• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

【斜里の岩尾別温泉】日帰り温泉が楽しめる知床半島の秘湯のひとつ

2014/7/14

岩尾別温泉

岩尾別温泉は知床半島の北側に位置する斜里町にある温泉地。標高約215mの山深い場所にある知床国立公園の秘湯の一つとして有名です。カムイワッカ湯の滝や知床五湖に近く、三段の湯や滝見の湯の有名な野湯があることで知られています。北海道道路93号の終端にホテル地の涯と木下小屋だけが建ち、羅臼岳の登山基地として利用されています。残念ながら、レストラン・カフェ・スナック・コンビニといった独立したお店はありません。冬期は北海道道路93号が通行止めになるので、営業していません。

▼ホテル地の涯附近にあるトイレ
斜里の岩尾別温泉

▼羅臼岳登山の様子

岩尾別とはアイヌ語で硫黄の川を意味し、古くからアイヌの人々には知られていた温泉でした。大正時代に温泉小屋が建ち、今に至ります。自然林に囲まれた大自然の中にいるので、熊もたくさん棲息しています。気をつけくださいね。

知床五湖

知床五湖は知床半島の斜里にある5つの湖の総称。標高約240mの湿原に一湖~五湖の5つ湖沼があり、秘境の観光地として人気です。年間32万人の観光客が訪れます。敷地内には散策路・展望デッキ・知床五湖フィールドハウス・パークサービスセンター・駐車場が建ちます。パークサービスセンターでは、お土産や軽食を販売していて、コケモモソフトの評判が高いです。建物内にはトイレも備えられていますよ。4月下旬~11月上旬の間、散策路の使用が可能。冬はスノーシューを使ったガイドツアーが開催されます。入場無料。駐車場は500円です。記事はこちら
知床五湖の散策案内

▼知床一湖と湖畔展望台
知床五湖 ウトロ 知床国立公園

カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯の滝は知床半島の斜里町にある温泉の滝。カムイワッカとはアイヌ語で神の水を意味します。硫黄山の麓からオホーツク海に向かって流れる全長約3kmのカムイワッカ川に温泉が流れ込み、日本でも数少ない滝壺の天然露天風呂が楽しめることで有名です。下流の海岸には海からしか見ることができないカムイワッカの滝があり、豪快に流れ落ちる様子も人気があります。カムイワッカ湯の滝に向かう道路が開放されるのは6月~10月。混雑する時期には自家用車の進入が規制され、8月1日~8月25日の間はシャトルバスのみ通行が許可されます。入場無料。駐車場も無料です。11月~5月の間は冬季通行止め。そして、7月31日以降は16時に交通ゲートが閉鎖されます。あと、熊出没地帯なので、ご注意ください。記事はこちら

▼カムイワッカ湯の滝 一の滝
斜里のカムイワッカ湯の滝

知床国立公園

知床国立公園は北海道の北東部に位置する斜里町と羅臼町にまたがる日本本土最北東端の国立公園。知床半島のほぼ北側が1964年に国立公園として指定されました。2005年には日本に4つしかない世界自然遺産として登録されています。公園内には羅臼岳・知西別岳・硫黄山・知床岳などの知床連山があり、相泊温泉・瀬石温泉・羅臼温泉・岩尾別温泉などの温泉地も点在する北海道を代表する観光地です。知床国立公園は斜里エリアと羅臼エリアに大きく分けられ、面積は約39,000ha。熊・鹿・シマフクロウなどの野生動物が生息する山深い森、海と山を隔てる100m近い断崖絶壁、鮭やクジラなどの海洋生物が泳ぐ海、密接に関連するこれらが素晴らしい自然の景観を作り上げています。知床とはアイヌ語で「地の果て」を意味するのですから、秘境と言われているのも頷けますね。記事はこちら

▼知床横断道路
知床国立公園

知床国立公園

知床国立公園は北海道の北東部に位置する斜里町と羅臼町にまたがる日本本土最北東端の国立公園。知床半島のほぼ北側が1964年に国立公園として指定されました。2005年には日本に4つしかない世界自然遺産として登録されています。公園内には羅臼岳・知西別岳・硫黄山・知床岳などの知床連山があり、相泊温泉・瀬石温泉・羅臼温泉・岩尾別温泉などの温泉地も点在する北海道を代表する観光地です。知床国立公園は斜里エリアと羅臼エリアに大きく分けられ、面積は約39,000ha。熊・鹿・シマフクロウなどの野生動物が生息する山深い森、海と山を隔てる100m近い断崖絶壁、鮭やクジラなどの海洋生物が泳ぐ海、密接に関連するこれらが素晴らしい自然の景観を作り上げています。知床とはアイヌ語で「地の果て」を意味するのですから、秘境と言われているのも頷けますね。記事はこちら

▼知床横断道路
知床国立公園

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは三段の湯・滝見の湯・ホテル地の涯・木下小屋です。

三段の湯と滝見の湯

混浴露天風呂「三段の湯」「滝見の湯」は、ホテル地の涯の駐車場のすぐそばにがあります。岩尾別川の河畔に向かって歩いて1分です。無料で入浴できる天然の野湯として有名で、夏場は多くの観光客が訪れます。※2018年7月現在、三段の湯はお湯が溜まっておらず、使用できません。但し、滝見の湯にはお湯があり、入浴できます。

▼上から見た三段の湯
斜里の岩尾別温泉 三段の湯
▼2018年の三段の湯
斜里の岩尾別温泉
▼2018年の三段の湯
斜里の岩尾別温泉
▼2018年の三段の湯
斜里の岩尾別温泉
▼2018年の滝見の湯
斜里の岩尾別温泉
▼2018年の滝見の湯
斜里の岩尾別温泉

三段の湯は天然の岩風呂で、名前の通り、3つの浴槽に分かれています。上段の浴槽は3名くらいが入浴できそうな大きさ、中段と下段は2名くらいが入浴できそうな大きさです。お湯が上段から下段に流れ落ちていくので、熱いお湯、適温のお湯、ぬるいお湯として楽しめそう。淡い青さがとても美しいですよね。

▼中段の湯
斜里の岩尾別温泉 三段の湯
▼下段の湯
斜里の岩尾別温泉 三段の湯
▼下から三段の湯を見る
斜里の岩尾別温泉 三段の湯
▼右側が滝見の湯。左側に滝
斜里の岩尾別温泉 滝見の湯

滝見の湯は、三段の湯から滝に向かって歩くと現れる岩風呂。周りに目隠しの役割を果たす石が積んであるので、すぐ見つかります。大きさは1人用で、名前の通り、滝を見ながら入浴が可能。滝以外にも鹿や熊が見られることもあるとか。熊なんていたらソッコーで逃げるしかないですね。また、こちらは女性専用という話もありますが、詳しくはわかりませんでした。どちらの野湯も渓谷沿いにあるので、開放感は抜群。但し、目隠しや脱衣所はありません。あと、水着やバスタオル巻きで入浴をしても大丈夫のようです。

▼結構狭い滝見の湯
斜里の岩尾別温泉 滝見の湯
▼滝見の湯
斜里の岩尾別温泉 滝見の湯
▼滝
斜里の岩尾別温泉 滝見の湯

段の湯と滝見の湯の雰囲気を動画で確認できます。

▼三段の湯と滝見の湯の様子

ホテル地の涯

ホテル地の涯は1963年に開業した小規模老舗温泉旅館。知床の原生林が繁茂する山の中に建ち、1990年に建物がリニューアルされました。羅臼岳登山の登山基地として、多くの登山者が利用します。日帰り入浴料は800円。建物内には売店とレストランがあり、日帰り入浴者も利用できます。宿泊ももちろん可能です。12月から4月まで冬季休業します。

▼建物の外観
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼浴場の入口
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯

浴場には混浴露天風呂が4つと男女別の内湯が2つあります。浴室はそれほど大きくはありませんが、明るい光が差し込み、心地の良い空間です。L字型に内湯が配置されていて、小さな内湯は2人くらいが入れそうな大きさ。コチラはぬるめです。大きな内湯は8人くらいが入浴できそうな大きさで、なかなか熱めです。お湯がふんだんに注がれて、浴槽から溢れてきます。なんとも贅沢ですね。どちらの浴槽も加水掛流の温泉が使われています。また、シャワーやカランにも温泉が使用されています。

▼浴場の様子
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼湧出口
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼内湯からの眺め
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯

特筆すべきは混浴露天風呂。特に庭園風の露天風呂が素晴らしいです。男女別の浴室を出るとそこからは混浴ゾーンになります。木の形をした露天風呂が2つ、庭園風の露天風呂が2つあり、木の形をしたお風呂は、寝湯といった感じで、どちらも1人用です。こちらはお湯を溢れさせる楽しさがあります。

▼木の形の湯船
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯

庭園風の露天風呂は、岩風呂になっていて、日本庭園の池のようです。上下2段になっていて、水温が異なります。どちらも深さは1mほどとなかなかの深さです。下の露天風呂は20人くらいは入浴できそうな大きさで、温泉のよどみの部分では、温泉成分が析出して浮いていました。触ると砂のようなジャリジャリ感です。自然の力ってスゴいですね。

▼露天風呂の全景
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼下の露天風呂からの眺め
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼淡い緑に見える温泉
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼湧出口
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯

上の露天風呂は5人くらいが入浴できそうな大きさで、見晴らしも良好。温泉成分が析出した浴槽がまたいい形しているんですよ。触って良し、眺めて良しの浴槽です。全体的に庭園風の露天風呂は、開放感と非日常感がハンパないです。ホント気持ち良いですね。水着の着用やバスタオル巻きの入浴もOKです。男性の入浴者はほぼ裸なので、女性にはちょっと敷居が高いかもしれません。

▼上の露天風呂
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼温泉成分が析出している
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼上の露天風呂からの眺め
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼温泉成分が層になっている
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼開放感がある
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼温泉成分が析出し、スゴい形に
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼屋外の休憩所
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯

お湯はナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は2.184g/kg。残念ながら保健所の許可が得られていないので、飲泉はできません。浴場にはシャンプーとボディーソープは備え付けられています。脱衣所には、トレイ、無料のドライヤー、無料の水が設置されています。

広告

▼脱衣所
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯
▼屋内の休憩所
斜里の岩尾別温泉 ホテル地の涯

私が入浴した岩尾別温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼岩尾別温泉の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 63.3℃
ph 6.9
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘、糖尿病、痛風、肝臓病
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 混浴露天露天風呂(4)、男女別内湯(2)。
日帰り入浴料金 大人:800円、子供:500円。
営業時間 11:30~15:00
休日 11月~4月
駐車場 30台有
電話番号 050-2017-8989
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 757 671 847*51

木下小屋

木下小屋は岩尾別川支流沿いの羅臼岳登山口にある山小屋。ホテル地の涯の裏側にあります。ログハウスがなんともオシャレな外観で、内装も木のぬくもりが温かい造りになっています。日帰り入浴料は300円。もともと登山者用の宿なので、宿泊も可能です。素泊まりで2500円。営業期間は6月中旬~9月下旬。温泉分析表を見ると知床連山登山道を開拓した木下弥三吉氏が経営していた木下木材工業が関係しているようです。ただ、管理人さんは木下木材工業とは関係ないようで、管理人は代々別ルートで引き継がれています。

▼建物の外観とトイレ
斜里の岩尾別温泉
▼廊下
斜里の岩尾別温泉
▼宿泊部屋
斜里の岩尾別温泉

浴場と脱衣スペースは外にあります。とてもワイルドでしょ。雨が降ると大変かもしれませんが、晴れていればとても気持ちの良い空間です。浴場には露天風呂が3つ。1つは女性のために木で囲まれた半露天風呂で、他の2つは池のような露天風呂です。崖と木々の緑に囲まれているので、人の視線を気にせず入浴できます。まあ、人よりも野生動物の視線の方が気になるかもしれません。シャワーなどの設備はないので、入浴前には桶でお湯をすくって汗や汚れを洗い流してからお風呂に入りましょう。

▼脱衣スペース
斜里の岩尾別温泉
▼露天風呂
斜里の岩尾別温泉
▼半露天風呂
斜里の岩尾別温泉

真ん中に位置する露天風呂は2人くらいが入浴できそうな大きさ。長方形の岩風呂です。源泉温度が約50℃で、パイプから湧出される温泉もそれほど熱くはないので、恐らく100%天然源泉が掛け流がされています。浴槽からはじゃんじゃん溢れているので、なんとも贅沢な景色です。

▼温泉湧出口
斜里の岩尾別温泉
▼お湯が掛け流されていく
斜里の岩尾別温泉

一番右に配置された露天風呂は2人くらいが入浴できそうな大きさ。円形の岩風呂です。真ん中の露天風呂と同様、源泉温度が約50℃で、パイプから湧出される温泉もそれほど熱くはないので、恐らく100%天然源泉が掛け流がされています。浴槽からはじゃんじゃんお湯が溢れていきます。訪れたのは7月下旬でしたが、アブやハチがうるさくなかったのもいいですね。適度に休憩をはさみ、入浴が楽しめます。裸の開放感がまたいいですよ。

▼露天風呂
斜里の岩尾別温泉
▼露天風呂の様子
斜里の岩尾別温泉
▼周りは緑に囲まれている
斜里の岩尾別温泉
▼露天風呂からの眺め
斜里の岩尾別温泉
▼温泉湧出口
斜里の岩尾別温泉

一番左に配置された小屋は半露天風呂になっていて、中に1人用の木製の風呂が設置してあります。主に女性用とのこと。他の露天風呂と同様、源泉温度が約50℃で、パイプから湧出される温泉もそれほど熱くはないので、恐らく100%天然源泉が掛け流がされています。浴槽からはじゃんじゃんお湯が溢れていきます。

▼半露天風呂の入口
斜里の岩尾別温泉
▼洗い場
斜里の岩尾別温泉
▼半分空が見える
斜里の岩尾別温泉
▼崖が目隠しに
斜里の岩尾別温泉

大自然の中の露天風呂なので、虫や落ち葉がお湯に浮き、清潔感を重視する方には不向きな温泉です。しかし、ワイルド系で、開放感を重視する方なら気に入ると思いますよ。超気持ち良いです。日中は入浴者も少ないようなので、貸し切りできるチャンスも高いと思います。

▼風呂イスと風呂桶
斜里の岩尾別温泉
▼露天風呂
斜里の岩尾別温泉

お湯はナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩泉で、無色、透明、ちょいと酸っぱい味、無臭。温泉成分の総計は2.697g/kg。残念ながら飲泉はできません。浴場にはシャンプーやボディーソープが備え付けられていないので、持参する必要があります。脱衣スペースにはトイレがないので、事前に登山口にあるトイレで用を足した方が良いでしょう。

▼温泉成分が析出した岩
斜里の岩尾別温泉
▼気持ち良い!
斜里の岩尾別温泉

私が入浴した木下小屋の雰囲気を動画で確認できます。

▼木下小屋の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム−塩化物・炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 49.2℃
ph 6.7
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天露天風呂(3)。
日帰り入浴料金 300円
営業時間 不定期
休日 9月下旬~6月中旬
駐車場 4台有
電話番号 0152-24-2824
ホームページ 無し
マップコード 757 671 787*38

アクティビティリスト

いくつかのアクティビティ会社で羅臼岳登山ガイドを実施しています。どのようなガイドなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。

羅臼岳登山ガイド

知床倶楽部(Shiretoko Club)
ASOVIEW
じゃらん
そとあそび
知床山考舎(Shiretoko Sanko-sha)
じゃらん
そとあそび

宿泊施設リスト

岩尾別温泉周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

ホテル地の涯(Hotel Chi-no-Hate)
Booking
知床岩尾別ユースホステル(Shiretoko Iwaobetsu Youth Hostel)
木下小屋(Kinoshita Hut) 電話:0152-24-2824
Booking.com

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

北海道のすごい温泉のページはこちら

北海道のすごい温泉

知床国立公園のページはこちら

知床国立公園

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください