• 温泉
  • TouristSpots
  • EasternArea

【訓子府温泉】日帰でツルツルした触感の温泉が楽しめる訓子府温泉保養センター

2014/3/12

訓子府温泉

訓子府温泉は北見市の南西方面に位置する訓子府町の温泉地。常呂川と北海道道50号の間に挟まれる形で、畑に囲まれた訓子府温泉保養センターが建ちます。訓子府の中心からは車で5分ほどで、比較的町中に近いです。訓子府と言えば、タレかつ丼が有名で、私は福よしで食べました。美味しかったですよ。

▼訓子府温泉保養センター
訓子府温泉
▼周りは畑
訓子府温泉

たれカツ丼

福よしは北見市の南西に位置する訓子府町にある老舗食事処。1950年に創業しました。寿司からラーメンまで、和洋中の色々な食べ物を提供しています。地元の人気店と言った印象です。訓子府はたれカツ丼で知られ、特に福よしは訓子府のたれカツ丼のパイオニアとして、多くの観光客が食べに来ます。ちなみに、たれカツ丼とは卵でとじていないカツ丼のこと。新潟県のたれカツ丼が有名ですが、実は訓子府町にも根付いたご当地料理だったのです。記事はこちら

▼タレカツ丼を上から
訓子府 たれカツ丼 -福よし-

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは訓子府温泉保養センターです。

訓子府温泉保養センター

訓子府温泉保養センターは1991年に開業した公共温泉。建物内はとても綺麗で、清潔感があります。私は平日の12時30分頃に訪れました。地元のお客さんが6人いて、なかなかの人気ですね。日帰り入浴料は390円。

▼浴場入口
訓子府温泉

浴場には内湯が1つ、ジャグジーが1つ、水風呂とサウナが1つづつ。タイル張りの浴室はそれほど大きくはありません。しかし、窓が大きいので、太陽が燦々と降り注ぎ気持ちの良い空間です。露天風呂はありませんが、壁に囲まれた外で休憩できるスペースがあります。

▼浴室の様子(出典:Youtube)
訓子府温泉

内湯は10人くらいが入浴できそうな大きさで、ジャグジーは3人くらいが入浴できそうな大きさです。浴槽には源泉掛流の温泉が使われています。結構熱いお湯なので、熱いのが好きな方にはピッタリなお湯でしょう。

広告

▼内湯(出典:Youtube)
訓子府温泉
▼ジャグジー(出典:Youtube)
訓子府温泉
▼サウナ(出典:Youtube)
訓子府温泉
▼水風呂(出典:Youtube)
訓子府温泉

お湯はナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉で、無色、透明、無味、無臭です。温泉成分の総計は1.301g/kg。お湯はかなりツルツルした触感です。浴場に飲泉設備もあり、飲んでみると温泉らしい味でした。まあ、味という味ではありませんが。慢性消化器症、慢性便秘、糖尿病、痛風、肝臓病、慢性皮膚炎、胆石症、肥満症に効果が期待されます。浴場にはボディソープが備え付けられています。脱衣所にはトイレとドライヤーが設置されています。

▼飲泉所(出典:Youtube)
訓子府温泉
▼脱衣所
訓子府温泉
▼休憩室の様子
訓子府温泉
▼休憩室の様子
訓子府温泉

訓子府温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼訓子府温泉の様子

泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
泉温 50.5℃
ph 8.09
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打身、くじき、痔症、慢性皮膚炎、慢性消化器症、動脈硬化、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、冷え性、慢性婦人病、虚弱児童
禁忌症 急性疾患、(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器症、慢性便秘、糖尿病、痛風、肝臓病、慢性皮膚炎、胆石症、肥満症
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、下痢の時、その他一般にむくみがあるもの
設備 内湯(4)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:390円。子供:140円。
営業時間 12:00~22:00
休日 元旦、毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
駐車場 30台有
電話番号 0157-47-3380
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 561 480 763*26

宿泊施設リスト

訓子府温泉附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。

旅の宿くんねっぷ(Tabi-no-Yado Kunneppu)
Booking
じゃらん
楽天
福士旅館(Fukushi Ryokan) 電話:0157-47-2070

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください