• 2017/7/17
  • nature
  • TouristSpots
  • CentralArea

【石狩のはまなすの丘公園】野花と野鳥とソフトクリームが楽しめる原生花園

はまなすの丘公園

はまなすの丘公園は札幌市の北部に位置する石狩市にある原生花園。石狩のシンボルである石狩灯台があることで知られ、美しい夕陽が眺められる場所としても有名です。北海道で一番長い石狩川の河口部分に砂嘴が誕生し、約46haの砂浜には名前の由来になったハマナスを始め、イソスミレ、ハマボウフウ、ハマヒルガオなど約180種類の植物が自生しています。ハマナスが見頃を迎えるのは6月下旬から7月上旬。敷地内には、管理棟・はまなすの丘ヴィジターセンター・木道・東屋・駐車場があります。公園内にはトイレは無いので、はまなすの丘ヴィジターセンターで事前に用を足すと良いでしょう。入場無料。駐車場も無料です。

▼はまなすの丘公園
石狩のはまなすの丘公園
▼ハマナス
石狩のはまなすの丘公園
▼はまなすの丘公園
石狩のはまなすの丘公園

▼はまなすの丘公園の様子

▼はまなすの丘ヴィジターセンターと駐車場
石狩のはまなすの丘公園

北海道らしい景色は、映画のロケ地としても人気があり、喜びも悲しみも幾年月やヒッチハイク 溺れる箱舟などの撮影が行われました。また、この近くにはあそびーち石狩・石狩浜海浜植物保護センター・いしかり砂丘の風資料館・旧長野商店・カピバラがいることで知られる石狩天然温泉番屋の湯・マウニの丘・北の味いしかり亭・石狩鍋が食べられる金大亭などがあります。イベントも開催され、はまなすフェスティバルが6月中旬の1日だけ、石狩さけまつりが9月下旬の2日間行われます。石狩で美味しいお店と言えば、カレー一家・リップル・らーめん信玄 花川本店・らーめん きちりん 石狩花川店・らーめん もみじ・麺や 雅 石狩本店・ぱんどらなどが特に人気です。私はらーめん信玄 花川本店とはまなすの丘ヴィジターセンターで食べたことがありますが、美味しかったですよ。

▼喜びも悲しみも幾年月の様子

▼石狩天然温泉 番屋の湯
石狩のはまなすの丘公園
▼石狩さけまつり
石狩のはまなすの丘公園
▼石狩鍋
石狩のはまなすの丘公園

信玄

信玄本店は札幌市に隣接する石狩市花川にある人気ラーメン店。すすきのに支店があります。(有)センゴクが経営し、姉妹店に景虎もあるとか。会社名通り、オーナーさんは戦国時代が好きなのでしょうね。さて、開店10分前の10時50分に到着し、車の中で開店まで待っていました。待っているのは私一人。ところが、5分前の10時55分頃にはお客さんが次々と来店し始めたのです。その数8組。開店間際の瞬発力に人気店の実力を垣間見ました。Read More

▼コク味噌ラーメン
コク味噌ラーメン -石狩の信玄本店-

はまなすソフトクリーム

ソフトクリームは、ハマナス・ハマナスミックス・バニラの3種類があり、一番人気がはまなすソフトクリームです。値段は300円。早速買って、2階で頂くことに。はまなすソフトクリームは淡いピンク色で、味はハマナスジャムの味がほんのりします。甘すぎず、さっぱりした感じがいいですね。Read More

▼はまなすソフトクリーム
ソフトクリーム -石狩のはまなすの丘ヴィジターセンター-

はまなすの丘公園の様子

公園には全長約650mの木道が建てられ、木道以外にも獣道のような小道や日本海を望む砂浜など多彩な状況が楽しめます。野鳥もたくさん見られるようで、バードウォッチャーやカメラマンも結構来ていました。遊歩道は通るコースにもよりますが、一周してくるコースだとだいたい3.5km。1時間~1時間30分で見て回ることができます。私が訪れたのは7月の中旬。すでにハマナスの見頃は終わっていました。その代わり、エゾガワラナデシコとノハナショウブが見頃でしたよ。

広告

▼はまなすの丘公園入口
石狩のはまなすの丘公園
▼観光客が進む
石狩のはまなすの丘公園
▼エゾガワラナデシコの群生
石狩のはまなすの丘公園
▼エゾガワラナデシコ
石狩のはまなすの丘公園
▼木道
石狩のはまなすの丘公園
▼木道からの眺め
石狩のはまなすの丘公園
▼石狩川が見える
石狩のはまなすの丘公園
▼木道
石狩のはまなすの丘公園
▼木道
石狩のはまなすの丘公園
▼カメラマンが撮影している
石狩のはまなすの丘公園
▼ノゴマかな?
石狩のはまなすの丘公園
▼ハマエンドウの花々
石狩のはまなすの丘公園
▼木道にはベンチもある
石狩のはまなすの丘公園
▼石狩川と木道
石狩のはまなすの丘公園
▼石狩川の岸辺に向かう道
石狩のはまなすの丘公園
▼石狩川
石狩のはまなすの丘公園
▼センダイハギ
石狩のはまなすの丘公園
▼木道
石狩のはまなすの丘公園
▼エゾガワラナデシコの群生
石狩のはまなすの丘公園
▼先端に向かう道
石狩のはまなすの丘公園
▼ハマナス
石狩のはまなすの丘公園
▼東屋
石狩のはまなすの丘公園
▼砂浜への小道
石狩のはまなすの丘公園
▼展望ベンチ
石狩のはまなすの丘公園
▼ハマヒルガオ
石狩のはまなすの丘公園
▼展望ベンチから先端を望む
石狩のはまなすの丘公園
▼展望ベンチからはまなすの丘ヴィジターセンターを見る
石狩のはまなすの丘公園
▼ハマナスとハマヒルガオ
石狩のはまなすの丘公園
▼浜辺
石狩のはまなすの丘公園
▼浜辺への階段
石狩のはまなすの丘公園
▼浜辺の様子
石狩のはまなすの丘公園
▼ハマボウフウの群落
石狩のはまなすの丘公園
▼ハマナス
石狩のはまなすの丘公園
▼ノハナショウブの群落
石狩のはまなすの丘公園
▼ノハナショウブ
石狩のはまなすの丘公園
▼ノコギリソウ
石狩のはまなすの丘公園
▼野鳥
石狩のはまなすの丘公園
▼エゾガワラナデシコ
石狩のはまなすの丘公園
▼石狩川
石狩のはまなすの丘公園

はまなすの丘ヴィジターセンターは公園の入口附近にある管理棟の中にあります。はまなすの丘公園の名前にもなっているはまなすソフトクリームが食べられることで有名です。管理棟の1階には、売店・休憩所・トイレがあり、売店ではソフトクリームの他に、お土産も売られています。2階は休憩場所になっていて、はまなすの丘公園を展望することが可能です。入場無料。11月上旬~4月下旬までは冬季閉鎖します。

▼はまなすの丘ヴィジターセンター
石狩のはまなすの丘公園
▼2階の様子
石狩のはまなすの丘公園
▼展望台からの眺め
石狩のはまなすの丘公園
▼展望台からの眺め
石狩のはまなすの丘公園
▼展望台からの眺め
石狩のはまなすの丘公園
▼名物のハマナスソフト
石狩のはまなすの丘公園

はまなすの丘公園の雰囲気を動画で確認できます。

▼はまなすの丘公園の様子

入場料 無料
駐車場 無料駐車場30台有
営業時間 24時間
休日
電話番号 0133-62-3450
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 514 313 406*48

イベント

はまなすの丘公園近くでは、はまなすフェスティバルと石狩さけまつりが開催されます。

▼はまなすフェスティバルの様子

▼石狩さけまつりの様子

宿泊施設

石狩の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

石狩天然温泉 番屋の湯(Ishikari Tennen Onsen Banya-no-Yu)
Booking
楽天
料理民宿 やまたま(Ryori Minshuku Yamatama)
Booking
じゃらん
楽天
民宿山福(Minshuku Yamafuku) 電話:0133-74-7482
民宿てらお(Minshuku Terao) 電話:0133-62-4771
ザ・吉岡(The Yoshioka)
Booking
じゃらん
楽天
無料ライダーハウスKaze(Rider House Kaze for Free)
Booking
じゃらん
楽天
古民家の宿「Solii」(Old House Inn Solii)
Booking
じゃらん
楽天
マウニ・ガーデン(Mauni Garden)
Booking
じゃらん
楽天
スーパーホテル石狩(Super Hotel Ishikari)
厚田キャンプ場(Atsuta Campsite)
Booking
じゃらん
楽天
濃昼海浜キャンプ場(Gokibiru Seaside Campsite)
Booking
じゃらん
楽天

ところで、クラブツーリズムでは、日帰りのバスツアーから連泊のツアー旅行など様々なタイプのツアー旅行を用意しています。バスツアーなどは自分で運転しなくてもよいので、昼間からお酒を楽しむことも可能です。旅行先に選定されている観光地は利尻礼文・知床などの国立公園や富良野・美瑛など人気の観光地からハイキングや果物狩りなど季節や希望に応じて様々。ガイドさんの説明もあるので、より旅行の満足度が上がるかもしれません。自分で旅行をプランするよりも、気軽に旅を楽しみたいなら、ツアー旅行も検討する価値がありますよ。また、北海道に住んでいる方ならどうみん割も活用できるようです。興味がある方はどのようなツアーが用意されているか覗いてみてください。

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください