• 温泉
  • FamousSpots
  • EasternArea

カラマツの湯と素晴らしい露天風呂 -中標津の養老牛温泉-

2014/9/3

養老牛温泉

養老牛温泉は摩周湖野付半島の中間に位置する中標津町の温泉地。約300年程前にアイヌの人が発見した温泉だという言い伝えがあるとか。ホテル養老牛、湯宿だいいちの2軒の宿泊施設があり、少し離れた場所に無料の混浴露天風呂のからまつの湯があります。森のなかにシマフクロウが生息し、各ホテルに姿を見せることもあるようです。近くには養老の滝があります。

からまつの湯

からまつの湯は温泉街から少し離れています。脇道を進んだ、からまつ橋の近くにあります。カーナビには表示されますが、表示されないとかなり解りづらい場所です。お風呂はバウシべツ川の岸辺に混浴露天風呂が一つ。浴槽は岩風呂です。とても綺麗に管理されているのが印象的。川のせせらぎがとても気持ち良い場所で、開放的な気分になれます。

▼正面
中標津 養老牛温泉 からまつの湯
▼露天風呂
中標津 養老牛温泉 からまつの湯
▼底は浅い
中標津 養老牛温泉 からまつの湯

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉・硫酸塩泉で、無色、透明、弱塩味、無臭。洗面器が備え付けられているので、掛け湯して、体の汗や汚れを流してからはいりましょう。ちなみに、水着の着用は禁止です。バスタオルを巻くのは問題ないようです。更衣室も男女別で備え付けられています。

▼男女の更衣室
中標津 養老牛温泉 からまつの湯

からまつの湯の雰囲気を動画で確認できます。

▼からまつの湯の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉・硫酸塩泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 77.9℃
ph 7.1
適応症 リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性湿疹および角化症、虚弱児童
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 不明
設備 混浴露天風呂(1)
日帰り入浴料金 無料
営業時間 24時間
休日 無休
駐車場 10台有
電話番号 -
ホームページ

湯宿だいいち

湯宿だいいちは人気の温泉宿。1972年に開業しました。素晴らしい露天風呂があることで有名です。13:00~15:00と19:00~21:00の間のみ日帰り入浴できます。入浴料は600円。浴場には、混浴露天風呂が1つ、露天風呂が5~6つ、内湯が3つ、水風呂が1つ、サウナが2つあります。女性浴場には岩盤浴もあるとか。内湯は総ヒバの木作りで、とても落ち着いた良い雰囲気がありました。木の温もりに癒やされますね。

▼建物の外観
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼浴場の入口
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼脱衣所
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

そして、噂の露天風呂。庭園の池のように露天風呂が配置されています。岩風呂、混浴岩風呂、2つの丸太風呂、寝湯、2つのせせらぎ温泉、温泉のミストサウナが楽しめるというもの。開放感も素晴らしく、見晴らしも良し。モシリベツ川がスグ側を流れ、目に入る緑と川のせせらぎにホント癒やされます。私が特に気に入ったのが、混浴岩風呂とせせらぎ温泉。モシリベツ川が目の前を流れる情景が素晴らしい。せせらぎ温泉は休憩所の下に作られているのですが、狭い空間が逆に川の情景に集中させてくれるのがいいですね。茶道の茶室のような雰囲気があるんじゃないかと。

▼浴場内の様子
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼浴場内の様子
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼浴場内の様子
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼岩風呂
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼岩風呂からの眺め
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼無色透明な温泉
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼混浴岩風呂
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼温泉成分が石化している
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼目の前にモシリベツ川が流れる
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼混浴岩風呂
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼丸太風呂
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼休憩所からの眺め
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼丸太風呂からの眺め
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼丸太風呂と寝湯
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼丸太風呂
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼寝湯
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼せせらぎの湯
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼せせらぎの湯
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼モシリベツ川が近い
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉

お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉・硫酸塩泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は1.586g。残念ながら飲泉はできません。浴場にはシャンプーとボディーソープが備え付けられています。脱衣場にはトイレ、無料のドライヤーと無料の冷水機が設置されていました。宿泊も可能です。

▼脱衣所
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉
▼ラウンジ
湯宿だいいち 中標津 養老牛温泉

私の入浴した湯宿だいいちの雰囲気を動画で確認できます。

▼湯宿だいいちの様子

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉・硫酸塩泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 75.3℃
ph 7.3
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど、動脈硬化症
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器疾患、慢性便秘、慢性胆のう炎、胆石症、糖尿病、肥満症
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧、下痢の時、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(5)、内湯(2)、サウナ(1)、岩盤浴(女性のみ)。男女別の入浴。※混浴露天風呂、宿泊客専用の露天風呂、貸切風呂あり。
日帰り入浴料金 大人:600円。子供:300円。
営業時間 13:00~15:00、19:00~21:00
休日 無休
駐車場 50台有
電話番号 0153-78-2131
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら

ホテル養老牛

ホテル養老牛は老舗温泉宿です。1930年に創業しました。浴場には露天風呂が1つ、内湯が2つ。標津川の川辺にある露天風呂は、川のせせらぎが気持ち良いことで有名です。お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉・硫酸塩泉で、無色、透明、弱塩辛い味、無臭。浴場にはシャンプーとボディーソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置されています。宿泊も可能です。

▼建物の外観
中標津 養老牛温泉 ホテル養老牛

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

ホテル養老牛の雰囲気を動画で確認できます。

▼ホテル養老牛の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉・硫酸塩泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 79.0℃
ph 7.2
適応症 リウマチ性疾患、運動器障害、慢性湿疹および角化症、悪性腫瘍、重い心臓病、出血性疾患、女性性器慢性炎症、子宮発育不全症、月経障害、卵巣機能不全症、更年期障害、動脈硬化症、高血圧症、虚弱児童
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器疾患、慢性便秘、慢性肝胆道疾患、蕁麻疹、肥満症
飲用による禁忌症 じん炎、ネフローゼ、高血圧、その他一般に水腫傾向にあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(2)。男女別の入浴。家族風呂あり。
日帰り入浴料金 大人:500円。小学生:300円。幼児:200円。
営業時間 15:00~21:00
休日 無休
駐車場 50台有
電話番号 0153-78-2224
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら

宿泊施設リスト

養老牛温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

湯宿だいいち(Yuyado Daiichi)    
ホテル養老牛(Hotel Yoroushi)

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

Comment

Comment