• 地域
  • FamousSpots
  • EasternArea

【網走の博物館網走監獄】好奇心をくすぐるレトロな建築と不気味な蝋人形

2016/8/13

博物館網走監獄

博物館網走監獄は網走市の網走湖と天都山の間に建つ、網走を代表する人気観光地。旧網走刑務所の建築物を169,264m2の広々とした敷地に移築・復元し、博物館として1983年に開館しました。明治時代(1800年代後半)の囚人の生活や服役の様子を知ることができ、年間20万人近い観光客が訪れます。高倉健氏が主演をつとめた網走番外地を筆頭に数々の映画や小説の舞台として知られ、最近では人気マンガ「ゴールデンカムイ」の舞台として人気を集めています。入場料は1,080円。駐車場は無料です。また、ホームページにクーポンがあり、スマフォで提示すればディスカウントしてくれます。

▼正門
網走の博物館網走監獄
▼博物館内
網走の博物館網走監獄

▼博物館網走監獄の様子

▼広い駐車場
網走の網走監獄
▼鏡橋
網走の網走監獄
▼券売所とエントランスゲート
網走の網走監獄

▼ゴールデンカムイの様子

▼網走番外地の様子

博物館網走監獄は網走の中心から約5kmほど離れ、周辺には網走湖・網走湖畔温泉・大曲湖畔園地・天都山があります。有名回転寿司のかに源も比較的近いです。札幌や新千歳空港から博物館網走監獄への直通バスはありませんが、札幌と網走の間を高速バス「ドリーミントオホーツク号」が運行しているので、比較的早く移動できます。

大曲湖畔園地

大曲湖畔園地は、網走湖湖畔にある網走刑務所の旧農場跡地。網走湖の北側にあり、現在は観光農園として整備されています。市民や観光客が楽しめる農作物の収穫体験やバードウォッチングができ、夏と秋にはひまわりやコスモスが咲き誇ることでも有名です。ひまわりは、18haの土地に150万本が植えられているそうで、9月下旬に見頃を迎えます。夜間にはライトアップもされるとか。私はまだ見たことがないので、ぜひ見てみたいですね。入場無料。駐車場も無料です。トイレと駐車場以外には、特にありません。営業期間は5月上旬~10月。記事はこちら

▼一面のコスモス
網走の大曲湖畔園地

網走湖畔温泉

網走湖畔温泉は網走市の南側に位置し、網走湖に面した温泉地。1981年にホテル網走湖荘が温泉の掘削に成功し、温泉地として名前が知られるようになりました。網走湖の北東部側の北見国道(国道39号)沿いに4軒の温泉宿が約3kmに渡って点在しています。沿道沿いには呼人浦キャンプ場・カフェ・雑貨店・呼人水芭蕉林などがあり、リスの森・そば切り 温・cafe&cake 風花が人気です。コンビニはないですよ。記事はこちら

▼温泉旅館もとよし
温泉旅館もとよし 網走湖畔温泉

回転寿し かに源

かに源は網走にある人気回転寿し店。網走駅のスグ近くにあります。お店はそれほど大きい訳ではありませんが、独特の雰囲気がありますね。私が訪れたのは平日の16時30分。夜の部のスタートに合せて伺いました。私の他に常連さんと思しき方が1名、私のスグ後に入店してきました。記事はこちら

▼蛸まんま
回転寿司 -網走のかに源-

博物館網走監獄巡り

網走監獄は明治時代(1800年代後半)にロシアの南下政策に対抗するため、北海道に4つ建てられた集治監の一つです。北海道を開発し、人口を増やすことを目的に囚人が集められました。全部で38の建築物があり、その内4つが国の重要文化財に指定されています。また、囚人や看守の蝋人形もリアルなだけあって、不気味。沈痛な表情やたまに動くなどの仕掛けに鳥肌が経ちますよ。04月21日~10月20日までは無料ガイドツアーも実施しています。行かなきゃわからない空気感があるので、ぜひ行ってみてください。じっくり見て回ると2~3時間くらいはかかるでしょう。結構な距離を歩くので、歩きやすい靴を履くと良いかもしれませんね。

▼正門
網走の網走監獄
▼五寸釘寅吉
網走の網走監獄
▼敷地内には小川が流れている
網走の網走監獄

国の重要文化財に指定された旧網走監獄庁舎。和洋折衷の「擬洋風建築」と言われています。淡いブルーが印象的。館内では、囚人と北海道開拓に関する資料を展示してある他、網走監獄ライブラリーや典獄が語る「網走監獄誕生とその使命」という映像が公開されています。お土産屋さんもありますよ。

▼旧網走監獄庁舎
網走の網走監獄
▼北海道開拓の歴史紹介
網走の網走監獄
▼お土産店。赤いTシャツの男は蝋人形。
網走の網走監獄
▼正門を裏側から見た
網走の網走監獄
▼裏門
網走の網走監獄
▼刑務所水門
網走の網走監獄
▼旧釧路地方裁判所
網走の網走監獄
▼単独法廷
網走の網走監獄

旧網走刑務所職員官舎は看守長屋と呼ばれていたそう。1軒の面積はなんと29.7521m2。超狭いです。こんなところに家族4人で暮らしていたとは驚きます。

▼旧網走刑務所職員官舎
網走の網走監獄
▼台所
網走の網走監獄
▼休憩所もある
網走の網走監獄
▼味噌・醤油蔵
網走の網走監獄

休泊所は網走から札幌への道路の造成の時に使われた移動式宿舎。別名「動く監獄」。枕は丸太で、起床時にハンマーで叩くそう。硬いは驚くはで大変そうです。

▼休泊所
網走の網走監獄
▼当時の様子を再現した蝋人形
網走の網走監獄
▼丸太の枕。硬そう
網走の網走監獄
▼耕耘機庫・漬物庫
網走の網走監獄
▼鍛冶の様子
網走の網走監獄
▼作業している囚人の彫刻
網走の網走監獄
▼庭の様子
網走の網走監獄
▼せせらぎの滝
網走の網走監獄
▼監獄歴史館
網走の網走監獄
▼現在の網走刑務所舎房を再現
網走の網走監獄
▼単独室を再現
網走の網走監獄
▼受刑者風プリクラ
網走の網走監獄
▼灰羽連盟のような謎の文字
網走の網走監獄
▼監獄歴史館の様子
網走の網走監獄
▼わらじの上にのると
網走の網走監獄
▼映像がスタートする
網走の網走監獄
▼体感シアター
網走の網走監獄

二見ヶ岡刑務支所は網走刑務所とは別に、1986年に網走の西側に位置する丘陵に設立されました。世界最古の木造建築刑務所で、国の重要文化財に指定されています。農業基地としての役割も果たしたそうです。館内のレストランでは、囚人が食べている食事「監獄飯」がたべられるそうですよ。レストランは冬季閉鎖です。

広告

▼二見ヶ岡刑務支所
網走の網走監獄
▼二見ヶ岡刑務支所
網走の網走監獄
▼唯一の通信手段「伝書鳩」
網走の網走監獄
▼事務庁舎
網走の網走監獄
▼作業場
網走の網走監獄
▼廊下
網走の網走監獄
▼教誨堂
網走の網走監獄
▼舎房
網走の網走監獄
▼舎房
網走の網走監獄
▼囚人を拘束する道具
網走の網走監獄
▼食堂
網走の網走監獄
▼観光客も監獄飯を食べることができます
網走の網走監獄
▼作業場
網走の網走監獄
▼小豆を選別している
網走の網走監獄
▼浴場
網走の網走監獄
▼洗濯洗足場
網走の網走監獄
▼二見ヶ岡刑務支所の遠景
網走の網走監獄
▼網走監獄二見湖畔神社
網走の網走監獄
▼登り窯
網走の網走監獄
▼高見張り
網走の網走監獄
▼五翼放射状平屋舎房
網走の網走監獄
▼農作業
網走の網走監獄

五翼放射状平屋舎房は、放射状に5つの舎房が展開し、その中央に6角形の見張所が配置され、監視が容易な設計になっています。ベルギーのルーヴァン監獄を参考に作られました。なんともレトロなかっこよさがありますね。1945年に建築され、木造刑務所としては世界最大の規模を誇ったそうです。国の重要文化財に指定されています。

▼五翼放射状平屋舎房
網走の網走監獄
▼舎房
網走の網走監獄
▼入口
網走の網走監獄
▼中央見張所
網走の網走監獄
▼舎房の様子
網走の網走監獄
▼舎房
網走の網走監獄
▼飯を食う蝋人形
網走の網走監獄
▼ストーブが置いてある
網走の網走監獄
▼浴場
網走の網走監獄
▼入浴の様子
網走の網走監獄
▼看守がしっかり監視
網走の網走監獄
▼独居房
網走の網走監獄
▼つらそう。。
網走の網走監獄
▼釧路集治監網走囚徒外役所正門
網走の網走監獄

教誨堂は、和風の外観と洋風の内装を持つ和洋折衷な建物。1912年に建造されました。国の重要文化財に指定されています。囚人の精神的、倫理的、宗教的な救済のために設置されたそうです。広いホールだったということは多くの囚人が救済を求めて訪れたのでしょう。

▼教誨堂
網走の網走監獄
▼中は広々
網走の網走監獄
▼哨舎
網走の網走監獄
▼ニポポ人形
網走の網走監獄
▼庭園
網走の網走監獄

網走監獄の雰囲気を動画で確認できます。

▼網走監獄の様子

入場料 大人:1080円。小学生・中学生:540円。
駐車場 400台有り
営業時間 05月~09月 08:30~18:00、10月~04月 09:00~17:00
休日 無休
電話番号 0152-45-2411
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 305 582 354*68

宿泊施設リスト

網走監獄附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

温泉旅館もとよし(Onsen Ryokan Motoyoshi)
Booking
網走観光ホテル(Abashiri Kanko Hotel)
北天の丘 あばしり湖 鶴雅リゾート(Hokuten-no-Oka Abashiriko Tsuruga Resort)
ホテル網走湖荘(Hotel Abashirikoso)
オーベルジュ 北の暖暖(Auberge Kita-no-Dan-Dan)
天都の郷 ホテル本陣網走湖(Tento-no-Sato Hotel Honjin Abashiriko)
ペンション わにの家(Pension Wani-no-Ie)
Booking.com

網走のページはこちら

網走

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください