• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • SouthernArea

【函館の御崎温泉】日帰りで秘密基地のような海浜温泉が楽しめる浜の湯

2017/6/25

御崎温泉

御崎温泉は函館市恵山にある温泉地。恵山漁港のすぐ近く、北海道道635号の終点附近に浜の湯がひっそりと佇んでいます。秘密基地のような秘湯です。函館の中心から御崎温泉までは約50km。恵山火口原・恵山展望台・岬展望台・つつじ公園・石田温泉・恵山温泉が周辺にありますが、残念ながら飲食店・カフェ・お土産屋さん・コンビニなどはありません。

▼道路はがけ崩れの危険がある模様
函館の御崎温泉
▼恵山を見上げる
函館の岬展望台

恵山

恵山は函館市の東部にある標高618mの活火山。渡島半島の最東端付近に位置し、その周辺は恵山道立自然公園に指定されています。水無海浜温泉・恵山温泉・石田温泉・御崎温泉が近いです。但し、水無海浜温泉と恵山温泉など3つの温泉地とは道路がつながっていないので、大回りしなければなりません。恵山は比較的初心者でも登りやすい山として知られ、5月下旬から6月上旬にかけてはエゾヤマツツジなどが見頃を迎え、秋には紅葉が美しいそうです。恵山温泉旅館の横にある連続急カーブの恵山登山道を通り、恵山火口原駐車場が終点にあります。恵山登山道は通行規制があり、06:00~18:00の間で利用可能。取り残されないように!恵山火口原駐車場には、トイレと休憩舎があります。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼恵山
函館の岬展望台

海峡展望台

海峡展望台は函館市の東部、標高618mの恵山にある展望地。恵山温泉旅館の横にある恵山登山道を登りきったS字カーブの一番上、恵山の中腹の標高約350m地点に位置します。津軽海峡が一望できるので、その名前がつけられたのでしょう。看板には恵山展望台と書かれていますが、恵山展望台は別の場所にあるので、少々紛らわしいです。恵山登山道は通行規制があり、06:00~18:00の間で利用可能。取り残されないように!展望台には特に施設はありません。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼海峡展望台の様子
函館の恵山展望台

函館

函館は約26万人が住む北海道で3番目に大きな港湾都市。北海道南部エリアの拠点です。2004年に戸井町・恵山町・椴法華村・南茅部町と合併し、亀田半島はほぼ函館になりました。人気の観光都市でもあり、年間500万人が訪れます。函館の中心部は函館山から五稜郭に向かって、砂州の上に街が広がり、両側に海がある独特の景観を持っていることが特徴。函館の中心街は函館駅や函館山周辺だと思われがちですが、実は函館市電五稜郭公園前駅周辺の方が栄えています。坂の町としても知られ、八幡坂・大三坂・基坂など19の名前がつけられた坂があり、函館山の麓は傾斜が多い土地です。そして、道が狭い場所も多いです。気候は北海道の南部に位置しているので、他の都市よりも暖かく、雪もあまり降りません。詳しくはこちら

▼函館山の眺望
函館

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは浜の湯です。

▼入口からの眺め
函館の御崎温泉

浜の湯

御崎温泉 浜の湯は海に面した共同浴場。温泉玄人の方々には知られた存在で、地元の漁師さん達が主に使っています。浴場は防波堤に隠されているので、秘密基地感がありますね。浴場の横が駐車場になっていて、知らなければここが温泉だとは気づきません。ネットで色々調べてみると、この温泉はかつて外部の人の入浴を禁じたことがあるそうです。浴場を散らかしたり、寸志泥棒を働いた観光客がいて、地元の人達を怒らせました。そのため、地元以外の人が利用するには、綺麗に使うことが義務付けられたようです。もし行かれる方がいれば、そこのところはよろしくお願いしますね。

▼浜の湯と駐車場
函館の御崎温泉

車から降りて入口に向かうと、看板にはポンプが故障中と書いてあります。入浴できないのかなと思いましたが、お風呂には満々とお湯を蓄えていました。そして、ホースからは温泉が送られてきていたので、水量が減ったということなのでしょう。浴室は簡易な屋根が取り付けられ、脱衣スペースと浴場が隣あっています。管理が行き届いているらしくかなり綺麗です。ちなみに、青い函が寸志ボックス。ぜひ、寸志を。

▼入口
函館の御崎温泉
▼ポンプが壊れているらしい
函館の御崎温泉

浴場には内湯が1つで、5人くらいが入浴できそうな大きさです。100%天然源泉掛流の温泉が浴槽から溢れていきます。溢れ出した温泉成分が析出して床が褐色になっているのがかっこいいですね。ちなみに、こちらは混浴風呂。水着やタオルを巻いての入浴は禁止されているので、女性にはハードルが高そう。入浴すると40度強の水温で、なかなか快適です。

広告

▼浴場の様子
函館の御崎温泉
▼脱衣スペースからの眺め
函館の御崎温泉
▼浴場の様子
函館の御崎温泉
▼お湯が出ている
函館の御崎温泉
▼風呂からの眺め
函館の御崎温泉
▼源泉掛流の温泉
函館の御崎温泉

私は平日の13時頃に伺いましたが、入浴中の30分程は誰も来なかったので、お昼頃は混み合わないのかもしれません。そうそう、窓もありますが、海はほとんど見えません。残念ながらオーシャンビューじゃないです。でも風呂場の空間は非日常が満載で、気持ち良いですよ。

▼温泉成分が析出している
函館の御崎温泉
▼あまり海は見えない
函館の御崎温泉

お湯はカルシウム・ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉と色々テンコ盛りな泉質で、淡い緑色、混濁、金気味、金気臭。飲泉もできるようですが、飲泉施設はありません。慢性消化器病、慢性便秘、糖尿病、痛風、肝臓病、慢性胆のう炎、胆石症、肥満症に効果があるそうです。※ポンプの故障により、温泉の鮮度が衰えている可能性あり。浴室にはシャンプーやボディーソープは備え付けられていないので、持参する必要があります。脱衣所にトイレはありません。

▼脱衣スペース
函館の御崎温泉

御崎温泉 浜の湯の雰囲気を動画で確認できます。

▼御崎温泉 浜の湯の様子

泉質 カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉(中性低張性温泉)
源泉の泉温 -
ph -
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、病後回復期、動脈硬化症、慢性皮膚病、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性婦人病、冷え症、虚弱児童
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘、糖尿病、痛風、肝臓病、慢性胆のう炎、胆石症、肥満症
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、下痢の時、その他一般にむくみのあるもの
設備 混浴内湯(1)
日帰り入浴料金 寸志
営業時間 05:00~20:30
休日
駐車場 3台有
電話番号 -
ホームページ
マップコード 875 155 146*40

宿泊施設リスト

御崎温泉附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。

石田温泉旅館(Ishida Onsen Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
恵山温泉旅館(Esan Onsen Ryokan)
Booking

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

函館についてのページはこちら

函館

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください