• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

シマフクロウと源泉掛け流しが楽しめる -足寄の芽登温泉-

2014/6/28

芽登温泉ホテル

芽登温泉ホテルは帯広市の北に位置する足寄町の老舗温泉宿。1901年に創業しました。シマフクロウが見られる温泉宿として有名です。足寄の山深い場所にあり、砂利道を4kmほど進まねばなりません。スマートフォンのカーナビを使って行きましたが、途中で圏外になって焦りました。こんな山奥で道に迷うのはヤバイと思い、看板を信じて進むと、ちゃんとたどりつくことができました。よかったー!本当に温泉宿があるのか不安になるような山奥ですが、そんな場所だからシマフクロウが良く見られるんですね。※2015年に一部リニューアルされたようです。

▼庭
足寄の芽登温泉 芽登温泉ホテル

浴場には混浴露天風呂が1つと内湯が2つ。女性の浴場には専用の露天風呂もある模様。全て源泉掛け流しの温泉です。ヌカナン川の川岸に混浴露天風呂があり、遮る物が何もありません。見晴らしが良く、とてもリラックスできます。これは気持ち良いですね。飲泉も可能で、コップが備え付けられていました。但し、飲んでも効能はありません。残念。内湯は温度違いの浴槽が2つあり、露天風呂よりは温かいお湯。好みに応じて温泉を楽しめます。

▼露天風呂
足寄の芽登温泉 芽登温泉ホテル
▼すぐそばにはヌカナン川
足寄の芽登温泉 芽登温泉ホテル
▼内湯
足寄の芽登温泉 芽登温泉ホテル
▼内湯
足寄の芽登温泉 芽登温泉ホテル

お湯は単純温泉で、無色、透明、硫黄味、無臭。温泉成分の総計は0.24gです。phが9.1と高く、とてもツルツルとした触感でした。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。また、脱衣所には無料のドライヤーが設置してありました。宿泊も可能です。

私が入浴した芽登温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼芽登温泉の様子

泉質 単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)
源泉の泉温 51.4℃
ph 9.16
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進
禁忌症 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 特になし
飲用による禁忌症 特になし
設備 混浴露天風呂(1)、女性専用露天風呂(1)、内湯(2)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:520円。子供:250円。乳児:150円。
営業時間 10:30~20:00
休日 無休
駐車場 30台有
電話番号 0156-26-2119
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 679 505 434*33

宿泊施設リスト

芽登温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

芽登温泉ホテル(Meto Onsen Hotel)

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

Comment

Comment