• 温泉
  • TouristSpots
  • CentralArea

【新ひだかの三石温泉】日帰り入浴が楽しめる三石昆布温泉 蔵三

2014/5/12

三石温泉

三石温泉は苫小牧市の南東方面に位置する新ひだか町三石の温泉地。浦河国道(国道235号)と太平洋の間に三石昆布温泉 蔵三が建ちます。道の駅三石に隣接し、近くには三石海浜公園があり、海水浴ができる他、三石海浜公園オートキャンプ場やバンガローがあります。国道を挟んで向かい側には明治牧場があり、競走馬やポニーが放牧されていました。残念ながら、この近くには独立した飲食店やコンビニはありません。三石温泉は1979年に現在とは別の場所に三石温泉老人福祉センターが開業したのが始まり。2005年に廃業し、現在の場所に三石昆布温泉 蔵三が開業しました。

▼三石海浜公園
新ひだか 三石昆布温泉 蔵三
▼明治牧場
新ひだか 三石昆布温泉 蔵三

三石温泉周辺の有名な観光地は、静内二十間道路桜並木・優駿さくらロード・三石歌笛神社など桜の名所が多く、春に訪れるのが良いでしょう。その他に有名な観光地としては、競走馬のふるさと日高案内所・真歌山展望台・蓬莱山があります。新ひだかはサラブレッドの生産地として知られ、牧場巡りができるのも特徴の一つです。また、新ひだかの美味しいお店としては、あま屋・蔵三・喜輪・レストラン 旅篭が特に人気があります。私は上記以外で、涼華で食べましたが、美味しかったですよ。

▼牧場
新日高の三石温泉

静内二十間道路桜並木

二十間道路桜並木は、苫小牧市の南東に位置する新ひだか町静内にある景勝地。20間とは昔の単位のことで、メートルに直すと約36mの幅の道路です。7kmの直線道路に沿って、エゾヤマザクラやカスミザクラなど約3000本の桜の木が一直線に咲き誇ります。脇道には花のトンネルと呼ばれる長さ300mの道路があり、桜で埋め尽くされるというからこれまた素晴らしいの一言ですね。記事はこちら

▼花のトンネル
静内二十間道路桜並木

優駿さくらロード

優駿さくらロードはえりも岬の北西に位置する浦河にあります。優駿の里公園の入口から日高育成牧場まで約3kmの道のりの両側に約1000本の桜が花開く桜の名所として有名です。桜並木で有名な静内二十間道路桜並木に比べて道幅が狭いので、桜のトンネル感が高まります。5月上旬~中旬にかけてが見頃。桜の季節には浦河桜まつりも開催されます。夜にはライトアップも行われるそうですよ。入場料と駐車場は無料。記事はこちら

▼優駿さくらロード
浦河の優駿さくらロード

三石歌笛神社

歌笛神社はえりも岬の北西に位置する新ひだか町三石にあり、1893年に創建し、1902年にこの場所に移転されました。天照大神、白山比賣神、熊野大神が祀られています。日高地区の桜の名所としても知られ、ヤエザクラ、エゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、枝垂れ桜が咲く神社です。5月上旬~中旬にかけてが見頃。入場料と駐車場は無料。記事はこちら

▼参道から見下ろす
新日高の三石歌笛神社

涼華の合わせ味噌

涼華は苫小牧市と襟裳岬の中間に位置する新ひだか町の静内にある人気ラーメン店。ミシュランガイド北海道2012特別版に掲載されたお店として有名です。新日高町役場静内庁舎の近くにあります。建物が新しく、オシャレな雰囲気。店内にはテーブル席もあり、家族連れも楽しめます。あと、昼にしか営業してないのでご注意ください。記事はこちら

▼ラーメン涼華の定番、合わせ味噌
合わせ味噌拉麺 -静内の涼華-

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは三石昆布温泉 蔵三です。

広告

▼サラブレッドの親子
新日高の三石温泉

三石昆布温泉 蔵三

三石昆布温泉 蔵三は太平洋に面した小規模温泉ホテル。2006年に営業を開始しました。アンビックスが経営しています。日帰り入浴料は440円。朝風呂も提供していて、05:00~09:00の間入浴可能。建物内にはお食事処「旅篭(はたご)」や売店もあり、日帰り入浴者も利用できます。地元の食材を使った料理の評判も高いです。もちろん宿泊も可能です。無料の休憩室もありますよ。

▼建物の外観
新ひだか 三石昆布温泉 蔵三
▼浴場の入口(出典:三石昆布温泉 蔵三 HP
新日高の三石温泉

浴場には露天風呂が1つ、内湯が2つ、ジャグジーが1つ、水風呂とサウナが1つずつ。細長い浴室は大きな窓があるので、太陽が燦々と降り注ぎ、とても気持ちが良い空間です。その窓に沿って、2つの内湯とジャグジーが配置されています。大きな内湯は加温した冷鉱泉を使用。小さな内湯は沸かし湯に三石産昆布を使った昆布湯となっています。恐らく昆布を使ったお風呂があるのはここだけじゃないでしょうか。あまり聞いたことがありません。ジャグジーは沸かし湯を使用しています。

▼大浴場の様子(出典:三石昆布温泉 蔵三 HP
新日高の三石温泉

露天風呂は船型で、目隠しが低いので、太平洋を一望できます。屋根が無いので、開放感も抜群です。夕方には綺麗な夕陽がみられるそうです。

▼露天風呂(出典:三石昆布温泉 蔵三 HP
新日高の三石温泉

お湯は冷鉱泉で、淡い緑色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は0.452g/kg。循環式のため、飲泉はできません。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置してあります。

三石昆布温泉 蔵三の雰囲気を動画で確認できます。

▼三石昆布温泉 蔵三の様子

泉質 冷鉱泉(弱アルカリ性低張性冷鉱泉)
源泉の泉温 10.4℃
ph 7.6
適応症 -
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)、内湯(4)、サウナ(1)。男女別の入浴。※貸切風呂あり。
日帰り入浴料金 大人:440円。小人:140円。乳児:70円。
営業時間 05:00~09:00、10:00~22:00
休日 不定休
駐車場 200台有
電話番号 0146-34-2300
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 564 481 139*31

宿泊施設リスト

三石温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

三石昆布温泉 蔵三(Mitsuishi Konbu Onsen Gonzo)

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください