• 食物
  • Meal
  • NorthernArea

【旭川のふるき】うまい!濃厚な味噌ラーメン

2014/10/5

ふるき

ふるきは旭川市緑が丘にある人気ラーメン店。旭川医科大学病院や緑が丘駅が比較的近いです。古木 守氏が1982年に創業しました。味噌ラーメンの評判が高く、多くの人がその味を求めて訪れます。営業時間はランチのみ。だいたい11:00~15:00です。日曜日・月曜日・火曜日が定休日。

▼建物の外観
味噌ラーメン -旭川のふるき-

平屋建ての店舗はそれほど広くありませんが、昭和の雰囲気を感じさせるラーメン店といった感じ。カウンター席とテーブル席があるので、家族連れでも安心して食事が楽しめそうです。。平日の13時30分に訪問しましたが、周辺は住宅街で、お店の周りだけ、人がたくさん集まっていました。

▼ふるきの様子

高速バスリスト

旭川と札幌・新千歳空港・北見・帯広・釧路の間を運行する高速バスは以下を参考にしてください。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から旭川行き
中央バス(Chuo Bus) 旭川から札幌行き
中央バス(Chuo Bus) 旭川から札幌
じゃらん
楽天
中央バス(Chuo Bus) 札幌から旭川
じゃらん
楽天
旭川電気軌道(Asahikawa Denki Kido) 旭川から新千歳空港
じゃらん
楽天
旭川電気軌道(Asahikawa Denki Kido) 新千歳空港から旭川
じゃらん
楽天
北海道北見バス(Hokkaido Kitami Bus) 旭川から北見
北海道北見バス(Hokkaido Kitami Bus) 北見から旭川
拓殖バス(Takushoku Bus) 旭川から帯広
拓殖バス(Takushoku Bus) 帯広から旭川
阿寒バス(Akan Bus) 旭川から釧路
阿寒バス(Akan Bus) 釧路から旭川

旭川

旭川市は約34万人が住む北海道で2番目に大きな商業都市。北海道北部エリアの中心地として栄えています。昔から木工細工が盛んで、家具の町としても知られ、水もキレイなことから、日本酒の男山酒造や合同酒精などのお酒も有名です。旭山動物園や美瑛など有名な観光地に近く、北海道北部の観光の拠点になっています。旭川は北海道最大の上川盆地にあり、夏は30度近くまで気温が上がり暑く、冬はマイナス25度近くまで下がり、寒いです。そして、豪雪地帯でもあり、雪が多いのも特徴。そのため、雪を使った冬まつりが有名です。記事はこちら

広告

▼旭川市街
旭川

味噌ラーメン

先客が結構いたので、お店の人に伺うと、20分待ちとのこと。こちらでは名前と携帯番号を記入すれば、順番が来れば電話をくれることになっています。そのため、オーダーを済ませて、車の中で待つことにしました。オススメを聞くと味噌バターラーメンとのことで、そちらをオーダーし車の中へ。値段は900円。待っている間も続々とお客さんが訪れていました。海外の観光客の来店も多いようです。

▼味噌ラーメンを上から
味噌ラーメン -旭川のふるき-

15分ほどで呼び出しがあり、カウンター席に着席。約5分待って、味噌バターラーメンが現れました。麺の上にはチャーシュー、メンマ、ネギ、もやし、挽肉、バターが飾り付けられています。結構なボリュームだ。麺は旭川製麺。なかなかコシがありますね。チャーシューも厚さは7mmくらいはありそうだ。

▼麺は旭川製麺
味噌ラーメン -旭川のふるき-
▼厚切りチャーシュー
味噌ラーメン -旭川のふるき-
▼メンマ
味噌ラーメン -旭川のふるき-

さっそくスープを飲むと、ピリカラで濃厚な味が口に広がりました。塩分は多めなんですが、リンゴのような甘さも感じます。バターをスープに溶かすと、コクがより一層深まりました。結局、全てを飲み干すことに。するとお店の方から、完食ありがとうございましたとの言葉が。ホスピタリティがありますね。ちなみに、食べている最中にスープが終わったので、のれんを下ろしていました。危なかったー。

▼甘じょっぱいスープ
味噌ラーメン -旭川のふるき-
▼ふるきの名前が入った丼
味噌ラーメン -旭川のふるき-

私が食べた味噌ラーメンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼味噌ラーメンの様子

駐車場 15台有
営業時間 水曜日~金曜日 11:00~14:00
土曜日 11:00~15:00
※スープがなくなり次第閉店
休日 日曜日、月曜日、火曜日
電話番号 0166-65-1207
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 79 255 023*88

旭川についてのページはこちら

旭川

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください