• 食物
  • Sweets
  • EasternArea

5種類の味が楽しめるチーズの盛り合わせ -新得のミンタル-

2015/11/25

ミンタルは帯広の北西に位置する新得にあるカフェ。自閉症や知的障がい者などの支援を行っている共働学舎が経営しています。共働学舎で生産された乳製品を使った軽食が食べられるというもの。敷地内にはバターやチーズつくりが体験できるカリンパニも併設されています。周辺は庭園のようになっていて、とても気持ちの良い空間になっています。近くにはヤギも飼われていました。

▼建物の外観
チーズ -新得のミンタル-
▼カリンパニ
チーズ -新得のミンタル-
▼ヤギもいた
チーズ -新得のミンタル-

ミンタルを経営する共働学舎についての著作です。生きる場所のつくりかた 新得・共働学舎の挑戦。

伺ったのは平日の15時頃。建物は木がふんだんに使われていて、暖かい雰囲気があります。天井が高く、広い空間があるのもいいですね。私はピザを食べるために訪れましたが、11時〜14時30分までしかオーダーすることができません。そこで、チーズの盛り合わせをオーダーしました。値段は850円です。

▼店内の様子
チーズ -新得のミンタル-
▼店内の様子
チーズ -新得のミンタル-
▼チーズの盛り合わせ
チーズ -新得のミンタル-

約10分後に、チーズの盛り合わせが現れました。チーズは5種類。笹ゆき、レラ・ヘ・ミンタル、牛乳山クリームチーズ、コバン、プチ・プレジールです。

▼チーズの盛り合わせを上から
チーズ -新得のミンタル-

笹ゆきは熊笹の酵素や栄養成分の働きで、白カビ特有の強い香りを比較的抑え、しっかりと熟成しました。結構クセが強く、日本酒なんかに合いそう。

▼笹ゆき
チーズ -新得のミンタル-

プチ・プレジールはフランス語で“小さな喜び”。白カビではなく酵母により熟成します。小さなチーズの中に、ミルクの旨味がギュッと詰め込まれています。ちょっと酸っぱく、ワインが合いそう。

▼プチ・プレジール
チーズ -新得のミンタル-

笹ゆきとプチ・プレジールがセットになっている

レラ・ヘ・ミンタルはアイヌ語で“風の遊び場”。ミルクの甘みを感じる優しい味わい。子供から大人まで、朝食からおつまみまでと、多彩に楽しむことができるそう。クセがなく、パンの上にのせて食べたい。ワインにも合いそう。

▼レラ・ヘ・ミンタル
チーズ -新得のミンタル-

牛乳山クリームチーズは自然分離したクリームを使い手作りしました。乳脂肪分の多い季節のみ作られる限定生産のクリームチーズ。さっぱりとしながら豊かな味わいがあります。甘みがあってとても食べやすいです。

▼牛乳山クリームチーズ
チーズ -新得のミンタル-

コバンはカマンベールより滑らかでミルキーな風合いに仕上げたとても食べやすい白カビチーズ。パンとの相性がとても良いそう。クセも少ないです。

▼コバン
チーズ -新得のミンタル-

私が食べたチーズの盛り合わせとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼チーズの盛り合わせの様子

駐車場 10台位有
営業時間 10:00~17:00
休日 12月〜03月 日曜日、04月〜11月 無休
電話番号 0156-69-5600
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 608 593 765*83

Comment

Comment

  1. Smith より:

    As a Newbie, I am continuously searching online for articles that can aid me. Thank you

Comment