• 2015/12/19
  • onsen
  • TouristSpots
  • EasternArea

【音更の丸美ヶ丘温泉】日帰り入浴で天然のモール炭酸泉が楽しめる丸美ヶ丘温泉ホテル

丸美ヶ丘温泉

丸美ヶ丘温泉は帯広市の北側に隣接する音更町にある温泉地。標高60mほどの小高い丘の上に一軒宿の丸美ヶ丘温泉ホテルが建ちます。約30000m2の広い敷地は緑に覆われていて、とても気持ちが良い場所です。音更の中心からは車で10分ほどの距離で、飲食店・コンビニ・スーパーなども比較的近いです。音更で美味しい食べ物やさんとしては、蕎麦 二天、柳月スイートピアガーデン、海鮮 蔵、いくのや、cafe Jorroが特に人気です。私は柳月 スイートピア・ガーデン店と上記以外のお店のらぁめん創房 藤で食べたことがあります。なかなか美味しかったですよ。

▼十勝の白樺並木
丸美ヶ丘温泉

柳月スイートピアガーデン

柳月スイートピアガーデンは帯広の北部に位置する音更町にあり、柳月の本社と工場があります。2001年に営業を開始しました。建物内では、工場見学ができる他、三方六を始めとしたお菓子を購入できる小売店があり、人気の三方六の切れ端も販売されています。また、スイートピアガーデン限定のスイーツもこちらで食べることができます。その1つであるガーデンクレープを食べることに。Read More

▼ガーデンクレープ オレンジ味
ガーデンクレープ -音更の柳月 スイートピアガーデン-

らあめん創房藤

らあめん創房藤は帯広の北東に位置する音更町にある人気ラーメン店。2007年に帯広から音更に移転してきました。木野ゴルフセンターの近くに建物があります。外観はラーメン店らしからぬカフェのようなオシャレな佇まい。木の温もりが温かいです。メニューとともにラーメン店の理念ブックも備え付けられています。Read More

▼しおラーメン
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-

泉質は北海道では数少ない炭酸泉で、さらにモール泉ですから、かなり貴重な温泉だと言えるでしょう。私の知る限りだと、その他にある北海道の炭酸泉は下川の五味温泉・愛別の協和温泉・枝幸の歌登温泉・積丹のシララ温泉・ニセコの黄金温泉・上ノ国の上ノ国温泉だけです。モール泉とは、泥炭や亜炭層から湧き出る褐色の温泉で、植物起源の有機質を多く含み、ツルツルした触感があり、肌にも良いので、美人の湯とも言われます。普通の温泉の泉質とは別次元のもので、腐植質を含有しているとモール泉と呼ばれるようです。ところで、帯広と札幌を結ぶ高速バス「ポテトライナー」や帯広と旭川を結ぶ高速バス「ノースライナー号」が運行しています。

交通手段リスト

帯広と札幌・旭川の間を高速バスが運行しています。交通手段は以下を参考にしてください。レンタカー会社比較サイトという便利なサイトもあり、旅ぷらざレンタカー予約じゃらんレンタカー楽天トラベル(レンタカー)で、比較してみるのもよいでしょう。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から帯広行き
中央バス(Chuo Bus) 帯広から札幌行き
拓殖バス(Takushoku Bus) 旭川から帯広
拓殖バス(Takushoku Bus) 帯広から旭川
ニッポンレンタカー(Nippon Rent-a-car) 帯広駅と帯広空港近くに店舗あり。
タイムズカーレンタル(Times Car Rental) 帯広駅と帯広空港近くに店舗あり。
トヨタレンタリース(Toyota Rental Lease) 帯広駅と帯広空港近くに店舗あり。
じゃらん
日産レンタカー(Nissan Rent-a-car) 帯広駅と帯広空港近くに店舗あり。
オリックスレンタカー(Orix Rent-a-car) 帯広駅と帯広空港近くに店舗あり。
駅レンタカー(Station Rent-a-car) 帯広駅近くに店舗あり。
ニコニコレンタカー(Nico Nico Rent-a-car) 西5条、西18条、大通に店舗あり。

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは丸美ヶ丘温泉ホテルです。

丸美ヶ丘温泉ホテル

丸美ヶ丘温泉ホテルは周りを緑に囲まれた小規模温泉宿。1973年に創業しました。100%天然の源泉掛流のモール泉を誇り、泉質自慢で知られた施設で、たくさんの地元客で賑わいます。あるお客さんはガンで入院した後、こちらに通って経過も良好なんだと笑顔で教えてくれました。温泉玄人の方々にも評価が高い温泉です。日帰り入浴料は450円。別の建物には10室の貸切風呂を提供し、人数により値段は異なりますが、2名1200円です。日帰り入浴が中心ですが、素泊まりで宿泊することも可能です。

▼建物の外観
音更の丸美ヶ丘温泉
▼貸切風呂棟(出典:Youtube)
音更の丸美ヶ丘温泉
▼10室ある貸切風呂(出典:Youtube)
音更の丸美ヶ丘温泉
▼貸切風呂(出典:Youtube)
音更の丸美ヶ丘温泉

浴場には内風呂が2つ、トロンサウナが1つあります。タイル張りの浴室はゆったりした広さで、大きな窓ガラスからは太陽の光が燦々と入って気持ちの良い空間です。窓越しには森が見えます。大きな内風呂は15人くら入浴できそうな大きさ。一部にはジャグジーも備え付けられていて、地下1300mから汲み上げられた100%天然の源泉を掛流で使用しています。トロンサウナはサウナマットバスタオルが必須です。受付で購入することも可能です。

広告

▼内湯の様子(出典:音更町十勝川温泉観光協会 HP
音更の丸美ヶ丘温泉
▼大きな内湯(出典:Youtube)
音更の丸美ヶ丘温泉
▼大きな内湯(出典:Youtube)
音更の丸美ヶ丘温泉

小さな内風呂は4人くらいが入浴できそうな大きさで、地下800mから汲み上げられた100%天然源泉掛流の温泉が使われていて、天然の気泡が楽しめます。泡付きの良さは北海道屈指だとか。長湯にはこちらが最適です。贅沢にじゃんじゃか大量のお湯がオーバーフローしているので、それを見ているのも楽しいですよ。ちなみに、カランにも温泉が使われています。

▼小さな内湯(出典:Youtube)
音更の丸美ヶ丘温泉
▼小さな内湯(出典:Youtube)
音更の丸美ヶ丘温泉

大きい内風呂の温泉は(1)アルカリ性単純泉のモール泉で、褐色、透明、無味、モール臭。温泉成分の総計は0.612g/kg。小さい内風呂は(2)単純泉のモール泉で、褐色、透明、無味、モール臭。温泉成分の総計は0.797g/kg。どちらもツルツルとした触感があります。浴場ではシャンプーやボディーソープを提供していないので、持参しなければなりません。脱衣所にはトイレと有料のドライヤーが備え付けられています。

▼廊下
音更の丸美ヶ丘温泉

丸美ヶ丘温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼丸美ヶ丘温泉の様子

泉質 (1)アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性高温泉)、(2)単純泉(弱アルカリ性低張性温泉)
泉温 (1)47.9℃、(2)37.4℃
ph (1)8.62、(2)8.07
適応症 不明
禁忌症 不明
飲用による適応症 飲用不可
設備 内湯(2)、サウナ(1)。男女別の入浴。※家族風呂あり
日帰り入浴料金 大人:450円。小学生:100円。幼児:50円。
営業時間 10:00~23:00
休日 不定休
駐車場 50台有
電話番号 0155-31-6161
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 124 717 338*35

宿泊施設リスト

音更の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

丸美ヶ丘温泉

丸美ヶ丘温泉ホテル(Marumigaoka Onsen Hotel)
Booking
じゃらん
楽天

音更

スポーツホテルクロス・コート(Sports Hotel Cross Court)
Booking
天然温泉ホテル 鳳乃舞音更(Hotel Kaze-no-Mai Otofuke)
ホテルアルムinオトフケ(Hotel Arm in Otofuke)
Booking
イージーリビングテラスB&B(Easy Living Terrace B and B)
Booking
楽天
帯広リゾートホテル(Obihiro Resort Hotel)
Booking
じゃらん
楽天
ロッジラッキーフィールド(Lodge Lucky Field)
Booking
じゃらん
楽天
トイピルカ北帯広ユースホステル(Toipirka Kita-obihiro Youth Hostel)
じゃらん
楽天

十勝川温泉

ホテル大平原(Hotel Daiheigen)
十勝川温泉第一ホテル(Daiichi Hotel)
観月苑(Kangetsuen)
笹井ホテル(Sasai Hotel)
国際ホテル筒井(Kokusai Hotel Tsutsui)
Booking
富士ホテル(Fuji Hotel)
Booking
ホリデーインホテル十勝川(Holiday Inn Hotel Tokachigawa)
Booking
じゃらん
三余庵(Sanyoan)
とかち宿 田園(Minshuku Ryokan Denen)
ホテルテトラリゾート十勝川(Hotel Tetora Resort Tokachigawa)
Booking
十勝エコロジーパーク(Tokachi Ecology Park)
Booking
じゃらん
楽天

ところで、クラブツーリズムでは、日帰りのバスツアーから連泊のツアー旅行など様々なタイプのツアー旅行を用意しています。バスツアーなどは自分で運転しなくてもよいので、昼間からお酒を楽しむことも可能です。旅行先に選定されている観光地は利尻礼文・知床などの国立公園や富良野・美瑛など人気の観光地からハイキングや果物狩りなど季節や希望に応じて様々。ガイドさんの説明もあるので、より旅行の満足度が上がるかもしれません。自分で旅行をプランするよりも、気軽に旅を楽しみたいなら、ツアー旅行も検討する価値がありますよ。また、北海道に住んでいる方ならどうみん割も活用できるようです。興味がある方はどのようなツアーが用意されているか覗いてみてください。

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください