• 食物
  • Meal
  • EasternArea

ボリュームがあって美味しい中華ちらし -帯広の春香楼-

2015/7/23

中国料理・薬膳料理 春香楼は帯広市にある老舗中華料理店。1967年に創業しました。本格中華コースを食べられるお店として、半世紀近く地元の人々に支えられています。腕前も本場中国からも評価され、表彰されるほどです。

▼建物の外観
中華ちらし -帯広の春香楼-
▼店内の様子
中華ちらし -帯広の春香楼-

そんな本格中華が食べられるお店に伺ったのは、もう一つの名物である中華ちらしを食べるためです。中華ちらしとは帯広で昔から食べられている丼ものです。豚肉や野菜と玉子を炒めてご飯にのせたもので、具材をご飯の上に散らすようにしたことから名付けられたそうです。

▼中華ちらし
中華ちらし -帯広の春香楼-

その昔、賄い料理として作られていたもので、木須肉絲をベースにしたものでした。それを常連さんが食べたいと言って、少し食べたら気にいったとか。でも、大将はそんな賄い料理をメニューに加えたいとは思わなったそうです。ただ、常連さんはこれをメニューにして食べたい。じゃあ、メニューに書いちゃえと、自腹でメニューを作って加えたとか。これが実は当時結構なお金がかかる作業だったそうです。そこから人気メニューに定着したんですから、やった方の信念もスゴいし、許した方もおおらかなだなと思います。値段は650円。ボリュームがあって、しっかりした味がついています。美味しい!

▼中華ちらしを上から
中華ちらし -帯広の春香楼-
▼青椒肉絲に卵が入ったイメージ
中華ちらし -帯広の春香楼-
▼スープ
中華ちらし -帯広の春香楼-
▼肉とピーマン
中華ちらし -帯広の春香楼-

私が食べた中華ちらしとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼中華ちらしの様子

駐車場 無料10台有
営業時間 11:00~22:00
休日 水曜日
電話番号 0155-24-9013
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 124 593 128*46

帯広についてのページはこちら

帯広

Comment

Comment