• 自然
  • FamousSpots
  • EasternArea

【弟子屈の摩周湖】展望台から眺める霧の摩周湖

2014/8/26

摩周湖

摩周湖は阿寒湖の北東方面に位置する弟子屈町のカルデラ湖。アイヌ語で山の神の湖という意味です。阿寒摩周国立公園内に位置し、湖の周囲長は19.8km、最大水深211m。バイカル湖に次いで、世界で2番目に透明度が高い湖として知られています。川が無く、雨が降っても、湖の水位が一定に保たれている不思議な湖です。摩周湖は霧が多く発生する場所で、晴れ間が少ないことから別名「霧の摩周湖」と言われています。湖面から高さ300m~400mの断崖に摩周第一展望台・摩周第三展望台・裏摩周展望台の3つの展望台があります。ちなみに、昔は第二展望台もありましたが、使われなくなり消失してしまいました。

▼摩周岳とカムイシュ島
弟子屈の摩周湖

▼摩周湖の様子

丸いフォルムが可愛らしいカムイシュ島は、摩周湖に浮かぶただ一つの島です。溶岩ドームの先端部分だけが表出していて、実は高さ240mの火山のうち30mに過ぎないとか。氷山ではなく、火山の一角だったんですね。また、カムイシュ島には悲しい伝説があります。コタン同士の戦いから逃げ延びた老婆が孫を見失い、孫を探して摩周湖にやってきました。摩周岳(アイヌ語でカムイヌプリという山神様)に一夜の宿をお願いし、そのまま悲嘆と疲労により島になってしまったそうです。カムイシュとはアイヌ語で神となった老婆という意味とのこと。人が来るたびに孫がやってきたと嬉し涙を流し、霧の摩周湖になりました。なんとも悲しいお話ですね。

▼摩周湖
摩周湖の第一展望台

摩周湖の東側には標高857mの摩周岳がそびえ立ち、摩周第一展望台には摩周岳への登山口があります。片道7.2kmで、往復5時間くらいで登れるそうです。頂上からは絶景が見られるそうですよ。

▼摩周岳登山の様子

▼摩周湖
摩周湖の第一展望台
▼冬のカムイシュ島と摩周岳
弟子屈の摩周湖

冬の摩周湖も有名で、私が訪問した時も多くのカメラマンが思い思いに撮影していました。夜には近くに光を発するものがないので、星もきれいとか。1日中楽しめる場所ですね。ちなみに湖は立ち入り禁止です。道路は急カーブが多いので運転にも注意が必要ですよ。

▼カーブが続く
弟子屈の摩周湖

▼冬の摩周湖の様子

摩周湖は弟子屈の中心から約10km、川湯温泉から約15km離れ、このあたりには独立した飲食店やコンビニはありません。弟子屈の中心や川湯温泉には飲食店がコンビニがあります。また、神の子池や硫黄山も比較的近くです。

神の子池

神の子池は摩周湖の北部に位置する清里町の池。阿寒摩周国立公園内に位置し、標高280mの原生林に囲まれた場所で、北海道道1115号を曲がり林道を約2km走ると駐車場に到着します。池の周囲長は約220m、水深約5mの小さな池です。摩周湖と地下でつながっていると言われ、一日12,000tもの摩周の伏流水が湧き出ているとか。※つながっていない説もあり。アイヌ語で山神の湖と呼ばれる摩周湖の子供に見立てて、神の子池と名付けられたそうです。※諸説あり。沈んだ木が腐らないという不思議さが評判になり、パワースポットとして人気の観光スポットになっています。敷地内には、神の子池・散策路・トイレ・駐車場があります。入場無料。駐車場も無料です。熊の出没地帯なので、早朝や夜に訪れるのは危険かもしれません。林道は除雪されないので、11月中旬くらいから4月下旬までは雪にとざされそうです。記事はこちら

▼最深淵部が青い
清里の神の子池

硫黄山

硫黄山は摩周湖と屈斜路湖の中間にある弟子屈町の標高512mの活火山。阿寒摩周国立公園内に位置し、硫黄の鉱山があったので、硫黄山(いおうざん)と呼ばれました。本当の名前は、アイヌ語で裸の山を意味するアトサヌプリです。約1000~1500年前に溶岩ドームを形成しました。噴火口が大小合わせて1500箇所以上あり、今もモクモクと蒸気が吹き出しています。薄い茶色の地肌と硫黄で変色したウグイス色や黄色が目につく不思議な光景が広がり、腐った卵のような硫黄の臭いが漂います。入場料は無料。駐車料金は500円です。冬は営業を休止しますが、駐車場は無料で使用できます。記事はこちら

▼硫黄山
弟子屈の硫黄山

摩周湖の観光地リスト

摩周第一展望台・摩周第三展望台・裏摩周展望台があります。私が訪れたことがあるのは以下です。

摩周第一展望台

摩周第一展望台は、摩周湖南西部にある北海道道52号沿いのビュースポット。阿寒摩周国立公園内に位置し、標高約520mの摩周湖の外輪山にあります。摩周岳を右手に、カムイシュ島を左手に眺めることができ、摩周岳への登山口でもあります。敷地内にはコンクリート製の建物と駐車場が建ち、建物の一階には摩周湖レストハウスとトイレ、屋上が展望デッキになっています。摩周湖レストハウスには食堂と土産物屋が併設されていますよ。摩周湖の観光スポットの中で一番有名な場所なので、観光客も多いです。シマリスが餌付けされているそうですよ。入場料は無料。駐車料金は500円。冬は無料で駐車できますが、レストハウスは冬季休業します。記事はこちら

▼冬の摩周湖
弟子屈の摩周湖

摩周第三展望台

摩周第三展望台は、摩周湖西部にある北海道道52号沿いのビュースポット。阿寒摩周国立公園内に位置し、標高670mの摩周湖の外輪山にあります。重なった摩周岳とカムイシュ島を眺めることができる唯一の展望台です。敷地内には展望デッキと駐車場があります。駐車場附近からみる硫黄山と屈斜路湖も絶景ですよ。入場無料。駐車場も無料です。北海道道52号は11月上旬~4月下旬まで冬季閉鎖されます。残念ながら売店やトイレはありません。記事はこちら

▼カムイシュ島と摩周岳
弟子屈の摩周湖

裏摩周展望台

裏摩周展望台は摩周湖北東部、北海道道150号の終点にあるビュースポット。阿寒摩周国立公園内に位置し、標高約580mの摩周湖の外輪山の上に建ちます。表摩周と考えられるメジャーなビュースポットの摩周第一展望台と摩周第三展望台は湖を挟んで反対側にあり、裏摩周展望台だけが清里町です。かつては裏摩周第二展望台があったようですが、現在はなくなってしまいました。摩周岳を左手に、カムイシュ島を右手に眺めることができます。敷地内には展望台・売店・休憩スペース・トイレ・駐車場が建ちます。入場無料。駐車場も無料です。裏摩周展望台入口ゲートは、11月~4月下旬まで冬季閉鎖されます。記事はこちら

▼裏摩周展望台からの眺め
弟子屈の摩周湖

摩周湖周辺の温泉地リスト

火山源が多い摩周湖周辺には温泉も豊富です。摩周湖の周囲には川湯温泉・摩周温泉・養老牛温泉と3つの温泉地があります。私が訪れたことがあるのは以下です。

川湯温泉

川湯温泉は釧路市の北部に位置する弟子屈町の有名温泉地。川湯温泉の周辺には、硫黄山・屈斜路湖・摩周湖があり、年間70万人近い観光客が訪れる観光拠点になっています。Phが約1.8で、秋田の玉川温泉・群馬の草津温泉・山形の蔵王温泉・青森の酸ヶ湯温泉とともに日本でも屈指の強酸性の温泉が楽しめる温泉地として人気があります。泉質に誇りを持ち、温泉街として「100%天然源泉掛け流し温泉」を掲げ、温泉施設は全て100%天然源泉掛け流し温泉を使用しています。記事はこちら

▼池田屋
弟子屈の川湯温泉-池田屋-

摩周温泉

摩周温泉は釧路市の北方面に位置する弟子屈町の温泉街。大きく2つの温泉地に分かれ、釧路川沿いに弟子屈温泉があり、鐺別川沿いに鐺別温泉があって、それぞれ数軒の温泉施設と宿泊施設が建ちます。世界的にも有名な摩周湖にあやかり、1981年に総称して摩周温泉と名付けられました。道の駅「摩周温泉」があり、足湯も作られています。1990年には弟子屈駅も摩周駅に改名されました。弟子屈の中心には、飲食店・カフェ・居酒屋・スナックもありますよ。周辺の観光地としては摩周湖と屈斜路湖が特に有名で、900草原・硫黄山・キンムトーも近いです。記事はこちら

▼亀之湯
弟子屈の摩周温泉 鐺別温泉 亀之湯

養老牛温泉

養老牛温泉は摩周湖と野付半島の間に位置する中標津町の温泉地。北海道道々505号に沿って、ホテル養老牛と湯宿だいいちの2軒の宿泊施設があり、少し離れた場所に無料の混浴露天風呂のからまつの湯があります。宿泊施設以外には、残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。自然に囲まれた温泉地には、森のなかにシマフクロウ・エゾクロテンといった珍しいが生息し、各ホテルに姿を見せることもあるようです。近くには養老の滝・開陽台・摩周湖があります。記事はこちら

▼からまつの湯
中標津 養老牛温泉 からまつの湯

摩周湖周辺の美味しい店リスト

弟子屈で美味しいお店としては、弟子屈ラーメン 弟子屈総本店・味楽寿司・そば道楽・いなか家 源平・くりーむ童話が特に人気があります。私が訪れたことがあるのは以下です。

弟子屈ラーメン

弟子屈ラーメン総本店は釧路の北部に位置する弟子屈町のラーメン店です。2003年に札幌市で創業しました。しかし、店名に原点回帰し、弟子屈町に総本店を移したそうです。昔ながらの弟子屈のラーメンの味を復活させるべく、水は摩周湖の伏流水を使い、他店の3倍以上の豚骨を弱火で20時間煮込んだスープが使われています。記事はこちら

▼魚介絞り醤油
弟子屈ラーメン

青龍

中国料理青龍は釧路市の北方面に位置する弟子屈町にある中華料理店。本格的な中華料理を提供するお店です。弟子屈町役場のすぐ近くにあります。ミシュランガイド北海道版2012でビブグルマンを獲得したことで有名です。記事はこちら

▼五目焼きそば
五目焼きそば-弟子屈の青龍-

オーチャードグラス

オーチャードグラスは釧路市の北部に位置する弟子屈町の川湯温泉駅駅舎にあるレストラン。オーチャードグラスとは牧草の品種のことで、川湯温泉駅が無人化した後の1987年に開業しました。駅も1930年に建築された木造の建物で、昭和の雰囲気が漂います。また、駅には足湯も併設されています。記事はこちら

▼ハンバーグの上に目玉焼きがのっている
ハンバーグ -弟子屈のオーチャードグラス-

アクティビティ

冬季のみ楽しめる摩周湖外輪山のスノーシュートレッキング、星空ウォッチング、ネイチャーウォッチングツアーなどいくつかのアクティビティ会社で開催しています。どのようなアクティビティなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。

スノーシュートレッキング

▼トレッキングの様子

B&B かむほーむ(B&B Come Home)
じゃらん
そとあそび
ツーリズムてしかが(Tourism Teshikaga)
ASOVIEW
じゃらん

星空ウォッチング

▼星空ウォッチングの様子

広告

ツーリズムてしかが(Tourism Teshikaga)
ASOVIEW

ネイチャーウォッチングツアー

ツーリズムてしかが(Tourism Teshikaga)
ASOVIEW
じゃらん

ホーストレッキング

▼ホーストレッキングの様子

川湯パーク牧場(Kawayu Park ranch)
ASOVIEW
じゃらん
そとあそび

宿泊施設

摩周湖周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

弟子屈

ホテル摩周(Hotel Mashu)
温泉民宿 摩湖(Guest House Mako)
Booking
温泉民宿 北の大地(Onsen Minshuku Kita-no-Daichi)
楽天
ペンション Birao(Pension Birao)
民宿 ニューはとや(Minshuku New Hatoya)
Booking
じゃらん
摩周湖 ユ-スホステル(Mashuko Youth Hostel)
じゃらん
きらの宿 すばる(Kira-no-Yado Subaru)
民宿 ましゅまろ(Minshuku Mashumaro)

川湯温泉

湯の閣 池田屋(Yunokaku Ikedaya)
川湯第一ホテル 忍冬(Kawayu Daiichi Hotel SUIKAZURA)
名湯の森ホテルきたふくろう(Meitonomori Hotel Kitafukuro)
お宿 欣喜湯(Kinkiyu Hotel)
国民宿舎 ホテル川湯パーク(Kokuminshukusha Hotel Kawayu Park)
Booking
楽天
ホテルパークウェイ(Hotel Parkway)
川湯観光ホテル(Kawayu Kanko Hotel)
KKR川湯(KKR Kawayu)
Booking
楽天
旅人宿 あさ寝坊(Asanebo)
じゃらん
楽天
コテージログハウス川湯(Cottage Loghouse Kawayu)
Booking
じゃらん
ホテル 開紘(Hotel Kaiko)
Booking
じゃらん
楽天
Ezo ライダーハウス(Ezo Rider House)
Booking
じゃらん
楽天
ARtINn 極寒藝術伝染装置(ARtINn Extra Cold Art Infectious Device)
じゃらん
楽天

養老牛温泉

湯宿だいいち(Yuyado Daiichi)
Booking
楽天
ホテル養老牛(Hotel Yoroushi)
Booking.com
Booking.com

阿寒摩周国立公園のページはこちら

阿寒摩周国立公園

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください