• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • NorthernArea

【上川の愛山渓温泉】日帰り入浴が楽しめる登山基地の愛山渓倶楽部

2014/6/18

愛山渓温泉

愛山渓温泉は旭川市の東部に位置する上川町の温泉地。海抜1010mの高地にある山奥の秘湯といった雰囲気です。大雪山国立公園の表大雪地区の山の中に、一軒宿の愛山渓倶楽部が建ちます。周りは森に囲まれ、その他の施設は登山客が宿泊する愛山渓ヒュッテがあるのみで、カフェ・レストラン・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。永山岳・愛別岳・比布岳・当麻岳へ登る登山客の登山基地になっていて、紅葉が美しいことで知られる沼の平湿原や雲井ケ原湿原へのハイキングコースのスタート地点にもなっています。愛別ドライブインを目印に、国道38号線で曲がって約20km走ると終点が愛山渓温泉です。時間にすると40分くらいですかね。ちなみに、途中から道路が狭くなり、10キロ近く車幅は車一台分なので、運転には注意が必要です。熊や鹿も出るそうなので、動物にも注意ですね。多分携帯も圏外でしょう。

▼愛山渓ヒュッテ
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部

1909年に直井藤次郎氏らが温泉を発見したのが、愛山渓温泉の始まりです。その後、1926年に直井氏が温泉浴場を建て、直井温泉と呼ばれていました。その頃は道路もなかったようです。1950年に愛山渓クラブとなり、愛山渓温泉に名称が変わりました。この頃にチビという犬がいて、現在も山仲間の愛犬チビの碑という記念碑が建てられています。このチビの話がスゴくいいんですよ。登山者を熊から救ったり、麓の人里まで雪崩の救助の知らせをするために疾走したりと登山者を守るために大活躍しました。しかし、最後は人知れず消えていったそうな。小説・映画やドラマになってもおかしくない内容なんですよね。恐らく私は泣くだろうな。

▼登山案内
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部

紅葉の沼の平の雰囲気を動画で確認できます。

▼紅葉の沼の平の様子

大雪山国立公園

大雪山国立公園は北海道の中心部に位置する日本最大の国立公園。面積は226,764haです。1934年に国立公園に指定されました。阿寒摩周国立公園と共に北海道最古の国立公園です。大雪山という名前の山は無く、北海道の最高峰の旭岳・黒岳・愛別岳・トムラウシ山と言った標高2000m級の山々がある一帯の総称で、これらは北海道の屋根と言われています。活火山・大規模な柱状節理・樹海・永久凍土など北海道の中でもなかなかお目にかかれない大自然の宝庫です。250種の高山植物が見られる他、ヒグマ・シマフクロウ・オショロコマ・ギンザンマシコなどの生き物も棲息しています。そうそう、正しい表記は「だいせつざん」ですが、地元の人は「たいせつざん」と呼ぶことが多いです。記事はこちら

▼旭岳
東川の旭岳の紅葉

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは愛山渓倶楽部です。宿泊のみできるのは、愛山渓ヒュッテです。

愛山渓倶楽部

愛山渓倶楽部は小規模老舗温泉宿。1926年に開業しました。現在は株式会社りんゆう観光が経営しています。外観も内装も山小屋のような雰囲気です。相米慎二氏が監督し、小泉今日子氏と浅野忠信氏が主演を務めた映画「風花」が撮影された場所としても知られています。日帰り入浴料は600円。宿泊も可能です。建物内には愛山渓食堂もあり、日帰り入浴者も利用できます。冬季(10月中旬~5月中旬)は休業します

▼浴場
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部

浴室は地下1階にあり、天井は高いですが、こじんまりとした感じで、石張りになっています。浴場には内湯が1つ。4人ほどが入浴できそうな大きさです。浴槽には100%天然源泉掛流の温泉を使用し、新鮮な温泉がドバドバと浴槽に流し込まれ、浴槽からはワンサカとお湯が溢れだしています。見ているだけでも贅沢な気分になります。床は温泉成分が析出したのか、茶褐色に変色していました。

広告

▼温泉湧出口
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部
▼内湯からの眺め
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部

お湯はナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉で、無色、微濁、金気味、金気臭。飲泉も可能です。コップが備えつけてあるので、飲んでみると金属っぽい味でした。あんまり美味しくはないかな。慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症に効果があるそうです。温泉成分の総計は2.464g/kg。メタケイ酸が202.9mg/kgで、メタケイ酸が200mg/kg以上含まれるとお肌に良いそうなので、美人の湯と言えそうです。

▼飲泉場所
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部
▼温泉成分が析出している
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部
▼微濁な温泉
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部

シャンプーとボディソープは備え付けられています。洗い場にはシャワーはついていません。脱衣所には登山者用の洗濯機が設置されていました。トイレは廊下にあるので、事前に用を足した方が良いでしょう。また、水力による自家発電のため、ドライヤーの使用はブレーカーが落ちるので禁止されています。

▼脱衣所
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部
▼脱衣所
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部
▼休憩場所
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部
▼ロビー
上川の愛山渓温泉 愛山渓倶楽部

私が入浴した愛山渓倶楽部の雰囲気を動画で確認できます。

▼愛山渓倶楽部の様子

泉質 ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 44.2℃
ph 6.3
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進、慢性皮膚病、きりきず、動脈硬化症、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、下痢の時、その他一般にむくみのあるもの
設備 内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 600円
営業時間 10:00~19:00
休日 11月~5月
駐車場 30台有
電話番号 090-9511-9814
ホームページ ホテルのホームページはこちら
マップコード 623 188 039*80

宿泊施設リスト

愛山渓温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

愛山渓倶楽部(Aizankei Club)
Booking
じゃらん
楽天
愛山渓ヒュッテ(Aizankei Hut)
Booking
じゃらん
楽天

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

大雪山国立公園のページはこちら

大雪山国立公園

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください