• 食物
  • Meal
  • EasternArea

泥豚のフランクフルトソーセージとパラッとした焼き飯 -帯広のランチョ・エルパソ-

2014/9/26

ランチョ・エルパソは帯広市にあるレストラン。建物の外観と内装はメキシコ風です。こちらの自慢は豚肉。泥豚と呼ばれるブランドで、自社にて生産から販売までを行っています。夜はそのお肉と自社で作った地ビールが飲めるとか。なかなかソソるものがありますね。

▼建物の外観
焼き飯スペシャル -帯広のランチョ・エルパソ-

私が訪れたのはランチ。店内はメキシコのレストランのような雰囲気。銀の匙を描いた荒川弘さんのサインもあり十勝地方の雰囲気も出ていました。テーブル席が多いので、家族連れでも安心です。私はテーブル席に座り、焼き飯スペシャルが人気とのことで、オーダーしました。値段は980円。

▼メキシコ風の内装
焼き飯スペシャル -帯広のランチョ・エルパソ-
▼焼き飯スペシャルを上から
焼き飯スペシャル -帯広のランチョ・エルパソ-

パラパラでフカフカした焼き飯の上にフランクフルトが載せられています。早速食べると、焼き飯は塩加減が丁度良い感じ。フランクフルトもパキッとした食感が楽しめます。お店のスローガンが「風土がfoodを造る」とダジャレなんですが、これまで風土を大切にしてきたから、人気のあるお店になっているのでしょう。

広告

▼パラパラした焼き飯
焼き飯スペシャル -帯広のランチョ・エルパソ-
▼泥豚のフランクフルト
焼き飯スペシャル -帯広のランチョ・エルパソ-
▼歯ごたえが良い
焼き飯スペシャル -帯広のランチョ・エルパソ-
▼彩りが美しい
焼き飯スペシャル -帯広のランチョ・エルパソ-
▼ランチはサラダとスープがセットに
焼き飯スペシャル -帯広のランチョ・エルパソ-

ランチョ・エルパソのソーセージをAmazonで見つけました。

私が食べた焼き飯スペシャルとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼焼き飯スペシャルの様子

駐車場 25台有
営業時間 11:30~15:00、17:00~22:00
休日 水曜日
電話番号 0155-34-3418
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 124 561 268*38

帯広についてのページはこちら

帯広

Comment

Comment

  1. good! hokkaido! より:

    こんにちは!
    バンコクからようこそ!
    タイは暑いですよね。
    北海道は冬の真っ盛りで、寒いです!

  2. woolly pfeiffer より:

    こんにちはバンコクからです。
    http://www.fact-link.com/mem_profile.php?pl=jp&mem=00000021&page=00000073
    兼田さんは僕のお3年らいの友です。
    馬の牧場トシコさんはビリーの母のお宅にお邪魔したそうです。
    今バンコクにいます。

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください