• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【夕張の吉野家】牛丼じゃないよ!なみなみと注がれたカレーそば

2015/5/8

吉野家

そば処 吉野家は札幌市の東部方面に位置する夕張市の老舗そば店。夕張市役所が近いです。現在は高橋 一太氏が店主を務め、1928年に創業しました。吉野家と言えば牛丼の吉野家が有名ですが、こちらの吉野家はカレーそばが有名。友人からもカレーそばが美味しかったと薦められて、開店直後に訪問しました。建物は昔ながらのそば店といった雰囲気があります。カウンター席・テーブル席・小上がりがあるので、家族連れでも安心して食事が楽しめるでしょう。ただ、お昼時はかなり込み合うようです。

▼建物の外観
カレーそば -夕張の吉野家-
▼通りには昭和の雰囲気が香る看板
カレーそば -夕張の吉野家-

ちなみにカレーそばは、夕張にあった藤の家というそば屋さんが提供していたメニューだったそう。2009年に閉店後、夕張カレーそば協議会を結成。人気のメニューを町おこしに活かしたいと7店舗で提供するようになりました。吉野家もその一軒です。夕張市民にも愛されたその味は夕張のソウルフードと呼ばれています。

▼店舗内の様子
カレーそば -夕張の吉野家-

北海道のそば

日本のそば生産量の約40%を担っている北海道。日本トップの生産量を誇り、長野・茨城・福島が続きます。夏は涼しく、寒暖差の激しい気候がそばの栽培に適していることから、生産量を増やしてきました。幌加内・深川・音威子府が生産地トップ3です。特に幌加内は生産量と作付面積ともに日本一で、そばの町として知られ、そば畑を観光地としても活用しています。福島のそば畑でも千軒そばの花鑑賞会が開催され、そば畑と松前神楽の幻想的な組み合わせが楽しめますよ。記事はこちら

▼そば
Buckwheat Noodles of Hokkaido

そば

カウンター席に座り、名物のカレーそばをオーダーしました。値段は700円です。6組のお客さんが居て、全員がカレーそばを注文していたのですから、相当人気があります。私は注文しませんでしたが、カレーそばにはゴハンが合うそうで、ゴハンも人気だそうです。

広告

▼カレーそばを上から
カレーそば -夕張の吉野家-

カウンター席より調理風景を眺めていましたが、結構マヨネーズも使うんですね。意外な組み合わせです。20分ほどで提供されました。並々と注がれたカレーが印象的。スープもそばつゆというよりも、かなりカレーのルーに近く、豚肉や玉ねぎが入っていました、そばにも合いますね。うま~い!ごちそうさまでした!

▼豚肉
カレーそば -夕張の吉野家-
▼玉ねぎ
カレーそば -夕張の吉野家-
▼カレーの味わい
カレーそば -夕張の吉野家-
▼そば
カレーそば -夕張の吉野家-
▼カレーラーメンにも見える
カレーそば -夕張の吉野家-

私が食べたカレーそばとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼カレーそばの様子

駐車場 8台有
営業時間 11:30~16:00
休日 火曜日
電話番号 0123-52-2448
ホームページ
マップコード 320 807 434*30

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください