• 2017/7/10
  • nature
  • Little-KnownGoodSpots
  • CentralArea

【江別のノハナショウブ群生地】濃い紫色の花々が美しい大群落

ノハナショウブ群生地

ノハナショウブ群生地は札幌市の南東方面に位置する江別市にある原生花園。約5,000人が訪れる観光の穴場です。畑に囲まれているので、場所が少しわかりづらいかもしれません。南幌温泉が近いです。6,700m2の敷地に、約5万本のノハナショウブが自生し、6月下旬~7月上旬にかけて見頃を迎えます。濃い紫色の花々が緑色の敷地を覆い尽くす様子は、なかなか見応えがありますよ。周圍には約360mの散策路が設けられていて、10分ほどで見て回ることが可能。背景を変えてノハナショウブを見るのも面白いです。敷地内には駐車場とトイレもあります。入場料は寸志。駐車場は無料。

▼ノハナショウブ
江別のノハナショウブ群生地
▼駐車場と管理人小屋
江別のノハナショウブ群生地
▼トイレもある
江別のノハナショウブ群生地

南幌温泉

南幌温泉は札幌市の東部に位置する南幌町の温泉地。千歳川沿いに一軒宿のなんぽろ温泉ハート&ハートが建ちます。周りは畑と湿地帯になっていて、道路を挟んで南幌親水公園・展望塔・アイスキャロルがあります。南幌の中心からは約5km離れた場所で、残念ながら独立したレストランやコンビニはありません。6月下旬~7月上旬にかけて見頃を迎えるノハナショウブ群生地が比較的近いです。南幌と言えばキャベツが名産で、なんぽろ温泉ハート&ハートのキャベツ丼や南幌ラーメン きららのキャベツキムチらーめんが知られています。私はきららでキャベツキムチラーメンを食べましたが、美味しかったですよ。Read More

▼露天風呂
なんぽろ温泉ハート&ハート

ノハナショウブ群生地の様子

ノハナショウブは5,000種以上ある園芸種のハナショウブの原型で、自生しているものをノハナショウブ(野花菖蒲)と呼ぶようです。伊藤若冲氏の作品にもノハナショウブが用いられ、昔は身近な存在でした。しかし、乾燥に弱く、温暖化の影響なのか、日本各地で生息地が年々減少しているそう。北海道は比較的自生地が多く、ベニヤ原生花園や稚内周辺に大群落があります。しかし、都心に近い場所での群生地は数が少ないようで、アクセスの良いノハナショウブ原生花園はなかなか貴重な存在です。

広告

▼小さ目な展望デッキ
江別のノハナショウブ群生地
▼展望デッキからの眺め
江別のノハナショウブ群生地
▼展望デッキからの眺め
江別のノハナショウブ群生地
▼通路
江別のノハナショウブ群生地
▼おー、いい景色!
江別のノハナショウブ群生地
▼北海道らしい景色だ
江別のノハナショウブ群生地
▼通路
江別のノハナショウブ群生地
▼点描のよう
江別のノハナショウブ群生地
▼通路
江別のノハナショウブ群生地
▼ノハナショウブ
江別のノハナショウブ群生地
▼小さめな展望台
江別のノハナショウブ群生地
▼小さめな展望台からの眺め
江別のノハナショウブ群生地
▼小さめな展望台からの眺め
江別のノハナショウブ群生地
▼数の多さに圧倒される
江別のノハナショウブ群生地

ノハナショウブ群生地の雰囲気を動画で確認できます。

▼ノハナショウブ群生地の様子

入場料 寸志
駐車場 無料駐車場5台
営業時間 09:00~16:00
休日 7月中旬~6月中旬
電話番号 -
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 139 219 881*28

宿泊施設

ノハナショウブ群生地附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

南幌温泉

南幌温泉はーと&はーと(Nanporo Onsen Heart and Heart)

江別

ペンション優(Pension Yu)
Booking
ゲニウス・ロキが旅をした(Genius Loci Ga Tabiwoshita)
Booking
じゃらん
ホテルリボーン野幌(Hotel Reborn Nopporo)
Booking
江別温泉 富士屋旅館 (Ebetsu Onsen Fujiya Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
ひまわり館(Himawarikan)
Booking
じゃらん
楽天
日の出旅館(Hinode Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
江別温泉 ビジネスホテル野幌(Ebetsu Onsen Business Hotel Nopporo)
Booking
じゃらん
楽天
森林キャンプ場(Forest Campsite)
Booking
じゃらん
楽天

ところで、クラブツーリズムでは、日帰りのバスツアーから連泊のツアー旅行など様々なタイプのツアー旅行を用意しています。バスツアーなどは自分で運転しなくてもよいので、昼間からお酒を楽しむことも可能です。旅行先に選定されている観光地は利尻礼文・知床などの国立公園や富良野・美瑛など人気の観光地からハイキングや果物狩りなど季節や希望に応じて様々。ガイドさんの説明もあるので、より旅行の満足度が上がるかもしれません。自分で旅行をプランするよりも、気軽に旅を楽しみたいなら、ツアー旅行も検討する価値がありますよ。また、北海道に住んでいる方ならどうみん割も活用できるようです。興味がある方はどのようなツアーが用意されているか覗いてみてください。

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください