• 温泉
  • FamousSpots
  • SouthernArea

歴史ある市街地の巨大温泉街 -函館の湯の川温泉-

2014/12/10

湯の川温泉

湯の川温泉は函館市の東側にある温泉街。17軒近い温泉施設があります。北海道の中でも有数の温泉リゾート地の一つです。年間180万人の観光客が訪れ、函館の奥座敷と呼ばれています。1653年に松前藩主の病を治すために発見されたのが由来。路面電車の湯の川駅近くには足湯があり、海沿いには植物園があります。市街地にこれだけ大きな温泉街があるのは、恐らく北海道では湯の川温泉だけでしょう。アクセスの良さも人気の秘訣なのでしょうね。日帰り入浴できるのは、湯元啄木亭、湯の浜ホテル、ホテル雨宮館、ホテル万惣、大盛湯、根崎湯、ホテルかもめ館、KKRはこだて、湯元漁火館です。一方宿泊専用の宿は、新松、旅館 一乃松、イマジンホテル&リゾート函館笑函館屋ホテル河畔亭HAKODATE海峡の風望楼NOGUCHI函館竹葉新葉亭花びしホテルホテル湯の川、湯の川観光ホテル祥苑、湯の川プリンスホテル 渚亭割烹旅館 若松です。

▼足湯
足湯 函館の湯の川温泉
▼植物園
植物園 函館の湯の川温泉

湯元漁火館

漁火館は太平洋に面した温泉旅館。1993年に創業しました。露天風呂からの景色が良いことで有名です。湯の川の温泉街からはちょっと離れた場所になります。建物には木材が多く使われ、木の温もりが感じられる雰囲気です。

▼建物の外観
函館の湯の川温泉 漁火館
▼玄関の階段脇には温泉が流れている
函館の湯の川温泉 漁火館
▼浴室入口
函館の湯の川温泉 漁火館

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

浴場はこじんまりとした雰囲気で、露天風呂と内湯が1つづつあります。内湯は4人くらいが入浴できそうな大きさ。源泉掛け流しのお湯がどんどん浴槽から溢れていきます。ヒノキで作られた浴槽がいい雰囲気です。

▼内湯
函館の湯の川温泉 漁火館
▼内湯からの眺め
函館の湯の川温泉 漁火館
▼温泉成分が石化している
函館の湯の川温泉 漁火館
▼お湯が絶えず流れていく
函館の湯の川温泉 漁火館

露天風呂は岩風呂で、4人ほどが入浴できそうな大きさです。まさにオーシャンビューと言った感じ。素晴らしい眺めです。露天風呂で居合わせた韓国から来た学生さんと話をすると、韓国にはあまり露天風呂が無く、しかもオーシャンビューが楽しめる場所はほぼ皆無らしいので、こちらにやってきたとか。私は温泉の熱さにやられてしまいましたが、彼はずっと景色を眺めていました。韓国の人々も温泉好きが多いのかもしれませんね。

▼露天風呂から海が見える
函館の湯の川温泉 漁火館

お湯はナトリウム-塩化物泉で、淡黄緑色、微濁、塩辛い味、無臭です。温泉成分の総計は8.042g。飲泉も可能なようですが、飲泉施設はありませんでした。お湯を舐めるとかなり塩っぱいです。浴場にはシャンプーやボディーソープが備え付けられています。脱衣所にはトイレは無いので、事前に玄関の近くにある便所で用を足した方がよいでしょう。宿泊も可能。料理が美味しいのも特徴の一つのようです。

▼脱衣所
函館の湯の川温泉 漁火館

湯元漁火館を動画で確認できます。

▼湯元漁火館の様子

泉質 ナトリウム-塩化物泉 (中性低張性高温泉)
源泉の泉温 47.8℃
ph 6.4
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、疲労回復、健康増進、虚弱児童、慢性婦人病、冷え症、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、活動性の結核、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(1)。男女別の入浴。※岩盤浴有り
日帰り入浴料金 大人:500円。子供:300円。
営業時間 12:00~21:00
休日 無休
駐車場 30台有
電話番号 0138-57-1117
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 86 080 388*75

新松

新松は湯の川にある老舗旅館。創業から50年以上が経過しています。昭和な雰囲気がある内装でした。懐かしい感じがしますね。現在、日帰り入浴は受け付けていないようです。

▼建物の外観
函館の湯の川温泉 新松
▼ロビー
函館の湯の川温泉 新松
▼浴場入口
函館の湯の川温泉 新松

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

浴場には内湯が一つ。約15人が入浴できそうな浴槽です。お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、淡い黄色、混濁、塩辛い味、無臭。なかなかの塩っぱさです。ライオンの湧出口から源泉が掛け流されていました。

▼内湯
函館の湯の川温泉 新松
▼内湯からの眺め
函館の湯の川温泉 新松
▼ライオンの湧出口
函館の湯の川温泉 新松
▼温泉成分が沈殿
函館の湯の川温泉 新松

浴場内にはシャンプーとボディーソープは備え付けられています。更衣室には無料のヘアードライヤーが備え付けれていましたが、便所が無いので、事前に廊下にある便所で用を済ませておいたほうが良いでしょう。また、宿泊も可能です。

▼脱衣所
函館の湯の川温泉 新松

私が入浴した新松の雰囲気を動画で確認できます。

▼新松の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 (中性等張性高温泉)
源泉の泉温 65.4℃
ph 6.7
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節こわばり、うちみ、くじき、痔疾慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、疲労回復、健康増進、虚弱児童、慢性婦人病、冷え性、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、活動性の結核、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不明
設備 内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:400円。小学生:200円。幼児:無料。
営業時間 15:00~21:00
休日 無休
駐車場 100台有
電話番号 0138-57-5558
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 86 110 093*37

湯元啄木亭

湯元啄木亭は1988年に開業した大型温泉宿。野口観光グループが経営しています。函館市を望む露天風呂が有名です。お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素・硫酸塩泉で無色、透明、無味、無臭。シャンプーとボディソープは備え付けられています。宿泊も可能です。

▼建物の外観
函館の湯の川温泉 啄木亭

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

啄木亭の雰囲気を動画で確認できます。

▼啄木亭の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素・硫酸塩泉 (中性等張性高温泉)
源泉の泉温 64℃
ph 7.0
適応症 切り傷、やけど、虚弱体質、慢性婦人病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、活動性の結核、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)、内湯(3)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:800円。小学生:400円。幼児:無料。
営業時間 13:00~21:00
休日 無休
駐車場 200台有
電話番号 0138-59-5355
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 86 109 130*58

湯の浜ホテル

湯の浜ホテルは1928年に創業した老舗温泉宿。浴場は大浴場と露天風呂浴場があり、それぞれ服を着て移動しなければなりません。大浴場には内湯が2つ、岩風呂が1つ、ジャグジーが1つ、檜風呂が1つ、打たせ湯が1つ。露天風呂浴場には露天風呂が2つです。

▼建物の外観
函館の湯の川温泉 湯の浜ホテル

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

2つの泉質が異なる源泉があります。お湯は(1)ナトリウム・カルシウム-塩化物泉と(2)ナトリウム-塩化物泉で、無色、透明、塩辛い味、無臭。シャンプーとボディソープは備え付けられています。宿泊も可能です。

湯の浜ホテルの雰囲気を動画で確認できます。

▼湯の浜ホテルの様子

泉質 (1)ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 (中性等張性高温泉)
(2)ナトリウム-塩化物泉 (中性等張性高温泉)
源泉の泉温 (1)64.1℃
63℃
ph (1)6.7
(2)-
適応症 (1)神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性皮膚病、疲労回復、冷え性、切り傷、やけど
(2)神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、慢性婦人病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、活動性の結核、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 効能不明
設備 露天風呂(1)、内湯(6)。男女別の入浴。内湯は毎日男女浴室の入れ替え。
日帰り入浴料金 大人:1000円。小学生:700円。
営業時間 13:00~19:00
休日 無休
駐車場 50台有
電話番号 0138-59-2231
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 86 079 561*60

ホテル雨宮館

ホテル雨宮館は温泉ホテル。浴場には2つの岩風呂と1つの水風呂、サウナがあります。2つの岩風呂は水温が違います。お湯はナトリウム-塩化物泉、淡黄色、透明、塩辛い味、無臭。なかなかの塩っぱさです。温泉成分の合計は8.986g。源泉が掛け流されています。浴場内にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。宿泊も可能です。

▼建物の外観
函館の湯の川温泉 ホテル雨宮館

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

泉質 ナトリウム-塩化物泉 (中性等張性高温泉)
源泉の泉温 66.0℃
ph 6.7
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節こわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、冷え性、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 内湯(3)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:400円。小学生:200円。幼児:100円。
営業時間 06:00~23:00
休日 無休
駐車場 200台有
電話番号 0138-59-1515
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 86 109 344*86

ホテル万惣

ホテル万惣は1954年に創業した温泉宿。オリックス不動産が経営しています。バスタオルなども貸してくれます。浴場には露天風呂が1つ、内湯が2つ。お湯はナトリウム-塩化物泉で、無色、透明、塩辛い味、無臭。シャンプーとボディソープは備え付けられています。宿泊も可能です。

▼建物の外観
函館の湯の川温泉 ホテル万惣

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

ホテル万惣の雰囲気を動画で確認できます。

▼ホテル万惣の様子

泉質 ナトリウム-塩化物泉 (中性等張性高温泉)
源泉の泉温 65.6℃
ph 7.0
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、疲労回復、健康増進、虚弱児童、慢性婦人病、冷え症、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、活動性の結核、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不明
設備 露天風呂(1)、内湯(2)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:800円。小学生:400円。
営業時間 15:00~20:00
休日 無休
駐車場 70台有
電話番号 0138-57-5061
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 86 079 885*27

大盛湯

大盛湯は公衆浴場です。浴場には内湯が2つ。お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、無色、透明、塩辛い味、無臭。シャンプーやボディーソープは備え付けられていません。持参する必要があります。

▼建物の外観
函館の湯の川温泉 大盛湯

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 (中性等張性高温泉)
源泉の泉温 64.1℃
ph 6.8
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、関節硬直、くぢき、痔、慢性消化器病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、活動性の結核、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 消化器病、便秘
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧
設備 内湯(3)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:420円。子供:140円。
営業時間 06:30~21:30
休日 第1水曜日、第3水曜日、第5水曜日
駐車場 10台有
電話番号 0138-57-6205
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 86 110 307*56

根崎湯

根崎湯は老舗公衆浴場です。1917年に開業しました。熱帯植物園のすぐ近くにあります。浴場には内湯が1つ。お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、無色、透明、塩辛い味、無臭です。シャンプーやボディーソープは備え付けられていません。持参する必要があります。

▼建物の外観
函館の湯の川温泉 根崎湯

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 (中性等張性高温泉)
源泉の泉温 64.1℃
ph 6.7
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、打ち身、関節硬直、くぢき、痔、慢性消化器病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、活動性の結核、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲泉不可
設備 内湯(3)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:420円。子供:140円。
営業時間 06:30~21:30
休日 水曜日
駐車場 10台有
電話番号 0138-57-6997
ホームページ
マップコード 86 080 549*32

ホテルかもめ館

ホテルかもめ館は温泉ホテル。浴場には内湯が1つ。お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、無色、透明、塩辛い味、無臭です。浴場にはシャンプーやボディーソープが備え付けられています。宿泊も可能です。

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

ホテルかもめ館の雰囲気を動画で確認できます。

▼ホテルかもめ館の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 (中性等張性高温泉)
源泉の泉温 64.1℃
ph 6.7
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、疲労回復、健康増進、虚弱児童、慢性婦人病、冷え症、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、活動性の結核、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲泉不可
設備 内湯(1)。男女別の入浴。※別途岩盤浴あり
日帰り入浴料金 大人:650円。子供:300円。
営業時間 06:00~24:00
休日 無休
駐車場 20台有
電話番号 0138-59-2020
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 86 079 709*86

KKRはこだて

KKRはこだては国家公務員共済組合連合会が経営する温泉ホテル。1957年に開業しました。浴場には内湯が1つ。お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、無色、透明、塩辛い味、無臭です。浴場にはシャンプーやボディーソープが備え付けられています。宿泊も可能です。

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 (中性等張性高温泉)
源泉の泉温 65℃
ph 6.8
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、疲労回復、健康増進、虚弱児童、慢性婦人病、冷え症、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、活動性の結核、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不明
設備 内湯(1)。男女別の入浴。※貸し切り風呂あり
日帰り入浴料金 大人:700円。子供:350円。
営業時間 11:00~21:00
休日 無休
駐車場 27台有
電話番号 0138-57-8484
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 86 079 897*66

宿泊施設リスト

湯の川温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

旅館一乃松(Ryokan Ichinomatsu)  
湯元漁火館(Yumoto Isaribikan)  
ホテル雨宮館(Hotel Amamiyakan)  
イマジン ホテル&リゾート函館(Imagine Hotel and Resort Hakodate)
笑函館屋(Emi Hakodateya)
ホテル河畔亭(Hotel Kahantei)
ホテルかもめ館(Hotel Kamomekan)
KKRはこだて(KKR Hakodate)  
新松(Shinmatsu)  
大黒屋旅館(Daikokuya Ryokan)  
湯元 啄木亭(Yumoto Takubokutei)
HAKODATE 海峡の風(HAKODATE Umi-no-Kaze)
望楼 NOGUCHI函館(Boro NOGUCHI Hakodate)
竹葉新葉亭(Chikuba Shinyotei)
花びしホテル(Hanabishi Hotel)
ホテル万惣(Hotel Banso)
ホテル湯の川(Hotel Yunokawa)
湯の川観光ホテル 祥苑(Yunokawa Kanko Hotel Shoen)  
湯の川プリンスホテル 渚亭(Yunokawa Prince Hotel Nagisatei)
湯の浜ホテル(Yunohama Hotel)
割烹旅館 若松(Kappou Ryokan Wakamatsu)
Booking.com

函館についてのページはこちら

函館

Comment

Comment