• 自然
  • FamousSpots
  • CentralArea

【大雪山の大雪高原温泉沼巡り】日本一の紅葉が見られるヒグマの巣

2015/9/28

大雪高原沼群

大雪高原沼群は旭川市の南東方向に位置する上川町南部の層雲峡温泉の近くにある高原。標高約1,200~1,500mの地点に大小30の湖沼が点在する日本有数の紅葉の名所として有名です。入口附近は大雪高原温泉と呼ばれ、大雪高原山荘・ヒグマ情報センター・森林パトロール高原事務所・公衆トイレ・駐車場が建ちます。入場無料。駐車場も無料です。9月中旬に紅葉の見頃を迎え、その時期に観光客が多くなります。紅葉ピーク時には車両規制が行われ、レイクサイドからバスを利用しなければなりません。利用料金は片道500円。乗車時間は30分ほど。そして、マイカー規制協力金が200円です。これが駐車料金に相当するのかもしれないですね。10月中旬~6月中旬まで、大雪高原沼群に到る町道大雪高原温泉線は冬季閉鎖されます。
大雪高原温泉沼めぐり登山コースの案内PDF

▼紅葉と山
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

▼大雪高原沼群の様子

▼ヒグマ情報センター兼沼巡りコース入口
上川の大雪高原温泉 大雪高原山荘

大雪高原温泉は緑岳の登山口でもあります。標高2,020mの山頂までは約3時間かかるそうです。

▼森林パトロール高原事務所兼入山届場所
上川の大雪高原温泉 大雪高原山荘

▼緑岳登山の様子

大雪高原山荘にたどり着くには約10キロ近い一車線の砂利道(町道大雪高原温泉線)を車で走らねばなりません。運転には注意が必要です。ここはヒグマの巣なので、ヒグマとの遭遇にも気をつけてくださいね。猟友会の人の話では鹿の飛び出しにも気を付けた方が良いそうです。そうそう、携帯は圏外なので、助けを呼ぶのも大変です。

▼町道大雪高原温泉線で電線工事
上川の大雪高原温泉
▼工事中にハンターが熊を見張る
上川の大雪高原温泉
▼町道大雪高原温泉線
上川の大雪高原温泉

大雪高原沼群は層雲峡温泉街から約25km離れています。このあたりには独立した飲食店やコンビニはありませんが、大雪高原山荘で日帰り入浴や食事をすることができます。あと、大雪湖と銀泉台もここから近いです。

銀泉台の紅葉

銀泉台は旭川市の南東方向に位置する上川町南部の層雲峡温泉の近くにある赤岳の登山口。標高約1,520mの地点にあります。北海道有数の紅葉の名所として有名です。7月に野花の見頃を迎え、紅葉の見頃を迎えるのが9月中旬。それらの時期に観光客が多くなります。紅葉ピーク時には車両規制が行われ、レイクサイドからバスを利用しなければなりません。利用料金は片道500円。乗車時間は30分ほど。そして、マイカー規制協力金が200円です。これが駐車料金に相当するのかもしれないですね。敷地内には森林パトロール事務所・トイレ・水場・駐車場があります。入場無料。駐車場も無料です。10月中旬~6月下旬まで、銀泉台に到る北海道道1162号は冬季閉鎖されます。記事はこちら

▼紅葉
上川の銀泉台の紅葉

大雪湖

大雪湖は旭川市の南東方面に位置する上川町の人造湖。大雪国道(国道39号)と上川国道(国道273号)の分岐点近くにある大雪ダムが1975年に完成し、大雪湖が誕生しました。複雑に入り組んだ形状の湖にはアメマスやオショロコマが生息し、多くの釣り客が訪れます。但し、ヒグマの巣と呼ばれる大雪山にある湖なので、ヒグマには注意してください。湖を展望できる場所は大雪ダム・大雪レイクサイトと駐車公園があります。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼大雪の山並みも見える
上川の大雪湖

大雪高原温泉

大雪高原温泉は旭川市の南東方面にある上川町の温泉地。大雪山国立公園の表大雪地区の標高1260mに一軒宿の大雪高原山荘が建ちます。層雲峡温泉からは約25km離れた場所です。大雪高原山荘の周りにはヒグマ情報センターや森林パトロール高原事務所があり、近くには紅葉が美しいことで有名な沼めぐりコースがあります。紅葉の名所で知られる銀泉台と大雪湖も比較的近いです。記事はこちら

▼露天風呂
上川の大雪高原温泉 大雪高原山荘

層雲峡温泉

層雲峡温泉は旭川市の南東部にある上川町の巨大温泉街。湯の川温泉・洞爺湖温泉・登別温泉・定山渓温泉とともに北海道五大温泉街の一つです。年間200万人近い観光客が訪れる大雪山国立公園の観光拠点で、大雪山系の登山口として多数の登山客が訪れるほか、湯治客も多いです。温泉街は、自然に調和した街をコンセプトに建物などのデザインが統一された西洋風の町並みで作られていて、キャニオンモールと名付けられています。15軒の宿泊施設・温泉施設・足湯・飲食店・おみやげ屋さん・コンビニ・黒岳ロープウェーがあり、標高1520mの高所まで登ることができます。ちなみに、層雲峡にあるセブンイレブンはスキージャンプで有名な高梨沙羅さんの両親が経営していることで有名です。記事はこちら

▼夜の氷爆まつり
層雲峡温泉

大雪山国立公園

大雪山国立公園は北海道の中心部に位置する日本最大の国立公園。面積は226,764haです。1934年に国立公園に指定されました。阿寒摩周国立公園と共に北海道最古の国立公園です。大雪山という名前の山は無く、北海道の最高峰の旭岳・黒岳・愛別岳・トムラウシ山と言った標高2000m級の山々がある一帯の総称で、これらは北海道の屋根と言われています。活火山・大規模な柱状節理・樹海・永久凍土など北海道の中でもなかなかお目にかかれない大自然の宝庫です。250種の高山植物が見られる他、ヒグマ・シマフクロウ・オショロコマ・ギンザンマシコなどの生き物も棲息しています。そうそう、正しい表記は「だいせつざん」ですが、地元の人は「たいせつざん」と呼ぶことが多いです。記事はこちら

▼旭岳
東川の旭岳の紅葉

大雪高原温泉沼巡り

ヒグマ情報センターは大雪高原温泉沼巡り登山コースの入口です。全ての入山者はここでヒグマに関するレクチャーを受けた後に出発しなければなりません。なんせ、アイヌ語で大雪山を示すカムイミンタラは、ヒグマの生息地を意味するほどたくさんのヒグマが生息する場所。熊には用心しなければならいので、その情報を知っておくことが大事です。入山時間は07:00~13:0015:00までにはヒグマ情報センターに下山していなければなりません。登山コースは一周約7kmで、約4時間かかります。ヒグマが出没したり、登山道が壊れると一周できない場合もあるそうです。

▼ヒグマ情報センターでレクチャーを受ける
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼沼巡りコースの入口
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼こんなヒグマが出るので気をつけよう
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼この川で外来植物の種子を持ち込まないよう靴を洗う
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼紅葉が出迎えてくれる
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼温泉が湧いているようだ
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

0.9kmの道のりを30分ほど登山して、分岐点に到着。私は時計回りで沼を巡っていきます。登山道は泥だらけで、なかなかの難路。疲れます。しばし歩くと木道が見えてきました。長沼と土俵沼あたりから歩きやすくなり、沼巡りの本番を迎えます。

▼分岐点
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼道は泥だらけ
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼そして、なかなかの難路
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼木道に切り替わった
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼バショウ沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼バショウ沼の眺め
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼バショウ沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

続いて現れる滝見沼は、一番人気の撮影スポット。写真家と登山者で場所を取り合います。多彩な色彩と大きすぎない沼との組み合わせがいいですね。湖面に映る紅葉も綺麗です。その名の通り、滝が見える沼だそうですが、私は見つけられませんでした。

▼滝見沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼滝見沼の眺め
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼滝見沼の眺め
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼ベストビューを求めて写真家が列をなす
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

滝見沼の横にあるのが緑沼。比較的大きな沼です。ここは大学沼と高原沼とともに食事が許される数少ない場所ですが、あまり食事をしている人は見かけませんでした。食事と言えば、匂いの強い食べ物は持参するのを避けてください。ヒグマを誘引するかもしれないので、危険です。

▼緑沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼緑沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼緑沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

登山道に沿って紅葉沼・湯の沼・鴨沼と続きます。湖面に映る紅葉も綺麗で、水の透明度も高いようです。湯の沼は名前の通り、温泉が湧き出しているそうで、オショロコマのような清流に棲息する魚が泳いでいました。登山道脇にも温泉が噴出している場所がありました。大地のエネルギーが活発な場所なんですね。そうそう、渓流と紅葉の組み合わせも素晴らしかったですよ。

▼紅葉沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼登山客がたくさん
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼山が見えてきた
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼熊のものらしき糞があった
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼青空と紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼渓流と紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼湯の沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼オショロコマっぽい魚
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼湯の沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼湯の沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼渓流と紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼温泉が湧出している
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼道が泥だらけ
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼オトギリソウの紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼枯葉が舞っている
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼鴨沼の写真家と紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼鴨沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼鴨沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼ダケカンバの形が芸術的
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼名も無き沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼紅葉と山
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼紅葉と山
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼名も無き沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

登山道を歩くとエゾ沼に到着。ここは沼と紅葉と青空の組み合わせが気持ち良い場所です。エゾ沼から式部沼へ登山道を登っていると休憩していたご夫婦がエゾ沼は上から見ると北海道の形に似ていると教えてくれました。ただ、google mapで見てみると似ていない気がします。

広告

▼エゾ沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼エゾ沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼エゾ沼にも多くの写真家がいる
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼エゾ沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼エゾ沼の形は北海道に似ているそう
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

式部沼からは大雪山の美しい稜線が楽しめます。沼と紅葉の組み合わせがいい感じだ。

▼式部沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼式部沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼式部沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼式部沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼式部沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼式部沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

大学沼は一番広い休憩スペースが確保できるので、多くの登山者はここで昼食を食べるようです。そのためか、巡視員も熊に目を光らせていました。私もここでランチをとることに。美味しい空気に綺麗な景色で、サンドイッチもうまい!

▼大学沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼大学沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼大学沼は一番広い休憩スペースがある
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼山には雪が残っている
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼大学沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼大学沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

高原沼でも食事をとることができます。ここからは紅葉と北海道らしい雄大な景色が楽しめます。

▼高原沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼高原沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼高原沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼高原沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

高原沼から空沼に向かう登山道には木のトンネルや白雲岳に到る分岐点があります。大雪山の稜線が気持ちよく、紅葉との組み合わせも絵になります。

▼木のトンネルがある
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼崖崩れが起きている
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼山と紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼思わず見とれる景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼紅葉がスゴい
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

登山道を空沼に向かって進むと空が拓け、雄大な山々を眺めつつ、紅葉も楽しめます。空沼は雪解けした水がたまる沼で、普段は水が無いそう。しかし、枯山水のように水が無いのに水を感じさせてくれるところがいいですね。空沼は私のお気に入りの場所です。ここから分岐点まではひたすら登山道を歩きます。淵無し沼・七福沼・コケ沼・明美沼などの沼もあるようですが、登山道から外れているので、残念ながら見れません。

▼空沼と紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼空沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼空沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼空沼に所々水が残っている
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼もみじの葉が赤くなる
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼空沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼空沼
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼ヤンベタップ川と紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼シオヤトンボ
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼木が横に生えている
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼きのこ
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼油絵のような紅葉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼石の上に木
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

私は7時30分にスタートして、11時50分にゴールしたので、だいたい4時間くらいかかりました。足元はぬかるみが多いので、長靴やトレッキングシューズは必須。大雪高原山荘で、長靴をレンタルすることもできます。トイレや水飲み場もないので、ヒグマ情報センターの近くのトイレで用を足し、水分も持参した方が良いでしょう。そして、熊鈴も携帯する方が安心です。正直、かなり疲労困憊でしたが、北海道のこんな山奥だからこそ出会える絶景に気持ちは高揚しっぱなしでした。みなさんも日本一の紅葉を見に訪れ、ぜひ気持ちも高揚させてください。

▼紅葉と湯気
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉
▼ヤンベ温泉
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

大雪高原温泉沼巡りの雰囲気を動画で確認できます。

▼大雪高原温泉沼巡りの様子

入場料 無料
駐車場 無料駐車場150台有
営業時間 07:00~15:00
休日 10月中旬~6月上旬
電話番号 01658-2-1811
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 970 727 723*72

ガイドツアーリスト

いくつかの会社で登山ツアーやハイキングツアーを開催しています。どのようなアクティビティなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。

りんゆうツアー(Rinyu Tour)
ASOVIEW
じゃらん
そとあそび
大雪山倶楽部(Daisetsuzan Club)
ASOVIEW
じゃらん
そとあそび

宿泊施設

大雪高原温泉附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

大雪高原温泉

大雪高原山荘(Taisetsu-Kogen-so)
Booking
じゃらん
楽天

層雲峡温泉

層雲閣グランドホテル(Sounkaku Grand Hotel)
ホテル大雪(Hotel Taisetsu)
層雲峡観光ホテル(Sounkyo Kanko Hotel)
朝陽亭(Choyotei)
朝陽リゾートホテル(Choyo Resort)
ホテルノーザンロッジ(Hotel Northern Lodge)
Booking
湯元銀泉閣(Yumoto Ginsenkaku)
民宿とだて(Minshuku Todate)
Booking
じゃらん
楽天
層雲峡ユースホステル(Sounkyo Youth Hostel)
Booking
楽天
ホテル雲井(Hotel Kumoi)
マウントビューホテル(Mount View Hotel)
リゾートペンション 山の上(Resort Pension Yama-no-Ue)
ペンション銀河(Pension Ginga)
Booking
Booking.com

大雪山国立公園のページはこちら

大雪山国立公園

Comment

Comment

  1. good! hokkaido! より:

    Hi, radca prawny gdansk san,
    Thank you!

  2. radca prawny gdansk より:

    The website looks fantastic !! Great job

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください