• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

【北見温泉(ポン湯温泉)】日帰り入浴でつるつるの源泉が楽しめる三光荘

2015/3/27

北見温泉(ポンユ温泉)

北見温泉(ポンユ温泉)は北見市の北西部に位置する北見市留辺蘂町の温泉地。一軒宿の三光荘が北見国道(国道38号)沿いに建ち、すぐ横には北見温泉ゴルフ場があります。留辺蘂の中心からは約3kmと近く、そこには飲食店やコンビニなど独立したお店が建ちます。留辺蘂と言えば、おんねゆ温泉が有名です。道の駅おんねゆ温泉・山の水族館・北きつね牧場・つつじ公園などがある他、この地域は白花豆の産地で、白花豆を使ったムースも有名です。そうそう、留辺蘂で美味しいお店としてはタワー天丼の加根志めが特に人気があります。

▼看板
北見温泉(ポン湯) 三光荘

ポンユ温泉は1890年頃にアイヌの方々が温泉小屋を作って使われてきた温泉で、ポン湯とはアイヌ語で小さな湯という意味だそうです。1897年に河原田万蔵氏がアイヌの人々から温泉の権利を譲り受け、翌年温泉宿を開業し、紅葉山温泉と名付けられました。その後、経営者が変わり、1957年に北見温泉三光荘となり、今に至ります。お湯はアルカリ性単純泉で、phは約9.6ととてもツルツルした触感です。化粧水のような柔らかいお湯だと評判が高いです。

山の水族館

山の水族館は北見市留辺蘂にある温根湯温泉のすぐ近くの道の駅「おんねゆ温泉」にある小さな水族館。2012年にリニューアルされて、人気の観光スポットになり、30万人の観光客が訪れます。日本でただ一人の水族館プロデューサーの中村元さんが設計しました。全部で9つの展示場があり、特に世界初の凍る水槽や日本初の滝壺を見上げる水槽が有名です。50種類以上の魚を観察することができ、1mを超える40匹のイトウが泳ぐ大きな水槽も迫力がありますよ。入場料は有料。駐車場は無料。記事はこちら

▼40匹の1mを超えるイトウが泳ぐ水槽
北見 おんねゆ温泉 山の水族館

白花豆ムース

ふじや菓子舗は北見市の西部に位置する留辺蘂町の温根湯温泉にある老舗菓子店。1932年に創業しました。留辺蘂町は日本一の白花豆の生産地。そのため、昔から白花豆を使ったお菓子を製造しています。その中の一つ、白花豆ムースが有名だと聞いたので、購入するために伺いました。290円です。記事はこちら

▼柔らかいムース
白花豆ムース -北見のふじや菓子舗-

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは三光荘です。

▼建物前の様子
北見温泉(ポンユ温泉)

三光荘

三光荘は1898年開業にした小規模老舗温泉旅館。地元の方と温泉玄人の方々に人気で、自家源泉を所有し、源泉掛流の温泉に入浴できることで知られます。外観も内装もレトロな雰囲気で、古き良き昭和の雰囲気が楽しめます。日帰り入浴料は500円。宿泊も可能です。

▼建物の外観
北見温泉(ポンユ温泉)

浴場には内湯が2つと打たせ湯1つ。タイル張りの浴室はこじんまりとしていますが、窓から太陽の光が降り注ぐので、とても気持ちの良い空間です。白いタイルと水色のタイルの組み合わが綺麗ですね。浴槽はそれぞれ別の源泉を使用し、どちらの浴槽も混じりっけなしの100%天然源泉掛流の(1)(2)温泉が使用されています。

▼浴場内の様子
北見温泉(ポン湯) 三光荘

大きな内湯は12人くらいが入浴できそうな大きさで、(2)の温泉を使用しています。水温は43℃。ジャグジーも備わっています。小さな内湯は4人くらいが入浴できそうな大きさで、アイヌの時代から使われきた(1)の温泉を使用しています。水温は38℃。打たせ湯が設置してあります。小さい内湯は長湯に最適で、地元のお客さんがじっくりと長湯を楽しんでいました。また、シャワーやカランにも温泉が使用されています。

▼左側が大きな内湯。右側が小さい内湯
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼右側に打たせ湯と飲泉所がある
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼温泉湧出口
北見温泉(ポン湯) 三光荘

phが9.6と高く、かなりツルツルする触感。源泉が掛け流されているので、バスタブの淵にある大理石すらもツルツルになっています。危うく滑って転ぶ所でした。ご注意ください。

▼無色透明の温泉
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼小さい内湯からの眺め
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼大きい内湯からの眺め
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼源泉が絶えず浴槽から溢れ出し掛け流される
北見温泉(ポン湯) 三光荘

お湯は(1)(2)アルカリ性単純泉で、無色、透明、硫黄味、微硫黄臭。また、飲泉口もあり、飲泉可能です。但し、効能はありません。温泉成分の総計は(1)0.358g/kgと(2)0.347g/kg。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置されています。

▼脱衣所
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼休憩所
北見温泉(ポン湯) 三光荘

私が入浴した北見温泉(ポン湯)の雰囲気を動画で確認できます。

▼北見温泉(ポン湯)の様子

泉質 (1)アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性温泉)
(2)アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性温泉)
源泉の泉温 (1)38.8℃
(2)43℃
ph (1)9.6
(2)9.6
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うつみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 なし
設備 内湯(3)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。子供:150円。
営業時間 09:00~21:30
休日 無休
駐車場 10台有
電話番号 0157-42-2288
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 402 737 104*38

宿泊施設リスト

北見ポン湯温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

三光荘(Sanko-so)
Booking

北見についてのページはこちら

北見

Comment

Comment