• 食物
  • Meal
  • SouthernArea

【八雲のまるみ食堂】ホタテやエビが入った五目そば

2014/6/20

まるみ食堂

まるみ食堂は函館市の北西方面に位置する八雲町の老舗食堂。1958年に創業しました。八雲駅のスグ隣です。篠原 直樹氏が代表を務める有限会社まるみ商事が経営し、建物内には民宿も併設しています。店内は町の食堂といった雰囲気で、木の温もりを感じます。カウンター席・テーブル席・小上がりがあり、テーブル席も多いので、家族連れや大人数でも安心して食事が楽しめるでしょう。

▼建物外観
五目そば -八雲のまるみ食堂-

北海道のそば

日本のそば生産量の約40%を担っている北海道。日本トップの生産量を誇り、長野・茨城・福島が続きます。夏は涼しく、寒暖差の激しい気候がそばの栽培に適していることから、生産量を増やしてきました。幌加内・深川・音威子府が生産地トップ3です。特に幌加内は生産量と作付面積ともに日本一で、そばの町として知られ、そば畑を観光地としても活用しています。福島のそば畑でも千軒そばの花鑑賞会が開催され、そば畑と松前神楽の幻想的な組み合わせが楽しめますよ。記事はこちら

▼そば
Buckwheat Noodles of Hokkaido

そば

八雲なので、八雲そばを食べようと思い訪問。しかし、私はそもそも八雲そばを勘違いしていました。そういう蕎麦の品種があると思っていたのです。まるみ食堂では幌加内産の蕎麦粉を使用しています。ちなみに、八雲そばは店舗の名前でした。とりあえず、テーブル席に座り、お店の人にオススメを尋ねます。するとお店としては天ぷらソバですが、個人的には五目そば、カレーそば、カレーライスが美味しいとのこと。カレーには八雲牛が使われているそう。迷った挙句、五目そばをオーダーしました。値段は800円です。

広告

▼五目そば
五目そば -八雲のまるみ食堂-

10分程で、五目そばが提供されました。五目だけあって具材が多いだろうなとは思っていましたが、まさかホタテやエビなどの海鮮が入っていようとは!さっそく、スープを一口いただくと、塩加減も丁度よく、ダシが美味しいですね。また、そばは手打ちだそうで、コシがあって歯ごたえが良いです。海鮮も美味しく、なんだかとても得をした気分です。うまい!ごちそうさまでした!

▼手打ちそば
五目そば -八雲のまるみ食堂-
▼ホタテ
五目そば -八雲のまるみ食堂-
▼ダシが効いたスープ
五目そば -八雲のまるみ食堂-
▼エビ
五目そば -八雲のまるみ食堂-

私が食べた五目そばとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼五目そばの様子

駐車場 9台有
営業時間 11:00~20:30
休日 不定休、1月1日
電話番号 0137-62-2734
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 687 603 184*56

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください