• 食物
  • Meal
  • NorthernArea

和食と洋食が絡み合う餅米ハンバーグ -名寄のたまさぶろう-

2014/10/13

たまさぶろうは旭川と稚内の中間に位置する名寄にある隠れ家的レストラン。名寄北インターチェンジのすぐ近くにあります。gishiさんから料理が美味しいと聞き、伺いました。建物は民家を改築したもので、スープカレーの奥芝商店に似た雰囲気。違いは鉄道グッズであふれているところ。店主が鉄道ファンだそうです。鉄道模型の展示室というのもあるそうで、営業時間外に見学が可能とのこと。ちなみに、たまさぶろうという名前は昔飼っていたセキセイインコの名前からつけられたとか。だから、インコの絵が描かれていたのです。合点がいきました。

▼店舗の外観。手前の植物はアスパラガス
餅米ハンバーグ -名寄のたまさぶろう-
▼鉄道グッズが展示される店内
餅米ハンバーグ -名寄のたまさぶろう-

メニューを見るとおいしそうな料理が並んでいます。せっかく名寄に来たので、なよろ特産の餅米をつなぎに使ったハンバーグ定食をオーダー。値段は900円。そして、美味しそうなスイーツがあったので、雪とまちあわせもオーダーしました。値段は350円です。15分ほどして、ハンバーグが現れました。和食の創作料理ということで、和食と洋食が組み合わさった料理です。大根の煮付けや揚げ魚がありつつも、ハンバーグにスープですから。名寄の野菜が多いのも嬉しいですね。見た目も美しく飾りつけられています。

▼ごはん、ハンバーグ、揚げ魚、カボチャのサラダ、スープがセット
餅米ハンバーグ -名寄のたまさぶろう-
▼雪とまちあわせ
スイーツ -名寄のたまさぶろう-

ハンバーグは肉汁がジュワ~とあふれる感じで、トマトのデミグラスソースがよくあいます。その他の料理はあっさりとした味付けで、ハンバーグの濃厚さを中和させているようでした。個人的に面白いなと思ったのがスープ。味噌汁のようなスープに感じました。出汁が複数使われていたのかな。詳しくはわからないんですがね。

広告

▼餅米をつなぎに使ったハンバーグ
餅米ハンバーグ -名寄のたまさぶろう-
▼大根の煮付け
餅米ハンバーグ -名寄のたまさぶろう-
▼揚げ魚
餅米ハンバーグ -名寄のたまさぶろう-
▼かぼちゃのサラダ
餅米ハンバーグ -名寄のたまさぶろう-
▼トマト味のデミグラスソース
餅米ハンバーグ -名寄のたまさぶろう-
▼とうもろこし、にんじん、たまねぎが入ったスープ
餅米ハンバーグ -名寄のたまさぶろう-

ちなみにご主人は関西育ち。ご両親が名寄の出身だそうです。おじいさんは名寄高校の先生をしていました。その話を聞き、私も名寄高校の出身ですから嬉しくなりましたね。父親世代が教え子とのことで早速名寄高校のOB・OGでもある父と母に聞いたのですが、残念ながら知りませんでした。しかし、その世代の方々が名前を知って駆けつけてくれるそうです。時を越えたいい話だなぁと思いました。

私が食べたハンバーグ定食とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼ハンバーグ定食の様子

駐車場 3台有
営業時間 11:30~14:00、17:00~21:00
休日 火曜日、第2水曜日
電話番号 01654-2-0507
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 272 712 328*27

名寄についてのページはこちら

名寄

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください