• 2014/9/18
  • nature
  • TouristSpots
  • EasternArea

【サロマ湖のアッケシソウ群生地】赤い絨毯と呼ばれるサンゴ草群生地

サロマ湖のアッケシソウ群生地

サロマ湖は北見市・佐呂間町・湧別町にまたがる汽水湖で、琵琶湖と霞ヶ浦に次いで、日本で三番目に大きい湖です。アイヌ語では名前がなく、ただの湖と呼ばれていたとか。牡蠣やホタテなどの魚介類が美味しいことで知られ、適度に塩気を帯びたサロマ湖沿岸にはアッケシソウ群生地がいくつかあります。特に有名なのはキムアネップ崎・ワッカ原生花園・計呂地サンゴ草群生地・サンゴ岬です。見頃は9月中旬~10月上旬

▼サロマ湖
サロマ湖
▼キムアネップ崎
サロマ湖のサンゴ草
▼赤と緑の絨毯
サロマ湖 サンゴ草

アッケシソウは椙山清利氏により1891年に厚岸町の牡蠣島で発見され、著名植物学者の宮部金吾氏が地名をとってその名を付けました。高さ10~20cmの一年草です。別名であるサンゴ草の方が有名で、葉の様子がサンゴに似ているのでサンゴ草と呼ばれているそうです。北海道、岡山と香川の一部に自生する希少な植物と言われ、北海道では能取湖・サロマ湖・コムケ湖などで見ることできます。希少なため採取は出来ませんが、ヨーロッパでは野菜として食べられているそうですよ。普段は緑色ですが、秋に赤くなります。また、瀬戸内海と北海道のサンゴソウはDNA的には異なるとか。

サロマ湖

サロマ湖は北見市・佐呂間町・湧別町にまたがる汽水湖。琵琶湖と霞ヶ浦に次いで、日本で三番目に大きい湖です。幅約200~700mの砂州がオホーツク海とサロマ湖を隔て、2箇所だけ海につながっているというもの。昔は季節によって完全に海と湖を隔てていました。周囲長は87kmで、最大水深は19.6m。アイヌ語では名前がなく、ただの湖と呼ばれていたとか。牡蠣やホタテなどの魚介類が美味しいことで知られ、冬はワカサギ釣りが人気です。Read More

▼夕焼けのサロマ湖
サロマ湖のサンゴ草

札幌と北見の間を高速バス「ドリーミントオホーツク号」、北見と旭川の間は特急石北号、北見と釧路の間には釧北号が運行し、札幌と遠軽の間には高速バス「えんがる号」が運行しているので、比較的早く移動できます。北見駅でレンタカーも借りることが可能です。

交通手段リスト

北見と札幌・旭川・釧路の間、そして遠軽と札幌の間を運行する高速バスが運行しています。交通手段は以下を参考にしてください。レンタカー会社比較サイトという便利なサイトもあり、旅ぷらざレンタカー予約じゃらんレンタカー楽天トラベル(レンタカー)で、比較してみるのもよいでしょう。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から北見行き
中央バス(Chuo Bus) 北見から札幌行き
北海道北見バス(Hokkaido Kitami Bus) 旭川から北見
北海道北見バス(Hokkaido Kitami Bus) 北見から旭川
阿寒バス(Akan Bus) 釧路から北見
阿寒バス(Akan Bus) 北見から釧路
中央バス(Chuo Bus) 札幌から遠軽
中央バス(Chuo Bus) 遠軽から札幌
ニッポンレンタカー(Nippon Rent-a-car) 北見駅近くに店舗あり。
タイムズカーレンタル(Times Car Rental) 北見駅近くに店舗あり。
トヨタレンタリース(Toyota Rental Lease) 北見駅近くに店舗あり。
じゃらん
日産レンタカー(Nissan Rent-a-car) 高栄西町に店舗あり。
オリックスレンタカー(Orix Rent-a-car) とん田西町に店舗あり。
駅レンタカー(Station Rent-a-car) 北見駅近くに店舗あり。
ニコニコレンタカー(Nico Nico Rent-a-car) 北見駅近くに店舗あり。
カースタレンタカー(Carsta Rent-a-car) 北見駅近くに店舗あり。

アッケシソウ観光地リスト

キムアネップ崎・ワッカ原生花園・計呂地サンゴ草群生地・サンゴ岬があります。私が訪れたことがあるのは以下です。

キムアネップ崎のアッケシソウ群生地

キムアネップ崎のキャンプ場の入口附近にあるキムアネップ崎のアッケシソウ群生地。群生地上には長さ約110mの木道が一つ建てられ、先端には展望スペースも設けられています。道中は色々な野花が咲き、原生花園のような雰囲気です。木道が短いので、アッケシソウ全体を見て回ることはできませんが、靴が汚れることなく見学が可能。遠目に入江が赤く染まる赤い絨毯を堪能できますよ。所要時間は20分もあれば大丈夫です。入場無料。駐車場も無料です。敷地内には駐車場とトイレがあります。この近くには何もありませんが、6km離れた浜佐呂間には飲食店が建ちます。

▼展望スペースへの木道
佐呂間のキムアネップ岬
▼木道
佐呂間のキムアネップ岬
▼展望スペース
佐呂間のキムアネップ岬
▼展望スペース
佐呂間のキムアネップ岬
▼神秘的な光景
サロマ湖 サンゴ草
▼塩が無いと育たない
サロマ湖 サンゴ草
▼茎が節になっている
サロマ湖 サンゴ草
▼トイレ
佐呂間のキムアネップ岬
▼駐車場
佐呂間のキムアネップ岬

キムアネップ崎のアッケシソウの雰囲気を動画で確認できます。

▼キムアネップ崎のアッケシソウの様子

入場料 無料
駐車場 20台有(無料)
営業時間 24時間
休日 無し
電話番号 01587-2-1200
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 525 663 164*51

ワッカ原生花園のアッケシソウ

サロマ湖の東部にあるワッカ原生花園。ライトコロ川がサロマ湖に注ぎ込み、入江になった場所にアッケシソウの群生地があります。ワッカネイチャーセンターから約10分歩くとアッケシソウ群生地に到着。湖岸に木道が設置してあり、アッケシソウを間近で観察できます。木道と湖とアッケシソウの赤さがいい感じです。私が訪れたのは2018年の9月下旬でしたが、もう終わりかけとのことでした。湖岸が真っ赤になるととても見応えがありそうです。入場無料。駐車場も無料です。ワッカ原生花園の記事はこちら

▼アッケシソウ群生地への案内看板
サロマ湖のアッケシソウ
▼入江
サロマ湖のアッケシソウ
▼散策路
サロマ湖のアッケシソウ
▼アッケシソウが見えてきた
サロマ湖のアッケシソウ
▼入江に育つアッケシソウ
サロマ湖のアッケシソウ
▼沿岸に建つ木道
サロマ湖のアッケシソウ
▼アッケシソウ
サロマ湖のアッケシソウ
▼いい景色だ
サロマ湖のアッケシソウ
▼紅葉前のアッケシソウ
サロマ湖のアッケシソウ
▼木道からの眺め
サロマ湖のアッケシソウ
▼アッケシソウ
サロマ湖のアッケシソウ
▼アッケシソウとサロマ湖
サロマ湖のアッケシソウ
▼まだらなアッケシソウ
サロマ湖のアッケシソウ
▼ワッカ原生花園
サロマ湖のアッケシソウ

計呂地サンゴ草群生地

サロマ湖の南部にある計呂地交通公園。旧計呂地駅を公園として保存してあります。敷地内にはトイレ・水場・SL・パークゴルフ場・計呂地サンゴ草群生地などがあり、船長の家と客車で宿泊が可能。船長の家は500円で、客車は300円です。ただし、寝具は無いので、北海道を旅するチャリダーやライダーの方々がよく利用するそう。公園の周りには海鮮の土産物屋さんが建ちます。入場無料。駐車場も無料です。

広告

▼計呂地交通公園
サロマ湖のアッケシソウ
▼SL C58
サロマ湖のアッケシソウ
▼客車(立入禁止)
サロマ湖のアッケシソウ
▼計呂地駅
サロマ湖のアッケシソウ
▼珍レール
サロマ湖のアッケシソウ
▼駅長の家
サロマ湖のアッケシソウ
▼敷地内の様子
サロマ湖のアッケシソウ

計呂地サンゴ草群生地は計呂地交通公園の一番奥にあります。湖岸には長さ約300mの木道が建てられ、計呂地サンゴ草群生地に向かうことが可能です。ただ、私が訪れた2018年の9月下旬にはほぼアッケシソウはみられませんでした。残念。

▼計呂地サンゴ草群生地へ続く木道
サロマ湖のアッケシソウ
▼木道
サロマ湖のアッケシソウ
▼湿地に建つ木道
サロマ湖のアッケシソウ
▼木道の先端
サロマ湖のアッケシソウ
▼あんまりアッケシソウは見えない
サロマ湖のアッケシソウ
▼あんまりアッケシソウは見えない
サロマ湖のアッケシソウ

計呂地サンゴ草群生地の雰囲気を動画で確認できます。

▼計呂地サンゴ草群生地の様子

入場料 無料
駐車場 10台有(無料)
営業時間 24時間
休日 11月~4月
電話番号 090-7051-5656
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 404 387 086*11

サンゴ岬のアッケシソウ群生地

サンゴ岬はサロマ湖の西部にあり、正式名称は鶴沼原生花園です。入江にアッケシソウの群生地があり、アッケシソウの別称であるサンゴ草の名前をとりサンゴ岬と呼ばれたのでしょう。ほとんど観光地化されておらず、訪れる人も少ないです。サンゴ岬に到る道も狭く、運転には気をつけてください。入場無料。駐車場も無料です。

▼サンゴ岬
サロマ湖のアッケシソウ
▼サンゴ岬に到る道
サロマ湖のアッケシソウ

サンゴ岬のアッケシソウは北海道の天然記念物に指定されています。そして、北海道のアッケシソウの群生地の中で吊り橋があるのもここだけ。なかなか珍しい場所です。サロマ湖を横断してアッケシソウ群生地に向かいます。私が訪れたのは2018年の9月下旬。そこそこ見頃な感じでした。砂浜の上をアッケシソウを間近に見ながら散策できます。ただ、結構砂浜が濡れているので、長靴を履いた方が良いかもしれません。アッケシソウ以外にも、ここからの眺めも気持ち良いので、心が落ち着きました。

▼名物の吊橋
サロマ湖のアッケシソウ
▼サロマ湖の入江
サロマ湖のアッケシソウ
▼穏やかなサロマ湖
サロマ湖のアッケシソウ
▼吊橋を渡る
サロマ湖のアッケシソウ
▼アッケシソウ
サロマ湖のアッケシソウ
▼アッケシソウのクローズアップ
サロマ湖のアッケシソウ
▼湖岸
サロマ湖のアッケシソウ
▼アッケシソウ
サロマ湖のアッケシソウ
▼サロマ湖の入江
サロマ湖のアッケシソウ
▼アッケシソウ
サロマ湖のアッケシソウ
▼アッケシソウ
サロマ湖のアッケシソウ
▼入江とアッケシソウ
サロマ湖のアッケシソウ
▼砂浜
サロマ湖のアッケシソウ

サンゴ岬のアッケシソウの雰囲気を動画で確認できます。

▼サンゴ岬のアッケシソウの様子

入場料 無料
駐車場 4台有(無料)
営業時間 24時間
休日 無し
電話番号 -
ホームページ 無し
マップコード 404 650 683*44

アクティビティリスト

サロマ湖ではいくつかアクティビティが楽しめます。どのようなアクティビティなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。

クルージング

▼クルージングの様子


サロマ湖アザラシ観光船(Lake Saroma Azarashi Sightseeing Boat)
ASOVIEW
じゃらん

サイクリング

▼サイクリングの様子


ワッカネイチャーセンター(Wakka Nature Center)
ASOVIEW
じゃらん

観光馬車

ワッカネイチャーセンター(Wakka Nature Center)
ASOVIEW
じゃらん

宿泊施設リスト

サロマ湖附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

佐呂間

サロマ湖畔ユースホステル(Saromakohan Youth Hostel)
Booking
サロマ湖悠林館(Saromako Yurinkan)
Booking
旅人宿 さろまにあん(Tabibito-yado Saromanian)
Booking
じゃらん
民宿わたなべ(Minshuku Watanabe)
Booking
じゃらん
楽天
旅館 ピラオロ荘(Ryokan Piraoroso)
Booking
じゃらん
楽天
もりた旅館(Morita Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
旅館 大城(Ryokan Oshiro)
Booking
じゃらん
楽天
キムアネップ岬キャンプ場(Kimuaneppu-Misaki Campsite)
Booking
じゃらん
楽天

常呂

サロマ湖鶴雅リゾート(Lake Saroma Tsuruga Resort)
船長の家(Sencho-no-Ie)
Booking
じゃらん
楽天
松乃屋/佐藤旅館(Matsunoya Sato Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天

湧別

伊勢屋旅館(Iseya Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
民宿ふじ乃(Minshuku Fujino)
Booking
じゃらん
楽天
松屋旅館(Matsuya Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
レイクパレス(Lake Palace)
Booking
じゃらん
楽天
しらかば(Shirakaba)
Booking
じゃらん
楽天
計呂地交通公園(Kerochi Traffic Park)
Booking
じゃらん
楽天
五鹿山公園キャンプ場(Gokazan Park Campsite)
Booking
じゃらん
楽天
三里浜キャンプ場(Sanrihama Campsite)
Booking
じゃらん
楽天
Booking.com

サロマ湖についてのページはこちら

サロマ湖

北海道の紅葉についてのページはこちら

北海道の紅葉

ところで、クラブツーリズムでは、日帰りのバスツアーから連泊のツアー旅行など様々なタイプのツアー旅行を用意しています。バスツアーなどは自分で運転しなくてもよいので、昼間からお酒を楽しむことも可能です。旅行先に選定されている観光地は利尻礼文・知床などの国立公園や富良野・美瑛など人気の観光地からハイキングや果物狩りなど季節や希望に応じて様々。ガイドさんの説明もあるので、より旅行の満足度が上がるかもしれません。自分で旅行をプランするよりも、気軽に旅を楽しみたいなら、ツアー旅行も検討する価値がありますよ。また、北海道に住んでいる方ならどうみん割も活用できるようです。興味がある方はどのようなツアーが用意されているか覗いてみてください。

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください