• イベント
  • FamousSpots
  • EasternArea

北海道の流氷スポットと流氷クルージング

2013/5/26

1月~3月の期間限定で現れる流氷。日本で唯一楽しめるのがオホーツク海沿岸です。紋別から知床半島沿岸にかけて、ビッシリと海が流氷に埋め尽くされる光景は本当に素晴らしい!一度は見ておきたい絶景と言えるでしょう。北海道には「Monbetsu」という町の名前が、紋別、伊達紋別、門別の3つありますが、流氷が楽しめるのはオホーツク海側に面した紋別、網走、斜里です。接岸した流氷も楽しめますが、船上から流氷クルージングも楽しむことができます。最近は温暖化の影響か、流氷自体も少なくなってきたようですが、運が良ければ、流氷の上のアザラシやオオワシといった野生動物を目撃できるでしょう。

▼流氷
網走の流氷とおーろら号クルージング

流氷は冬になると-40度の寒気がシベリアから北海道に向けて吹付け、アムール川で生まれた氷がその風にのってオホーツク海に流れてきます。知床半島が丁度ネットの役割を果たし、網走沖から知床半島まで流氷で覆われます。流氷は全てロシア産だと私は思っていました。しかし、アムルー川の水がオホーツク海に流れ込み、海水と淡水が分離した状態が続き、淡水部分の塩分濃度が低くなります。そのため、オホーツク海でも-1.8度で海水が凍り、オホーツク産の流氷ができるそうです。

▼一面の流氷帯
紋別の流氷とガリンコ号Ⅱ

流氷クルージング

流氷クルージングができるのは、網走、紋別、羅臼です。網走と紋別では比較的大きな船でクルージングすることが可能で、羅臼ではクルーザーに乗ることができます。羅臼の場合は、流氷が羅臼側に来るのを待たなければなりません。おーろら号とガリンコ号Ⅱの違いと言えば、砕氷方法と船の大きさによる揺れでしょうか。まあ、船酔い対策をすればそんなに気にならないでしょう。

▼オーロラ2号
網走の流氷とおーろら号クルージング
▼ガリンコ号Ⅱ
紋別の流氷とガリンコ号Ⅱ

網走の流氷とおーろら号クルージング

日本で定期船の流氷クルージングが楽しめる観光地が2つあります。その一つが網走です。1月中旬頃、網走沖に流氷が流れ着きます。普通の船は、流氷に衝突すると壊れてしまいますが、その流氷帯を船の重さを使って粉砕することができる流氷観光砕氷船おーろら号とおーろらⅡ号が就航。1月中旬~4月上旬にかけて、流氷を目当てにした多くの観光客が訪れます。クルージングは1日2~5便あり、クルージング時間は60分。道の駅「流氷街道網走」で乗船することができます。記事はこちら

▼凍てつく世界
網走の流氷とおーろら号クルージング

私が見た流氷とおーろら号の雰囲気を動画で確認できます。

▼流氷とおーろら号の様子

紋別の流氷とガリンコ号Ⅱクルージング

日本で定期船の流氷クルージングが楽しめる観光地が2つあります。その一つが紋別です。1月中旬頃、紋別沖に流氷が流れ着きます。普通の船は、流氷に衝突すると壊れてしまいますが、その流氷帯を粉砕することができる流氷砕氷船ガリンコ号Ⅱが就航。1月上旬~3月下旬にかけて、流氷を目当てにした多くの観光客が訪れます。ガリンコ号Ⅱは1日5~7便あり、クルージング時間は60分。海洋交流館で乗船することができます。記事はこちら

▼見渡す限りの流氷
紋別の流氷とガリンコ号Ⅱ

私が見た流氷とガリンコ号2の雰囲気を動画で確認できます。

▼流氷とガリンコ号2の様子

羅臼の流氷とクルージング

港が流氷で覆われにくい羅臼側から流氷クルージングを受け付けています。クルーザーへの乗船で、船が大きくない分、迫力があるかもしれませんね。 詳しくはゴジラ岩観光まで。

羅臼の流氷クルージングの雰囲気を動画で確認できます。

▼羅臼の流氷クルージングの様子

流氷ビューポイント

オホーツク沿岸にはいくつか流氷のビューポイントがあります。私が訪れたのは以下の流氷ビューポイントです。

プユニ岬の流氷

プユニ岬はオホーツク海につき出した岬です。ここからウトロ港を一望でき、オロンコ岩やゴジラ岩もスッポリ画面に収まるビュースポット。流氷が一面に広がる冬の景色も壮観です。施設は何もありません。入場無料。駐車場も無料です。

▼冬のプユニ岬
冬のプユニ岬
▼冬のプユニ岬
冬のプユニ岬
▼流氷で覆われる海
冬のプユニ岬

私が見た冬のプユニ岬の雰囲気を動画で確認できます。

▼冬のプユニ岬の様子

チャシコツ崎の流氷

ウトロに向かう途中にあるガメラのような岩が目印。ガメラが流氷に覆われる様子はなかなか見応えがあります。施設は何もありません。入場無料。駐車場も無料です。

▼冬のチャシコツ崎
斜里の弁天崎
▼冬のチャシコツ崎
斜里の弁天崎

私が見た冬のチャシコツ崎の雰囲気を動画で確認できます。

▼冬のチャシコツ崎の様子

オシンコシンの滝の流氷

オシンコシンの滝は知床にある名瀑。冬にはオシンコシンの滝も凍りつきます。オシンコシンの滝の前に流氷が着岸し、その光景も素晴らしい。駐車場もあるので、ツアー観光客の撮影スポットになっています。冬の間は施設はお休みしています。入場無料。駐車場も無料です。

▼冬のオシンコシンの滝
斜里のオシンコシンの滝
▼オシンコシンの滝の近くの流氷
斜里のオシンコシンの滝 流氷
▼オシンコシンの滝の近くの流氷
斜里のオシンコシンの滝 流氷
▼オシンコシンの滝の近くの流氷
斜里のオシンコシンの滝 流氷
▼海外の観光客が流氷を撮影している
斜里のオシンコシンの滝 流氷

私が見た冬のオシンコシンの滝の雰囲気を動画で確認できます。

▼冬のオシンコシンの滝の様子

流氷展望ひろばの流氷

斜里町日の出地区にあるレストハウス知布泊が、2月上旬~3月中旬の間だけ、流氷展望ひろばとして開放されます。眼下には知布泊漁港があり、流氷と港の組み合わせが楽しめます。レストハウス知布泊がある以外に施設は何もありません。入場無料。駐車場も無料です。

▼知布泊漁港
斜里の流氷展望ひろば
▼冬の流氷展望台からの眺め
斜里の流氷展望ひろば
▼オジロワシが狩りをしている
斜里の流氷展望ひろば

私が見た冬の流氷展望ひろばの雰囲気を動画で確認できます。

▼冬の流氷展望ひろばの様子

以久科原生花園の流氷

知床半島の付け根にある斜里町の以久科原生花園。沿岸部側に出ると、幻想的な流氷が海上を覆い尽くす様子を眺めることができます。川が流れているので、流氷が溶けて、密になっていないのもなかなか見応あり。加えて、知床連峰と流氷の組み合わせもいいですよ。あと、蜃気楼もあらわれることがあるそうです。有名ではないので、訪れる人が少なく、穴場的な存在と言えるでしょう。施設は何もありません。入場無料。駐車場も無料です。

▼冬の以久科原生花園沿岸の流氷
斜里の以久科原生花園
▼冬の以久科原生花園沿岸の流氷
斜里の以久科原生花園
▼冬の以久科原生花園沿岸の流氷
斜里の以久科原生花園
▼冬の以久科原生花園沿岸の流氷
斜里の以久科原生花園
▼冬の以久科原生花園沿岸
斜里の以久科原生花園

冬の以久科原生花園近くの流氷の雰囲気を動画で確認できます。

▼冬の以久科原生花園近くの流氷の様子

北浜駅の流氷

北浜駅は釧網線の現役の無人駅。駅の横には展望台も設置されてあります。ホーツク海に一番近い駅として知られ、冬には駅から流氷を眺めることも可能。日本で唯一流氷が見える駅とも言われているそうです。冬シーズンは、流氷と電車を一度に撮影できるスポットのため、観光客が多数訪れます。入場無料。駐車場も無料です。

▼冬の北浜駅
網走の北浜駅
▼駅前からも流氷が見える
網走の北浜駅
▼プラットフォーム
網走の北浜駅
▼流氷と電車
網走の北浜駅
▼お客さんが降りてきた
網走の北浜駅

冬の北浜と流氷の雰囲気を動画で確認できます。

▼冬の北浜と流氷の様子

鱒浦ビューポイントパーキングの流氷

網走の鱒浦漁港近くにある駐車場。鱒浦ビューポイントパーキングとして、景色が素敵なところ。冬には流氷が押し寄せ、赤い灯台と流氷の組み合わせがなかなか素敵です。晴れていれば、知床半島の山々も見渡すことができます。施設は何もありません。入場無料。駐車場も無料です。

▼流氷に囲まれる鱒浦漁港
網走の鮒浦ビューポイントパーキング
▼鱒浦ビューポイントパーキングから見た流氷
網走の鮒浦ビューポイントパーキング

私が見た冬の鱒浦ビューポイントパーキングの流氷の雰囲気を動画で確認できます。

▼冬の鱒浦ビューポイントパーキングから見た流氷の様子

能取岬の流氷

網走市にある能取岬。近くに能取湖があります。50mの断崖絶壁の上に能取岬灯台とオホーツクの塔というモニュメントが建ち、それ以外に目立つものは何もありません。冬の能取岬は周りを流氷に囲まれ、幻想的な景色が広がります。耳を澄ますと流氷がぶつかる音や波の音も聞くことが可能です。施設は何もありません。入場無料。駐車場も無料です。

▼能取岬に到る道からも流氷が見える
網走の能取岬冬
▼敷地内の様子
網走の能取岬冬
▼能取湖方面を見る
網走の能取岬冬
▼観光客もチラホラいる
網走の能取岬冬
▼幻想的な景色
網走の能取岬冬
▼流氷が広がる
網走の能取岬冬
▼冬の能取岬灯台
網走の能取岬冬
▼寒い!
網走の能取岬冬
▼波間に揺れる流氷
網走の能取岬冬

冬の能取岬と流氷の雰囲気を動画で確認できます。

▼冬の能取岬と流氷の様子

オムサロ原生花園流氷岬の流氷

オムサロ原生花園は旭川市の北東部に位置する紋別市にあります。原生花園の海側は流氷岬と呼ばれ、接岸する流氷を望めるスポットになっています。私が訪れた時は残念ながら、流氷は接岸していませんでした。入場無料。駐車場も無料です。

▼冬の流氷岬
オムサロ湿原 流氷岬
▼冬の流氷岬
オムサロ湿原 流氷岬

私が見た冬の流氷岬の流氷の雰囲気を動画で確認できます。

▼冬の流氷岬の様子

流氷アクティビティ

流氷を使ったアクティビティと言えば、流氷ウォーク。知床観光の目玉になっています。海水温0度という珍しい環境を味わえるでしょう。

流氷ウォーク

流氷の浮かぶ厳寒のオホーツク海を、専用のドライスーツに身を包み、身をもって流氷と戯れることができるアクティビティ。非日常の世界を楽しめます。くわしくは知床ナチュラリスト協会まで。

流氷ウォークの雰囲気を動画で確認できます。

▼流氷ウォークの様子

Comment

Comment