• 食物
  • Meal
  • SouthernArea

【長万部の濱乃家】口の中に旨味が広がるかにめし

2014/8/27

濱乃家

お食事処濱乃家は室蘭市の北西方面に位置する長万部町の食事処。国道5号に面し、長万部温泉や長万部の駅が比較的近いです。有限会社 カネフク浜形水産が経営しています。卸問屋の直営店としても営業し、リーズナブルな毛ガニなどの海鮮を小売していることでも人気です。店内には海産物の販売所と食堂が併設されて、大きな船型の生け簀が目を引きます。生簀には毛ガニなどの海産物が新鮮な状態で保管され、海産物販売店といった雰囲気。テーブル席と小上がりあるので、家族連れでも安心して食事が楽しめるでしょう。

▼建築の外観
かにめし -長万部の濱乃家-

カネフク浜形水産の毛ガニではありませんが、オンラインショッピングで長万部産の毛ガニが売られているので、興味がある方はご賞味あれ。

長万部温泉

長万部温泉は室蘭市の北西方面に位置する温泉街。長万部駅の裏側に7軒の温泉宿が建ちます。長万部の中心からも近く、長万部図書館・スポーツセンター・飲食店・スナック・コンビニなどがあります。1955年にガス鉱脈を掘削中に温泉が湧き出したことが長万部温泉の始まり。こんな町中で温泉がわき出すのも珍しいですね。源泉は長万部温泉協同組合が管理し、各温泉宿に配湯しているので、どの施設も泉質は一緒です。記事はこちら

▼記念碑
長万部温泉

北海道のカニ

北海道と言えば、カニを思い浮かべる方も多いでしょう。毛ガニ・タラバガニ・ズワイガニ・花咲ガニなど色々なカニを食べることができます。主な産地はオホーツク海から太平洋にかけて。枝幸は毛ガニの水揚げ量日本一を誇り、紋別がズワイガニの水揚げ量日本一、根室は花咲ガニの水揚げ量が日本一です。タラバガニもオホーツク海で捕れますが、ほぼロシアからの輸入物だそう。長万部・広尾・雄武も毛ガニの町として知られ、釧路では毛ガニと花咲カニの水揚げを行っています。詳しくはこちら

広告

▼タラバガニ
蟹

かにめし

長万部と言えばかにめしが有名です。かにめしとは白飯の上に茹でたカニを散らした料理。長万部駅で売られているかにめしの駅弁で日本中に知れ渡りました。森のいかめしと共に日本の駅弁の中でもベストスリーに入るほどの知名度を誇ります。それを食べるために伺ったのが、地元の人が利用すると言われる濱之家です。平日13時頃に訪問しました。早速テーブル席に座ると、かにめしをオーダー。値段は1100円です。

▼かにめし、スープ、つけもの
かにめし -長万部の濱乃家-

約15分後に、かにめしが提供されました。スープと漬け物がセットになっています。白飯の上にはピンクに色づいた煮たカニのむき身が敷き詰められていて、赤い小梅、黄色い卵焼き、緑のえんどう豆、茶の椎茸が盛り付けられ、見た目にも食欲をソソる色彩です。早速、一口。カニの旨味がごはんの甘みと絡まって、口の中に広がります。うまい!ガツガツいっちゃって、速攻で完食です。ごちそうさまでした!

▼玉子の彩りが美しい
かにめし -長万部の濱乃家-
▼蟹肉とご飯が絡み合う
かにめし -長万部の濱乃家-
▼えんどう豆
かにめし -長万部の濱乃家-
▼椎茸とかにめし
かにめし -長万部の濱乃家-

私が食べたかにめしとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼かにめしの様子

駐車場 12台有
営業時間 10:00~17:00
休日 不定休
電話番号 01377-2-5651
ホームページ
マップコード 521 015 676*24

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください