター席です。そのため、家族連れや大人数だとちょっと厳しいかもしれません。内装もなかなかの渋さです。年季が入った様子で、いい感じだ。

札幌

札幌市は約196万人が住む北海道最大の都市。諸説ありますが、「乾いた大きな川」を意味する豊平川のアイヌ語に由来します。横浜・大阪・名古屋に次ぎ、日本で4番目に人口が多い市で、なんと北海道全体の人口のうち36%が札幌市に住んでいるとか。北海道の中心地として栄えています。面積は1,121.26km2で、香港とほぼ同じ大きさ。北海道内では7番目に面積の大きな都市で、観光都市としても有名です。約1,500万人の観光客が訪れます。気候は比較的温暖。夏は気温が25度を越えますが、湿気は少なく、カラッとしていて、肌寒いくらいです。冬はマイナス10度近くまで気温が下がり、積雪が1mを越えることも時々あります。記事はこちら

▼札幌
札幌

北海道のジンギスカン

ジンギスカンとは羊肉と野菜を焼いて食べる料理。北海道民のソウルフードと呼ばれ、北海道を代表する郷土料理として有名です。北海道以外にも岩手や長野の一部地域でも郷土料理として親しまれています。北海道が特にジンギスカンと関わりが深いのは、明治時代に国策として羊毛を生産することを発表し、滝川・月寒・茨城の友部・愛媛の北条・熊本の5箇所に種羊場が設置されたことと関係があります。当時は肉食の習慣が乏しく、特に羊肉は独特の臭みがあるので、人々の口にあいませんでした。しかし、羊毛だけじゃなく肉も無駄なく活かすために生まれた料理の一つがジンギスカンだったそうです。確かに、牛肉や豚肉と異なり、羊肉は独特のクセがあるので、好き嫌いが分かれる食べ物ですが、逆にそのクセが近代の北海道民を虜にしてきたと言えるかもしれません。記事はこちら

▼ジンギスカン
札幌

ジンギスカン

ほどなくカウンター席に案内されました。カウンターにはゴツいジンギスカン鍋が配置され、戦闘準備は整っています。だるまのジンギスカンはジンギスカンの中にタレを入れない札幌以南に多い月寒流です。席に座ると一皿の肉とサービスの野菜(タマネギとネギ)が自動的に提供されました。店員さんから飲み物をどうするか聞かれるので、生ビールをオーダー。値段は500円です。ちなみに肉は一皿が785円です。肉をジンギスカン鍋の上に置いて5分ほどで焼き上がり始めます。

▼ジンギスカン鍋で野菜と肉を焼く
ジンギスカン -札幌のだるま-

特製のタレはお好みでおろしニンニクと七味唐辛子で味を調整し、肉をつけるとこれがウマいこと。特にこの一口目が美味しいですね。私の隣のお客さんも思わず声に出していました。マトンはとても柔らかく、半生くらいがいい感じ。野菜もタマネギの甘みが素晴らしいですね。

広告

▼タレにお好みでニンニクと七味を入れる
ジンギスカン -札幌のだるま-
▼網目が美味しそうなマトン
ジンギスカン -札幌のだるま-
▼野菜も美味い
ジンギスカン -札幌のだるま-
▼店内は狭い
ジンギスカン -札幌のだるま-

なんだかんだ肉を3皿も食べてしまいました。残ったタレをほうじ茶で割って飲むのが通らしく、私も見習って飲む事に。酸っぱさが効いてます。値段は全部で3299円。帰り際、17時30分だというのに6人が入口に並んでいました。ホント人気がありますね。

▼鍋のてっぺんに脂身が置かれる
ジンギスカン -札幌のだるま-
▼タレが美味い
ジンギスカン -札幌のだるま-
▼肉の脂もタレに滲み出る
ジンギスカン -札幌のだるま-
▼最後、タレにお茶を入れてスープに
ジンギスカン -札幌のだるま-

私が食べたジンギスカンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼ジンギスカンの様子

駐車場
営業時間 17:00~03:00
休日 年末年始
電話番号 011-552-6013
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 9 492 172*65

札幌についてのページはこちら

札幌

Comment

Comment

  1. good! hokkaido! より:

    Thanks for your comment! I am Good! Hokkaido!, a Japanese blogger, and this blog is my own. About my blog is here. I am non-English speaking, so I guess that I may use I in the wrong way. Sorry for confusing you.

  2. Ruza より:

    Who are you ?? I mean… I am reading all these experiences from a lot of People on genghis khan and no one is capable to write the author of article…. “I visited the head office”… Who is I… so frustrating…

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください