• 温泉
  • TouristSpots
  • CentralArea

【月形温泉】日帰り温泉と薄茶色のお湯が楽しめる月形温泉ゆりかご

2014/9/4

月形温泉

月形温泉は札幌市の北東方面に位置する月形町の温泉地。国道275号から少し入った所に、月形温泉ホテルと月形温泉ゆりかごが建ちます。月形の中心からも比較的近く、飲食店やコンビニなどもあり、便利な立地です。皆楽公園に隣接し、皆楽公園沼・皆楽公園キャンプ場・月形野球場・パークゴルフ場があります。皆楽公園沼では、夏にヘラブナ釣り、冬にはワカサギ釣りが楽しめるそうです。また、マガンのねぐら立ちで知られた宮島沼もわりかし近いです。

▼皆楽公園の看板
月形温泉 ゆりかご

宮島沼

宮島沼は周囲2.7kmの小さな沼で札幌市の北東に位置する美唄市にあります。ラムサール条約に登録された13番目の湿地で、国内最大規模・最北のマガンの寄留地として有名です。春と秋に、マガン・ヒシクイ・コハクチョウなどの渡り鳥が渡来し、多い日にはなんと6万羽が羽を休めるそう。ねぐら立ちと呼ばれる朝の飛び立つ様子は、朝日の赤みがかった光にシルエットが浮き立ちとても神秘的な光景です。実際、とても感動しました。記事はこちら

▼シルエットが美しい
美唄の宮島沼

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは月形温泉ゆりかごです。宿泊できるのは月形温泉ホテルです。

月形温泉ゆりかご

月形温泉ゆりかごは1987年に開業した日帰り温泉施設。月形温泉ホテルと隣接し、山小屋のような大きな三角屋根の外観が目を引きます。毛染めコーナーがある珍しい温泉施設でもあります。日帰り入浴料は500円。建物内にはレストラン“にれの木”と売店があり、日帰り入浴客も利用できます。入浴ランチセットも1000円で提供中です。また、月形温泉ホテルで宿泊もできますよ。

▼月形温泉ホテル
月形温泉

浴室は2つあり、大きさが異なります。大きな浴場には露天風呂が1つ、内湯が2つ、ジャグジーが1つ、サウナと水風呂が一つづつ。小さな浴場には露天風呂が1つ、内湯が1つ、ジャグジーが1つ、打たせ湯が1つ、寝湯が1つ、サウナと水風呂が一つづつあります。それぞれ男女の浴場になり、偶数日と奇数日で入れ替えられます。私が入浴したのは、小さな浴場です。

▼露天風呂
月形温泉 ゆりかご

内湯は8人くらいが入浴できそうな大きさで、ジャグジーは3人くらいが入浴できそうな大きさです。寝湯は3人用でした。露天風呂は岩風呂になっていて、3人くらいが入浴できそうな大きさです。温泉の中では、湯の華も浮かんでいました。周りを目隠しに囲まれているので、素晴らしい景色は見られません。それぞれの浴槽では、加温した温泉が使われています。

▼湯の華が浮かぶ
月形温泉 ゆりかご

お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、淡茶色、透明、弱塩辛い味、無臭。温泉成分の総計は6.855g/kgです。循環方式のため、残念ながら、飲泉はできません。シャンプーやボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが備え付けられています。

私が入浴した月形温泉ゆりかごの雰囲気を動画で確認できます。

▼露天風呂の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(弱アルカリ性低張性温泉)
泉温 35.6℃
ph 7.9
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)、内湯(4)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小人:250円。幼児:無料。
営業時間 夏季 10:00~22:00。冬季 10:00~21:00。
休日 第3火曜日
駐車場 200台有
電話番号 0126-53-2001
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 575 322 540*03

宿泊施設リスト

月形温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

月形温泉ホテル(Tsukigata Onsen Hotel)
Booking

Comment

Comment