• 温泉
  • TouristSpots
  • CentralArea

【北竜温泉】日帰入浴が楽しめるヒマワリの町のサンフラワーパーク北竜温泉

2014/5/31

北竜温泉

北竜温泉は旭川市の西方面に位置する北竜町の温泉地。国道275号沿いにある道の駅「サンフラワー北竜」の中にサンフラワーパーク北竜温泉があります。龍の大門が目印です。すぐ近くには北竜ひまわりの里とひまわりパークゴルフ場があり、雨竜沼湿原とローズガーデンちっぷべつも比較的近い場所にあります。

▼龍の大門
サンフラワーパーク北竜温泉

北竜ひまわりの里

旭川市の南西部に位置する北竜町のひまわりの里。道の駅「サンフラワー北竜」の近くに、23.1haのひまわり畑が広がります。1979年から植えられたひまわりが、現在では150万本にまで増えました。7月下旬~8月中旬の約1ヶ月に渡って咲き誇るそうです。見頃は8月上旬。そのひまわりの数に圧倒されるでしょう。記事はこちら

▼青空とひまわり
北竜ひまわりの里

雨竜沼湿原

雨竜沼湿原は滝川市の北西に位置する雨竜町にあるラムサール条約登録指定湿地。標高900m近い場所にある約100haの高層湿原です。700以上の池や沼があり、200種類以上の花や植物を観察することが可能。北海道の自然を満喫できる隠れた穴場として有名です。7月下旬~8月上旬が最も見頃と言われており、6月中旬~10月上旬まで景色を楽しむことができます。記事はこちら

▼湿原テラスからの眺め
雨竜沼湿原

ローズガーデンちっぷべつ

ローズガーデンちっぷべつは旭川市の西方面に位置する秩父別町のバラ園。花と緑の野外レクリェーション基地として、1999年にオープンしました。近くには、こども冒険の森公園やめぇーめぇーランドがあります。5.4haの敷地に、300種3000株のバラが植えられていて、色とりどりのバラが楽しめるというもの。入場無料。駐車場も無料。駐車場の近くには、ガーデンプラザ「ウエル花夢」があり、食事やお土産を買うことも可能。トイレもあります。そうそう、結婚式もできるそうですよ。記事はこちら

▼カロスの丘展望台からの眺め
秩父別のローズガーデンちっぷべつ

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのはサンフラワーパーク北竜温泉です。

▼モーターパラグライダー。気持ちよさそう
ひまわりの里 北竜町

サンフラワーパーク北竜温泉

サンフラワーパーク北竜温泉は1992年に開業した小規模温泉宿。建物の外観はオランダをイメージして作られているとか。日帰り入浴料は500円。建物内にはレストラン風車と売店があり、日帰り入浴者も利用できます。もちろん宿泊も可能です。2018年4月に浴室がリニューアルされました。以下はリニューアル前の話です。

▼ロビー
サンフラワーパーク北竜温泉
▼浴場入口
サンフラワーパーク北竜温泉

建物内には龍心の湯とひまわりの湯という浴場が2つあり、男女の浴場がほぼ毎日入れ替えられます。龍心の湯には露天風呂が1つ、内湯が1つ、ジャグジーが2つ、寝湯が1つ、水風呂が1つ、乾式サウナとミストサウナが1つづつあり、ひまわりの湯には露天風呂が1つ、内湯が2つ、ジャグジーが1つ、寝湯が1つ、水風呂が1つ、乾式サウナとミストサウナが1つづつです。私はひまわりの湯で、入浴しました。タイル張りの浴場は天井の高さが7.2mもあり、広い空間が気持ち良いです。

▼ひまわりの湯:浴場の様子
サンフラワーパーク北竜温泉
▼龍心の湯:浴室(出典:サンフラワーパーク北竜温泉 HP
北竜温泉
▼龍心の湯:露天風呂(出典:サンフラワーパーク北竜温泉 HP
北竜温泉
▼龍心の湯:ジャグジー(出典:サンフラワーパーク北竜温泉 HP
北竜温泉
▼ドライサウナ(出典:サンフラワーパーク北竜温泉 HP
北竜温泉

大きな内湯は12人くらいが入浴できそうな大きさで、加水加温された温泉が使用されています。小さな内湯は3人くらいが入浴できそうな大きさで、季節替わりの薬湯になっています。私が訪れた時はひまわり湯でした。円形のジャグジーは4人くらいが入浴できそうな大きさで、寝湯は2人用です。これらは沸かし湯を使用しています。

▼ひまわりの湯:内湯
サンフラワーパーク北竜温泉
▼ひまわりの湯:ひまわり湯
サンフラワーパーク北竜温泉

露天風呂は岩風呂になっていて、6人くらいが入浴できそうな大きさで、加水加温された掛流の温泉が使用されています。露天風呂のお湯だけ褐色で、内湯の温泉よりも熱く感じました。また、あずま屋が露天風呂を覆っているので、開放感には乏しいかもしれません。そして、目隠しに囲われているので、残念ながらひまわりを見ながら入浴なんてことはできないようです。

▼ひまわりの湯:露天風呂
サンフラワーパーク北竜温泉
▼お湯が溢れる
サンフラワーパーク北竜温泉
▼温泉成分が析出
サンフラワーパーク北竜温泉
▼茶色く、塩っぱいお湯
サンフラワーパーク北竜温泉
▼露天風呂からの眺め
サンフラワーパーク北竜温泉
▼露天風呂にある休憩所
サンフラワーパーク北竜温泉
▼休憩所からみた露天風呂
サンフラワーパーク北竜温泉

お湯はナトリウム-塩化物泉で、淡い黄色、透明、塩味、無臭。温泉成分の総計は14.85g/kg。残念ながら飲泉はできませんが、かなり塩っぱいです。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレ・無料のドライヤー・冷水機も設置されています。休憩室には、無料でお茶やお水が飲めるほか、北竜サイダーやひまわりソフト・黒千石ソフトといった北竜ならではのものも販売中です。

▼脱衣所
サンフラワーパーク北竜温泉
▼無料休憩室
サンフラワーパーク北竜温泉
▼ひまわりソフトクリーム
サンフラワーパーク北竜温泉

サンフラワーパーク北竜温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼サンフラワーパーク北竜温泉の様子

泉質 ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性高張性温泉)
源泉の泉温 41.1℃
ph 7.7
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(4)、サウナ(2)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小人:250円。
営業時間 09:30~22:00
休日 不定休
駐車場 110台有
電話番号 0164−34−3321
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 179 870 764*74

宿泊施設リスト

北竜温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

サンフラワーパーク北竜温泉(Sunflower Park Hokuryu Onsen)
Booking

Comment

Comment