• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【札幌の豊平峡ONSEN食堂】モチモチしたナンとスパイシーなチキンマサラ

2014/5/12

Onsen食堂

Onsen食堂は札幌市の南部に位置する定山渓の奥地にあるインドカレー店。支笏洞爺国立公園内の豊平峡温泉で営業しています。なぜか温泉にインドカレーという変わった組み合わせですが、とても人気があり、混雑することでも有名です。やっぱり、本場インドの方がつくるからでしょうかね。カレー以外にもそばやジンギスカンを提供中。そうそう、温泉に入浴しなくても、食事が可能です。食事目的だけで訪れるお客さんも多いそう。

▼豊平峡温泉の外観
チキンマサラ -札幌の豊平峡Onsen食堂-

豊平峡温泉は定山渓温泉の奥座敷と言った感じで、比較的近いです。紅葉の名所と言われる豊平峡ダムと定山湖も近くにありますよ。新千歳空港と定山渓の間には、直通バス湯ったりライナーが走り、札幌市街と豊平峡温泉の間にはかっぱライナー号が走っているので、路線バスよりも早く到着することができます。そして、7月~9月下旬まで定山渓温泉と豊平峡の間には無料シャトルバスが運行します。

直通バス

定山渓温泉あるいは豊平峡温泉と札幌あるいは新千歳空港の間を運行する高速バスは以下を参考にしてください。

北海道アクセスネットワーク(Hokkaido Access Network) 新千歳空港から定山渓温泉行き
じゃらん
北海道アクセスネットワーク(Hokkaido Access Network) 定山渓温泉から千歳空港行き
じゃらん
北斗交通(Hokuto Kotsu) 新千歳空港から定山渓温泉行き
じゃらん
楽天
北斗交通(Hokuto Kotsu) 定山渓温泉から千歳空港行き
じゃらん
楽天
じょうてつバス(Jotetsu Bus) 札幌から豊平峡温泉行き
じゃらん
楽天
じょうてつバス(Jotetsu Bus) 豊平峡温泉から札幌行き
じゃらん
楽天

豊平峡温泉

やわらぎの里 豊平峡温泉は札幌市の南西部にある人気温泉施設。2013年度のTripAdvisorの日帰り温泉部門で日本一を獲得しました。札幌の奥座敷と呼ばれる定山渓温泉よりさらに奥地です。近くには定山湖の水を蓄える豊平峡ダム、コテージを備えた自然の村やオートキャン場があります。さらに豊平峡温泉内にあるOnsen食堂インドカレーの人気が高く、このインドカレーを食べるためだけに豊平峡温泉に訪れる人もいるほどです。また、残念ながら浴場内での撮影は禁止されています。記事はこちら

▼温泉成分が描く床の模様
札幌の豊平峡温泉

定山渓温泉

定山渓温泉は札幌市郊外にある道内屈指の温泉街。登別温泉と湯の川温泉とともに、北海道三大温泉地の一つです。札幌の奥座敷と呼ばれ、60分で到着できるその距離の近さから年間240万人が訪れます。最近は温泉ブームもあり海外の方々の訪問も増えてきました。記事はこちら

広告

▼美泉定山の銅像
札幌の定山渓温泉 美泉定山の銅像

豊平峡ダムと定山湖

札幌市の南西にある豊平峡。札幌の奥座敷と呼ばれる定山渓よりさらに奥地にあります。札幌市内であるにもかかわらず、支笏洞爺国立公園内に位置し、とても自然が豊かです。近くには北海道屈指の温泉である豊平峡温泉やコテージを備えた自然の村やオートキャン場があります。さらに豊平峡温泉内にあるOnsen食堂のインドカレーも人気が高いです。記事はこちら

▼定山湖
豊平峡ダムと定山湖

支笏洞爺国立公園

支笏洞爺国立公園は北海道の南西部に位置し、日本で2番目と3番目に大きなカルデラ湖である支笏湖と洞爺湖を擁する国立公園。公園内には有珠山・樽前山・昭和新山など個性的な山も多く、北海道三大温泉地のうち登別温泉と定山渓温泉を含む北海道を代表する観光地です。新千歳空港や札幌からアクセスしやすいので、たくさんの観光客が訪れます。羊蹄山エリア・洞爺湖エリア・登別エリア・支笏湖エリア・定山渓エリアの5つのエリアに大きく分けられ、面積はなんと合算で99,473ha。かなり広大ですね。支笏洞爺なんだから、洞爺湖エリア・登別エリア・支笏湖エリアだけでも十分なのではと思ったのですが、羊蹄山と定山渓が加わっている理由は見つけられませんでした。記事はこちら

▼支笏湖
千歳の支笏湖

チキンマサラ

玄関で靴を脱いで、受付レジで食券を買うスタイル。混雑する時は、ここで行列ができます。私訪れたのは平日の11時50分頃。やや混み始めていました。受付レジで、お店の人にオススメを聞くと、キーマカレー、チキンマクハンワラ、チキンマサラの3つとのこと。辛さも選べます。私はチキンマサラと中辛をオーダーし、食券を手渡されました。値段は900円。その後、食堂に向かいます。店内は和風な造りで、それほど大きくはなくはありません。座席は全てテーブル席。窓際では庭園を眺めながら食事ができます。湯あがりにくつろげるのも良いですね。

▼チキンマサラとナンを上から
チキンマサラ -札幌の豊平峡Onsen食堂-

このお店はセルフ方式で、番号を呼ばれたら自分の席まで自分で料理を運ばなければなりません。もちろん、お水もセルフです。運ぶ最中にも香辛料の効いたカレーとナンの香りが食欲をそそります。席に座り、早速ナンを一口。ウマい!ナンは特製セラミック釜で焼きあげられ、外はパリパリで、中はもっちりしています。モチモチ感が良いですね。カレーは数十種類のスパイスとタマネギから作られるそう。このスパイシーさ加減もたまりません。食べ終わったら、返却もセルフですよー。

▼チキンマサラ
チキンマサラ -札幌の豊平峡Onsen食堂-
▼ナン
チキンマサラ -札幌の豊平峡Onsen食堂-
▼インドカレーの肉
チキンマサラ -札幌の豊平峡Onsen食堂-

私が食べたインドカレーとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼インドカレーの様子

駐車場 200台有
営業時間 11:00~21:00
休日 不定休
電話番号 011-598-2410
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 708 694 481*67

札幌についてのページはこちら

札幌

支笏洞爺国立公園についてのページはこちら

支笏洞爺国立公園

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください