• 地域
  • TouristSpots
  • SouthernArea

【松前】桜とサムライの歴史が楽しめる北海道唯一の城下町

2014/5/9

松前

松前町は約7,000人が住む北海道で76番目に大きな水産都市。函館市の西南方面に位置し、車で1時間半くらいの距離です。北海道の最南端である白神岬を擁し、北海道最南端の町として知られます。かつては松前藩の中心地として栄え、北海道唯一の城下町だったことで有名です。1400年代くらいから日本の歴史に登場し、北海道の中で珍しいほど長い歴史を誇ります。かつてはニシン漁で栄えましたが、現在はマグロ漁で知られ、マグロが名産の一つです。気候は温暖で、平均温度は約10℃。夏は涼しく、冬は雪が少ないです。

▼松前城
松前
▼夕陽
松前

▼松前の様子

北海道はかつて蝦夷地と呼ばれ、大部分はアイヌの人々が暮らす土地でした。松前家初代藩主 松前慶広氏が1606年に松前城を築城。北海道に現存する唯一の和式城郭です。※当時から残るのは国の重要文化財に指定されている本丸御門のみ。広大な北海道の中で、最南端にある松前だけが「和人」の暮らす場所として発展。アイヌの人々との交易で豊かになり、最盛期には3万人が生活していたそうです。明治維新が起こるまで、渡島半島の主に西側が松前藩と呼ばれていました。ちなみに、新撰組で有名な永倉新八氏は松前藩士です。

▼昔の松前(出典:松前町 HP
松前
▼前列中央に座る永倉新八(出典:Wikipedia HP
松前

和人の歴史が浅いと言われる北海道の中で、明治ハイカラや大正浪漫が楽しめる地域は結構ありますが、松前は600年近い歴史を持つ町。江戸時代の武家社会が感じられる場所です。北海道ではここだけの魅力と言えるでしょう。竹なんかも、根曲がり竹ではなく、孟宗竹が生えていて、北海道らしからぬ雰囲気があります。観光地としては、歴史に関するものが多く、松前城・松前藩屋敷・松前藩主松前家墓所・寺町・白神岬・松前町郷土資料館などが有名です。特に松前城・松前藩屋敷・松前藩主松前家墓所・寺町などがある松前公園は桜の名所として知られています。

▼古寺
松前
▼血脈桜
松前

松前と言えば、松前漬けも有名で、松前の郷土料理です。多くの家庭では朝食のごはんと共に食べます。数の子・スルメ・昆布・人参・生姜などを醤油ベースで漬けた発酵食品です。また、最近は松前で水揚げされるマグロを使った松前マグロ三色丼が新しい名物になっています。ところで、かつての藩主も入浴したと言われる松前温泉が湧出し、殿様が湯浴みした泉質を楽しむことが可能です。

▼松前漬け
松前

松前で行われるイベントは以下です。 4月下旬~5月中旬に松前さくらまつり、8月上旬の1日だけあじさいまつり、8月中旬の3日間に松前城下時代まつり、9月中旬の2日間に松前城下マグロまつりが開催されます。

▼津軽海峡
松前

イベント

春から夏にかけていくつかイベントが行われます。特に松前の桜は北海道の桜の名所の中で、五本の指に入るほどの人気スポット。1ヶ月という異例の長さで桜祭りが開催され、色々な桜を見られるのが魅力です。祭イベントとして開催している点も珍しいのではないでしょうか。私が訪れたことがあるのは以下です。

▼松前城下時代まつりの様子

▼松前城下マグロまつりの様子

松前さくらまつり

松前公園は函館市の南西方面に位置する松前町の高台にある公園。敷地内には松前城・寺町・松前藩屋敷が建ち、北海道唯一の藩として知られる松前藩の中心地が公園として保存されました。桜見本園・バラ園・ボタン園などが設けられ、町民の憩いの場として利用されています。桜の名所として有名で、4月下旬から5月中旬に松前さくらまつりが開催される他、8月上旬には松前あじさいまつりを開催します。入場無料。駐車場も無料です。但し、松前さくらまつりの間は駐車料金が500円になります。記事はこちら

▼松前城
松前さくらまつり

観光名所

昔の北海道の中心地だった松前。歴史が古いので、歴史遺産がたくさんあります。北海道の中では松前でしか見られない和式城郭や大名の墓など歴史に彩られた観光名所が多いです。松前城・松前藩屋敷・松前藩主松前家墓所・阿吽寺・光善寺・専念寺・法源寺・法幢寺・法華寺・龍雲院・松前神社・白神岬・松前町郷土資料館などがあります。

▼ヒバ林
松前

松前城

松前城は日本最北の日式城郭です。1606年に建築されました。正式名称は福山城。代々松前氏が領主を務めてきました。入館料を支払えば、城内に入場することも可能です。松前に関する資料が展示してあり、詳しく知ることができます。

広告

▼松前城
松前城
▼福山城記念碑
松前

松前城の雰囲気を動画で確認できます。

▼松前城の様子

入場料 大人:360円。小学生・中学生:240円。幼児:無料。
駐車場 無料 ※松前桜まつりの期間のみ有料
営業時間 09:00~17:00
休日 12月上旬~4月上旬
電話番号 0139-42-2216
ホームページ ホームページはこちら

松前藩武家屋敷

城の近くには城下町が形成されています。武家屋敷や商家、廻船問屋の建物を再現したテーマパークです。近くには、歴代藩主が眠る松前家墓所、その菩提寺である法幢寺などの寺院も軒を連ねています。

▼松前藩屋敷
松前藩屋敷
▼松前家墓所
松前家墓所
▼松前家墓所
松前家墓所

松前藩屋敷の雰囲気を動画で確認できます。

▼松前藩屋敷の様子

入場料 大人:360円。小学生・中学生:240円。幼児:無料。
駐車場 無料 ※松前桜まつりの期間のみ有料
営業時間 09:00~17:00
休日 11月~4月上旬
電話番号 0139-43-2439
ホームページ ホームページはこちら

食べ物

目の前には日本海が広がり、新鮮な魚介類が水揚げされます。マグロ、ウニ、イカ、アワビなどで知られ、それらを使った料理が有名です。評判のお店としては、レストラン矢野がミシュランプレートを獲得しました。私が食べたことがあるのは以下です。

松前マグロ三色丼

マグロと言えば青森県の大間が有名ですが、実は津軽海峡を挟んだ反対側の町、松前でもマグロが水揚げされるそうです。松前ではマグロ三色丼(三色とは三種類のこと)を売りだしていて、3店舗で食べることができます。今回訪問したのは浦里。松前にある和風レストランです。店主が元力士で、ちゃんこ鍋も名物とか。あとTVチャンピオンの企画で出来たラーメンも食べられるそうです。私は浦里に伺いました。

▼マグロ
松前マグロ三色丼 -浦里-

松前漬け

松前漬けとは松前藩で食べられていた郷土料理。細切りの昆布、スルメ、数の子、ニンジンなどを醤油で漬けたネバネバした発酵食品です。ご飯にもお酒にも合います。

▼松前漬け
松前
▼松前漬屋
松前

温泉

松前藩の時代から温泉が湧いていて、古い歴史を持ちます。そして、北海道最南端の温泉地とも言えるでしょう。松前温泉休養センターと温泉旅館矢野で日帰り入浴することが可能。私が訪れたのは以下です。

松前温泉

松前温泉の函館市の西南方面に位置する松前町の温泉地。松前の中心地から約5km離れた山の中に松前温泉休養センターが建ちます。150年前に温泉が発見されて、松前城の殿様も入っていたとかいないとか。歴史のある温泉です。周辺は樹々に囲まれ、独立した飲食店やコンビニはありません。松前は松前城と松前漬けで知られ、マグロが特産品です。そのマグロを使った松前マグロ三色丼を松前で提供していて、私は浦里で食べました。美味しいですよ。記事はこちら

▼松前温泉休養センター
松前温泉

宿泊施設

松前の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

温泉旅館 矢野(Onsen Ryokan Yano)
丹波屋(Tanbaya)
Booking
じゃらん
楽天
旅館よこはま荘(Ryokan Yokohamaso)
Booking
じゃらん
楽天
旅館みうら(Ryokan Miura)
Booking
じゃらん
楽天
民宿はまべ(Minshuku Hamabe)
Booking
じゃらん
楽天
Booking.com

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください