• 地域
  • FamousSpots
  • Other

【北海道の桜】日本で一番最後に到来する桜たち

2016/4/18

北海道の桜

北海道の桜の見頃はゴールデンウィークから始まります。函館を始めとした道南では4月下旬から桜が咲き、道北や道東では6月上旬に咲く場所もあるそうです。本州では3月中旬から咲き始めることを考えると、かなり遅い時期まで桜が楽しめますよ。本州で桜を見忘れたら、ぜひ北海道で桜を堪能してください。

▼芝桜と桜
米里 北海道の桜

北海道で最もポピュラーな桜はエゾヤマザクラで、全道各地で見ることができます。散り際が儚い桜で有名なソメイヨシノは美唄の東明公園が群生地の北限と言われているので、主に道央や道南でしか楽しめないようです。その他はヤエザクラとシダレザクラがメイン所で、チシマザクラが北海道らしい桜と言えるでしょう。また、梅と同時期に桜が開花するので、本州ではあまり見られない桜と梅のコラボレーションも楽しめますよ。

▼梅林と桜林
札幌の円山公園

道南の桜

北海道南部の道南では、桜前線が北海道で一番早く到達します。桜の名所がある函館や松前は歴史が古く、歴史的建造物とともに桜が楽しめる場所。北海道で唯一、お城と桜を楽しめる場所です。道南の桜の名所としては、函館の五稜郭公園と函館公園、松前の松前公園、北斗の法亀寺のしだれ桜など桜回廊、森のオニウシ公園と青葉ヶ丘公園、八雲のサランベ公園と熊石休養村、厚沢部の館城跡公園などがあります。私が訪れたのは以下です。

▼五稜郭の土手
函館の五稜郭公園の桜

法亀寺のしだれ桜

法亀寺は函館市の北方面に位置する北斗市の寺。函館新北斗駅からは離れていますが、市街地にあります。中村金兵衛氏が寺の創設を箱館の実行寺 金子日能住職に願い、1849年に法亀庵として建てられました。1889年に現在地に移転。その間に金言山法亀寺に改称されています。境内に巨大な枝垂れ桜があることで知られ、約12万人が訪れる北斗桜回廊の一つです。見頃はだいたい4月下旬~5月上旬。入場無料。境内の駐車場は利用できませんが、近くに臨時駐車場が設置されていました。記事はこちら

▼法亀寺のしだれ桜
北斗市の法亀寺のしだれ桜

五稜郭公園の桜

五稜郭公園は函館駅の北東部に位置する旧城郭。函館の中心地にあり、1866年に完成した日本初の洋式城郭として知られます。長野県の龍岡城とともに日本に2つしかない五角形の城塞です。戊辰戦争の最後を迎えた場所として有名で、現在は公園として一般に開放され、多くの観光客が訪れます。北海道屈指の桜の名所で、4月下旬~5月中旬にかけて満開になり、その様子を見に来る観光客の数もハンパないです。日本各地や海外からの観光客も多いです。秋には桜が紅葉し、紅葉も美しいことで知られます。入場無料。駐車場はありません。記事はこちら

▼桜が満開の五稜郭
函館の五稜郭公園の桜

住三吉神社の桜

住三吉神社は函館市の南部に位置する函館山の麓の函館市住吉町にある神社。立待岬・谷地頭温泉・函館公園が近いです。鎌倉時代に創建されたと言い伝えられているとか。住三吉と変わった呼ばせ方をするなと思ったら、住吉神社と三吉神社が合わさった神社なんだそうです。名前もウマいこと合わせたなと思いますね。桜の名所として知られ、見頃は4月下旬~5月上旬。入場料は無料。駐車場とトイレはありません。記事はこちら

▼住三吉神社の桜
函館の住三吉神社の桜

函館公園の夜桜

函館公園は函館市の南部に位置する函館山の麓にある公園。北海道初の公園で、1879年に開園しました。日本の歴史公園100選にも選出され、異国情緒漂う明治時代の雰囲気があります。公園内には函館博物館・函館公園こどものくに・函館公園ビジターセンター・ミニ動物園・中央大噴水・明治山が建ち、函館市民の憩いの場として知られ、桜の名所としても有名です。見頃は4月下旬~5月上旬。入場無料。駐車場はありませんが、花見期間には無料の臨時駐車場が設けられます。記事はこちら

▼屋台の光が桜を照らす
函館公園の夜桜

松前さくらまつり

松前公園は函館市の南西方面に位置する松前町の高台にある公園。敷地内には松前城・寺町・松前藩屋敷が建ち、北海道唯一の藩として知られる松前藩の中心地が公園として保存されました。桜見本園・バラ園・ボタン園などが設けられ、町民の憩いの場として利用されています。桜の名所として有名で、4月下旬から5月中旬に松前さくらまつりが開催される他、8月上旬には松前あじさいまつりを開催します。入場無料。駐車場も無料です。但し、松前さくらまつりの間は駐車料金が500円になります。記事はこちら

▼松前城
松前さくらまつり

オニウシ公園の桜

オニウシ公園は函館市の北方面に位置する森町の公園。国道5号線沿いにある道の駅「YOU・遊・もり」と隣接しています。オニウシとはアイヌ語で樹木の多くある所という意味。確かに未だに木々であふれていますね。20種類500本のソメイヨシノ・堀井緋桜・駒見桜などの桜が咲き誇ります。5月上旬~中旬が見頃。入場無料。駐車場も無料です。

▼オニウシ公園
オニウシ 北海道の桜
▼オニウシ公園の桜
オニウシ 北海道の桜
▼まだ早かった
オニウシ 北海道の桜

道央の桜

北海道の中央部は空知・胆振・日高・石狩・後志と広く、多種多様な桜の名所があります。北竜の金毘羅公園、美唄の東明公園、芦別の旭ヶ丘公園、富良野の朝日ヶ丘公園、奈井江のにわ山森林自然公園、岩見沢の利根別川千本桜並木、栗山の栗山公園、石狩の戸田記念墓地公園、小樽の手宮公園・小樽山の一本桜・小樽公園、札幌の円山公園・中島公園・モエレ沼公園・真駒内公園、安平の鹿公園、苫小牧の緑ヶ丘公園、新ひだかの静内二十間道路桜並木、浦河の優駿桜ロード、日高の神楽岡公園、えりもの庶野さくら公園、登別の登別桜並木、室蘭の幌萌の大山桜と崎守の一本桜、伊達の有珠善光寺、ニセコの真狩神社、洞爺湖などが特に有名です。これら以外にも隠れ桜スポットがあちこちにあります。私が訪れたのは以下です。

▼環状夢の橋と桜
白石サイクリングロード 桜 札幌

静内二十間道路桜並木

二十間道路桜並木は、苫小牧市の南東方面に位置する新ひだか町静内にある景勝地。静内の市街地からはちょっと遠いです。7kmの直線道路に沿って、エゾヤマザクラやカスミザクラなど約2,200本の桜の木が一直線に咲き誇り、北海道有数の桜の名所として知られています。北海道内では札幌大通り・函館の大三坂通・七飯の赤松並木と共に日本の道百選に選出され、また松前公園とともにさくら名所100選にも選ばれました。毎年5月上旬~5月中旬の桜が咲く季節には、20万人の観光客が訪れます。但し、週末には国道235号が激混みするので、その覚悟も必要。道道1026号を使って迂回する手もあるようです。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼道路の両脇で桜が満開
静内二十間道路桜並木

優駿さくらロード

優駿さくらロードはえりも岬の北西方面に位置する浦河町にある桜の名所。浦河の市街地からはちょっと遠いです。西舎桜並木とも呼ばれ、優駿の里公園の入口から日高育成牧場まで約3kmの町道の両側に約1,000本のエゾヤマザクラが花開くことで知られます。桜並木で有名な静内二十間道路桜並木に比べて道幅が狭いので、桜の枝が重なり、桜のトンネル感が高いです。ウォーカープラスの「北海道の行ってみたい桜名所ランキング2019」では1位を獲得しました。見頃はだいたい5月上旬~中旬。約1万人の観光客が訪れます。夜にはライトアップも行われるそうです。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼桜のトンネル
浦河の優駿さくらロード

様似ダムの桜

様似ダムはえりも岬の北西方面に位置する様似町にある重力式コンクリートダム。高さ44m、湛水面積が0.44km2です。1975年に完成し、様似湖が生まれました。ダムの横には魚道があり、一部ガラスの部分があり、側面から見ることができます。また、日高地方の桜の名所としても知られ、だいたい5月上旬~中旬にかけて見頃です。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼様似ダムと桜
様似ダムの桜

歌笛神社の桜

歌笛神社はえりも岬の北西方面に位置する新ひだか町三石の標高約75mの小高い丘にある神社。麓には歌笛保育園があります。1893年に創建し、1902年にこの場所に移転しました。天照大神・白山比賣神・熊野大神が祀られています。日高地区の桜の名所としても知られ、ヤエザクラ・エゾヤマザクラ・ソメイヨシノ・枝垂れ桜が咲く神社です。だいたい5月上旬~中旬にかけてが見頃。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼歌笛神社
新日高の三石歌笛神社

憩いの広場の桜

憩いの広場はえりも岬と苫小牧市の中間に位置する新冠町にある公園。新冠の中心から約2kmと比較的近いです。判官館森林公園の麓の新冠川の河川敷にあり、昔はパークゴル場でした。しかし、現在は公園として使われているようです。日高地方の桜の名所でもあり、だいたい5月上旬~中旬が見頃。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼憩いの広場
新冠憩いの広場の桜

浮見堂公園の桜

浮見堂公園は洞爺湖の北側に位置する湖岸にある公園。北海道道578号沿いのキャンプができる曙公園と隣接し、浮見堂と呼ばれる聖徳太子を祀った二重の塔が建ちます。夜にはライトアップもされるそうです。二重の塔以外には、東屋・トイレ・駐車場があります。湖の湖畔に池や橋が作られ、庭園になっています。春にはソメイヨシノなどの桜が咲き誇り、洞爺湖とあいまって美しい景色が望めます。だいたい5月上旬~中旬が見頃。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼洞爺湖と桜
洞爺 北海道の桜

円山公園の桜

札幌市中央区にある円山公園。北海道神宮や円山動物があることで有名です。原生林も残る山にエゾヤマザクラなど160本が咲きます。お花見スポットとして超有名で、だいたい5月上旬~中旬が見頃。詳しくはこちら

▼北海道神宮の第三鳥居と桜
札幌の円山公園

モエレ沼公園の桜

モエレ沼公園は札幌市東区にある総合公園。モエレ沼は石狩川の河川改修でできた河跡湖で、アイヌ語の流れの遅い川に由来します。ゴミの埋立地だったモエレ沼を公園として整備し、1998年に開園しました。著名彫刻家のイサム・ノグチ氏が設計したことで知られ、1,888,000m2の敷地に自然と人工物を調和させた施設を作り、大地に彫刻を施したイメージです。2002年度のグッドデザイン大賞を受賞しました。春には桜、夏には水遊び、秋には紅葉、冬にはクロスカントリーやソリ遊びが楽しめ、市民の憩いの場として定着しています。桜の見頃はだいたい5月上旬。紅葉の見頃は10月中旬~下旬。入場無料。駐車場も無料です。詳しくはこちら

▼サクラの森
札幌のモエレ沼公園

寒冷地土木研究所の桜

寒冷地土木研究所は札幌市豊平区平岸にある独立行政法人。1937年に発足しました。寒冷土木技術に関する研究開発・技術指導・成果の普及を行う研究所で、日本唯一の寒地土木技術の試験研究機関です。私もよくお世話になる北の道ナビなどのサービスも提供しています。札幌の桜の名所としても知られ、桜が見頃を迎える5月上旬の1週間だけ一般に開放されます。その期間のみ見学が可能。私が2017年に訪れた時は、5月1日~5月7日でした。毎年、だいたいGW中に公開されるようです。入場無料。駐車場も無料です。建物の中にはトイレと食堂もありますよ。誰でも自由に使えます。詳しくはこちら

▼寒冷地土木研究所の桜
札幌の寒冷地土木研究所の桜

中島公園の桜

中島公園は札幌市中央区すすきののすぐ近くにある総合公園。面積は236.295m2で、1886年に開園しました。日本都市公園100選と日本の歴史公園100選にも選ばれ、都心の中にあっても緑が豊かな公園として知られています。敷地内には、鴨々川・菖蒲池・日本庭園・豊平館・コンサートホールKitara・天文台・八窓庵・こども人形劇場こぐま座・中島体育センター・北海道立文学館・中島公園庭球場・弥彦神社・中島公園ボート乗り場などがあり、多くの人が訪れる場所です。春は桜、秋は紅葉の名所としても有名で、札幌市民の憩いの場になっています。桜の見頃ははだいたい4月下旬~5月上旬。紅葉の見頃はだいたい10月中旬~10月下旬。また、コスプレの撮影会もよく行われるようで、皆さん楽しそうに撮影しています。入場無料。駐車場はありません。詳しくはこちら

▼札幌パークホテルと桜
札幌の中島公園の桜

真駒内公園の桜

真駒内公園は札幌市南区真駒内にある総合公園。札幌の中心からは結構遠いです。面積は850,000m2で、1975年に開園しました。元々は1972年に行われた札幌オリンピックの会場として造成され、その後公園として整備されています。敷地内には真駒内川・真駒内屋内競技場・真駒内屋外競技場・札幌市豊平川さけ科学館・野球場・サイクリングロードなどがあります。春は桜、秋は紅葉の名所としても有名で、札幌市民の憩いの場になっています。桜の見頃ははだいたい4月下旬~5月中旬。紅葉の見頃はだいたい10月中旬~10月下旬。入場無料。駐車場ですが、平日は無料で、土日祝日は320円です。詳しくはこちら

▼真駒内公園の桜
札幌の真駒内公園

前田森林公園の桜

前田森林公園は札幌市手稲区手稲前田にある総合公園。札幌の中心からは結構遠いです。面積は597,258m2で、1987年に開園しました。西洋の宮殿の池ようなカナールを持つ公園として知られ、森林公園の名前の通り、緑豊かな公園です。春は桜、夏は藤、秋は紅葉の名所としても有名で、札幌市民の憩いの場になっています。桜の見頃ははだいたい4月下旬~5月中旬。藤の見頃はだいたい5月下旬~6月上旬。紅葉の見頃はだいたい10月中旬~10月下旬。入場無料。駐車場も無料です。詳しくはこちら

▼前田森林公園の桜
札幌の前田森林公園

農試公園の桜

農試公園は札幌市西区にある公園。園内にはソメイヨシノやエゾヤマザクラなど250本の桜が植えられ、キレイに咲き誇ります。お花見スポットとして有名で、だいたい5月上旬~中旬が見頃です。入場無料。

▼農試公園の桜
農試公園 北海道の桜
▼ボンボリ
農試公園 北海道の桜
▼ボンボリ
農試公園 北海道の桜
▼紅白桜
農試公園 北海道の桜
▼色とりどり
農試公園 北海道の桜
▼赤、白、緑、青
農試公園 北海道の桜

米里の桜

札幌市白石区の米里の豊平川沿いにあります。芝桜との組み合わせがなんとも美しい場所。まったく無名の場所なので、駐車場などの設備は一切ありません。だいたい5月上旬~中旬が見頃。入場無料。

▼芝桜と桜
米里 北海道の桜
▼芝桜もキレイ
米里 北海道の桜

新川さくら並木

札幌北区の新川沿いにある約7.5kmの桜並木。ソメイヨシノとエゾヤマザクラが植えられています。全部一気に咲く訳ではないようで、ところどころ咲いているいる感じでした。ただし、桜のトンネルのように見えるのでなかなか楽しめます。ちなみに私が訪れたのは2016年5月5日です。だいたい5月上旬~中旬が見頃。入場無料。

▼新川
新川の桜並木
▼桜並木
新川の桜並木
▼見物客も多い
新川の桜並木
▼桜のトンネル
新川の桜並木
▼桜がビッシリ
新川の桜並木
▼気持ち良い景色
新川の桜並木

白石サイクリングロードの桜

札幌市白石区にあるサイクリングロード沿いに桜が植えられています。中でも環状道路に架かる環状夢の橋の桜が素晴らしいです。横から桜鑑賞が出来ちゃいます。駐車場などの設備は一切ありません。だいたい5月上旬~中旬が見頃。入場無料。

広告

▼白石サイクリングロードの桜
白石サイクリングロード 桜 札幌
▼環状夢の橋と桜
白石サイクリングロード 桜 札幌
▼環状夢の橋から見た桜
白石サイクリングロード 桜 札幌

真駒内用水路桜並木

真駒内用水路桜並木は札幌市南区真駒内にあります。真駒内駅からは歩いて10分ほど。真駒内用水路は、1879年に真駒内公園の前身である真駒内種畜場を設立したエドウィン・ダン氏が提唱し、作られた約4kmの用水路。エドウィン・ダン記念公園から緑町公園まで、用水路の両側に約30~40本の桜が植えられ、川沿いに桜が楽しめます。だいたい5月上旬~中旬が見頃。入場無料。

▼用水路と桜
真駒内用水路の桜
▼用水路と桜
真駒内用水路の桜

幅90cm、深さ60cmの用水路の両側には真駒内緑町緑道が作られ、桜を鑑賞することができます。私がかつて住んでいた川崎市の二ヶ領用水の桜並木の雰囲気に似ていて、雄大な桜の名所が多い北海道では珍しく、本州っぽさを感じることができる桜です。

▼川崎の二ヶ領用水
真駒内用水路桜並木
▼川崎の二ヶ領用水久地円筒分水
北海道の桜
▼用水路と桜
真駒内用水路の桜
▼本州っぽい
真駒内用水路の桜
▼用水路と桜
真駒内用水路の桜
▼飛行機雲と桜
真駒内用水路の桜

その他の札幌の桜

札幌市内で見かけたその他の桜たちです。

▼旧道庁の桜
北海道の桜
▼札幌ファクトリーの近くにある桜 ※2017年に伐採されました
北海道の桜
▼白石警察署の桜
北海道の桜

ニセコのさくらんぼの木

ニセコ町字曽我にあるさくらんぼの木。羊蹄山とさくらんぼの木の組み合わせが美しいビュースポットです。ニセコを紹介するパンフレットには必ず使われる場所だそう。ふるさと眺望点にも指定されています。畑には立ち入りできないので、畑の横から眺めることができます。見頃はだいたい5月上旬~中旬

▼羊蹄山とさくらんぼの木
ニセコ さくらんぼの木
▼畑には立ち入り禁止!
ニセコ さくらんぼの木

幌萌の大山桜

幌萌の大山桜は室蘭市北西部に位置する幌萌町にある一本桜。胆振地方最大級の巨大エゾヤマザクラとして知られます。すぐ側には臥龍の霞桜もありますが、どうも花は咲かないようでした。見頃は5月上旬から中旬。見頃時期にはライトアップされ、太田亜紀子氏によるコンサートも開催されます。入場無料。駐車場も無料です。花見期間には簡易トイレも設置されます。記事はこちら

▼幌萌の大山桜
室蘭の幌萌の大山桜

崎守の一本桜

室蘭市北西部に位置する崎守町にある一本桜。室蘭インターチェンジのすぐ近くです。人気アイドルグループTOKIOのメンバーの一人である松岡昌宏氏が出演するサッポロビールサッポロクラシックのCMや有名写真家の鎌田光彦氏の作品にもこの木が登場したことで知られます。また、ロックバンドSwish!「さくらびと」のMVのロケ地としても登場しました。見頃は5月上旬~中旬。私有地のため立ち入り禁止です。駐車場やトイレなど観光施設は一切ありません。路肩に駐車して歩道から見物しましょう。また、幌萌の大桜も比較的近所です。記事はこちら

▼崎守の一本桜
室蘭 崎守 一本桜

にわ山森林自然公園の桜

にわ山森林自然公園は札幌市の北東方面に位置する奈井江町にある公園。標高271mの爾波山が公園として整備され、第一展望台と第二展望台が設けられています。山中には約1800本のエゾヤマザクラなどの桜が植えられていて、空知地区の桜の名所の一つとして有名です。見頃はだいたい5月上旬。ところで、道路の幅が車一台が通れる程度で、運転には気をつける必要があります。また、熊も出る可能性があり、注意が必要です。他の観光客は熊鈴を持っていました。入場無料。駐車場も無料です。11月~4月まで道路は冬季閉鎖されます。記事はこちら

▼桜だらけ
奈井江のにわ山森林自然公園の桜

利根別川千本桜並木

利根別川は札幌市の北東方面に位置する岩見沢市の中心部を流れる川。河川に沿って利根別川河川緑地が整備され、1991年に1,000本の桜が植えられました。その桜の総称を利根別川千本桜並木と呼びます。見頃はだいたい5月上旬~中旬。川辺りに遊歩道や歩道があり、それらに沿って桜を楽しんでいくスタイルです。ガーデンテラスやはぎぞの緑地公園が主な鑑賞ポイントになります。記事はこちら

▼ガーデンテラス
岩見沢 利根別川千本桜並木

栗山公園の桜

栗山公園は札幌市の東方面に位置する栗山町の総合公園。栗山の中心地から1kmと近いです。約10万人が訪れる観光スポットで、御大師山の麓に0.24km2の敷地が広がり、なかよし動物園・テニスコート・野球場・弓道場・売店・バーベキュー場・キャンプ場・トイレ・駐車場があります。春には栗山の桜の名所として知られ、だいたい5月上旬~中旬が見頃。その時期は公園も道路も混雑するそうです。秋には栗山の紅葉の名所になり、10月下旬~11月上旬に見頃を迎えます。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼桜とチューリップ
栗山公園の桜

戸田記念墓地公園の桜

戸田記念墓地公園は札幌の北東に位置する石狩市厚田の標高約60mの小高い丘にある創価学会の霊園。創価学会第2代会長戸田城聖氏が厚田で育ったことから、そのことを記念して1977年に墓地公園がつくられました。お墓の数は5万4000基以上とのことで、かなり広い墓地ですね。北海道有数の桜の名所としても知られ、お花見シーズンには一般に開放されます。特に近年は海外の人々の注目度が高いようです。例年だいたい5月上旬~中旬にかけてが見頃。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼桜のトンネル
石狩厚田の戸田記念墓地公園

手宮公園の桜

手宮公園は小樽市の中心近くの高台にある総合公園。1900年に開園しました。手宮緑化植物園と小樽手宮公園競技場があり、桜で有名なのは手宮緑化植物園です。見頃は4月下旬~5月上旬。ここから眺める夜景も素晴らしいとか。入場無料。駐車場無料。駐車場にはトイレもあります。駐車場は結構狭いので、運転に気をつけて!小樽市総合博物館・小樽市蒸気機関車資料館・手宮洞窟・北海道鉄道発祥の地も比較的近いです。記事はこちら

▼海と桜の組み合わせ
小樽の手宮公園の桜

サイクリングロードの桜

サイクリングロード「風のメモリー」は室蘭市の北西方面に位置する伊達市にあるサイクリングロード。元々、胆振線の線路があった場所で、1986年に廃線になった後、全長約5.4kmのサイクリングロードが作られました。沿道にはソメイヨシノが植えられ、桜の名所としても知られています。見頃は5月上旬~中旬。入場無料。駐車場はありません。記事はこちら

▼桜並木
伊達のサイクリングロードの桜

有珠善光寺の桜

有珠善光寺は室蘭市の北西方面に位置する伊達市有珠にある名刹。正しくは大臼山道場院善光寺と言い、826年に円仁(慈覚大師)が開山しました。北海道最古のお寺だとも言われています。約1,000本の桜が植えられていて、桜の名所として知られます。エゾヤマザクラ・ソメイヨシノ・オオシマザクラ・シダレザクラなど様々な種類の桜があるので、桜の見頃の期間が長いそう。見頃はだいたい5月上旬。桜以外にも、7月中旬~8月上旬には紫陽花が見頃を迎え、10月下旬には紅葉が見頃を迎えます。入場無料。駐車場も無料です。私は2017年5月8日訪れたのですが、残念ながら桜はほとんど散っていました。記事はこちら

▼納骨堂前の桜
伊達の有珠善光寺の桜

庶野さくら公園

庶野さくら公園は苫小牧市の南東方面に位置する襟裳町にある公園。桜の名所として知られます。過去には北海道観光地百選の一つにも選ばれました。標高約30mの高台に約700本のエゾヤマザクラが植えられ、中でも樹齢300年を越える夫婦桜という胆振・日高地方を代表する桜の木が有名です。公園周辺の山々には約800本のエゾヤマザクラやシダレザクラなどが自生し、桜の季節には丸山などの山々もあちこちピンク色に染まります。見頃は5月上旬~中旬。庶野稲荷神社と隣接し、敷地内には駐車場とトイレがあります。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼庶野さくら公園
襟裳の庶野さくら公園

道北の桜

北海道北部はだいたい旭川から北あたり、上川北部・留萌・宗谷です。有名な桜の名所としては、旭川の常磐公園・神楽岡公園・旭山公園・花咲スポーツ公園、東川のキトウシ森林公園、和寒の狩勝峠桜ロード、士別の九十九山、名寄の弥生公園、苫前の古丹別緑ヶ丘公園、初山別の東山樹園、稚内の稚内公園などがあります。これらは大体5月上旬に見頃を迎えますが、朱鞠内湖の桜や利尻の桜は6月上旬が盛でちょっと遅目の桜を楽しむことが可能です。私が訪れたのは以下です。

▼風連望湖台自然公園近くの桜と小川
風連望湖台自然公園の桜

弥生公園の桜

弥生公園は旭川市と稚内市の中間に位置する名寄市弥生にある公園。市街地から約8km離れた場所にあります。弥生神社や天塩弥生駅跡を利用した天塩弥生駅「旅人宿&田舎食堂」が近いです。公園といってもそれほど大きい訳ではありません。トイレと遊具がいくつかある程度。弥生公園は桜の名所として昔から名寄市民には知られた場所で、200本近い桜が植えられています。5月上旬~5月中旬が見頃。入場無料。駐車場も無料。記事はこちら

▼桜並木
名寄 弥生公園 桜

風連望湖台自然公園の桜

風連望湖台自然公園は旭川市と稚内市の中間に位置する名寄市風連にある公園。市街地から約10km離れ、結構遠いです。公園には忠烈布ダム・忠烈布湖・キャンプ場があり、所々に桜が植えられています。5月上旬~5月中旬が見頃。あやめやすずらんなんかも見られるそうです。また、コテージ周辺にあったセンターハウス、ジャンボローラー滑り台、テニスコートはすべて無くなっていました。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼オートキャンプ場の桜
風連望湖台自然公園の桜

塩狩峠一目千本桜

塩狩峠は旭川市の北東方面に位置する和寒町にある標高約260mの峠。旭川と道北を結ぶ物流の要所です。国道40号(名寄国道)と宗谷本線が設けられ、頂上附近に塩狩駅があります。塩狩峠と言えば、著名小説家の三浦綾子氏が書いた小説が有名です。こちらがまさにその舞台で、近くには三浦綾子記念文学館が建っている他、ユースホステル「塩狩ヒュッテ」もあります。昔は塩狩温泉も建っていましたが、現在は取り壊されてしまいました。塩狩駅の線路を挟んで反対側には塩狩峠一目千本桜と呼ばれる桜の名所があり、だいたい5月上旬~5月中旬が見頃。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼塩狩峠
和寒の塩狩峠一目千本桜

旭山公園の桜

旭山公園は旭川市の東部にあり、標高295mの旭山に作られた公園です。有名な旭山動物園や旭山三浦庭園、旭山雪の村も敷地内にあります。春は桜とカタクリ、夏はハイキング、秋は紅葉狩り、冬はウィンタースポーツと季節毎に色々楽しめるので、旭川市民の憩いの場となっているそう。特に桜の名所として知られ、約2,300本のエゾヤマザクラが咲き誇ります。桜の見頃は4月下旬~5月上旬5月上旬の6日間には旭山公園夜桜まつりが開催されます。入場無料。駐車場も無料です。敷地内にはトイレや売店も設置されています。記事はこちら

▼稲荷金毘羅神社
旭川の旭山公園の桜

キトウシ森林公園の桜

キトウシ森林公園は旭川市の南東方面に位置する東川町にある総合レジャー施設。標高456mのキトウシ山の斜面にキャンモアスキー場・コート旭川カントリークラブ・パークゴルフ場・キャンプ場・キトウシ高原ホテル・物産センター・生活体験の家・富山神社・展望閤・北展望台・南展望台・じゃぶじゃぶ池・ゴーカートコース・こどもの広場などがあり、春にはカタクリ・桜・芝桜が楽しめ、夏にはラベンダーが咲きます。富山神社の隣の斜面にある桜林は地元の人々の花見スポットになっています。見頃はだいたい4月下旬~5月上旬。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼正に春という感じ
東川のキトウシ森林公園の桜

当麻山一目千本桜

当麻山は旭川市の東方面に位置する当麻町にある山。標高は292mです。当麻の中心地から約2.5km離れています。当麻山にはレジャー施設が集積し、とうまスポーツランド・フィールドアスレチックコース・キャンプ場・当麻スキー場などがあり、当麻山の頂上には展望デッキが設置されています。フィールドアスレチックコースとキャンプ場には当麻山一目千本桜と呼ばれる桜の名所があり、道路に沿って咲いていました。駐車場からあまり離れていないので、楽に楽しめます。見頃は4月下旬~5月上旬。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼当麻山一目千本桜
当麻の当麻山一目千本桜

道東の桜

北海道東部にある道東は、十勝・釧路・根室・網走を抱え、超広いです。帯広の緑ヶ丘公園、新得の新得山、池田の清見ヶ丘公園、釧路の別保公園と春採公園、厚岸の国泰寺のオオヤマザクラと子野日公園、浜中の浜中桜公園、根室の清隆寺、別海の野付小学校のチシマザクラ、津別の双子の桜、北見の金刀比羅さくら公園、網走の天都山さくら公園などが桜の名所と言われています。千島桜が多いのが特徴。根室は日本で一番最後に桜前線が訪れるそうで、5月中旬くらいまで桜が楽しめます。私が訪れたのは以下です。

▼明治公園の桜
明治公園の桜

清隆寺の桜

清隆寺は根室市の市街地にあるお寺。1893年に創建され、1912年に気仙沼大工の名工と呼ばれる花輪喜久蔵氏により本堂が建立されました。根室駅から近く、約600mほどの距離です。樹齢100年以上の約30本の千島桜が咲き誇ることで知られています。根室は桜前線の終着点と言われることもあり、日本で最も遅く桜が咲く場所の一つです。建築も素晴らしく、彫り物は上山虎正氏が作ったそうで、かなり精緻なものに見えます。かっこいい!入場無料。駐車場も無料です。駐車場はお寺の裏側にあります。ところで、札幌と根室の間にはオーロラ号が運行し、釧路と根室の間には特急ねむろ号が運行しているので、比較的早く移動できます。記事はこちら

▼弘法大師空海像に桜の後光
根室の清隆寺の桜

その他の根室の桜

旧観測所のチシマザクラ、明治公園の桜、根室市役所の桜を見に行きました。

▼根室市役所のチシマザクラ
根室の桜
▼旧観測所のチシマザクラ
根室の桜
▼明治公園の桜
明治公園の桜

国泰寺の桜

国泰寺は釧路市の東部方面に位置する厚岸町にある古刹。1804年に創建されました。厚岸神社と隣接しています。伊達の有珠善光寺と様似の等澍院とともに、江戸幕府が指定した蝦夷三官寺の一つです。桜の名所でもあり、樹齢180年の老桜樹があることで知られています。見頃は5月上旬〜中旬。敷地内には、本堂・墓地・老桜樹・観音石仏・仏牙舎利塔・龍王殿・馬頭観音堂・厚岸町郷土館・アイヌ民族忠魂碑があります。入場無料。但し、本堂の拝観料は100円です。営業時間は8時〜16時。厚岸町郷土館の入場料は100円。営業時間は9時〜16時。駐車場はありませんが、厚岸町郷土館近くに停車するスペースがあります。記事はこちら

▼国泰寺の境内
厚岸の国泰寺の桜

厚岸神社の桜

厚岸神社は釧路市の東部方面に位置する厚岸町にある古社。1791年に有名冒険家の最上徳内氏によって創建されました。国泰寺と隣接しています。元々は国泰寺の境内に建っていた神明宮が現在の場所に移転し、厚岸神社になりました。桜の名所としては知られていませんが、境内に咲く桜は見事です。見頃は5月上旬〜中旬。敷地内には、本殿・近藤重蔵の碑・社務所・公衆トイレがあります。入場無料。駐車場はありませんが、厚岸町郷土館と公衆トイレの近くに停車するスペースがあります。記事はこちら

▼鳥居
厚岸の厚岸神社の桜

子野日公園の桜

子野日公園は釧路市の東部方面に位置する厚岸町にある公園。桜の名所として知られています。厚岸町長だった子野日弘毅氏の庭園「翆湖園」が1962年に町に譲渡されて、公園として整備しました。120,000m2の敷地にエゾヤマザクラやチシマザクラなど約10種1,200本の桜が植えられています。見頃は5月上旬〜下旬。敷地内には健康の森・桜見本園・トイレ・駐車場があります。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼子野日公園
厚岸の子野日公園の桜

Comment

Comment

  1. good! hokkaido! より:

    Hi, Tiffany san!
    Maybe it is too early.

    The tulips are often in full bloom around 20 May in Kamiyubetsu town every year.
    The ground pink is often in full bloom in late May in Takinoue and Higashimokoto every year.

    But the best time to see cherry blossoms in early May.
    I recommend the cherry blossoms in Hokkaido.
    Have a nice trip!

  2. Tiffany より:

    Will Higashimokoto ground pink, Takinoue ground pink and Tulips of Kamiyubetsu be worth a visit in early may? 🙂 Specifically 8-9 May 2017
    Thank you!

  3. good! hokkaido! より:

    Hi, budy hadi san,
    Thank you for your comment and welcome to Hokkaido.

    I was most moved in Matsumae Castle Cherry Blossoms, Goryokaku Park Cherry Blossoms, Shizunai Nijukkendourosakuranamiki, Urakawa Yushun Sakura Road and Ishikari Toda Memorial Park Cemetery Cherry Blossoms. But unfortunately maybe cherry blossoms will fall in mid May.

    https://good-hokkaido.info/en/hakodate-goryokaku/
    https://good-hokkaido.info/en/matsumae-cherry-blossom-festival/
    https://good-hokkaido.info/en/shizunai-nijukkendourosakuranamiki/
    https://good-hokkaido.info/en/hokkaido-cherry-blossom/#Yushun_Sakura_Road_in_Urakawa
    https://good-hokkaido.info/en/hokkaido-cherry-blossom/#Cherry_Blossoms_of_Toda_Memorial_Park_Cemetery_in_Ishikari

    In addition, Higashimokoto ground pink, Takinoue ground pink and Tulips of Kamiyubetsu will be in full bloom from mid May to late May.
    https://good-hokkaido.info/en/higashimokoto-ground-pink/
    https://good-hokkaido.info/en/takinoue-ground-pink/
    https://good-hokkaido.info/en/kamiyubetsu-tulip-fair/

    Thank you,

  4. budy hadi より:

    Hi. I will visit Hokkaido next 14 May until 22 May 2017?
    Is there any cherry blossom there?
    if any, could you please give us the recommendation place to see the cherry blossoms in Hokkaido?
    Thanks
    Regard,
    Budy

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください