• 地域
  • Little-KnownGoodSpots
  • CentralArea

1日で散る可憐な無数の花 -当別の亜麻の花-

2017/7/19

札幌の北東に位置する当別では、亜麻の花が6月下旬から咲き始めます。当別は亜麻の主要生産地で、花が見頃になる6月下旬~7月中旬にかけて、畑の外側から見学することが可能です。亜麻は午前中にしか花が咲きません。しかも、咲いたその花は1日で散ってしまうそう。淡いブルーの小さな可憐な花ですから、余計に物悲しさを感じさせますね。でも、そんな花が毎日無数に咲くんですから、そのパワーがなんともスゴそうだ。ちなみに各畑には駐車場はありません。
亜麻の花情報

▼亜麻の花
当別の亜麻の花
▼亜麻の花
当別の亜麻の花

一番の見頃を迎える7月上旬には、北海道亜麻まつりも開催。07:00~13:00という開催時間帯も、まさに亜麻タイムです。また、畑がいくつかある上に、毎年畑の場所が異なるので、少し見つけにくいかもしれません。私が2017年7月12日に訪れた時は、全部で4箇所ある畑のうち、3つ発見することができました。亜麻畑と書いてある幟が目印です。また、畑により幟の本数が違います。これは畑の見頃を表しているのでしょう。

▼5本指の亜麻畑
当別の亜麻の花
▼亜麻畑の様子
当別の亜麻の花
▼無数の花が咲いている
当別の亜麻の花
▼上からの眺め
当別の亜麻の花
▼横からの眺め
当別の亜麻の花
▼亜麻の花
当別の亜麻の花

日本では涼しい気候の北海道だけが亜麻の成育に適しているそう。当別・当別周辺・伊達・厚沢部で亜麻を栽培しています。世界的に見ても、フランス・ベルギー・オランダ・ロシア・カナダなど気候の涼しい地域が主要な生産国ですから、湿気が多い北海道以南は適さないのでしょう。亜麻は服やタオルなど繊維の元になるリネンや麻仁油の原料になります。亜麻種子は海外ではフラックスシードと呼ばれ食用も可能で、体にも良いそうです。

亜麻公社の亜麻の種をAmazonで見つけました。

広告

▼2本指の亜麻畑
当別の亜麻の花
▼亜麻畑の様子
当別の亜麻の花
▼上から見た亜麻畑
当別の亜麻の花
▼亜麻畑
当別の亜麻の花
▼亜麻の花
当別の亜麻の花
▼別の畑もいい景色
当別の亜麻の花
▼1本指の亜麻畑
当別の亜麻の花
▼わかりにく場所にある
当別の亜麻の花

亜麻の花の雰囲気を動画で確認できます。

▼亜麻の花の様子

入場料 無料
駐車場
営業時間 24時間
休日
電話番号 0133-23-3073
ホームページ ホームページはこちら
マップコード -

宿泊施設

当別の宿泊施設は以下を参考にしてください。

ふとみ銘泉 万葉の湯(Futomi Meisen Manyo-no-Yu)
Booking
北海屋旅館(Hokkaiya Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
ビジネスホテルANDO(Business Hotel ANDO)
Booking
じゃらん
楽天
富士屋旅館(Fujiya Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
みくにや旅館(Mikuniya Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
たっぷの湯(Tappu-no-Yu)
Booking

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください