• 温泉
  • TouristSpots
  • SouthernArea

【函館の谷地頭温泉】日帰り入浴が楽しめるパルテノン風銭湯

2014/4/4

谷地頭温泉

谷地頭温泉は函館市の函館山の麓にある温泉地。函館山の麓に谷地頭温泉と池の端温泉旅館が住宅街に建ちます。周辺には住三吉神社などの神社仏閣が多くある他、コンビニや飲食店もあります。周辺にある観光地は、函館山・函館公園・立待岬・碧血碑が有名です。

函館山

函館山は函館市街地の西端にある標高334mの連山。13山の総称で、別名臥牛山とも呼ばれるそう。函館は砂州が繋がってできたので、元々は島でした。昔から函館を一望できる眺めが有名で、世界三大夜景の一つに挙げられています。2011年に発売された「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では、「函館山からの眺望」が三ツ星として紹介されました。世界的評価が高いのが一番の特徴でしょう。そのため、夜景は特に人気があります。入場無料。駐車場無料。記事はこちら

▼一番高い屋上展望デッキからの眺め
函館山

住三吉神社の桜

函館市住吉町にある住三吉神社。立待岬に近いです。鎌倉時代に創建されたと言い伝えられているとか。住三吉と変わった呼ばせ方をするなと思ったら、住吉神社と三吉神社が合わさった神社なんだそうです。名前もウマいこと合わせたなと思いますね。その住三吉神社の100mほどの参道には約30本のソメイヨシノが植樹され、春に桜の花が満開になります。まるで桜のトンネルを歩いているようで、とても気持ちが良いです。見頃は4月下旬~5月上旬。入場料は無料。駐車場とトイレは無し。記事はこちら

▼中程の桜
函館の住三吉神社の桜

函館公園の夜桜

函館公園は函館山の麓にあり、1879年に開設されました。異国情緒漂う明治時代の雰囲気があります。公園内には博物館、子供遊園地、ミニ動物園があり、函館市民の憩いの場となりました。また、桜の名所としても有名で、ソメイヨシノを中心に約420本の桜の木が植えられています。花見期間中には屋台も軒を連ね、多くの観光客が訪れるお花見スポットです。特に夜桜の美しさには定評があり、妖しい美しさがありました。記事はこちら

▼多くの行灯が掛けられている
函館公園の夜桜

立待岬

立待岬は断崖絶壁の上から太平洋を眺望できる函館の景勝地。函館山の裏側にあたります。アイヌ語でヨコウシと言い、魚を待ち伏せする場所という意味だそう。魚を撮る前に自らの命を危険に晒しそうですが、昔の人は強靭だったのでしょう。標高約30mの急峻な崖であることから、昔は自殺の名所と言われていました。よくサスペンス・ドラマの撮影で使用されるそうです。園内には与謝野寛・晶子の歌碑があり、啄木一族のお墓も近いです。周りには函館山のハイキングコースも設置されています。開園は06:00~20:00。12月~03月は冬期閉鎖。入場料・駐車場料金は無料。記事はこちら

▼立待岬広場
函館 立待岬

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは谷地頭温泉です。宿泊のみできるのは池の端温泉旅館です。

谷地頭温泉

谷地頭温泉は1953年に開業した日帰り入浴施設。株式会社ケーケーエムが経営しています。朝6時から入浴が可能です。日帰り入浴料は420円。建物内には食堂と休憩室があります。また、敷地内には御珍宝神社があり、道祖神としてあの形の岩が祀られています。名前は珍宝と言うそうで、この土地の工事中に珍しい宝が出土したので名付けられたとか。

広告

▼建物の外観
函館の谷地頭温泉
▼御珍宝神社
函館の谷地頭温泉

浴場には、内湯が3つ、露天風呂が1つ、水風呂が1つとサウナが1つあります。浴場に入ってまず驚くのはその広さ。天井までの高さは5~6mくらいはありそうです。窓も多く、太陽の光が燦々と降り注ぎ気持ちの良い空間です。そして、洗い場の数もざっと50個くらいあるのではないでしょうか。古代ローマのお風呂を思わせるようなパルテノン風の浴室でした。

▼脱衣所
函館の谷地頭温泉

内湯は、それぞれ15人くらいは入れそうな大きさで、加水掛流の温泉を使用しています。違いは温度とジャグジーがあるかないかです。五稜郭の形をした東屋風の露天風呂は、10人くらいが入浴できそうな大きさで、加水掛流の温泉を使用しています。目隠しに囲まれているので、残念ながら見晴らしはよくありません。

▼食堂
函館の谷地頭温泉

お湯はナトリウム-塩化物泉で、茶褐色、混濁、塩味、無臭。温泉成分の総計は17.67g/kgです。なかなかの濃さ。脱衣所にはトイレと有料のドライヤーが設置されています。神父さんらしき外国の方も利用され、朝9時だというのにお客さんがたくさん訪れていました。

谷地頭温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼谷地頭温泉の様子

泉質 ナトリウム-塩化物泉(中性高張性高温泉)
源泉の泉温 65.1℃
ph 6.4
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)、内湯(4)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:420円。小人:140円。
営業時間 06:00~22:00
休日 第2・第4火曜日
駐車場 100台有
電話番号 0138-22-8371
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 951 296 784*22

宿泊施設リスト

谷地頭温泉周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

谷地頭ゲストハウス(Yachigashira Guest House)
Booking
楽天
函館ゲストハウスApple(Hakodate Guest House Apple)
池の端温泉旅館(Ikenohata Onsen Ryokan) 電話:0138-22-3877
Booking.com

函館についてのページはこちら

函館

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください