• 自然
  • FamousSpots
  • CentralArea

【大雪山国立公園】登山・紅葉・温泉・観光が楽しめる日本最大の国立公園

2014/10/1

1ページ目で表大雪エリアと北大雪エリアについて紹介し、2ページ目では東大雪エリア(裏大雪)と十勝連峰エリアについて紹介しています。

東大雪エリア(裏大雪)

新得・鹿追・上士幌のあたりが東大雪エリアと呼ばれています。音更山・石狩岳・三国山・ニペソツ山・ウペペサンケ山・西クマネシリ岳・東ヌプカウシヌプリ・西ヌプカウシヌプリなどの山々が有名です。然別湖・糠平湖・タウシュベツ川橋梁・三国峠・トムラウシ温泉・然別峡温泉・糠平温泉・幌加温泉・かんの温泉・トムラウシ温泉・オソウシ温泉などがあります。

▼ニペソツ山登山

然別湖

然別湖は帯広市の北方面にある鹿追町と上士幌町にまたがる淡水湖。北海道の湖の中で一番高い標高804mの地点にあります。星空が綺麗なことでも有名です。大雪山国立公園の東大雪エリアに位置し、大雪山国立公園内にある唯一の自然湖でもあります。湖の周囲長は13.8km。最大水深は98.5mで、結構深いです。透明度も高く、日本では摩周湖に次いで2番目に高いと言われていたり、国内最高だと言われていたり、諸説あるようですが、清らかな湖には変わりありません。清流に住む淡水魚「オショロコマ」が湖に閉じ込められて進化したミヤベイワナが世界で唯一棲息する湖としても知られています。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼然別湖
然別湖

糠平湖

糠平湖は、帯広市の北方面にある上士幌町の朱鞠内湖に次いで北海道で2番目に大きい人造湖。大雪山国立公園の東大雪エリアに位置し、1956年に糠平ダムが完成して湖が誕生しました。湖の周囲長は約34km。最大水深は約75m。糠平とはアイヌ語で「人の形をした岩」という意味です。1955年に糠平ダムが完成し、その岩は湖に水没。現在も糠平湖の湖底にあるそうです。湖の北西側の湖畔には糠平温泉街が広がります。温泉街に東大雪自然館があるので、そこで情報収集することも可能。幌加温泉も近くにありますよ。糠平湖と言えば古い橋梁で知られています。旧鉄道の線路として使われていたタウシュベツ川橋梁など13基近い橋が残り、風景と調和した様子が美しいことから観光名所としても有名です。温泉街近くには上士幌町鉄道資料館も建っています。記事はこちら

▼糠平湖展望台から見た糠平湖
上士幌 糠平湖

ナイタイ高原牧場

ナイタイ高原は帯広市の北部に位置する上士幌町にあり、標高1332mのナイタイ山の斜面に高原が広がります。大雪山国立公園東大雪地区の中に位置し、然別湖とも隣接しています。ナイタイ高原は標高約1000mの山の斜面がまるまる牧場になっていて、標高約800mまでは一般人も立ち入ることが可能。そこにはレストハウスと展望スペースが設置されています。営業期間は4月下旬~10月下旬。牧場入口ゲート開放時間は7時~18時(夏期19時)。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼東大雪の山々
ナイタイ高原牧場

三国峠

三国峠は、帯広の北部に位置する上士幌にある標高1139mの峠。上川と十勝を結ぶ国道273号(糠平国道)が大雪山国立公園を南北に横断し、北海道の国道の中で、最も高い場所に峠があるそうです。周辺には人家が無く、トドマツやエゾマツの樹海が広がり、少し離れてやっと幌加温泉と糠平温泉があります。その樹海は秋には黄葉の名所としても有名です。見頃は9月中旬から10月上旬。記事はこちら

▼松見大橋
上士幌の三国峠

然別湖畔温泉

然別湖畔温泉は帯広市の北西方面に位置する鹿追町の温泉リゾート。鹿追町の中心から約30km離れ、大雪山国立公園の東大雪地区の標高約800mの然別湖の西側にホテル風水が建ちます。残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。近くには、駒止湖・扇ケ原展望台・然別湖畔北岸野営場があります。菅野温泉・然別峡野営場・然別峡温泉 鹿の湯・東雲湖も比較的近いです。また、紅葉の名所と言われる福原山荘もありますよ。記事はこちら

▼ホテル福原
鹿追の然別湖畔温泉 ホテル福原

然別コタンの氷上露天風呂

氷上露天風呂は然別コタン開催期間中に、然別湖上に雪と氷で作られた建物の中で露天風呂が楽しめる目玉イベント。非日常感を味わえることで人気があります。湖の上で入浴できるなんてそうそうないですからね。 入浴料は無料。基本混浴ですが、18:00~20:00は男性専用で、20:00~22:00までは女性専用になります。記事はこちら

▼露天風呂からの景色
鹿追の然別湖コタン 氷上露天風呂

菅野温泉

菅野温泉は帯広市の北西方面に位置する鹿追町にある温泉地。鹿追の中心地から約30km離れた北海道道1088号のほぼ終点にあり、大雪山国立公園の東大雪地区の標高約720mの山深い場所にポツンと一軒宿の然別峡かんの温泉が建ちます。残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。もちろん携帯の電波も届きません。近くには、然別峡野営場・然別峡 鹿の湯・東雲湖があります。東雲湖はオンネトーとオコタンペ湖とともに北海道三大秘湖の一つで、ナキウサギが棲息する場所として知られています。然別湖・駒止湖・扇ケ原展望台も比較的近いです。また、紅葉の名所と言われる福原山荘もありますよ。記事はこちら

▼浴場の様子
鹿追の菅野温泉 イナンクル

然別峡温泉鹿の湯

然別峡温泉は帯広市の北西方面に位置する鹿追町にある温泉地。大雪山国立公園の東大雪地区の標高約680mの山深い場所にある秘湯として有名です。鹿追の中心地から約30km離れた北海道道1088号の終点に然別峡温泉鹿の湯があり、然別峡温泉鹿の湯は然別峡野営場の入浴施設として使われています。残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。もちろん携帯の電波も届きません。近くには、然別峡かんの温泉と東雲湖があります。東雲湖はオンネトーとオコタンペ湖とともに北海道三大秘湖の一つで、ナキウサギが棲息する場所として知られています。然別湖・駒止湖・扇ケ原展望台も比較的近いです。また、紅葉の名所と言われる福原山荘もありますよ。記事はこちら

▼大きな岩風呂
鹿追の然別峡温泉鹿の湯

糠平温泉

糠平温泉は帯広市の北部に位置する上士幌町の温泉街。糠平湖の南端にあり、糠平国道沿いに温泉街を形成し、大雪山国立公園 東大雪地区の観光拠点になっています。9軒の温泉宿泊施設があり、宿泊施設以外にレストラン・商店・土産屋さん・足湯・手湯・ぬかびら源泉郷スキー場・東大雪自然館・上士幌鉄道資料館・ひがし大雪自然ガイドセンター・国設ぬかびらキャンプ場がありますが、コンビニは無いです。 近くには有名なタウシュベツ川橋梁をはじめとする旧国鉄士幌線廃線跡コンクリートアーチ橋梁群があり、糠平ダム・森のトロッコ・エコレール・三国峠・ナイタイ高原牧場もあります。記事はこちら

▼湯元館
上士幌の糠平温泉 湯元館

幌加温泉

幌加温泉は帯広市の北方面に位置する上士幌町の温泉地。幌加温泉の看板を目印に、糠平国道(国道273号)を曲がって、約1.5km走った道路の終点に、一軒宿の鹿の谷温泉旅館が建ちます。このあたりは大雪山国立公園 東大雪地区の標高約700mのホロカ山の麓で周辺には人家は無く、秘湯として知られています。携帯も圏外です。ニペソツ山への登山口はありますが、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。糠平湖が近く、有名なタウシュベツ川橋梁をはじめとする旧国鉄士幌線廃線跡コンクリートアーチ橋梁群があり、糠平温泉・糠平ダム・森のトロッコ・エコレール・三国峠・ナイタイ高原牧場も比較的近いです。記事はこちら

▼露天風呂
上士幌 幌加温泉 鹿の谷温泉旅館

トムラウシ温泉

トムラウシ温泉は帯広市の北西部に位置する新得町の温泉地。新得の中心地から約60km離れた北海道道718号のほぼ終点にあり、大雪山国立公園の東大雪地区の標高約640mの山の中にポツンと一軒宿の国民宿舎東大雪荘が営業しています。エゾクロテンなどのレアな動物に出会えることでも知られ、一般的な観光客が訪れる他、大雪山の登山基地として利用する登山者が多いです。記事はこちら

▼国民宿舎東大雪荘
新得のトムラウシ温泉 国民宿舎東大雪荘

オソウシ温泉

オソウシ温泉は帯広市の北西部にある新得町の温泉地。大雪山国立公園の東大雪地区の山の中にポツンと一軒宿の鹿乃湯荘が営業しています。北海道で最もアルカリ性(PH10)が高い温泉で、石鹸水のようなトロトロの強アルカリ性泉で有名です。山深い場所にある秘湯としても知られ、温泉愛好家からも人気があります。なかなか見つけづらく、北海道道718号から林道を約6km走らないといけません。車幅は車一台分なので、運転には注意が必要です。熊や鹿も出るそうなので、動物にも注意ですね。また、残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。多分携帯も圏外でしょう。記事はこちら

▼冬季閉鎖中の混浴露天風呂
新得のオソウシ温泉 鹿乃湯荘

しかりべつ湖コタン

しかりべつ湖コタンは帯広市の北方面にある鹿追町の然別湖で行われる冬のイベント。1980年から始まりました。約4万人が訪れ、冬の寒さを楽しむことを目的に然別湖畔温泉街のすぐ近くの湖面上で1月下旬から3月下旬まで行われます。80~100cmの厚さにまで凍った湖の上にはイヌイットの人たちがイグルーと呼ぶ氷と雪の建物が並び、コタン(アイヌ語で村)が形成されるというもの。製作には1ヶ月もかかるとか。冬の間にだけ現れるので、幻の村とも呼ばれているそうです。確かに雪や氷が解ければ、何も残りませんからね。入場無料。駐車場も無料です。悪天候により営業できない日もたまにありますので、ご注意を。記事はこちら

▼温泉街としかりべつ湖コタン
鹿追のしかりべつ湖コタン

十勝連峰エリア

上富良野や美瑛のあたりが十勝連峰エリアと呼ばれています。十勝岳・オプタテシケ山・美瑛岳・上ホロカメットク山・下ホロカメットク山・富良野岳の山々が有名です。 白ひげの滝・望岳台・白金温泉・吹上温泉・十勝岳温泉があります。青い池も近いです。

▼十勝岳登山

白ひげの滝

白ひげの滝は川市の南東部に位置する美瑛町白金温泉の滝。標高約600mの場所にあります。水しぶきをあげて流れる様子が白いひげのように見えることから名付けられました。潜流瀑と呼ばれる滝で、伏流水が岩壁の割れ目などから流れ出て落下する日本でも珍しいスタイルの滝だそう。北海道では他に、知床のフレペの滝や広尾のフンベの滝が有名です。ちなみに滝の上には湯元白金温泉ホテルが建っています。入場無料。駐車場は白金観光案内所か公共駐車場を利用できます。トイレも白金観光センターで利用できます。記事はこちら

▼白ひげの滝
美瑛 白金 白ひげの滝

青い池

青い池は旭川市の南東部に位置する美瑛町白金地区にある人造池。水深は2.5m~5mで、白樺街道(北海道道966号)沿いからちょっと入った、森に囲まれた標高約500mの場所にあり、敷地内には未舗装の駐車場と散策路が建てられています。売店やトイレなどはありません。入場無料。駐車場も無料です。また、散策路は歩きやすくはないので、動きやすい靴を履く方が良いでしょう。駐車場は土煙が立つので、ゆっくり走ってくださいね。あと、連休中はしばしば渋滞もおきるとか。そうそう、比較的近くには、白金ダム・白金不動の滝・道の駅びえい「白金ビルケ」・望岳台・白ひげの滝・白金温泉があります。記事はこちら

広告

▼青い池
美瑛 青い池

望岳台

望岳台は旭川市の南東部に位置する美瑛町にある展望地。大雪山国立公園内に位置し、北海道道996号で結ばれた白金温泉と吹上温泉の中間くらいにある標高約930mの十勝岳の中腹に、十勝岳連峰への登山口・大きな駐車場・散策路・防災シェルターが建てられています。特に展望台的なものがある訳ではありません。2016年に建てられた防災シェルターは、休憩施設も兼ね、自由にトイレが使用可能です。散策路は橋が壊れているため、立ち入り禁止の場所も多いかも。入場無料。駐車場も無料です。※10月中旬~5月中旬まで、望岳台と白金温泉の道路は冬季通行止め記事はこちら

▼望岳台
美瑛 望岳台

白金温泉

白金温泉は旭川市の南部にある美瑛町の有名な温泉地。年間30万人が訪れます。大雪山国立公園西部の観光拠点で、十勝岳・オプタテシケ・美瑛富士・美瑛岳・富良野岳の山々からなる秀峰「十勝岳連峰」への登山口として、多数の登山客が訪れる他、湯治客も多いです。白樺林に囲まれた温泉街には5軒の温泉施設があり、附近を散策できる遊歩道も整備され、大雪山の自然を満喫できる場所になっています。その他、白金観光センター案内所・林道食堂・土産物屋の永井商店・大雪青年交流の家・国設白金野営場などもあります。温泉街自体は大きくはないので、残念ながらコンビニはありません。記事はこちら

▼内湯からの様子
美瑛の白金温泉 森の旅亭 びえい

吹上温泉

吹上温泉は旭川市の南部に位置する上富良野町の温泉地。標高1200mに位置し、吹上温泉保養センター 白銀荘と吹上露天の湯があります。泉質の良さと開放感が人気です。温泉は酸性-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で、かなり酸っぱいのが特徴。メタケイ酸の含有量が多く、お肌にも良さそうです。白銀荘以外には、残念ながら、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。また、直通バスはありません。上富良野町営バスが吹上温泉まで走っていて、時刻表ルートはこちらを参考に。記事はこちら

▼吹上露天の湯
上富良野 吹上温泉

十勝岳温泉

十勝岳温泉は旭川市の南部に位置する上富良野町の温泉地。凌雲閣とカミホロ荘の2つの建物が標高約1200mの高所にあり、凌雲閣は北海道で最も高い場所にある温泉施設と言われています。道路の終点は十勝岳連峰の登山口になっていて、駐車場とトイレを併設。登山口は凌雲閣と隣り合っていて、カミホロ荘はその少し下に位置しています。標高の高い場所にあるので、日の出・日の入り・雲海が眺められることでも有名です。秋は紅葉が見事で、たくさんの観光客が訪れます。そうそう、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。記事はこちら

▼凌雲閣
上富良野の十勝岳温泉 凌雲閣

宿泊施設

東大雪エリアと十勝連峰エリアの宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

然別湖畔温泉

ホテル風水(Hotel Fusui)

糠平温泉

元祖 湯元館(Ganso Yumotokan)
Booking
じゃらん
楽天
糠平温泉ホテル(Nukabira Onsen Hotel)
Booking
糠平館観光ホテル(Nukabirakan Kanko Hotel)
Booking
中村屋(Nakamuraya)
Booking
じゃらん
楽天
山湖荘(Sankoso)
Booking
東大雪ぬかびら ユースホステル(Higashitaisetsu Nukabira Youth Hostel)
Booking
ペンション 森のふくろう(Onsen Pension Mori-no-Fukuro)
プライマルステージ(Primalstage)

幌加温泉

鹿の谷温泉旅館(Kanoya Onsen Ryokan) Fax: 01564-4-2163

かんの温泉

菅野温泉(Kanno Onsen)
Booking
じゃらん
楽天

トムラウシ温泉

国民宿舎東大雪荘(Higashi-Taisetsuso Kokumin-Shukusha)
Booking

オソウシ温泉

鹿乃湯荘(Shikanoyuso)
Booking

白金温泉

森の旅亭びえい(Mori-no-Ryotei Biei)
Booking
大雪山白金観光ホテル(Taisestuzan Shirogane Kanko Hotel)
ホテルパークヒルズ(Hotel Park Hills)
湯元白金温泉ホテル(Yumoto Shirogane Onsen Hotel)
美瑛ゲストハウス 白金の湯(Biei Guesthouse Shirogane-no-Yu)
HP

吹上温泉

吹上温泉保養センター 白銀荘(Fukiage Onsen Rest Center Hakuginso)
Booking
じゃらん
楽天
富良野 思惟林(Furano Shiyuirin)

十勝岳温泉

湯元凌雲閣(Yumoto Ryounkaku)
国民宿舎カミホロ荘(Kokuminshukusha Kamihoroso)
富良野 思惟林(Furano Shiyuirin)

1ページ目で表大雪エリアと北大雪エリアについて紹介し、2ページ目では東大雪エリア(裏大雪)と十勝連峰エリアについて紹介しています。

Page 1 Page 2

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください