• 自然
  • FamousSpots
  • EasternArea

日本最大で世界で2番目に大きいカルデラ湖 -弟子屈の屈斜路湖-

2015/5/23

屈斜路湖周辺

屈斜路湖は阿寒湖の北東部に位置する弟子屈町にある日本最大のカルデラ湖。世界でも2番めに大きいカルデラ湖でもあります。湖の周囲長は57km。湖の真ん中には中島がありますが、上陸は禁止されています。冬には御神渡りと呼ばれる湖が氷結して起こる亀裂が発生するとか。日本の淡水湖の中では最大級で、全長10km高さ2mの氷の亀裂ができることがあるそうです。また、オオハクチョウの越冬地としても有名で、温泉によって凍らない水面で羽を休めています。

▼冬の屈斜路湖
弟子屈の屈斜路湖
▼オオハクチョウ
弟子屈の屈斜路湖

酸性値がph5と高く、魚が生息できない状況の中、巨大な陰影を見た人がいることから「クッシー」という恐竜が住むと言われてきました。未だに、その謎は解明されていません。酸性値を高くしているのが温泉です。湖の沿岸に沿って、和琴温泉、三香温泉、コタン温泉、池の湯温泉、砂湯、仁伏温泉があります。

屈斜路湖の雰囲気を動画で確認できます。

▼屈斜路湖の様子

和琴半島

和琴半島は屈斜路湖の南部にある屈斜路湖に突き出た唯一の半島です。半島を周遊できる自然探勝路が整備されていて、1時間ほどで周遊することが可能です。ここに生息するミンミンゼミは屈斜路湖が生息の北限で、1951年に国の天然記念物に指定されました。施設も充実していて、和琴半島湖畔キャンプ場、温泉、土産物屋、食堂、貸しボート、トイレがあります。入場料と駐車場は無料です。屈斜路湖の観光拠点とも言えるでしょう。記事はこちら

▼和琴半島
屈斜路湖

美幌峠展望台

美幌峠展望台は屈斜路湖の西側に位置するビュースポット。標高525mの高さにあり、屈斜路湖を見渡せることで人気があります。ドラマ「君の名は」の舞台にもなりました。敷地には上の展望台と下の展望台、美空ひばりさんが歌った美幌峠の歌碑、道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」があり、道の駅にはレストラン、売店、トイレがあります。入場料と駐車場は無料。記事はこちら

▼上の展望台からの眺め
美幌峠 屈斜路湖

美幌峠展望の雰囲気を動画で確認できます。

▼美幌峠展望の様子

津別峠展望台

津別峠展望台は屈斜路湖の西側に位置する津別町にあります。この一帯では一番高い場所にある標高947mの頂上に展望台が設置され、屈斜路湖や雌阿寒岳・雄阿寒岳を見渡すことができるビュースポットとして有名です。雲海が見られることでも知られています。敷地には展望台とトイレがあります。入場料と駐車場は無料。記事はこちら

▼津別峠展望台からの眺め
屈斜路湖

津別峠展望台の雰囲気を動画で確認できます。

▼津別峠展望台の滝の様子

藻琴山展望駐車公園

藻琴山展望駐車公園は屈斜路湖の北側に位置し、標高430mにある展望地。屈斜路湖を展望できる場所として開放されています。特に施設はなく、駐車場とあずま屋のみです。入場料と駐車場は無料。記事はこちら

▼藻琴山展望駐車公園からの眺め
藻琴峠 屈斜路湖

藻琴山展望駐車公園の雰囲気を動画で確認できます。

▼藻琴山展望駐車公園からの屈斜路湖の様子

ハイランド小清水725

ハイランド小清水725は屈斜路湖の北側に位置する小清水町にあるレストハウス。藻琴山の標高725mに展望台が設置されています。屈斜路湖や斜里岳などを展望することができるビュースポット。早朝に雲海が発生することも。近くには藻琴山の登山口やハイランド小清水キャンプ場もありますし、施設内にはトイレ、食堂、売店があります。入場料・駐車場ともに無料。記事はこちら

▼展望台からの眺め
小清水峠 屈斜路湖

ハイランド小清水725の雰囲気を動画で確認できます。

▼ハイランド小清水725の様子

屈斜路湖の紅葉

屈斜路湖は紅葉の名所としても知られています。和琴半島の紅葉が美しい他、道々52号屈斜路摩周湖畔線に沿っての紅葉も素晴らしいそうです。私は見たことがないので、次回伺って見てみたいですね。見頃は10月中旬~下旬。

▼和琴半島の紅葉
弟子屈の屈斜路湖
▼和琴半島の紅葉
弟子屈の屈斜路湖
▼和琴半島の紅葉
弟子屈の屈斜路湖
▼和琴半島の紅葉
弟子屈の屈斜路湖
▼美幌峠展望台から見た紅葉
弟子屈の屈斜路湖
▼美幌峠展望台から見た紅葉
弟子屈の屈斜路湖
▼津別峠展望台から見た紅葉
弟子屈の屈斜路湖

和琴温泉

和琴温泉は釧路市の北部に位置する弟子屈の屈斜路湖畔にある天然風呂。和琴半島にある「和琴露天風呂」「公衆浴場」2つの温泉の総称です。その他、和琴半島を周遊できる2.5kmほどの散策路があり、オヤコツ地獄と呼ばれる源泉の吹き出し口があります。昔は入浴できましたが、現在は残念ながら立入禁止です。また、秘湯の名にふさわしい奥の湯と呼ばれる温泉もあるとか。興味深いですね。記事はこちら

▼開放感抜群
弟子屈 屈斜路湖 和琴温泉

和琴温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼和琴温泉の様子

三香温泉

三香温泉は釧路市の北部に位置する弟子屈の屈斜路湖畔にある温泉宿。1980年に創業しました。和琴半島のすぐ近くなんですが、ちょっとわかりにくいかもしれません。到着すると母屋と木造の玄関があります。玄関前には犬が飼われていて、おとなしくしていました。名前はキンタというようです。記事はこちら

▼露天風呂の様子
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉

三香温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼三香温泉の様子

仁伏温泉

仁伏温泉は釧路市の北に位置する弟子屈町の温泉街。屈斜路湖畔に仁伏保養所と屈斜路湖ホテルがあり、道路沿いに屈斜路湖荘があります。川湯温泉から車で10分ほど。温泉の施設だけがある温泉街です。記事はこちら

▼仁伏保養所
弟子屈の仁伏温泉 仁伏保養所

仁伏保養所の雰囲気を動画で確認できます。

▼仁伏保養所の様子

コタン温泉

コタン温泉は釧路市の北に位置する弟子屈町の屈斜路湖畔に湧きでている天然の露天温泉。入浴料は無料です。浴場は岩風呂になっています。湖の高さと温泉の高さが同じで、まるで湖に入っているような印象。混浴の野湯ですが、男女の風呂が岩で気持ち仕切られています。ホント、気持ち程度です。水着の着用もOKです。男女の更衣室も分かれていました。記事はこちら

▼眺めが良い
弟子屈のコタン温泉 屈斜路湖

コタン温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼コタン温泉の様子

池の湯温泉

池の湯温泉は釧路市の北に位置する弟子屈町の屈斜路湖畔の池の中に湧き出た天然の露天温泉。混浴の野湯で、水着を着用して入浴することができます。直径15mの池で、20人位は入れそうな大きさ。お湯も意外に熱くて、40℃くらいはあるのではないでしょうか。多少藻が浮いていましたが、かなりキレイでした。記事はこちら

▼ザリガニのようなモニュメント
屈斜路湖 弟子屈の池ノ湯温泉

池ノ湯温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼池ノ湯温泉の様子

砂湯

砂湯は屈斜路湖の中心部に位置するキャンプ場があります。湖岸にある砂を掘れば温泉が湧き出るので、自分で好きなように砂で浴槽をつくり入浴することが可能です。場所によってはちょっと冷たい場合もあるので、ご注意ください。観光客が多いので、水着も来てくださいね。敷地内には、キャンプ場、トイレ、売店、スワンボートがあります。冬にはオオハクチョウが見られ、観光客も多いです。駐車場は無料です。記事はこちら

▼砂湯
屈斜路

砂湯の雰囲気を動画で確認できます。

▼砂湯の様子

宿泊施設

屈斜路湖周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。

湯の閣 池田屋(Yunokaku Ikedaya)
川湯第一ホテル 忍冬(Kawayu Daiichi Hotel SUIKAZURA)
名湯の森ホテルきたふくろう(Meitonomori Hotel Kitafukuro)
お宿 欣喜湯(Kinkiyu Hotel)
国民宿舎 ホテル川湯パーク(Kokuminshukusha Hotel Kawayu Park)
Booking
楽天
ホテルパークウェイ(Hotel Parkway)
川湯観光ホテル(Kawayu Kanko Hotel)
KKR川湯(KKR Kawayu)
Booking
楽天
旅人の宿 あさ寝坊(Tabibito-no-Yado Asanebo)
楽天
屈斜路湖荘(Kussharokoso)
屈斜路湖ホテル(Kussharoko Hotel)
屈斜路原野ユースゲストハウス(Kussharo-Genya Youth Guesthouse)
アトレーユ(Atreyu)
屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)
ぽらりす(Polaris)
三香温泉(Sanko Onsen)
Booking
レイクサイドリゾートペンションチャトラン(Lakeside Resort Pension CHATRAN)
Booking
ガストホフ ぱぴりお(Gasthof Papilio)
Booking
Booking.com

阿寒国立公園のページはこちら

阿寒国立公園

Comment

Comment