• 自然
  • FamousSpots
  • EasternArea

【阿寒摩周国立公園】北海道の原風景が楽しめる観光地

2014/9/1

阿寒摩周国立公園

阿寒摩周国立公園は北海道の東部に位置し、日本で1番目・6番目・7番目に大きいカルデラ湖である屈斜路湖・摩周湖・阿寒湖を擁する国立公園。大雪山国立公園とともに北海道で最も歴史ある国立公園で、釧路湿原国立公園の北方面にあります。公園内には雄阿寒岳・雌阿寒岳・阿寒富士・藻琴山・硫黄山・摩周岳・西別岳など個性的な活火山も多く、阿寒湖温泉・雌阿寒温泉・川湯温泉など温泉地も点在する北海道を代表する観光地です。阿寒摩周国立公園は阿寒湖エリア・オンネトーエリア・摩周湖エリア・屈斜路湖エリアの4つのエリアに分けられ、面積は91,413ha。火山の噴火後に出来た森と火山の窪地に出来た湖がつくり出す景観が見どころです。「火山」「森」「湖」が織りなした北海道の原風景があると言われています。900草原や多和平展望台など北海道の素晴らしい景色が楽しめる場所も比較的近いです。

▼冬の阿寒湖
釧路の阿寒湖
▼オンネトー
足寄のオンネトー
▼摩周湖
摩周湖の第一展望台
▼屈斜路湖
屈斜路湖の和琴半島

900草原

900草原は弟子屈の南部にある町営の牧場。930haの敷地面積に約2000頭の牛が飼育されています。900草原とは面積にちなんで名付けられました。goo草原にも見えますが、正しくは900です。北海道らしい雄大な景色が眺められることで知られ、緑草原と青空のコントラストに心地よい気分を味わえるでしょう。丘の頂上には、展望館・展望台・レストハウス・トイレ・駐車場があり、そのまわりにはパークゴルフ場もあります。入場料無料。駐車場無料。記事はこちら

▼牧場の景色
弟子屈の900草原

多和平展望台

多和平展望台は、釧路の北東部に位置する標茶のビュースポット。標高195mの丘の上にあります。北海道らしい雄大な眺望が楽しめる場所として人気です。敷地内には、多和平展望台、多和平キャンプ場、グリーンヒル多和、駐車場、トイレがあります。緑に覆われた多和平キャンプ場は特にライダーを中心に人気。グリーンヒル多和には売店とレストランが併設されています。入場料無料。駐車場無料。記事はこちら

▼多和平展望台
標茶の多和平展望台

1ページ目で阿寒湖エリアとオンネトーエリアについて紹介し、2ページ目では摩周湖エリアと屈斜路湖エリアについて紹介しています。

阿寒湖エリア

阿寒湖は釧路市の北部に位置するカルデラ湖。アイヌ語で不動を意味します。阿寒摩周国立公園内に位置し、湖の周囲長は25.9km。最大水深は45mです。マリモが生育する湖として知られています。1万年前に雄阿寒岳の噴火により、古阿寒湖が堰き止められ、阿寒湖・パンケトー・ペンケトーと3つの湖が生まれました。湖畔にはエゾマツ・トドマツ・イタヤカエデ・ミズナラなどの木々が自生し、原始の森に覆われています。ヒグマやエゾシカなど24種類の動物、クマゲラなど65種類の野鳥なども生息し、2005年にラムサール条約の登録湿地に指定されました。阿寒湖の周圍には、紅葉の名所として知られる滝口や眺望が綺麗な阿寒湖畔展望台(阿寒湖畔スキー場)がある他、オンネトー・雄阿寒岳・雌阿寒岳があり、双湖台や双岳台などのビューポイントがあります。記事はこちら

▼阿寒湖
阿寒湖

阿寒湖温泉街

阿寒湖温泉街は阿寒湖南部に位置する観光拠点。温泉街には宿泊施設・温泉施設・観光船の発着場・レストラン・お土産物屋などがあります。北海道で一番大きいアイヌコタンがあることでも知られ、阿寒湖畔キャンプ場や阿寒湖畔スキー場とも近く、四季も通じて楽しめる観光地です。

▼阿寒湖
阿寒湖

観光船に乗って、85分間のクルーズを楽しむこともできます。途中で立ち寄るチュウルイ島にはマリモ展示観察センター「トーラサンペ」があり、実際のマリモの生息状況を観察することもできますよ。

▼遊覧船
阿寒湖
▼マリモ展示観察センター
阿寒湖

温泉街の一角に阿寒湖畔エコミュージアムセンターが建てられ、水槽の中でマリモとイトウが飼育されています。幻の藻と幻の魚を一度に見ることができますよ。また、阿寒湖自然探勝路を歩いて15分程のところに、「ボッケ」と呼ばれる熱泉が湧く場所も。その場所は岸辺自体も熱いので気をつけてください。

▼阿寒湖と女性
阿寒湖
▼ボッケ
阿寒湖
▼阿寒湖畔エコミュージアムセンター
阿寒湖
▼イトウ
阿寒湖

阿寒湖アイヌシアターイコロの周辺はアイヌコタンとなっていて、木彫りの人形などアイヌ土産なども売られている他、温泉街のあちこちで、阿寒湖のシンボルである「まりも」も販売中です。

▼アイヌシアター「イコロ」
阿寒湖
▼アイヌ生活記念館
阿寒湖

阿寒湖の雰囲気を動画で確認できます。

▼阿寒湖の様子

入場料 無料
駐車場 有料駐車場500台有、乗用車:410円
営業時間 24時間
休日
電話番号 0154-67-3200
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 739 342 730*04

阿寒湖畔展望台

阿寒湖畔望台は阿寒湖温泉街の南側に位置する展望地。温泉街の中心から約3km離れ、阿寒湖畔スキー場のゲレンデの中腹にある標高約530m地点が阿寒湖を一望できるビュースポットです。6月~11月までは展望台として利用でき、12月~3月まではスキー場になります。敷地内には駐車場と展望スペースがあります。ゲレンデの中腹まで、車で行くことができ、駐車場があります。展望台は駐車場から歩いて3分ほど。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼展望台からの眺め
阿寒湖畔スキー場展望台

白湯山展望台

白湯山展望台は温泉街の南側に位置する展望地。阿寒湖と雄阿寒岳を眺めることが可能です。阿寒湖畔スキー場から白湯山自然探勝路を通って辿り着きます。片道80時間ほど。歩行中には白湯ボッケや温泉の川を眺めることができ、自然のエネルギーを体感できます。私の場合は、白湯山自然探勝路の入口まで、徒歩で20分かかりました。しかも、そこで登山を断念した次第です。道中はある程度登山ができる格好で臨んだほうが無難です。入場無料。駐車場も無料です。

▼白湯山展望台入口手前のスキー場の様子

▼入山届け
白根山展望台手前 
▼スキー場中腹からの眺め
白根山展望台手前 
▼白根山展望台入口にある案内図
白根山展望台手前 

白湯山展望台の雰囲気を動画で確認できます。

▼白湯山展望台の様子

入場料 無料
駐車場 無料駐車場5台有
営業時間 05月 09:00~17:00、06月~09月 07:00~18:00
休日 冬季はスキー場に
電話番号 0154-67-3200
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 739 249 552*46

双湖台

双湖台は阿寒湖から約12km離れた場所にある展望地。阿寒横断道路(国道241号)沿い、標高約680mの高台にあり、阿寒湖から雄阿寒岳の噴火により分断されたパンケトーとペンケトーを眺めることができます。パンケトーとペンケトーには一般人の立ち入りが禁止されているので、ここが唯一のビュースポットです。阿寒摩周国立公園内に位置し、敷地内には双湖台駐車帯のみあります。昔はレストハウスや公衆トイレがありましたが、現在は使われていないようです。観光地としては残念ながら寂れてしまいました。入場無料。駐車場も無料です。また、阿寒湖と弟子屈町を結ぶ阿寒横断道路は曲がりくねったカーブが多い道路で、ライダーやドライブ好きの方々に人気です。ただ、カーブがキツい場所もあるので、安全運転でお願いしますね。記事はこちら

▼ペンケトーとパンケトー
双湖台展望台 阿寒

双岳台

双岳台は阿寒湖から約15km離れた釧路市にある展望地。阿寒横断道路(国道241号)沿い、標高740mの峠の頂上附近にあり、雄阿寒岳と雌阿寒岳が美しく見えるビュースポットとして有名です。双岳台駐車帯以外には特に施設はありません。入場無料。駐車場も無料です。また、阿寒湖と弟子屈町を結ぶ阿寒横断道路は曲がりくねったカーブが多い道路で、ライダーやドライブ好きの方々に人気です。ただ、カーブがキツい場所もあるので、安全運転でお願いしますね。記事はこちら

▼雌阿寒岳と雄阿寒岳
双岳台展望台 阿寒

阿寒湖畔の紅葉

阿寒湖畔は紅葉も美しいことで知られています。私は訪れたことはありませんが、特に有名なのが滝口、鶴見橋と太郎湖だそうで、渓流と紅葉の組み合わせが美しいそうです。見頃は10月上旬~中旬。

▼阿寒湖畔の紅葉
釧路の阿寒湖
▼阿寒湖畔展望台から見た阿寒湖畔の紅葉
釧路の阿寒湖
▼阿寒湖畔展望台から見た阿寒湖畔の紅葉
釧路の阿寒湖

阿寒湖温泉

阿寒湖温泉は釧路市と網走市の中間に位置する阿寒湖の南側にある北海道東部最大の温泉街。阿寒摩周国立公園の観光の拠点にもなっていて、年間150万人の観光客が訪れます。歴史も古く、1858年には既にアイヌの人々が温泉を利用していました。その後、1912年に旅館が建てられたのが温泉街の始まりです。温泉街には約20軒の宿泊施設が建ち、巨大なホテルも目を引きます。温泉街の多くの土地や温泉は前田一歩園財団が所有し、13本の源泉から湧出した温泉を温泉施設や個人の家に供給しているそうです。源泉はブレンドされずに供給しているため、源泉によって違いが出るとか。そのため、温泉施設によってちょっとずつ変化が楽しめます。また、3代目前田光子氏の貢献により、北海道最大のアイヌコタンも形成されています。記事はこちら

▼遊覧船
遊覧船 阿寒湖畔温泉

阿寒焼き鳥丼

阿寒焼き鳥丼は阿寒湖の新しい名物です。それが食べられるレストラン汽船に伺いました。レストランの横には駐車場があります。そこに車を停車し、2階のレストランに向かいました。記事はこちら

▼2種類の串とレタス巻きが特徴
阿寒焼き鳥丼 -釧路のレストランきせん-

オンネトーエリア

オンネトーは足寄町にある雌阿寒岳の噴火で堰き止められた堰止め湖。阿寒摩周国立公園内にあり、アイヌ語で年老いた沼か大きな沼を意味します。湖の周囲長は約2.5kmで、最大水深は約10mとそれほど大きな湖ではありません。オンネトーはオコタンペ湖・東雲湖と共に北海道三大秘湖の一つです。水の色が季節や場所、風向、天候によりコバルトブルーやエメラルドグリーンに見えるので「五色沼」とも呼ばれ、北海道内で最も水の色が美しいと言われています。特に天気が悪いと美しく見えるようです。五色に変わる水はPh6と酸性が強く、魚類は生息できませんが、ウチダザリガニやエゾサンショウウオは生息しています。過酷な環境にも順応できる生物はいるようです。記事はこちら

▼オンネトー
足寄のオンネトー展望デッキ

オンネトー展望デッキ

オンネトー展望デッキは、阿寒湖の南西方面にあるオンネトーの西岸にある展望地。阿寒摩周国立公園内にあります。オンネトーの周辺で最も多くの人が訪れる観光スポットです。木製の展望デッキが湖岸上に設置され、目の前に広がる五色の湖・雌阿寒岳・阿寒富士を眺めることできます。入場無料。駐車場も無料。駐車場近くにはトイレがあります。トイレの横にはオンネトー展望台に続く山道がありますよ。駐車場や北海道道664号はかなり狭いので、運転に要注意です。記事はこちら

▼オンネトー
足寄のオンネトー展望デッキ

オンネトー湯の滝

オンネトー湯の滝は、阿寒湖の南西方面にあるオンネトーの南東部に位置する温泉の滝。阿寒摩周国立公園内にあります。貴重な天然のマンガンが発見されたことにより、2000年に特別天然記念物に指定されました。乾電池などに使われることで知られるマンガンは通常海底で生成されるので、地上で見ることができる大変貴重な場所。そして、地上最大のマンガン生成場所と言われています。水が温かいので、北の大地で越冬するグッピーとティラピアが繁殖して問題になりました。現在は駆除が行われています。駐車場から歩いて約20分。入場無料。駐車場も無料です。駐車場にはトイレがあります。記事はこちら

広告

▼オンネトー湯の滝
足寄のオンネトー湯の滝

オンネトー展望台

オンネトー展望台は、阿寒湖の南西方面にあるオンネトーの西部にある展望地。阿寒摩周国立公園内にあります。オンネトー展望デッキのトイレの近くにある北登山口から山道を登ると火山の監視小屋と休憩所に到着。標高約690mの山の斜面が展望地です。入場無料。駐車場も無料。記事はこちら

▼展望台からの眺め
オンネトー

オンネトー野営場

オンネトー野営場はオンネトーの南側に位置します。オンネトーを中心として、1262haが自然休養林に指定され、アカエゾマツやトドマツに囲まれたキャンプ場も設置されました。森の中のキャンプ場という佇まいです。トイレや炊事施設は設置してあります。近くに買い物が出来る場所はないので、事前に買い揃えておきましょう。キャンプ代有料。駐車場は無料です。

▼駐車場と管理棟
オンネトー野営場 足寄
▼炊事場
オンネトー野営場 足寄
▼キャンプ場
オンネトー野営場 足寄
▼キャンプ場の岸辺
オンネトー野営場 足寄
▼オンネトー物語
足寄のオンネトー

オンネトー野営場の雰囲気を動画で確認できます。

▼オンネトー野営場の様子

利用料 大人:350円。小人:200円。
駐車場 無料駐車場30台有
営業時間 24時間
休日 11月~5月
電話番号 0156-29-7711
ホームページ
マップコード 783 761 358*76

オンネトーの紅葉

オンネトーは紅葉の名所としても知られています。雌阿寒岳と阿寒富士の紅葉とオンネトーの組み合わせも素晴らしいですが、湖面に映る紅葉もなかなかの素晴らしさです。オンネトーの定番である展望デッキとオンネトー野営場からの眺めも美しいですが、居合わせた現地の方によると、展望デッキとオンネトー野営場の中間附近にある駐車場から湖岸に下った場所がベストスポットなんだとか。確かに、雌阿寒岳と阿寒富士の雄大な景色がスゴいです。 見頃は9月下旬~10月中旬

▼オンネトー野営場から見た紅葉
オンネトーの紅葉
▼オンネトー野営場から見た紅葉
オンネトーの紅葉
▼オンネトー野営場から見た紅葉
オンネトーの紅葉
▼駐車場から見た雌阿寒岳と紅葉
オンネトーの紅葉
▼駐車場から見た雌阿寒岳と阿寒富士
オンネトーの紅葉
▼駐車場から見た阿寒富士と紅葉
オンネトーの紅葉
▼駐車場から見た雌阿寒岳と紅葉
オンネトーの紅葉
▼展望デッキ
オンネトーの紅葉
▼展望デッキから見た雌阿寒岳と紅葉
オンネトーの紅葉
▼展望デッキから見たオンネトー
オンネトーの紅葉
▼展望デッキから見たオンネトーと紅葉
オンネトーの紅葉
▼展望デッキから見たオンネトーと紅葉
オンネトーの紅葉

雌阿寒温泉

雌阿寒温泉は釧路市の北西方面に位置する足寄町の温泉地。阿寒摩周国立公園内の標高約720mの山奥にある秘湯として知られ、オンネトーの入口に野中温泉本館・野中温泉別館・景福・公共駐車場とトイレだけが建ちます。雌阿寒岳や阿寒富士への登山口があるので、沢山の登山客で賑わう他、色彩豊かなオンネトーと珍しい泉質の温泉が人気の観光地です。足寄の中心地からは約50km、阿寒湖温泉街とは約20km離れていて、残念ながら、コンビニはありません。でも、少し離れたオンネトー茶屋では食事が可能です。記事はこちら

▼野中温泉別館
雌阿寒温泉 野中温泉 別館

宿泊施設

阿寒湖とオンネトー湖周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

阿寒湖

あかん湖 鶴雅ウィングス(Lake Akan Tsuruga Wings)
阿寒悠久の里鶴雅(Akan Yuku-no-Sato Tsuruga)
ニュー阿寒ホテル(New Akan Hotel)
ホテル阿寒湖荘(Hotel Akankoso)
阿寒の森 鶴雅リゾート花ゆう香(Akan-no-Mori Tsuruga Resort Hanayuuka)
あかん鶴雅 別荘 鄙の座(Akan Tsuruga Besso Hinanoza)
カムイの湯 ラビスタ阿寒川(La Vista Akangawa)  
温泉民宿 両国(Onsen Minshuku Ryougoku)
HP
楽天
山水荘(Sansuiso)
Booking
芳友荘(Hoyuso) 電話:0154-67-2728
八谷旅館(Hachiya Ryokan) 電話:0154-67-2747
ホテル御前水(Hotel Gozensui)
温泉民宿山口(Onsen Minshuku Yamaguchi)
Booking
楽天
東邦館(Tohokan)
Booking
温泉民宿 桐(Onsen Minshuku Kiri)
Booking
ビジネスホテルまつおか(Business Hotel Matsuoka)
じゃらん
楽天

オンネトー

山の宿 野中温泉(Yama-no-Yado Nonaka Onsen)
Booking
オンネトー野営場(Onneto Camping Ground)
Booking
じゃらん
楽天
Booking.com
Booking.com

1ページ目で阿寒湖エリアとオンネトーエリアについて紹介し、2ページ目では摩周湖エリアと屈斜路湖エリアについて紹介しています。

Page 1 Page 2

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください