• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • CentralArea

【上富良野の吹上温泉】開放感抜群の吹上露天の湯と白銀荘で楽しめる日帰り入浴

2014/6/1

吹上温泉

吹上温泉は旭川市の南部に位置する上富良野町の温泉地。標高1200mに位置し、吹上温泉保養センター 白銀荘と吹上露天の湯があります。泉質の良さと開放感が人気です。温泉は酸性-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で、かなり酸っぱいのが特徴。メタケイ酸の含有量が多く、お肌にも良さそうです。白銀荘以外には、残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。また、直通バスはありません。上富良野町営バスが吹上温泉まで走っていて、時刻表ルートはこちらを参考に。

▼十勝岳中腹から見た景色
美瑛の望岳台

望岳台

望岳台は十勝岳の登山口の出発場所。白金温泉の近くにあります。十勝岳の山々を望めるのでその名前がつけられたのでしょう。秋には紅葉が美しいそうです。周囲には散策路もありますが、橋が壊れているため、立ち入り禁止の場所も多かったです。また、レストハウスもありますが、今は使われていないようです。トイレは使えました。入場料と駐車場は無料です。詳しくはこちら

▼望岳台
美瑛 望岳台

大雪山国立公園

大雪山国立公園は日本最大の国立公園。面積は226,763.56 haです。大雪山という名前の山は無く、北海道の最高峰の旭岳、黒岳、愛別岳、トムラウシ山と言った標高2000m級の山々がある一帯のことを総称しています。正しい表記は「だいせつざん」ですが、地元の人は「たいせつざん」と呼ぶことがしばしばです。広大な面積のため、表大雪エリア、北大雪エリア、東大雪エリア(裏大雪)、十勝連峰エリアに分けられます。アイヌ語でカムイミンタラと呼ばれ、神々の遊ぶ庭とも言われる雄大な光景を楽しむことが可能です。記事はこちら

▼旭岳
東川の旭岳の紅葉

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは吹上露天の湯と吹上温泉保養センター 白銀荘です。

▼十勝岳から見た下界
美瑛 望岳台

吹上露天の湯

吹上露天の湯は大自然の中にある混浴露天風呂です。1897年に丸谷捨吉氏が温泉を発見しました。その後、中川三郎氏が1932年に温泉宿を建設。1943年に廃業してその浴場だけが残りました。1987年の十勝岳の火山が活発になり、温泉の温度が上昇し、入浴に適した水温になったので、自然湧出の源泉掛け流しの新鮮な温泉を楽しむことができる秘湯として人気が出ました。1991年に吹上憩いの広場として、一帯が整備され、誰もが訪れやすい野湯となっています。さらに、有名なテレビドラマ「北の国から」の撮影場所として使われ、田中邦衛さんと宮沢りえさんが入浴していたことで、多くの観光客が訪れます。海外の方々にも人気があり、冬の吹上露天の湯に訪れることが流行しているみたいです。

▼吹上露天の湯の入口
上富良野 吹上露天の湯
▼通路から見た吹上露天の湯
上富良野 吹上露天の湯

浴場は駐車場から歩いて5分ほど。渓流沿いの崖の上に混浴露天岩風呂が2つあります。崖に沿って階段があり、大きな露天風呂は10人くらいが入浴できそうな大きさ。ターコイズブルーに見えるお湯が印象的です。湧き水があるので、温度調整ができます。入浴方法は水着着用やバスタオル巻きでの入浴が推奨されていますが、裸で入浴している人も多いですよ。

▼渓流沿いにある
上富良野 吹上露天の湯
▼大きい露天風呂。10人くらいが入浴できそうな大きさ
上富良野 吹上温泉

小さな露天風呂は、2人くらいが入浴できそうな大きさで、熱いお湯が楽しめます。冬でも熱いので、スコップで雪を入れて、水温を調整するそうです。どちらも地元のボランティアの方々が管理しているので、綺麗な状態が保たれています。ありがたい限りです。浴場内は撮影禁止らしいので、誰かが入浴している時は撮影しない方が良いでしょう。とは言え、夏場は入浴客以外にも多くの観光客が訪れるので、ガシガシ撮影されていると思います。

▼小さい露天風呂。2人ぐらいが入浴できそうな大きさ
上富良野 吹上露天の湯
▼プラスチックのカップ
上富良野 吹上露天の湯
▼マグカップが備え付けてある
上富良野 吹上露天の湯

温泉は酸性-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・酸化物泉で、無色、透明、酸味、無臭。残念ながら保健所の飲泉許可が得られていませんが、コップが備え付けてあるので、飲んでみるとなかなかの酸っぱさです。慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風、慢性消化器病に効用があるとか。温泉成分の総計は1.526g/kg。メタケイ酸が286.3mg/kgで、200mg/kg以上含まれるとお肌に良いそうなので、美人の湯と言えそうです。

▼駐車場にあるトイレ
上富良野 吹上露天の湯
▼簡易的な脱衣所
上富良野 吹上露天の湯

休日はかなり混雑するとか。狙い目は早朝です。私は朝6時頃訪問しましたが、誰もいませんでした。入浴料と駐車場は無料。駐車場にトイレがあります。温泉の脇に簡易的な脱衣所が設置されていました。照明はないので、夜は真っ暗な中、夜空を楽しみながら入浴出来ます。但し、崖になっているので、注意してください。

私が入浴した吹上露天の湯の雰囲気を動画で確認できます。

▼吹上露天の湯の様子

泉質 酸性-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(酸性低張性高温泉)
源泉の泉温 57.8℃
ph 2.6
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、関節のこわばり、くじき、やけど、動脈硬化症、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、肝不全、重い心臓病、呼吸不全、特に光線過敏な人、高度の貧血、活動性の結核、出血性の疾患、その他一般に病勢進行中の疾患、皮膚・粘膜の過敏な人
飲用による適応症 慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風
飲用による禁忌症 下痢の時、肝臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 混浴露天風呂(2)
日帰り入浴料金 無料
営業時間 24時間
休日 無休
駐車場 30台有
電話番号 0167-45-4126
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 796 031 238*48

吹上温泉保養センター 白銀荘

吹上温泉保養センター 白銀荘は1933年に建てられたヒュッテ白銀荘という山小屋だったものを1997年に温泉宿泊施設に改修しなおしました。素晴らしい開放感のある露天風呂が有名です。冬に雪を見ながら楽しむ露天風呂も人気があります。日帰り入浴料は600円。素泊まりの宿泊も可能で、登山基地としても利用されています。キャンプ場とも隣接し、テント料金は500円です。

▼建物の外観
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼キャンプ場
上富良野 吹上温泉保養センター 白銀荘
▼浴場の入口
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼脱衣所。右側の扉が混浴露天風呂の入口
上富良野 吹上温泉 白銀荘

1階に浴場があり、2階に休憩室があります。天井が高い浴場は、壁が木でできていて、木の温もりがあります。ヒバ風呂が1つ、岩風呂が1つ、寝湯が1つ、打たせ湯が1つ、水風呂とサウナが1つづつあり、ガラスから太陽の光が入るので、気持ちがいいですよ。温泉は褐色に見え、ひょっとしたら空気にふれて酸化しているのかもしれません。

▼浴場内
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼浴場内
上富良野 吹上温泉 白銀荘

ヒバ風呂は、10人くらいが入浴できそうな大きさ。岩風呂も8人くらいが入浴できそうな大きさです。それぞれ隣あっていて、ヒバ風呂の前には石が積み上げられた飲泉設備もあります。飲んでみるとほんのり酸っぱい感じです。慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風、慢性消化器病に効能があるそうです。寝湯と打たせ湯は2人分あります。

広告

▼ヒバ風呂
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼岩風呂
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼右から打たせ湯、寝湯、水風呂、サウナの入口
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼飲泉場所。中にプラスチックのカップがある
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼サウナ
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼温泉成分が析出している
上富良野 吹上温泉 白銀荘

外にはぽかぽかの湯・活力の湯・のんびりの湯・くつろぎの湯と呼ばれる露天岩風呂が4つあり、休憩できるように東屋も建てられています。そして、露天風呂は何より開放感がスゴい!男性浴場は駐車場側にあるので、油断すると見えちゃうかもしれません。また、夜空が美しいそうです。ぽかぽかの湯は2人くらいが入浴できそうな大きさで、活力の湯は3人くらいが入浴できそうな大きさです。そして、のんびりの湯は5人くらいが入浴できそうな大きさで、くつろぎの湯は4人くらいが入浴できそうな大きさがあり、全体的にそれほど大きな浴槽ではありません。でも、大きな岩がいい感じです。水温がそれぞれ異なるので、好みの湯船で楽しんでください。

▼駐車場からみた男性用露天風呂
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼ぽかぽかの湯
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼ぽかぽかの湯からの眺め
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼活力の湯
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼のんびりの湯
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼くつろぎの湯からの眺め
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼露天風呂
上富良野 吹上温泉 白銀荘

また、混浴露天風呂があり、男女とも脱衣所から出入りすることができます。但し、水着を着用しなければなりません。水着を持参していない人のために、300円で水着のレンタルも行っています。混浴露天風呂には東屋・ふれあいの湯・あそびの湯・ながめの湯・あそびの湯と4つ浴槽があります。なぜかあそびの湯が2つありました。水温がそれぞれ異なります。

▼混浴露天風呂には水着着用は必須
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼混浴露天風呂
上富良野 吹上温泉 白銀荘

出入り口近くにあるあそびの湯は10人くらいが入浴できそうな大きさで、一番大きなふれあいの湯は30人くらいが入浴できそうな大きさで、深さ1m。立ち湯というよりも、プールといった感じです。石で出来た滑り台が備わっているあそびの湯は一番奥にあり、滑り台がなかなかの楽しさです。童心に返って遊んじゃいました。家族で楽しめそうですね。ながめの湯は4人くらいが入浴できそうな大きさ。眺めが良いのでそう名付けられたのでしょう。私が訪れた時は天気が良くなかったので、あまり実感できませんでした。残念!

▼あそびの湯
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼ふれあいの湯
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼あそびの湯
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼滑り台が面白い
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼ながめの湯
上富良野 吹上温泉 白銀荘

お湯は酸性-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、無色、透明、弱酸味、無臭。(1)温泉成分の総計は1.459g/kg。(2)温泉成分の総計は1.381g/kg。メタケイ酸は(1)267.2mg/kgと(2)279.4mg/kgで、200mg/kg以上含まれるとお肌に良いそうなので、美人の湯と言えそうです。浴場にはシャンプーとボディソープが備え付けられてあります。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置してあります。

▼脱衣所
上富良野 吹上温泉 白銀荘
▼休憩スペース
上富良野 吹上温泉 白銀荘

私が入浴した白銀荘の雰囲気を動画で確認できます。

▼白銀荘の様子

泉質 (1)酸性-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(酸性低張性高温泉)
(2)酸性-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(弱酸性低張性高温泉)
源泉の泉温 (1)48.4℃
(2)52.6℃
ph (1)2.9
(2)3.0
適応症 (1)(2)神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど、動脈硬化症
禁忌症 (1)(2)急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、高度の貧血、活動性の結核、出血性の疾患、その他一般に病勢進行中の疾患、皮膚・粘膜の過敏な人特に光線過敏症
飲用による適応症 (1)(2)慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風、慢性消化器病
飲用による禁忌症 (1)(2)下痢の時、腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 混浴露天風呂(4)、露天風呂(3)、内湯(5)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:600円。中高生:400円。小学生:200円。
営業時間 10:00~22:00
休日 無休
駐車場 100台有
電話番号 0167-45-4126
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 796 032 433*63

宿泊施設リスト

吹上温泉周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

吹上温泉保養センター 白銀荘(Fukiage Onsen Rest Center Hakuginso)
Booking
じゃらん
楽天
富良野 思惟林(Furano Shiyuirin)

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

美瑛・富良野のページはこちら

美瑛・富良野

大雪山国立公園のページはこちら

大雪山国立公園

Comment

Comment

  1. Good! Hokkaido! より:

    Thank you for reading my posts.
    This is the bus time table of Tokachidake line.

    -Tokachidake Line Time Table
    https://www.town.kamifurano.hokkaido.jp/contents/01soumu/0140sharyo/bus-hp/bus_tokachi-2016.03.16.pdf
    -Route Map
    https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=zHMCLmHdfiA4.k5d4vVJgvSIw

    Left side (go) is bus for Tokachidake Onsen, right side (come back) is bus for Kamifurano station.
    Eight from top at the left side is Kamifurano station(駅前) bus stop.
    Five from bottom at the left side is Hakuginso (吹上保養センター白銀荘) bus stop.
    Six and four from bottom at the left are Fukiage Roten-no-Yu(吹上いこいの広場)bus stop.

    Please be careful to snowstorm and have a great time!

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください