• 食物
  • Meal
  • CentralArea

本当にシビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-

2015/10/17

175°DENO本店は札幌市中央区にある人気担々麺専門店。2013年に創業しました。東急ハンズの近くにあります。行列必至の人気店と聞いていたので、平日の13時30分頃に訪問。店の前には行列待ち用の椅子が並んでいます。店内はバーのような雰囲気で、それほど広くなくほぼ満員です。やはり人気がありますね。ただ、幸いなことにカウンター席が2つ空いていました。カウンター席以外にテーブル席が2つあり、家族連れもなんとかいけそうです。

▼建物の外観
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-
▼店舗前には行列用の椅子。トイレ前で約20分待ち
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-
▼店内の様子
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-
▼カウンター席
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-

まずは、券売機で食券を買います。汁あり担々麺と汁なし担々麺があり、しびれる度合いにより、「しびれない」「しびれる」「すごくしびれる」の中から選べるというもの。ドクロマークなんていう危なっかしいマークもありました。私は初めて訪問したので、無難に汁なし担々麺のしびれるを選択。値段は800円です。このしびれを生み出す花椒は四川まで行って仕入れてくるそうで、こだわりを感じますね。

▼入口前の券売機
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-
▼シビれる汁なし担々麺
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-

食券をカウンターの上に置いて、待つこと10分ほどで、汁なし担々麺しびれるが登場しました。汁のはねトびを防ぐために紙エプロンも提供してくれます。よく混ぜて食べるよう店員さんに言われたので、よく混ぜることに。一口食べるとカシューナッツの甘みと肉味噌の辛さが合っていて、美味しい!その後、確かに舌がしびれ始めますが、美味しさは衰えません。汗が出てくるので、水を飲むと甘く感じます。これは汁ありも食べてみたいと思う美味しさです。

▼よく混ぜる
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-
▼もちもちした相模屋製麺の麺
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-
▼カシューナッツ
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-
▼ちょい辛くてウマい
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-
▼50cmくらいありそうな麺
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-
▼ちょいシビれる。絶妙な美味しさ
シビれる汁なし担々麺 -札幌の175°DENO本店-

私が食べたシビれる汁なし担々麺とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼シビれる汁なし担々麺の様子

駐車場
営業時間 平日 11:30~15:00、17:30~21:00。土祝日 11:30~16:00。
休日 日曜日
電話番号 011-777-1177
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 9 492 695*77

札幌の食べ物と温泉のページはこちら

札幌の食べ物と温泉

Comment

Comment