• 温泉
  • TouristSpots
  • SouthernArea

【八雲の上の湯温泉】日帰りで源泉掛流の温泉が楽しめる銀婚湯と清龍園

2014/5/22

上の湯温泉

上の湯温泉は函館市の北西方面に位置する八雲町の温泉地。八雲の中心地から約30km離れた標高約70mの山の中に、銀婚湯と清龍園がそれぞれ北海道道67号に沿ってポツン建っています。秘湯が多く存在する八雲の秘湯の一つです。近くには秘湯の一つとして有名な盤石温泉もあります。アイヌの時代から温泉が湧いていることが知られていた上の湯温泉は、1846年に松浦武四郎氏が入浴したと蝦夷日誌に記述されているのが一番古い記録です。その後、川口福太郎氏が1925年に温泉の掘削に成功し、温泉宿「銀婚湯」を建て、今に至ります。

▼銀婚湯
八雲の上の湯温泉 銀婚湯

八雲は太平洋と日本海に面した珍しい町。観光地としては、噴火湾パノラマパークと八雲町育成牧場が有名です。その他、八雲で美味しいお店と言えば、ハーベスター八雲・伊勢屋食堂・エルフィン元山牧場牛乳が特に人気です。私は上記以外のお店の亀やとまるみ食堂で食べたことがありますが、美味しかったですよ。

噴火湾パノラマパーク

噴火湾パノラマパークは函館の北西に位置する八雲町にある道の駅。太平洋を展望できる丘の上にあり、美味しいチキンで知らてたハーベスター八雲に隣接しています。噴火湾パノラマパークには、丘の駅八雲パノラマ物産館、オートリゾート八雲、パークゴルフ場、ピクニック広場、花畑などがあり、遊べる施設が充実した複合施設になっています。お子さん連れでも楽しめますよ。特に景色が良いことで知られ、訪れてみると確かに気持ち良い眺めでした。入場・駐車場無料。記事はこちら

▼テーブルからの眺め
八雲の噴火湾パノラマパーク

亀や

亀やは函館の北西に位置する八雲にある老舗の寿司屋さん。1968年に創業しました。ミシュランガイド北海道2012特別版でビブグルマンを獲得したお店として有名です。駅のすぐ近くにありますが、駐車場がありません。そこで、八雲駅の駐車場に車を駐車しました。記事はこちら

▼特上寿司を上から
特上寿司 -八雲の亀や-

まるみ食堂

まるみ食堂は八雲町にある老舗食堂。1958年に創業しました。八雲駅のスグ隣にあり、民宿も併設しています。八雲なので、八雲そばを食べようと思ったのですが、私はそもそも八雲そばを勘違いしていました。そういう蕎麦の品種があると思っていたのです。まるみ食堂では幌加内産の蕎麦粉を使用しています。ちなみに、八雲そばはお店の名前でした。記事はこちら

▼ダシが効いたスープ
五目そば -八雲のまるみ食堂-

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは銀婚湯と清龍園です。

パシフィック温泉ホテル 清龍園

清龍園は1951年に開業した小規模老舗温泉旅館。地下120メートルから98度の高温で自噴する温泉を持つ日本でも数少ない温泉宿です。敷地内にはパークゴルフ場が隣接しています。日帰り入浴料は500円。宿泊も可能です。

▼建物の外観
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼パークゴルフ場
八雲の上の湯温泉 清龍園

浴場には露天風呂が2つ、内湯が2つ、水風呂とサウナが1つづつ。タイル張りの浴室は円形で、窓が大きく、太陽の光が燦々と降り注ぐので、気持ちが良い空間です。大きな内湯は20人くらいが入浴できそうな大きさで、小さな内湯は4人くらいが入浴できそうな大きさです。熱交換器で水温を下げた100%天然源泉掛流の温泉が絶えず浴槽から溢れて出ています。気持ちいいなー。小さい内湯は結構熱いので、目がシャキッとしますよ。あと、水風呂とサウナは別の建物にあり、露天風呂から出入りできます。

▼浴場の様子
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼内湯
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼浴場の様子
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼内風呂からの眺め
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼湧水口
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼淡い緑色混濁のお湯
八雲の上の湯温泉 清龍園

外には日本庭園のように石が配置され、池の替りを露天風呂が担っています。この置き石の数も相当なものですね。素晴らしい!露天風呂は岩風呂になっていて、大・中・小とありますが、私が訪れた時は、大と小しか使用されていませんでした。大きな露天風呂は15人くらいが入浴できそうな大きさで、東屋が設置されています。しかし、ほとんど屋根に覆われていないので、開放感も抜群!そうそう、100%天然の温泉がなかなか熱く、湧出口近くは相当なもので、入浴しづらいかもしれません。でも、この非日常感は格別です。小さい露天風呂は1人用で、ほんとに池みたい。ひょっとしたら入浴用じゃないのかもしれません。

▼露天風呂
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼露天風呂
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼露天風呂からの眺め
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼岩に析出した温泉成分
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼小さな露天風呂
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼サウナ
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼水風呂
八雲の上の湯温泉 清龍園

お湯はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉で、淡緑色、混濁、塩味、金気臭。温泉成分の総計は7.2g/kg。残念ながら、保健所の許可を得ていないので、飲泉できません。お湯の触感はヌルリとした感じで、肌にも良さそうです。浴場には石鹸が備え付けられています。脱衣所は2つあり、お好みで使用でき、トイレと無料のドライヤーが設置してあります。

▼脱衣所
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼脱衣所
八雲の上の湯温泉 清龍園
▼脱衣所
八雲の上の湯温泉 清龍園

私が入浴した清龍園の雰囲気を動画で確認できます。

▼清龍園の様子

泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
源泉の泉温 98℃
ph 8.4
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、疲労回復、健康増進、虚弱児童、慢性婦人病、冷え性、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘、慢性胆のう炎、胆石症、糖尿病、痛風、肥満症
飲用による禁忌症 下痢の置き、腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(2)、内湯(2)、サウナ(1)。男女別入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小人:200円。
営業時間 10:00~22:00
休日 無休
駐車場 30台有
電話番号 0137-67-2011
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 687 135 284*07

温泉旅館 銀婚湯

銀婚湯は1927年に開業した小規模老舗温泉旅館。とても人気がある純和風の温泉宿で、日本はもちろん、海外の観光客からも注目を集めています。5本の源泉を所有し、湧出量も豊富で、新鮮な温泉が楽しめるのも人気の理由。日本温泉遺産を守る会に源泉掛け流し風呂に認定されている北海道の18温泉施設の中の一つです。日帰り入浴料は700円。日帰り入浴の場合、建物内のお風呂とかたらいの足湯のみ利用できます。もちろん宿泊も可能で、宿泊の人気が高いです。料理が美味しいと評判です。

▼建物の外観(出典:温泉旅館 銀婚湯 HP
八雲の上の湯温泉
▼かたらいの湯(出典:温泉旅館 銀婚湯 HP
八雲の上の湯温泉

建物内には大浴場「渓流の湯」と大浴場「こもれびの湯」の2つの浴場があり、時間により男女の浴場が入れ替えられます。それぞれの浴場には、露天風呂が1つと内湯が1つ。浴室は天井も高く、窓も大きいので、気持ちの良い空間です。内湯には加水された源泉4本の混合泉を使用しています。お湯は(1)ナトリウム-塩化物泉で、淡黄色、透明、塩味、無臭。温泉成分の総計は6.641g/kg。残念ながら、保健所の許可を得ていないので、飲泉できません。浴場にはシャンプー・ボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置されています。

▼大浴場「渓流の湯」(出典:温泉旅館 銀婚湯 HP
八雲の上の湯温泉

露天風呂は樹々が目隠の役割を果たし、森林浴も楽しめる空間です。源泉2本の混合泉を100%天然源泉掛流で使用しています。お湯は(2)ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、淡黄色、透明、塩味、無臭。温泉成分の総計は7.606g/kg。

▼露天風呂(男湯)(出典:温泉旅館 銀婚湯 HP
八雲の上の湯温泉

庭園の敷地面積は5000坪(16,528m2)と広く、その広い敷地に楽部川が流れ、吊橋や散策路が設けられています。その散策路に沿って宿泊者専用の貸し切り風呂が6つ設置されています。かつらの湯・もみじの湯・トチニの湯・奥の湯 トチニの湯・どんぐりの湯・杉の湯で、隠し湯巡りができるのも温泉好きの方々に支持される理由です。非日常感が楽しめ、冒険心をくすぐるところがスゴいですよね。それぞれの浴槽では(2)ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉を使用し、温泉成分の総計は各浴槽により異なります。

▼かつらの湯(出典:温泉旅館 銀婚湯 HP
八雲の上の湯温泉
▼もみじの湯(出典:温泉旅館 銀婚湯 HP
八雲の上の湯温泉
▼トチニの湯(出典:温泉旅館 銀婚湯 HP
八雲の上の湯温泉
▼奥の湯 トチニの湯(出典:温泉旅館 銀婚湯 HP
八雲の上の湯温泉
▼どんぐりの湯(出典:温泉旅館 銀婚湯 HP
八雲の上の湯温泉
▼杉の湯(出典:温泉旅館 銀婚湯 HP
八雲の上の湯温泉

銀婚湯の雰囲気を動画で確認できます。

▼銀婚湯の様子

泉質 (1)ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
(2)ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 60~95℃
ph -
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、疲労回復、健康増進、虚弱児童、慢性婦人病、冷え性、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(7)、内湯(1)。男女別入浴。
日帰り入浴料金 大人:700円。小人:350円。
営業時間 12:00~16:00
休日 月曜日
駐車場 30台有
電話番号 0137-67-3111
ホームページ " target="_blank">ホームページはこちら
マップコード 687 135 067*01

宿泊施設リスト

上の湯温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

パシフィック温泉ホテル 清龍園(Pacific Onsen Hotel Seiryuen)
Booking
温泉旅館 銀婚湯(Onsen Ryokan Ginkonyu)
Booking
じゃらん
楽天

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

Comment

Comment