• 地域
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

【鹿追の福原山荘】北海道東部の紅葉の名所

2019/7/30

福原山荘

福原山荘は帯広市の北西方面に位置する鹿追町にある別荘。紅葉の名所として知られます。北海道道1088号沿いにあり、鹿追自然ランド・然別湖・菅野温泉・然別峡温泉鹿の湯が比較的近いです。十勝地方と釧根地区にスーパーを展開する株式会社福原の創業者福原治平氏が造った別荘で、福原記念美術館が管理・運営しています。紅葉の時期に一般開放され、見学が可能。開放時期はだいたい9月中旬~10月中旬。敷地内には駐車場とトイレがあります。入場無料。駐車場も無料です。バスツアーも組まれるそう。

▼福原山荘
鹿追の福原山荘
▼紅葉
鹿追の福原山荘

▼福原山荘の様子

▼第1駐車場
鹿追の福原山荘
▼第2駐車場
鹿追の福原山荘
▼トイレ
鹿追の福原山荘

然別湖

然別湖は帯広市の北方面にある鹿追町と上士幌町にまたがる淡水湖。北海道の湖の中で一番高い標高804mの地点にあります。星空が綺麗なことでも有名です。大雪山国立公園の東大雪エリアに位置し、大雪山国立公園内にある唯一の自然湖でもあります。湖の周囲長は13.8km。最大水深は98.5mで、結構深いです。透明度も高く、日本では摩周湖に次いで2番目に高いと言われていたり、国内最高だと言われていたり、諸説あるようですが、清らかな湖には変わりありません。清流に住む淡水魚「オショロコマ」が湖に閉じ込められて進化したミヤベイワナが世界で唯一棲息する湖としても知られています。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼温泉街から見た然別湖
然別湖

菅野温泉

菅野温泉は帯広市の北西方面に位置する鹿追町にある温泉地。鹿追の中心地から約30km離れた北海道道1088号のほぼ終点にあり、大雪山国立公園の東大雪地区の標高約720mの山深い場所にポツンと一軒宿の然別峡かんの温泉が建ちます。残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。もちろん携帯の電波も届きません。近くには、然別峡野営場・然別峡 鹿の湯・東雲湖があります。東雲湖はオンネトーとオコタンペ湖とともに北海道三大秘湖の一つで、ナキウサギが棲息する場所として知られています。然別湖・駒止湖・扇ケ原展望台も比較的近いです。また、紅葉の名所と言われる福原山荘もありますよ。記事はこちら

▼浴場の様子
鹿追の菅野温泉 イナンクル

然別峡温泉鹿の湯

然別峡温泉は帯広市の北西方面に位置する鹿追町にある温泉地。大雪山国立公園の東大雪地区の標高約680mの山深い場所にある秘湯として有名です。鹿追の中心地から約30km離れた北海道道1088号の終点に然別峡温泉鹿の湯があり、然別峡温泉鹿の湯は然別峡野営場の入浴施設として使われています。残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。もちろん携帯の電波も届きません。近くには、然別峡かんの温泉と東雲湖があります。東雲湖はオンネトーとオコタンペ湖とともに北海道三大秘湖の一つで、ナキウサギが棲息する場所として知られています。然別湖・駒止湖・扇ケ原展望台も比較的近いです。また、紅葉の名所と言われる福原山荘もありますよ。記事はこちら

▼ユーヤンベツ川の横にある
鹿追の然別峡温泉鹿の湯

北海道の紅葉

北海道の紅葉は日本で一番早いと言われ、標高の高い大雪山から見頃が始まり、徐々に標高の低い平地に降りてきます。大雪山の旭岳や黒岳では9月中旬に見頃を迎え、順次各地で紅葉の見頃になり、11月上旬には紅葉から落葉に変わります。北海道の紅葉の見どころは広大な大自然や渓谷が紅葉や黄葉する圧倒型と、箱庭のような狭い空間が紅葉や黄葉とフィットする侘び寂び型に分けられると思います。紅葉の名所と言われる場所以外に、普通の山野でも綺麗な紅葉があちこちにあります。記事はこちら

▼白糠の紅葉
北海道の紅葉

福原山荘の様子

山の中にポツンとある福原山荘。周りを森に囲まれ、とても静かな立地です。敷地には庭園が造られ、展望台・くるみの池・どんぐりの池・彫刻の池・さみだれの滝・りゅうきんの滝・うぐいすの滝・石庭の滝・紅葉の滝・小川などがあります。これらと紅葉の組み合わせも見どころの一つです。庭園の面積は85,000m2と結構広く、見て回るのに1時間~2時間はかかりそう。地面は土で、雨が降るとドロドロになるので、足元も気をつけた方が良いでしょう。

▼福原山荘入口
鹿追の福原山荘

さみだれの滝は北海道道1088号沿いからしか見れません。それほど大きくはない滝で、ほとんどの人は気づかずに通りすぎます。名前を示す看板も滝が見えない場所に建てられているので、見つけるのが難しいです。

▼さみだれの滝
鹿追の福原山荘
▼さみだれの滝
鹿追の福原山荘

くるみの池は福原山荘の南端にある池。敷地内から眺めることができるだけで、近づくことはできません。

▼くるみの池
鹿追の福原山荘
▼くるみの池
鹿追の福原山荘
▼展望台への道
鹿追の福原山荘

入り口近くにある展望台です。小高い丘の上から庭園を眺めることができます。見晴らしが良く、庭園と東大雪の山々を一緒に望むことが可能。福原山荘の見どころの一つです。展望台には特に施設はありませんが、ベンチがあります。

▼展望台
鹿追の福原山荘
▼展望台からの眺め
鹿追の福原山荘
▼紅葉と青空
鹿追の福原山荘

別荘の周囲にあるどんぐりの池。彫刻の池と隣接しています。周りには数本の木々が植えられていて、独立した木々の紅葉が楽しめます。どんぐりの池と言うくらいだから、どんぐりの木が植えてあるのかもしれませんね。

▼どんぐりの池
鹿追の福原山荘
▼どんぐりの池
鹿追の福原山荘
▼どんぐりの池と紅葉
鹿追の福原山荘
▼紅葉
鹿追の福原山荘

彫刻の池はその名の通り、池の中に彫刻が配置されています。湖面が凪いでいると鏡面のようになり、紅葉がリアルと湖面で楽しめる池です。私が訪れた時は、特にこじんまりとした真っ赤な紅葉が見事でした。彫刻と紅葉の組み合わせもいい感じです。福原山荘の見どころの一つだと思います。

広告

▼彫刻の池
鹿追の福原山荘
▼彫刻の池
鹿追の福原山荘
▼彫刻の池と紅葉
鹿追の福原山荘
▼彫刻の池
鹿追の福原山荘
▼紅葉と彫刻の池
鹿追の福原山荘
▼彫刻の池
鹿追の福原山荘

福原山荘は渓流と紅葉が楽しめる場所で、京都のような雰囲気をちょっとだけ感じました。雅な気分を味わえるかも。撮影の仕方次第で、良い写真が撮れそうな気がします。

▼小川と紅葉
鹿追の福原山荘
▼小川と紅葉
鹿追の福原山荘

りゅうきんの滝はリュウキンカが由来のようです。春にはリュウキンカが咲くのでしょうね。世間一般で言う滝というほど大きくはありませんが、侘び寂びがあるような雰囲気です。

▼りゅうきんの滝
鹿追の福原山荘
▼りゅうきんの滝
鹿追の福原山荘
▼渓流沿いの落ち葉
鹿追の福原山荘
▼紅葉真っ盛り
鹿追の福原山荘

別荘の横には林が広がり、地面は紅葉で覆われています。上も下も紅葉が楽しめるスポットで、福原山荘の見どころの一つではないでしょうか。あと、残念ながら、別荘には入れないようです。

▼落ち葉に覆われた林
鹿追の福原山荘
▼別荘
鹿追の福原山荘
▼地面の紅葉もなかなか
鹿追の福原山荘
▼いい感じ
鹿追の福原山荘

うぐいすの滝もりゅうきんの滝と同様、大きくはありません。名前の由来も恐らくうぐいすがこのあたりで鳴いていたのでしょう。

▼うぐいすの滝
鹿追の福原山荘
▼うぐいすの滝
鹿追の福原山荘
▼石庭の滝に到る道
鹿追の福原山荘

石庭の滝も小さな滝です。滝に沿って石が多く感じられるのが名前の由来かもしれません。1本だけポツンと紅葉した木があるのがいい感じです。

▼石庭の滝
鹿追の福原山荘
▼石庭の滝
鹿追の福原山荘
▼石庭の滝
鹿追の福原山荘
▼紅葉の滝に到る道
鹿追の福原山荘

紅葉の滝は福原山荘の北端にある滝。5つの滝の中で水量が一番多いです。渓流に沿って紅葉した木々があるので、紅葉の滝になったのでしょう。渓流沿いは紅葉に埋め尽くされ、時期によってはスゴい写真が撮れそうな気がします。

▼紅葉の滝
鹿追の福原山荘
▼紅葉の滝
鹿追の福原山荘

何気にスゴい紅葉だったのが、紅葉の滝から別荘に向かう道に沿った木々です。紅葉の濃淡が多彩で、グラデーションがとても綺麗でした。太陽の光によって鮮やかに見えるので、色々な楽しみ方があります。

▼綺麗な紅葉
鹿追の福原山荘
▼綺麗な紅葉
鹿追の福原山荘
▼通路沿いの紅葉
鹿追の福原山荘

▼福原山荘の様子

入場料 無料
駐車場 無料駐車場30台
営業時間 09:00~16:00
休日 10月下旬~9月上旬
電話番号 0156-66-1010
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 702 259 385*10

アクティビティリスト

福原山荘近くの自然ランドではエアトリップを開催しています。どのようなアクティビティなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。

エアトリップ

▼エアトリップの様子

然別湖ネイチャーセンター(Lake Shikaribetsu Nature Center)

宿泊施設

福原山荘近くの宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

菅野温泉(Kanno Onsen)
Booking
じゃらん
楽天
ホテル風水(Hotel Fusui)

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください